という訳で、表題と下記画像の通りでございます 笑

4月には少し早いですが、明日からと捉えて頂けますと幸いです。

 

理由は沢山ございます 笑。

(まあ、私と直接話したり、Web上での文章を読んで下さっている皆様には簡単にご理解頂けるかと思います。)

 

相も変わらず、県外からのお客様方も多く、

ありがたい事に初めてご来店のお客様、

常連様方いずれも事前にアポイントを入れて下さる事がほとんど。

 

その他、TRICEに立つ時間も今はございますし、

私一人で社長業、、総務、経理、バイヤー…etcを行っておりますので、

店外での業務も含め、

「ずっと店にいる」という事は難しいという側面もございます。

 

ここからが本心というか、「キモ」と言いますでしょうか…。

 

一つは働き方を変えている最中。

 

もう少し言えば、

やりたい事の訴求、追求はしつつも

 

「ずっと仕事漬けでなくとも良いよね」、

「プライベートの精度も上げたい」。

 

総合的に

「自分自身の人生の時間の一瞬一瞬、その時々の「現在(今)」の価値を考えた結果」

とも言えます。

 

もう一つは

「井の中の蛙では終わりたくない」。

 

「一つの事を探求する」…

そういった「職人」、「スペシャリスト」は

本当に素晴らしいと思います。

 

しかしながら、

「fizz BEYONDのタカハシ」って「トリッキーで在って欲しい」

と極々普通の人のタカハシ ヨシユキは思ったりもする訳です。

 

訳が分からなかったり 笑、

ある種、自由

(責任が確実に伴うのが、コレです。)

 

「トラワレナイ」

「固執しない」

 

という言の葉の方が、

気持ちを的確に表しているかもしれませんね。

 

しかしながら、

「トリッキー」なだけでは存在意義はありません。

 

そこに「面白さ」、「楽しさ」…

(「エンターテイメント」

という言葉に置き換えれるでしょうか。)

はたまた、

「人を元気にする」、「役に立つ」…

そういった事も結果として同様に提供出来る事皆様に出来れば、

自分としては「やる意義」があり、

「存在意義」に繋がります。

 

これまでの約15年間のfizz BEYONDは

その大部分を「服」や「物販」といったカタチで体現してきたと

自分は思っております。

 

しかしながら、ご存知の通り、

ここ数年は「そこから離れた側面」を訴求しておりましたし、

現在もその途中です。

 

以前からのアパレル業界自体の衰退、変化というものが大きかったとも言えます。

では、大きく業界の構造、システム、ビジネスモデルが変化したかと言えば、

古い慣習が蔓延したままで、

自分はその様にはほとんど感じられていないというのが率直なところです。

(世界にも通用していたり、そこに向かってらっしゃったり、

地域密着でお客様方を本当に大切にしていたり、

内部構造の変革、実験から着手したり…

在り方はそれぞれですが、

もちろん運営なさっている素晴らしいメーカー、お店もございます。

このご時世で、ただただリスペクトです。)

 

現実的に自分は「アパレルはまた別」に捉える、

はたまた「業界の外側とのクロスオーバー」、

「小回りを上手く利かせ、行動する」

そこに重きを置き、

「今の一つのカタチが在る」

といったところです。

 

しかし、まだまだ小さい、狭い範囲です。

正直「それをもっと大きく、広くしたい」というのが、ございます。

 

その過程で、字面だけでは軽く見えてしまうかもしれませんが、

「fizz BEYONDでは「服屋」は手法の一つでしかない」

という事に行きついたというのが、

正直なところでしょうか。

 

どこかしら、

自分でもそれだけでは物足りなくなっている、

不完全燃焼な感覚も伴っていたかもしれません。

「もっと色々と出来るんじゃないのか?」と…。

 

当然の事ながら、「ファッション」も「服」も大好きです。

(見ていれば分かりますよね 笑)

 

「変わりゆく己」

「変化する魂」

 

それらと共に纏う服を

「自分の皮膚を変えるかの如く日々変える」

その高揚感がいつまで経ってもたまりません。

 

もっと言えば、

「服に負けない己、魂、心身の健康状態、体型で在る事」

それらとのギリギリのせめぎ合いも日々の生(活)きる糧であるとも言えるでしょうか。

(昔のタカハシなら「すべて」と言っていたかもしれませんが、今は違いますかね。

「糧の一つ」。)

 

「同じ一日」でもファッション、服だけで全く異なります。

もちろん「人は変わる」ので、身に着けるものも変わって当然。

(変わらない方が、危険と思ってます。)

 

もちろん楽しみ方はそれぞれ異なって良い訳ですが、

「先述の事を少しでもお伝えできれば良いな」と思い、

続けてきた、続けている次第です。

 

未だに自分のセレクトやスタイリング、ご提案を喜んで頂けるのは至福です。

それが今はTRICEもあり、

以前よりも多くの女性にも広がっているのならば、

尚更の事ですから。

 

もちろん今迄の様にコツコツと「ファッション」の面も行っては参ります。

 

(本当であれば、もう現場は離れたいと思っている部分もあり、

初めての方も含め、

ご指名いただいたお客様のみスタイリングという手法をとりたいとも思っているのが本音 笑。

素晴らしいスタッフ、原石と出会えれば良いのですがね。)

 

はたまた、しなくて良いなら良いのですが、

どこかのタイミングで閉店しようかな…とか 笑。

全く考えない訳でも無いのも正直なところ。

(それ以前に、経営が行き詰まったら考えないとはいけないのは確かですが。)

 

