フロアエージェント 又吉雄二のブログ
フロアエージェントがLINEをはじめました!
ブログでは書けない職人単価情報や求人情報などLINEを通して個別でのコミュニケーションを図るとともにタイムラインから最先端の技術や新工法など、知ってて得する情報をリアルタイムでお届けします。


LINE ID   flooragent

LINEのID検索からご登録ください。



施工に関するお問い合わせは


当社ホームページhttp://www.fa-concrete.com/
までお問い合わせください。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

平成最後の…①


今年も楽しかった〜🎉


皆さん
今年もたくさんの方々の支えにより
また一段と成長させて頂くことができました!


この一年本当にありがとうございました🎵


お客様の支え、

従業員の支え、

関わる関係者様の支えの賜物です!

本当に感謝申し上げます。



そして、ありがとう平成!


年号が変わっても
成長を爆進して参ります!



さて、

平成最後となる2018年暮れの某日


2019年度の経営計画発表会、


社員表彰式、


そして忘年会を行いました🎉



仕事や帰省の都合で十数名が

参加できなかったですが、



2019年、

どのような方針で、

どのようなユーザーへ

どのような価値を

どのような働き方で

提供するのか?



一年の計は元旦前から準備しないと
はじまらない。笑



ここでは書けないことも含めて

雄弁と語りました。笑



さて、

一年後のワクワクする自分とは

どのような状態なのか?



会社とはそのワクワクを実現するために

あると思ってます。



うちは
これからさらに技能育成への投資、

生産性と品質を上げることによる

利益の還元、

職場環境の充実、

賞与アップなど


やればやるほど業績とともに
従業員への還元もさらに増やします。


ただ、なにも努力せず
初詣に神社へ行って手を合わせるだけでは
何も変わりませんよ。笑


勘違いしないように!笑


そんな神頼みは

神様もビックリしてるから。笑



しっかり目の前の仕事を
ピカピカにしてるだけでも必ず誰かが観てるし


必ず評価される。


おみくじ引いて、

今年は大吉とか凶とか、

運が良いとか悪いとかよく言うけど、

運の8割以上は自分の行いで決まると

僕は思ってます。



てなワケで、
僕も自分の行いをさらに改めます。笑



話しが脱線しました。


さて

弊社FAの強みとは何か?

抱える課題や問題は何か?



社員全員と改めて共有しました。



やはり自分ごととあって
意外にみんな真剣でした!




日ごろから繰り返し話していることですが

改めて会社のビジョンや方向性を

全員へ示すことは大事です!



業界の特性や

これからFAの考える成長性、

未来への考えられるリスクなど



変化のスピードが速い今

即実践、実行を加速して行きたいと思います。




そのひとつで
うちの課題の一つでもあり、
職場環境充実のため倉庫と寮の完備します!

2019年1月末 完工予定で、

弊社としては2棟目の自社倉庫&寮の物件です。


FA本社の近隣周辺では土地や建物がなく、本社から車で5分のところにある場所に倉庫と寮を作ることにしました。



ただ、まだまだ人が増えることと、機械や車両が増えるため、3棟目の倉庫、または寮を探しています。

近隣の不動産屋さん、

そこんとこ、ご協力よろしくお願いします。



さて、話は戻り、

班ごとのミーティング


激励を込めて共に成長して行きたいですね!





そして表彰式
今年は9選もの賞が贈られました。


写真が多くなりすぎるので割愛します!


てか準備もバタバタですみませんでした。




そして暴年会?
いや、忘年会ですな。笑




一年間のありがとうムービーが流れたり、



美味しいブッフェと共に


賞金総取りじゃんけん大会が行われたりと


かなり盛り上がりましたね‼️



皆さん来年も引き続き良い年にして行きましょう!よろしくお願いします‼️



つづく。




土間コンクリート徹底研究

土間コンクリート仕上げの試験施工。


たくさんのお偉い方々が集まり、

ひび割れ、剥がれ、膨れ、耐久性など

さまざまな観点から試験をします。



前々から弊社にてご提案をさせて頂いている工法も採用してもらいました。





コンクリートは振動や仕上げでどのように変化し、どのように耐久力が増すのか?


また、どのような時に剥がれるのか?






そして

どのような時にひび割れ、

どのような時にフクれるのか?




