憧れの(?)Italia Firenze生活

憧れの(?)Italia Firenze生活

イタリアはフィレンツェに住みつき早十数年。
日本語を教えながら、イタリア人の夫と暮らしています。
私の平凡なイタリア生活の実態を御紹介♪

イタリア生活十数年。イタリア人ダンナとの結婚生活も十数年。

“イタリア生活”…なんてステキな響きなの~キラキラ…と思ったら大間違い!

人生そんなに甘くないのね。

甘いこともあるけれど、苦いこともあるのです。

それが日本でもイタリアでも。

私のイタリア生活の甘いも苦いも御紹介。


イタリア・フィレンツェで日本語を教えています。
2017年3月に息子が誕生しました。3か月早い早産でした。

日本語講師の仕事の事、

私・ダンナ・息子・ねこの3人と1匹家族のイタリア・フィレンツェ生活を綴っていきます。


※ブログに掲載されている写真を無断で転載したりしないよう、よろしくお願いします。



テーマ:
イタリアはフィレンツェで日本語講師をしています。

学習者のほとんどがイタリア人です。

学習者にとって日本語は日常生活に必要な言語ではありません。
週に一回の授業が終われば、次の授業まで日本語を話さない、耳にしないという学習者がほとんどです。

ですので、文法事項は完璧に覚えているのに、なかなか会話ができない、聞き取りが苦手という問題が生じてきます。

その問題をどう解決するか。
講師としての私の課題でもあるのですが、
とりあえず、簡単にできる練習として、
教科書の例文や会話文を声に出して何度も読むという事をしてもらっています。

宿題の問題を声に出して読んでもらうだけでも随分違うものです。


日本人でも子供の頃音読をしましたよね?

母国語でも初めて読むとなかなかうまく音読できないものです。


だから「家でも繰り返し、声に出して読んでください。」と今まで学習者に言ってきました。



で。

特にここ数ヶ月、ピピウに毎日イタリア語の絵本を読んでるんですが…

ほぼ…

覚えてきました真顔


でも、イタリア語の絵本を読み始めた時、私の音読の下手な事…💧

まず、知らない単語があると、その単語はうまく読めません。
長い文の場合、その文の意味を理解していないと、どこで息継ぎをしていいのかもわかりません。

子供の絵本だからといって舐めてはいけません。

虫の名前とか、赤ちゃん言葉とか、言い回しとか、知らない単語も時々あるのです。

そういった言葉を今更ながら学習しつつ、毎日本を音読した結果…

いつの間にか、イタリア語の絵本がスラスラ読めるように!

ただし、新しい絵本を読むときはしどろもどろです。



でも、イタリア語の冠詞とか前置詞とか…未だに苦手なものが、絵本の文をほぼまる覚えするほど読むことによって、以前より多少はマシになったような???
日本語の助詞と同じように、冠詞や前置詞はもう理屈じゃなくて、こういうものだと覚えた方がいいんですよね。ま、それが難しいんですが。


そんな訳で、今は自信を持って自分の生徒にも言えます。


声を出して繰り返し読む、

音読は、

効果あり!





イタリア語は…ピピウと一緒に改めて学習していきます。




今日もKUROと町の写真を応援クリックお願いします!
 

↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村



 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

現在、息子ピピウ修正月齢1歳半の好きなおもちゃは

 

 

ブロック(レゴをかなり大きくした感じの物)と…

 

 

 

 

 

 

ピピウがNICUにいる時から、本は時々読んでやっていました。

 

できるだけテレビよりも、インターネットの動画よりも、本を読むようにしてきました。

 

 

その成果あってか、本が大好きなピピウ。

 

今も毎日、何十回と何冊かの本を読まされます。

 

 

ちなみに本は日本語の物、イタリア語の物、両方です。

 

 


ピピウはまだあまり言葉を発しませんが、こちらが言うこと、本の内容はある程度理解しているようです。

 

インプットはできているけど、アウトプットがまだできないようです。

 

 

ただ、最近感じるのは…


 

ちょっとイタリア語の方がすでに勢力的に強くなってきたかなということ。

 

 

 

1日、ほとんどの時間を私と過ごすため、もちろんその間は日本語を聞いているピピウですが、

最近、日本帰国の機内でのことを考え、動画(テレビ)を見せるようにしたんです。

(これまで、テレビをつけていても興味なしで、「本を読め」と本を持ってくる状態でした。)

 

日本語の動画もみせるんですが、やはり量的にイタリア語の物のほうが多いかもしれません。

(イタリア語のほうが種類が多く選べますしね。)

 

主にイタリア語で見せるのはPIMPAというイタリアの幼児向けのアニメです。

 

PIMPAの絵本が大好きなピピウ。

予想通り、テレビに興味のなかったピピウですが、絵本と同じPIMPAのアニメにはくいついてきました。

 

 

んー。

 

 

保育園にも行っていないのに、既にイタリア語優勢では先が思いやられます。

 

 

 

私は日本語教師をしています。

 

なので、いろんな人から「ピピウはプロがついているから、日本語大丈夫ね。」とよく言われますが…

 

それはどうだか真顔

 

 

