不登校のママは1人じゃないよ!無条件の愛で本当の力を育てる

学校へ行かない不登校児を抱えて不安がいっぱい。中学生頃の思春期は反抗期も重なり精神的に不安定ですよね。親として出来ることは何か。本当の子育ては何だろう。そんな不安な気持ちに寄り添いママも子供も笑顔になれるカウンセリング。あなたへ生きる力になるお手伝い!

NEW !
テーマ:
こんばんは。


 「不登校のママは1人じゃないよ!」不登校児の経験カウンセラー山田久美です。


ご訪問ありがとうございます

 
  
 

 

 

 

昨日は私のことを綴りました↓

 

嫌がらせにあって学校へ行かれない私の思い

 

 

 

私の高校時代はとても楽しい思い出ばかりではないものでした。

 

 

 

でもね、その経験ものちに次女が不登校になったのも私自身を映し出すものだったのかもしれないってずーっとあとになって思うことができたのね。

 

 

 

現実問題として「いじめ」は減ることはない時代。

 

 

 

不登校になる理由はその子その子で違うだろうけど、友達からのいじめで学校へ行かれないお子さんも多くいるのが現実かもしれません。

 

 

 

私も嫌がらせというものを経験してきて自分はどうなるのだろう?学校とは何だろう?って思ったことも多かったんです。

 

 

 

 

私はそのあと社会に出て結婚するも、離婚、親との確執、次女の不登校。

 

 

 

 

色々な経験をした中で私自身の「自分らしく生きる」ということが出来てないことに気付きました。

 

 

 

自分では全くそんなことを思うこともなく過ごしていましたが、やはりその中でSOSを発信していた自分がいたんですね。

 

 

 

でもそのSOSに気付く人は親でもなく、唯一本当に身近な友人でした。

 

 

 

自分らしく生きるというと凄くかっこよく聞こえるかもしれないけど、逆に一番の基本だということに私は到達したんです。

 

 

 

それは親自身もそうなんだと思うんです。

 

 

 

自分らしく生きることをしていると、どんな困難がきてもそれを跳ねのける力が人間には備わっています。

 

 

 

 

子供が不登校になって理解できない・・・・苦しい・・・辛い・・・・

 

 

 

 

私もそうでしたが、不登校を理解できないのは親自身も自分らしく生きてないってことなんです。

 

 

 

 

それは凄く子育てに頑張って自分に厳しい方が多いからだと私は感じます。

 

 

 

 

「行かなくて当然だよね、好きに生きたらいいよ」

 

 

 

 

一番初めから親がそう思うことができたら、どんなに楽だろうって・・・・でも出来ない・・・・

 

 

 

 

親には愛情というものがある、今度は子供の為に頑張ろう、子供の為に生きて行こうってそう考えるんです。

 

 

 

いわゆる母性ってものです。

 

 

 

 

それを自分らしく生きてると勘違いしてしまうと子供が不登校になった時にどうしていいかわからなくなるんです。

 

 

 

 

子育ては素晴らしいです。

 

 

 

 

その素晴らしい子育てをしている自分が自分らしく生きていくには子育てが義務ではなく自分が子育て

をしていく中で決めて行くことが大事になります。

 

 

 

日本、米、韓国、中国などでの調査によると「自分の生き方をどうみているか」について日本は自分に対する評価が低いという結果が出ています。

 

 

 

 

それは日本特有の「ダメを見つけて直そう」という傾向が高いことがわかってます。

 

 

 

いわゆる「ダメ出し」で肯定されずに生活している部分がある。

 

 

 

不登校になるってことは子供自身が自分らしく生きられないことなんです。

 

 

 

だから学校へ行く行かないを自分で決めていくことがとても大事になるんです。

 

 

 

 

 

私達は日々忙しく過ぎていく毎日。

 

 

自分らしく生きられない時はSOS発信がでてきます。

 

 

 

それをキャッチして子供がより自分らしく生きる道を選んでいけるように導いていくことが凄く大事なんだろうなって感じます。

 

 

 

SOS発信してますか?

