古墳探訪記

古墳探訪記

関東中心に古墳を巡っています。現存している古墳、削平してしまった古墳を含め、すべて写真で記録していきます。時々、神社や地形についても触れていきます。1000年以上も続いた古墳のある風景、後世に残していきたいものです。

茨城県茨城町にある諏訪神社古墳群、続きです。

 

昨日アップした諏訪神社古墳群8~10号墳がある墓地から南へ歩きます。

 

↑すぐに見えてくる諏訪神社古墳群13号墳。北東側より。

12号墳も近くにあるはずなのですが、見つけられず。

 

 

 

↑諏訪神社古墳群13号墳、南側の様子

祠がありましたお願い

直径12.2メートルの円墳。

場所はこのあたり: 36.292213, 140.365795

 

 

 

↑南西側より

 

 

 

 

↑祠の周辺にはアヤシイ石が多数キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

↑こちらは『続 常陸の古墳群』の分布図において、〇号墳という表記はされていないものの、●の古墳マークが付けられている場所。

 

 

↑写真では見にくいですが、墳頂には小さな祠がありました。

 

この日、見つけられた諏訪神社古墳群は以上です。

4月5日に訪れた茨城県茨城町にある諏訪神社古墳群、続きです。

 

昨日アップした5号墳・6号墳から西へ歩くと、すぐに右手にある諏訪神社古墳群7号墳に気がつきますよおねがい

↑諏訪神社古墳群7号墳

直径7.8メートルの円墳。

場所はこのあたり: 36.292954, 140.367010

 

 

 

↑高さは2メートルほどありそうです。

 

 

 

↑小さな祠お願い

キレイにされていますし、最近置かれたと思われるワンカップもあります。

 

 

 

 

 

 

↑こちらは諏訪神社古墳群8号墳、南東側から

7号墳と比べると、藪でボーボーです。

直径13メートルの円墳。

 

 

 

 

 

 

↑墓地の裏にある諏訪神社古墳群9号墳、南側より

直径14メートルの円墳。

場所はこのあたり: 36.293175, 140.366315

 

 

↑9号墳の西端なのか?自然地形なのか?判断がつかない高まり。

位置的には11号墳がある箇所の現状。

 

 

↑9号墳、墳頂の様子

 

 

 

 

 

 

↑こちらは「古墳!」とわかりやすい諏訪神社古墳群10号墳、北側より

直径13.8メートルの円墳。

場所はこのあたり: 36.292829, 140.366473

 

 

↑10号墳、北西側より

 

諏訪神社古墳群、明日も続くウインク

4月5日に訪れた茨城県茨城町にある諏訪神社古墳群、続きです。

 

まずアップするのは群中、唯一、整備されている古墳。

↑諏訪神社古墳群4号墳、東側の様子

直径15メートルの円墳。円筒埴輪、朝顔形埴輪が見つかっています。

場所はこちら: 36.292573, 140.368005

 

 

 

↑周溝も再現されています。

写真右奥に5号墳が写っています。

 

 

 

↑諏訪神社古墳群4号墳、西側から

奥に写る木立の中に1号墳があります。

 

 

 

↑キレイにされている古墳でしたが、埴輪の破片が転がっていました。

 

 

 

↑4号墳から望遠で写した諏訪神社古墳群14号墳。

民家の前だったので近寄れず。

 

 

 

 

 

 

↑続いて諏訪神社古墳群5号墳、北東側から

直径23メートル、6世紀前半築造の円墳。

場所はこちら: 36.292501, 140.367275

 

 

↑5号墳、西側の様子

墳丘全体が、くっつき虫に覆われていますあせる

 

 

 

 

 

↑5号墳と一部が重なっている?と思えるような諏訪神社古墳群6号墳

 

 

↑諏訪神社古墳群6号墳

直径7.8メートルの円墳。

 

茨城町にある諏訪神社古墳群、明日に続くウインク