実はわかってるようで
わかってないことが多過ぎるのです。



そして個人的に一番興味深い試験は


本当に騎乗式仕上げは剥がれ(はがれ)るのか?


という長年の疑問です。



騎乗式機械


いろんな現場様でも
騎乗式機械を使用すると剥がれるという
ことをおっしゃいます。



本当にそうなのだろうか?



僕は騎乗式仕上げが
コンクリートの剥がれの原因だとは思えません。



騎乗式が剥がれる理由としてあげられるのが、



①重量があるのでコンクリートが重量に負けて剥がれている。


②騎乗式の金ゴテを当てすぎて
焼け付いて剥がれている。



などです。



本当にそうなのだろうか?



僕はアメリカ、中国、ベトナムなど、海外のさまざまな土間コンクリートの現場を見てきました。


施工面積がケタ違いのアメリカでは
当然、騎乗式のサイズも重量もケタ違いです。


中には1トンを超えるものもあります。


カラダのデカイ外国人でも
小柄に見える大型機械で床を仕上げていても、
剥がれないのはなぜなのか?


一方で日本で使用している2〜300キロ程度の
騎乗式で本当に床が剥がれるのか?




日本と海外の違いを話していると
よく言われるのが



「いやー、日本と海外はコンクリートの考え方が違うから。」


とか


「外国は施工環境も違うからなぁ。」



などとよく言われます。



それで話を片付けて良いのでしょうか?


日本のコンクリート仕上げ技術も
さらに向上させていかないと
完全に外国に負けますね。


正直、
日本のコンクリート仕上げの工法は
昔からほとんど変わっていません。


品質も変わることはないが
実は生産性はとても悪いのです。


また人不足が深刻な時に、
人工ばかりかかる仕上げになっているのです。



本当にこれで良いのでしょうか?


管理者と施工者がもっと材料を研究して
剥がれない床を作りたいですね。



現場の管理者さまで、

最低限注意すべき

コンクリートの剥がれ対策を抑えて

現場で施工してますか?



単位水量は適正なのか?

細骨材率は45%以下になっているか?

空気量は3%台を越えてないか?

膨張剤は現場で2分間攪拌しているか?

打設時の気温は35度を越えてないか?

打設から仕上がりまで
直射日光を避けているか?

風のある日に凝結遅延材を
混入していないか?


などなど
書ききれないくらい


剥がれ対策はたくさんあるのです。



現場の施工環境によって
条件や環境など難しいこともわかりますが、



最低限剥がれ対策の留意点を守った上で

騎乗式仕上げのことを言われるならわかりますが




なんの根拠もなく

「剥がれの原因は騎乗式仕上げだ!」



って言うのは



違いますよね^_^笑




騎乗式仕上げがコンクリート床を剥がしているのではなく




そもそも
剥がれる原因のある材料)に、騎乗式で仕上げていたのではないですか?




原因と結果の法則と同じで



間違った原因を作れば

結果はその通りになります。



よくお問い合わせ頂いている
剥がれる傾向にある現場様で
起きている事例ではそのような環境で
コンクリート仕上げを行っていることが
多いのです。


嫌われついでに書いてますが

毎日コンクリート仕上げに携わっていても


コンクリート(材料)の知識を持って施工している人があまりにも少ないですね。


僕も含め、まだまだ勉強が必須ですな。






店舗左官工事

さて、弊社にて


壁、床、テーブル、カウンターを仕上げた

原宿のアパレル店舗、人研ぎ仕上げが

無事引き渡しを終えました。

こちら


素晴らしい仕上がりでした‼️


内装は
ピンク、ピンク、ピンク‼️


これ女子ウケ間違いなし。


床も白っぽく見えますが
ピンクの石が散りばめられたこだわりぶりです!


すでにオープンしているため、細かな部分の撮影は難しいですが、

今回は左官塗りで仕上げたあとに

魂込めて磨き仕上げていくという

まさに左官技能と機械技術の融合が
成し得る結晶です。




現在では原宿をはじめ、銀座、青山、六本木、などのアッパー層向けの店舗にて特殊左官が増えてますね。


この工法ってどこに頼んで良いかわからないって方がたくさんいらっしゃるので


弊社にてこれから周知、
拡散していこうと思います。


店舗の人研ぎ仕上げのことなら
弊社までご連絡ください。
03-6809-6031


人研ぎの工法については

時々アップさせて頂きます!






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>