 

 

 

****************************************

 

 

 

だれにも話せなかったこと

 

 

大勢の前では話せないこと

 

 

そしてずっと一人で苦しんで辛くて・・・

 

 

誰に相談したらいいのかな・・・・

 

 

 

私があなたの想いを聴きますよ

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます音譜

 

 

 

 

無料メルマガも絶賛配信中~

 


ベルあれ?これって不登校?7日間でママも不登校児も笑顔になれる!【無料メルマガ】ベル

ダウン読者登録はこちらからダウン画像クリックで登録フォームに飛びますビックリマーク

※お手数ですがパソコンのアドレスでご登録をお願いします♪

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。


 「不登校のママは1人じゃないよ!」不登校児の経験カウンセラー山田久美です。


ご訪問ありがとうございます

 
  
 

 

 

 

 

私は友達がいらないわけではないけど、当時自分からいらないというオーラを出していたのかもしれない。

 

 

 

 

 

最近急増している「いじめ」問題。

 

 

 

私も他人事ではないなって感じることがある。

 

 

 

 

私のプロフィールをよかったらご覧くださいね。
 
 
 

 

私のことを今日は書こうかなって思った。(長くなるので2日に分けようって感じですビックリマーク

 

 

 

 

私は今信州に住んでいるけど、中学校卒業と同時に長野県に引っ越してきた。

 

 

 

横浜生まれ東京育ち

 

 

 

なぜ信州に引っ越してきたかっていうと今は亡き父親の破産。

 

 

 

それを肩代わりしてくれた親戚たちが(全部父親の兄弟姉妹がお金を工面してくれた)結婚してない兄の家の跡取りになるという条件で引っ越しをすることになったと私は当時は知らなくてね、ずーっと後でわかったこと。

 

 

 

着の身着のままで引っ越しをしてきたし、何も考えてなかった親は高校受験が終わった後で引っ越しをしてきたので、長野県の高校へ入れずに1年間中学浪人を経験したんです汗

 

 

 

高校の受験は1年で1回。

 

 

 

それを逃すと次の年まで待たないと入れないんですね。(公立高校です)

 

 

 

だから1年浪人後高校受験をして高校へ入りましたよ。

 

 

 

 

でもね、高校生活は想像するものではなかったのね。

 

 

 

東京から来たという目で私を見て興味本位だったんだろうね、数人からの嫌がらせが始まったのね。

 

 

 

授業中に消しゴムのカスを頭に投げてくる

 

手提げかばんが壊された

 

水泳の時更衣室にあった制服を盗られた

 

机にいたずら書きが書いてあった

 

コソコソ私のことを言っているのがわかった

 

クラス行事に私は知らないこともあった

 

 

 

仲良しの友達もいたが正直学校へ行くのが辛かった。

 

 

 

私はあえてあまりそのことを人に伝えることをしなかった。

 

 

 

黙って相手をしなければそのうちなくなるだろうって思ったから。

 

 

 

そうやって段々と嫌がらせはなくなってきたが、クラスの半分は私のことをよく話題にしていたようだ。

 

 

 

今の時代と違っていじめって呼ばないかもしれない。

 

 

 

嫌がらせとしてでもやはり私にとっては苦痛の毎日で学校を何度か休んだりした。

 

 

 

そのうらで自分の身は自分で守らないといけないと思い当時護身用にカッターをカバンに忍ばせていたことも正直あったの。

 

 

 

早く卒業して社会人になりたい、この場所から離れたいって3年間ずっと思っていたのね。

 

 

 

だから卒業できた時は本当に嬉しかったし、今高校時代の友人と連絡を取り合っているのは本当に仲良くしていた数人。

 

 

 

卒業後も同級会があったらしいが私には声が掛からない。

 

 

でもその方がいいと思ったのね、イヤなことを思い出すことをしなくていいからね。

 

 

 

そのことをずいぶん前に子供達に話したことがあったのね。

 

 

 

小学校で不登校になった次女にも私のことを伝えたのね。

 

 

 

それはなぜかというと私の思いがあったからなのね。

 

