今回はEA(自動売買ツール)についてのお話です。

 

私の手法をEAにすることが出来れば購入したいという方がいましたので、こちらの記事を書かせていただきます。

 

自らがトレードをしなくてもEAが自動で売買をしてくれたら、そんなに魅力的な事はありませんよね。

 

今の技術がどの程度進んでいるかは分かりませんが、基本的にEAを作る際に使うものはテクニカル指標です。

 

このシグナルが出たら買う、このシグナルが出たら売るといった具合です。

 

これが複雑になるといくつかのテクニカル指標のシグナルで売買判断をする、といった程度のものになるでしょう。

 

しかし、私の手法もそうですが、実際に勝てる手法はテクニカル指標だけで売買するものではありません。

 

テクニカル指標だけで勝つことが出来るのであれば、初心者本を一冊読んだだけで勝てるようになるはずです。

 

相場はそこまで単純なものではなく、しっかりと人の目で見極める事が必須になってきます。

 

それをEAで確実に再現する事が出来れば可能かもしれませんが、どうしてもその時の特別なニュースや指標発表までEAが判断する事など当然出来ないでしょう。

 

そして、EAを調べてみれば分かると思いますが、バックテストというものがあり、過去のチャートからEAが稼げるかどうか、利益率などを計算したグラフをよく目にするのではないでしょうか。

 

過去の相場に合わせてテクニカル数値を変えれば、勝率を高めて勝ち続けているEAとしてバックテストを通すことは容易であり、無料のEAであってもそういったものが出回っている程です。

 

それでも実際に使ってみても勝てないのは、過去と同じ相場が未来もくるわけではないからです。

 

過去に合わせる事は出来ても未来に合わせる事は出来ない。これが真理なのです。

 

だからこそ人の目を使って、こういった部分は避けようねとか、具体的にこの期間のこの所で○○が○○したら買うと勝率は高まるよね

 

といった具合で裁量の部分があるからこそ勝てるのです。

 

テクニカル指標は補助的に使う事はあっても、それでだけを頼りにするという事はありません。

 

例えばMACDというオシレーターがあります。

 

これはレンジの時にはダマシのシグナルを頻発しますし、これ自体が移動平均線をベースに作られているため、短期的な上下動に弱いという欠点があります。

 

このように、結局はテクニカル指標を使っても機能しない場面があり、それを判断できるのは人間のみという事になります。

 

もちろんAIが進化して絶妙な判断まで出来るようであれば可能かもしれませんが、今出回っているAIを謳っているEAはそういった判断をするようなものでは無いはずです。

 

まず、自分のお金をプログラムの投資判断に任せてしまう事自体危ないと思うのですが、多くの人はあまり考えないようです。

 

一時的にEAで利益が出たとしても、それは偶然相場に当てはまっただけであり、それを長期的に続けて利益を上げる事は不可能でしょう。

 

もしEAを使って負けた時、EAのせいにするしかないのです。

 

永久に良いEAを探し続けても夢のようなEAは存在しないのです。

 

ですから、自分自身の技術を磨くことを最優先に考え、長期手に稼ぎ続けられるよう成長する意欲が大切なのではないでしょうか。