ひとまずは

「既存のアパレルの慣習」の崩壊が進み、

「新たなアパレル業界のカタチ」

がある程度構築されるまでは、様子見でしょうかね。

 

かなり文脈から逸脱致しまして、大変失礼致しました 笑。

 

戻りますが、

「大きく、広く動く為」

その為、

 

「引き出しをもっと増やす事」

 

がとても必要と自分は感じている訳です。

店の中にいても、いつも足を運ぶ場所だけに行っても、

それは増えにくい。

 

ですから、

様々な分野で気になる場所、企業、方々、モノ、コト…

足を運び、六感、五感で感じ、コミュニケーションをとる事。

アイディアを練る為のぼ~っとする時間や本を読む時間も…。

 

これらの為の時間が今迄以上に欲しいと感じた、感じていた。

これが一番大きいです。

 

「Webで知った気になる」のではなく、「足を使う事」。

そこです。

「それで何を感じるのか」

 

きっと

「そこからだからこそ、様々なクロスオーバーをスタートする事が出来る」のだと…。

 

先日の大盛況だった「てらだ整骨院」とのイベント。

こちらを行い、「より方向性が明確に見えた」気がしております。


「心身が健康で、広域な意味で、美しく生(活)きる、生(活)きようとする人達へのお手伝いが出来たら良い。」
そこだなと。


可視出来る部分でも、そうでない部分も含め、
すべてを受容し、共存共生する…

 

ある種の各々異なる

 

「美意識」

 

とでも言うのか。.

 

(この上で、ウチは「服だけじゃない」、「服も手法の一つ」。
そういった意。)


タカハシ自身、

母が口うるさかったのもありますが、

食事、口に入れる物の内容には昔から気をつけており、

最近は自炊にシフトしていたりもします。

 

ですから、

風邪も2年~1年半に一度位しかひきませんし、アレルギー等も無かったりもします。

未だに15年以上前に購入したレザーライダースも着ており、

体型も変わってません 笑。

(もう40近いのに、本日も20代に間違われましたから、肌の状態も比較的良いのかもしれません 笑)

 

それは

「広域な意味で、心身が健康な状態で、良いパフォーマンスをしたいから」

それに尽きるのですね。

 

自分も清々しいですし、何よりも他の方々にも喜んで、楽しんで頂けます。

その結果の一つだったりもします。

 

「人生100年時代」と言われておりますし、

これだけ不確かな情報が蔓延している時代。

 

健康的な心身が、様々な判断を鈍らせず、

 

「強い己」

「強い意志」

 

というものを尚更に形成するでしょう。

 

先述の事は

「生(活)きる事を更に楽しく、美しいものへと昇華させる事」

は間違いないとも言えるでしょうね。

 

「ファッションもこの一部」

合点がいくのではないでしょうか。

辻褄が合っております。

 

また

「地方の時代」

がどんどん加速してゆく事でしょう。

(過剰な西洋的なスタイリッシュさが鈍化してゆく(している)とも言えるかもしれませんね。)

 

「日本文化」

「地域文化」

「文化財」

「伝統工芸」

「天然資源」

 

それらの事を理解もしくは学び、探求する人達、
はたまた細胞レベルで刻まれている人達で繋がり、
現代的に発信する。

 

それらのアイディア、プロデュース、ディレクション…
各々得意な人間が集まって、知恵を出し合い、

それらを行うという事が実際行われてもおりますし、増えつつあります。

 

結果的にアイディア、相互理解、そこからの逸脱、センス、行動…

それらのバランスが「革新」、

つまりは「面白味」や「楽しみ」に繋がるのではないかとも感じております。

 

「表向きの『和』」とも違う「その先」というか…。

そこにも目を向けていたりもします。

 

日本は本来昔から、

「自然との共存共生」

を大切にしてきた文化とも言えます。

それらの事を思い出す事が大切なタイミングではないかと思うのですね。

「感じる事」、「恩恵」を大切にと。

(特に我々東北の人間は様々な事も経験致しましたから…。)

 

先述の事すべて、

内容に実は当店のパーティーやイベントで、それとなく盛り込まれてもいたと回想 笑。

結局は「点」と「点」として結ばれており、一貫性が無い訳ではないのですよ。

闇雲に行っている訳でもございません。

 

中には失敗もあったかもしれませんが 笑、

経験して上達してゆく事は大切かなと思います。

 

これらが大まかな「現在(今)のウチの方向性」です。

今後の商品のセレクトやイベントの内容も少しずつ更に変化してゆくでしょう。

(特に雑貨類は)

 

学びや挑戦はまだまだ続きますね…。

その為のルーティンでは無い、「時間」の使い方選び取った訳でもあります。

 

こんな感じですから、どんどん、なかなか捕まらなくなると思いますので、

皆様自主的に捕まえて下さい 笑。

 

諸々のご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

3/20~『MiDiom』 limited space at fB&SE event space

 

都内以外でお手に取って頂けるのは当店だけです!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

しかし、今回のblogは約4,500文字 笑。

blogも有料blogやnoteに変えようかな…とかも考えます。

 

何かの際はお気軽に

 

メールアドレス

info@fizzbeyond.com

 

Online shop

fizz BEYOND & Stray EDEN Online shop

 

fizz BEYOND & Stray EDEN event space

 
ご活用下さいませ。
 

さて、fizz BEYOND & StrayEDEN, TRICE, POP UP STORE, limited spae, Online shop

どちらででも、引き続きお会い致しましょう!!

共々、ご贔屓に~。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

fizz BEYOND & Stray EDEN / Event space / TRICE

有限会社 イエローマインド

何でも屋
タカハシ