 

 

私は今でも友達を積極的に作ろうと考えていないのね。

 

 

 

でも人は好き。

 

 

矛盾しているかもね、でもそうなの。

 

 

 

 

でも私が今でもこれからも受け付けない人がいる。

 

 

 

人のことをとやかく色々詮索してくる人

すぐに人の悪口を言う人は基本NG。

 

 

 

私は子供達にずっと小さい頃から伝えていたことがある。

 

 

 

「1人でも行動できる強さを持って欲しい」

「友達はたくさん作って欲しい」

「人の悪口を自分から言わない」

 

 

これは理想かもしれない、自分が出来なかった分子供達には苦労して欲しくないって気持ちだったのね。

 

 

 

でも親ってそういう気持ちは必ずあると思う。

 

 

 

あとは子供自身がそれを受け入れるか受け入れないかだと思う。

 

 

 

だから次女は特に不登校という形になり、私は確かに苦しんだ。

 

 

 

 

でもきっと私の高校時代の出来事、そのあとの親との確執があって辛い日々もあった、そしてまた次女の不登校で苦しむ。

 

 

 

人生って何?

私って何?

 

 

 

ずっと模索してきて子供が不登校という社会的現象になり改めて自分の半世紀を考えた。

 

 

 

ママ友はいるけど、深入りしないのが私のモットー。

 

 

 

だって子供がいてママがいるから。

 

 

 

そこから本当の友情になるならいいけど、ただのお節介だったり興味本位なら関わらない方がいいと私は今でもそう思っている。

 

 

 

寂しくないの?

 

 

 

寂しくないよ、自分の人生をどう生きてどう楽しむのかは自分が決めて自分が判断する。

 

 

 

自分がOKなら他人がどうこう言うことはできないし、そこは関係ない領域。

 

 

 

自分が楽しいか楽しくないかでいい。

 

自分がやりたいかやりたくないかでいい。

 

 

 

次女の不登校で世間の風もさらによくわかったのね。

 

 

 

でも高校時代の経験がいきているんだろうなって感じる。

 

 

 

だから子供達を守るのは親である私の役目?だろうと思っているし子供から自由を奪うことはできないと感じている。

 

 

 

自分が高校時代に経験してきて、次女が不登校という形になった時、辛くて悲しくて苦しいかったけど、正直ね、心のどこかで次女が羨ましいってほんの一瞬思ったこともあった。

 

 

 

 

つづく・・・・

 

 

 

****************************************

 

 

 

だれにも話せなかったこと

 

 

大勢の前では話せないこと

 

 

そしてずっと一人で苦しんで辛くて・・・

 

 

誰に相談したらいいのかな・・・・

 

 

 

私があなたの想いを聴きますよ

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます音譜

 

 

 

 

無料メルマガも絶賛配信中~

 


ベルあれ?これって不登校?7日間でママも不登校児も笑顔になれる!【無料メルマガ】ベル

ダウン読者登録はこちらからダウン画像クリックで登録フォームに飛びますビックリマーク

※お手数ですがパソコンのアドレスでご登録をお願いします♪

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。


 「不登校のママは1人じゃないよ!」不登校児の経験カウンセラー山田久美です。


ご訪問ありがとうございます

 
  
 

 

 

 

今日からお彼岸になりました。

 

 

 

このお彼岸の日に不登校だった次女が産まれました。

 

 

 

今日は誕生日。

 

 

 

 

小学校4年生で不登校になった次女も15歳になりました。

 

 

 

今年も誕生日を迎えられて本当によかったなって感じます。

 

 

 

 

当時不登校になった時は本当に誕生日が迎えられることなんて考える余裕すらなかった私。

 

 

 

毎日の生活がいっぱいいっぱいで先のことなんて考えられなかったな。

 

 

 

ただ将来がどうなるのだろう?という曖昧な部分の心配はしていました。

 

 

 

 

 

私達は日々、子育てで子供にこうなって欲しいって願いながら試行錯誤しながらの毎日。

 

 

 

学校へ行きたくない

 

 

 

 

そう言われて素直に「そうなのね、わかったよ、休めばいいよ」なんてすぐに言えないですよね。

 

 

 

でも逆に「甘えてないで行きなさい」「もっとやる気出しなさい」「頑張ってごらん」

 

 

 

色々な言葉が口から出てくるのが親。

 

 

 

それは心配だし、自分の子供だけ遅れるなんて・・・・・

 

 

 

もっともっと頑張りなさい!

