最上谷裕世のフルートライフ

最上谷裕世のフルートライフ

フルート奏者、最上谷裕世のブログです。音楽について、日々の生活についての日記です。


テーマ:

こんにちは。

いよいよサッカーのワールドカップが始まりましたね!

日本の初戦は4日後。応援しましょう!

さて、皆様フルートはどのように持ち運んでいらっしゃいますか?

私はフルートの持ち運びのために色々なケースやバック、リュックを試してきましたが、

今は断然リュックです。理由は、その方が安全で楽だからです。

でもリュックって、カジュアルになりすぎて嫌、という方もいるかも?

ビジネスシーンにもカジュアルになりすぎない、おしゃれなもの、というとなかなかないですよね。

生徒さんに、どんなものが良いか、相談されることも多いので、今日はこちらのフルートバックをご紹介します。

お仕事帰りのレッスンにも持っていったら、とても便利だと思います。

私が知っているフルート用のリュックの中で一番軽量です。

自転車に乗っていても安心。

安心安全にフルートを持ち運んで、フルートをさらに楽しみましょう!

コンサート7/14も、お待ちしております。




テーマ:
こんにちは。
今日はこちらから投稿いたします。
先週、素晴らしいフルート奏者マチュー・デフォーのリサイタルに行ったと色々な所で言っていますが、そのメインプログラムだったのが、フランクのヴァイオリンソナタイ長調でした。
もともとはヴァイオリンソナタですが、今はフルートや、他の楽器で演奏することもメジャーです。それだけ大人気のソナタなわけで私も大好きな曲です。

先日のリサイタルは、本当に素晴らしくて、早速自分でもさらい出したのですが、デュフォーは、こんな音を出していたな、こんな息の入れ方してたな、こんな体の動きをしていたなと、思い出しながらさらう作業はとても刺激的です。

ただ、やっぱりヴァイオリンのソナタをフルートでやるのは、技術的には問題ない(と思う)のですが、もっと根本的な所、1番は音色だと思います。太くて豊かな音色。柔軟な音色。強靭な音色。いわゆる「フルートらしい音色」ではない音色も必要です。ヴァイオリンやピアノのような、、
次にブレスコントロールも。
長いフレーズを、フルートの弱点ともいえる「息が続かない」をそのまま露呈しないように、「息を長く続ける」かつ、音色を柔軟に変化させながら、ダイナミクスを大きく変えながら。
他にもあるかとは思いますが、すぐに出てくるのはこんな所です。

つまり、良くも悪くも「フルートらしさ」を超越すべく、挑戦するには、ヴァイオリンの作品は最適です。

挑戦することで、フルートの音色がもっと豊かになると思います。

ただ、超越できる人は本当に素晴らしい人だけなので、デュフォーは本当にすごいのです。

前述した理由で、人前で演奏、というのは、かなりのハイレベルなのですが、練習の教材として挑戦するのは大いに意義のあることですので、音色をもっと豊かにしたい、表現力をもっと磨きたい、という方には、ヴァイオリンの作品、お勧めです。




テーマ:
こんばんは。

先日、銀座ホールで行われたマチュー・デフォーのリサイタルに行って来ました。


感想は、無理して行って本当に良かった!!です。

ここ10年位で聴いたリサイタルの中で一番良かったかもと思う位、素晴らしくて興奮しました。
1曲目のヴァーレーズから、その音色に度肝を抜かれ、ゴーベールの甘くて柔らかい音色、ドビュシーはフルートとピアノでオーケストラのような多彩な音色がしました。フランクは圧巻で、ダイナミクスレンジの幅の広さ、息のコントロールの素晴らしさ、そして先程から繰り返し言っている音色。今もずっと耳に残っています。

ピアニストの方も本当に素晴らしくて、お二人のアンサンブルが最高でした。
他にも書ききれない位、沢山のことを学ばせていただきました。

また次回もおそらく絶対行きます(^^)


帰りは、お気に入りの店、イエロースパイスでスープカレー。

銀座にありますので、よろしければ是非(^^)

私も次のコンサートで、あんな音色が出せるよう、頑張ります!


 

そして、コンサート情報です。



是非宜しくお願いいたします!


【日時】7月14日(土)17:00開演、19:00終演予定

【場所】すみだトリフォニーホール小ホール(東京都墨田区)

【料金】全席自由2000円

【出演者】ピアノ:川島立子 フルート:最上谷裕世 オーボエ:有賀智美 クラリネット:山本学子 ホルン:滝沢菜月 ファゴット:牧野裕美 ゲストナレーション:五十嵐美和子

【プログラム】チャイコフスキー:バレエ組曲『くるみ割り人形』より「花のワルツ」 プロコフィエフ:ピーターと狼 リムスキー=コルサコフ:ピアノと管楽のための五重奏曲より第1楽章 リムスキー=コルサコフ(ラフマニノフ編曲):熊蜂の飛行(ピアノソロ)ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」


オールロシアプログラムです。

ナレーション付きの「ピーターと狼」は、小さなお子様にもお楽しみ頂けます。その他にもチャイコフスキーの花のワルツ、リムスキー=コルサコフの熊蜂の飛行といった楽しい曲、名曲ムソルグスキーの「展覧会の絵」と盛沢山で、たくさんの方にお楽しみいただけるコンサートです。


チケットは、ツリーオブミュージックHP、イープラス、カンフェティにて発売中です。


チケットお申し込み先はこちらです。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。