さて、人間だれしも過去の成功や失敗に囚われ、現状維持を続けてしまう事があります。
 
しかし、過去の出来事におびえる事や自分を縛り付ける事は、未来にとってマイナスにしかなりません。
 
一度失敗したから次も失敗するだろう、そう考えてしまうのも無理はありません。
 
一度成功したからこのままでいよう、自分はこれくらいで十分満足だと、自分の限界を決めつけてしまう人もいるでしょう。
 
本来ならば無限の可能性を秘めているはずなのに、もっと上を目指していけるはずなのに、実力を発揮できずにいるという人もいる事でしょう。
 
挑戦をした時に自らに下す判断は成功か失敗かの二択です。
 
しかし、その判断を下すのも自分自身であり、成功と決めれば成功し、失敗と決めれば失敗となるのです。
 
挑戦していくら上手く行かなくても、その原因を考えて対策を立て、次に生かしていく事が大切です。
 
これはダメだと、自分には向いていないんだと、諦める事も自由です。
 
しかし、あなたが本当に変わりたいと思うのなら、必死に考え抜き、どうしたら上手く行くのか試行錯誤して行く必要があります。
 
そもそもあなたのやる気自体が無ければ、簡単な努力すら出来ないのですから、まずは挑戦する理由をしっかりと考え抜きましょう。
 
とりあえずとか、何となくとか、そんな中途半端な気持ちで何かに取り組む人をどう思いますか?
 
例えばあなたが投資家として出資をする立場なら、「何となくやってみたいので投資して下さい」
 
と言われたら、投資しますか?
 
正社員の面接のとき、「とりあえず新しい事を始めようと思ったから」と言われて、採用しますか?
 
まずあなた自身の行動をあなた自身で精査してみてください。
 
もし中途半端な気持ちだなと思ったのなら、厳しく却下して下さい。
 
何事もそうですが、本当に困っている状況、本当に何とかしなければならないという状況でなければ、
 
基本的に人は自分に甘えてしまい、本当の実力を発揮できないのです。
 
何が何でもやろうという強い気持ちがあれば、人間そのための情報を勝手に集めることが出来ますし、
 
本当にやった方が良い事をやれるようになります。
 
人はセルフイメージ通りの自分になります。
 
「自分には出来ない、難しい。」という言葉を受け入れてしまえば、現実もその方向に向かいます。
 
逆に、「自分には出来る、私は稼げて当然だ」そうセルフイメージを書き換えてしまえば、現実もその方向へ向かい始めます。
 
もちろん全く勉強もせずに自信だけあってトレードをしても痛い目を見るでしょう。
 
長期的に稼いでいくためには、必ず勉強期間が必要になります。
 
もし過去に挫折したり、損をしたりした経験があったとしましょう。

その過去の出来事をいつまでも引きずっていても何も変わりません。
 
失敗するという事は挑戦をしたという事ですから、素晴らしい事なのです。
 
まずは失敗した自分を褒めてあげましょう。
 
そして、何度でも立ち上がり、挑戦し続けてください。
 
誰しも初めから全てが上手く行くわけではありません。
 
失敗してもまた挑戦し、日々勉強を重ねてようやく成功していけるのです。
 
人はぼーっとしていると、無意識のうちに過去の失敗体験から挑戦をしなくなります。
 
人の生存本能は強いですから、今が一番良いと無意識が反応してしまい、挑戦しにくいマインドになります。
 
しかし、実際になりたい自分があるのにも関わらず、今が一番良いと自分を納得させるのはよくありません。
 
自分自身がどうなりたいのかが分かれば、どんな行動をとっていけばいいのか分かるはずです。
 
まずは大きなゴールを立ててみましょう。
 
そして小さな挑戦を積み重ねていく事で、少しずつゴールに近づいていけばいいのです。
 
生存本能を乗り越え、過去に囚われず、未来だけみて突き進んでください。

 

FXでどれだけ損をしたとしても、それによって自信が無くなるという理由にはなりません。

 

それは過去の自分の実力が結果となって反映されただけであり、勉強を積み重ねて実力を付けていけば必ず結果が出る時が来ます。

 

まずは無暗にトレードをして資金を減らすより、しっかりと学んで練習期間を作る期間が必要です。

 

もしあなたがFXに対して自信が無いと思うのであれば、それは間違ったトレードをしていた結果に基づくものであり、正しいトレード方法を模索する必要があるという事です。

 

何事もそうですが、何度も失敗を繰り返して反省をし、勉強をして少しずつ上達していくものです。

 

まずは過去のトレードが間違っていたという事を認めなければ、そこから成長する事が出来ません。

 

まずは一度トレード方法を見直し、気持ちを改めてみてはいかがでしょうか。

 

もう今年も終わりですから、一度自分自身の一年間のトレードを振り返り、来年勝てるように今できる行動を始めていきましょう。