 

 

 

私はその昔そんな言葉を次女に言っていました。

 

 

 

 

まさかそれが逆効果になるなんてこれっぽっちも思わなかった。

 

 

 

頑張りなさいって言われてやる気の虫が騒ぎ出した~なんて本気で行動できる子供は少ないと思います。

 

 

 

人間は自分から「行きたい」「やりたい」って思わないと動かない。

 

 

 

っていうかなんとなくそう思っていても自分がしっかりと決めてないからどうしようって迷っている自分もいるわけです。

 

 

 

子供自身が自ら体験するってことがいかに価値のあることなのかってことを当時次女が不登校になっている時はわかる余地さえありません。

 

 

 

 

学校に当たり前のように通う

部活動の練習を休みなくこなす

友達と仲良く遊ぶ

しっかりと毎日勉強をする

 

 

 

 

これって実はその子にとって凄いエネルギーを使うんですね。

 

 

 

それを行きたくないって子供に「何甘えているの?」「頑張って学校へ行きなさい」とせかした所で子供が動くことは全くないに等しいです。

 

 

 

何が出来るのだろうか?って考えて子供の背中を押すことも必要だと思います。

 

 

 

しかしそれより子供自身が感じているネガティブな繊細な部分を取り除く作業が必要になります。

 

 

 

 

特に学校へ行きたくないと言い始めて数日はこの不安、悲しみ、怒り、辛さを洗い流す作業が大事なんです。

 

 

 

そんな時にやっぱり1番は子供の話をよく聞く「傾聴」なんです。

 

 

 

もちろん子供自身が不満を口にしたり時には自己中心的な言葉になることもあります。

 

 

 

それは今まで家庭以外で我慢し消耗していた部分で子供がわがままになる時もあります。

 

 

 

しかしこのわがままも必要なことなんです。

 

 

 

そんな過程を乗り越え、自分で自分の道を作っていく力が必ず備わっているんです。

 

 

 

 

だから急がないで焦らないで。

 

 

 

「どうしてこの子はわがままを言うのだろう?」

「どうしてこの子は部屋に閉じこもっているんだろう?」

 

 

 

 

そんな1つずつを感じて行って欲しいし、子供はちゃんと見ています。

 

 

 

口ばかりの励ましなのか?

聞いているようで聞いてない

 

 

 

 

それには子供の可能性という感化がやがて力になるんです。

 

 

 

****************************************

 

 

 

だれにも話せなかったこと

 

 

大勢の前では話せないこと

 

 

そしてずっと一人で苦しんで辛くて・・・

 

 

誰に相談したらいいのかな・・・・

 

 

 

私があなたの想いを聴きますよ

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます音譜

 

 

 

 

無料メルマガも絶賛配信中~

 


ベルあれ?これって不登校?7日間でママも不登校児も笑顔になれる!【無料メルマガ】ベル

ダウン読者登録はこちらからダウン画像クリックで登録フォームに飛びますビックリマーク

※お手数ですがパソコンのアドレスでご登録をお願いします♪

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。


 「不登校のママは1人じゃないよ!」不登校児の経験カウンセラー山田久美です。


ご訪問ありがとうございます

 
  
 

 

 

 

「子供が不登校になりました」

 

 

 

 

これを言えるまでにめっちゃくちゃ時間が掛かったあせる

 

 

 

だって子供が不登校ということになるなんて夢にも思ってなかったから。

 

 

 

 

子供が不登校になって自分が親として何が困るのだろう?

 

子供が不登校になって自分が親として何に悩むんだろう?

 

 

 

 

私はこれを考えるまでに半年以上は掛かったんだよね。

 

 

 

朝、子供を起こしに行っても起きない

 

 

 

そこから1日・2日・3日・・・・・時間ばかりが過ぎていく毎日。

 

 

 

この子はどうなるのだろう?

勉強ますますわからなくなる

ずっと休むのかな?

 

 

 

子供自身の心配を親はします。

 

 

 

自分の思っている子供、子育てになってないから学校へ行かないってことはそれが成立してないみたいに感じるんだろうな。

 

 

 

理想なんだよね。

 

 

 

ちゃんと学校へ行って、勉強して、高校行って、大学行って、就職して、結婚して

 

 

 

健康に普通に過ごして楽しく生活出来ていれば言うことないって思うのが親だろうと思う。

 

 

 

それが小学校や中学校で学校へ行かないって選択を子供自身がして親は突然の出来事にあたふたするわけ。

 

 

 

学校へ行かない?

それっておかしくない?

皆行けてるのにどうしてあなたには出来ないの?

皆ができていることがどうしてあなただけ出来ないの?

 

 

 

子供は自分の考えや気持ちがあって「学校へ行かない」という選択をしているわけなんだよね。

 

 

 

 

でもそれはおかしいでしょう?

 

皆と一緒にできるでしょう?

 

 

 

 

学校へ行かないと子供自身が大変だから今からちゃんとしてあげたい。

 

それをちゃんと伝えてあげるのが親でしょう。

 

 

 

子供が間違いの道を進みそうな時、子供が間違っていそうな時

 

 

 

親は教育、しつけだと考え、子供の考えていることを曲げようとする。

 

 

 

 

そうやって親は言いたくもないことでもちゃんと子供に教えてあげようとする。

 

 

 

 

それは子供が間違った道へ行かないようにするため。

 

 

 

 

でもそれはあくまでも親、自分の考え。

 

 

 

 

子供自身は別の考え、思いを胸にしまってそれが行動として不登校という形になる。

 

 

 

子供はどう考えているのだろう?

子供は何を伝えているんだろう?

私は不登校の何で悩んでいるのだろう?

 

 

 

 

それを1つずつノートに書き出したんだよね、私。

 

 

 

 

迷った時にノートに不登校の何がイヤで何が困るのか?

自分が全く見えなくなってきて、どうしていいのか?

 

 

 

 

とにかくズラズラと書き出してみた。

 

 

 

まとめるなんてしなくていい

 

 

 

ただ自分の心の声をズラズラと書く。

 

 

 

とにかく書いてみる。

 

 

 

 

冷静になって書いてみると全然違う自分が見えてくる。

 

 

 

 

 

 

 

****************************************

 

 

 

だれにも話せなかったこと

 

 

大勢の前では話せないこと

 

 

そしてずっと一人で苦しんで辛くて・・・

 

 

誰に相談したらいいのかな・・・・

 

 

 

私があなたの想いを聴きますよ

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます音譜

 

 

 

 

無料メルマガも絶賛配信中~

 


ベルあれ?これって不登校?7日間でママも不登校児も笑顔になれる!【無料メルマガ】ベル

ダウン読者登録はこちらからダウン画像クリックで登録フォームに飛びますビックリマーク

※お手数ですがパソコンのアドレスでご登録をお願いします♪

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。


 「不登校のママは1人じゃないよ!」不登校児の経験カウンセラー山田久美です。


ご訪問ありがとうございます

 
  
 

 

 

 

台風一過となった今日信州はいいお天気で暑くなりました。

 

 

 

それまでは朝晩は肌寒くて長袖を着ていましたが、今日は半袖を着ないと暑いぐらいの天気で寒かったり暑かったりで気温の変化がある時ですね。

 

 

 

皆さまも気候の変化には気を付けて下さいね。

 

 

 

 

 

私の次女は小学校の時、いつも月曜日はなかなか学校へ足が向かない曜日だったんです。

 

 



着替えて学校の支度をしていたが、学校へ行く時間になっても出掛けない???




私が台所にいると次女がきて「学校休む」



「そこまで支度していたのに何でだろう?」



ランドセルも玄関に置いて、朝食を食べてすっかり準備万端なはずなのに・・・

 

 


いつもの次女の学校行かないアピールはだいたい着替えないでパジャマのままでいることが定番。

 





・・・が今日は支度をしていたにも関わらずボソっと一言



「わからないけど行きたくなくなった・・・」




当時は少し肌寒い時期の4月ごろの事。

 

 

 

いつも完璧にこなしたい次女は宿題もやってある、持ち物は揃えた、でも行きたくないとコタツへ入ってしまったんです。



そのあと私は先生に連絡を取るためにメールをしたんです。

 



最近は先生とのやり取りもメールの時代、少し経つと先生から「後ほど連絡します」と返事がありました。



メールには必ず次女の様子を添えて送るんですが、毎日毎日同じようなメールを送ること・・・

 

 

 

正直段々様子を伝えることが苦痛にもなる。

 

 

 

ただ様子を伝えることがこれほど苦痛になるとは思わなかったな・・・

 

 

 

今日は行きました、今日は行かれません。

 

 

 

いつまでこんなことが続くのだろうか・・・

 

 

 

そんなことを考えていたら担任の先生から自宅へ直接電話がありました。

 

 

 

先生は「直接話しがしたいので電話変わってもらっていいですか?」



次女に変わり先生と5分ほど会話をしてました。



すると電話を置いたあと明らかに次女の様子が変わていたのがすぐにわかりました。



そのままコタツへ潜り込みイライラしているのがよくわかったんですビックリマーク



私は先生がに何を言われたのか?を聞かず、そのまま仕事へ出かけて行きました。





どうしてその時に先生と何を話したのか聞かないんですか??





そう思いますよね。

 

 

 

次女の顔が「うるさい」「そんなこと言われたら余計行きたくないよ」

 

 

 

そんな顔つきをしていたんです。(これは毎日子供の様子を見ている親だからでしょうか)



私がまた聞いたりするとますます次女が私に対して殻に閉じこもると判断したんです。



でも仕事に出掛けてからも気になっていたら、担任の先生から電話がありました。



「○○ちゃん、まだ学校にきてないようですが、様子どうですか?」



あ~そこか~やっぱり!



そう、先生は学校へくるように次女に促したんですね。



結局次女はその日はお休みをしたんです。




私が帰宅後に笑顔が出ている次女に聞いてみると先生の一言が決定的で学校へ向かなくなってしまったこと、わからないけど行きたくなくなったこと。



そんな「わからないけど行きたくない」



次女は次女なりに昼間に思うことがありそれが一歩だと私は思ってます。



学校へ行くことはもちろん当たり前かもしれない


でもその当たり前が子供には通用しないことも多々あること





学業はもちろん大事だよね。




でも今をどうするか?



無理やりでは人は動きませんし、抵抗します。



納得しないと子供は動かないよね。

 

 

 

先生と不登校児の距離感

 

 

 

先生の声掛けの仕方

 

 

 

学校へ登校するっていうゴールだけではダメってことを、大人たちは知らないといけない。

 

 

 

学校がゴールならその先は何だろう?

 

 

 

 

登校するだけが今できることだけではないってこと。

 

 

 

 

しっかりと伝えていかないといけないって私自身改めて思ったな。

 

 

 

 

それには先生との会話も必要になる。

 

 

 

 

伝えるってことは大事です。

 

 

 

****************************************

 

 

 

だれにも話せなかったこと

 

 

大勢の前では話せないこと

 

 

そしてずっと一人で苦しんで辛くて・・・

 

 

誰に相談したらいいのかな・・・・

 

 

 

私があなたの想いを聴きますよ

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして有難うございます音譜

 

 

 

 

無料メルマガも絶賛配信中~

 


ベルあれ?これって不登校?7日間でママも不登校児も笑顔になれる!【無料メルマガ】ベル

ダウン読者登録はこちらからダウン画像クリックで登録フォームに飛びますビックリマーク

※お手数ですがパソコンのアドレスでご登録をお願いします♪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)