やっぱり身内に教えるのは難しいのと、

ピピウの場合は外国語としての日本語ではなく、

かといって母国語としての日本語でもなく、

継承語としての日本語になるので、

どうやって教えたらいいものか、正直私も手探りです。

 

 

残念ながら、私がただピピウと日本語でしゃべるだけでは、ピピウがバイリンガルになることはありません。

 

子供をバイリンガルに育てるのは、やっぱり親の努力が必要です。

 

海外で育っても親が日本人だから子供が自然と日本語を日本人のように理解し、読み書きができるようになるかというと、全くそうではないのです。

 

 

 

お世話になってる小児総合病院のドクターたちのバイリンガルに育てるためのアドバイスは

3歳までが勝負

だそうです。

 

3歳までと言えば、まだ遊びの感覚で語学が習得できる年齢。

 

物心ついて、語学が勉強になる前に、なんとか日本語の基礎はみにつけさせたいとは思います。

 


日本の保育園入園の歳になれば、毎週一回ある日本語補習校にも通わせたいと思います。

それは、“日本語”学習だけが目的ではなく、ピピウと同じ環境にいる日伊ハーフの子供たちと知り合うという意味でも。

 

 

でも、ピピウが成長して、「日本語を勉強するのは嫌だ」と言い出したら…

 

正直、それはそれでいいと思います。

 

残念ではありますけどね。

 

 

 

私がピピウに日本語を習得してほしい理由は一点。

 

ピピウに日本の家族と会話をしてほしいからです。

 

 

今更、私の両親や兄家族たちに「イタリア語を習得してくれ」というのは無理な話。

 

ピピウに日本語を習得してもらうほうが確実に早く、合理的。

 

 

なので、とりあえず、日本人と日本語でコミュニケーションを取れる程度まで習得できればと思います。

 

 

その後、ピピウに拒否されなければもちろん私もできるだけピピウのさらなる日本語習得を手伝いたいとは思いますが。

 

 

 

私のイタリア人生徒さん、元生徒さんの中には、高校生から、大学生から日本語を学習し始め、

日本語能力試験N2合格、

日本の国立大学で日本文学を勉強している人もいます。

 

だから、

“本当にやりたかったら”

“本当に好きなら”

たとえ今でなくとも遅くはないと思う部分もあります。

 

 

ピピウが将来、日本の高校や大学に進学したいかどうかは分かりませんが、

やはり、何事も本人のやる気次第ですかねぇ。

 

 

 

ま、日本人の母としてはそりゃピピウが日本語ぺらぺーらになってくれたら嬉しいですけど。

 

でも実際、イタリアの学校の勉強に加え、日本語学習、特に漢字の学習となると…

大変そうだなと、先輩日伊ハーフのお子さんたちを見ていて思わなくもありません。

 

難しいですねー。

 

 

 






個人的には人が二つの言語をどう習得していくのか、

あるいはどうして習得できないのか、

その成長を間近で見られるのは大変興味深いです。

 

 

これから、ピピウの日本語習得状況についても、レポしていければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もKUROと町の写真を応援クリックお願いします!
 

↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村



 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

先日、日本語授業、中級クラスでのこと。

 

和食の話になりました。

 

旅行、短期留学など、このクラスの学習者は全員日本に滞在したことがあるので、

好きな和食の話になりました。

 

そこで、河豚を食べたことがあるかという話に。

 

なんと、全員がNo

 

 

私 「食べたことないんですか?」

 

学 「河豚は高いです。」

 

といった理由がまず出たのですが、

 

 

別の学習者が河豚を食べない理由をこう言いました…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学 「生きたいです!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい、“生き残りたい感”が伝わってきました。真顔

 

 

 

 

 

だよねー。

 

“生きたい”よねー。

 

でも、この場合、“生きたいです”とは日本人なら言わないかなー。

 

“死にたくないです”っていうかなー。

 

ということは伝えておきました。

 

 

 

イタリアでも日本では河豚を食べることはけっこう有名です。

 

多くのイタリア人が興味があるものの、「食べるのが怖い」という意見も多し。

 

 

確かに河豚にあたって亡くなるというニュースを日本でも何度か聞いたことがあるので、

リスキーな食べ物には変わりないかも?

 

 

ちなみに、うちのダンナは食べてみたい派。

 

今回の帰国は冬だし、ダンナ、初めて河豚を食すことができるか???

 

 

 

 

 

 

今日もKUROと町の写真を応援クリックお願いします!
 

↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村




 


テーマ:
先週のことになりますが…

在宅での点滴、カテーテル挿入口の消毒のためのキット等は全てお世話になっている小児総合病院から毎月家に届くのですが、そのキットの内容が変更になるということで、これまでと使い勝手が変わるため、講習会に来るように言われました。

子供を見ていないといけないので、両親揃って参加する必要はないとのことで、
点滴は私もダンナも順番で取り外しをしていますが、カテーテル挿入口の消毒はいつも私がするので、講習には私が参加することにしました。

看護師さんやドクターとイタリア語で話して、言葉が分からなかったら…と怖がっていた一年半前。
今では怖がらずに質問することもできるようになりましたし、分からない言葉があれば"分からない"と言えるようになりました。
でも、講習の間、分からない単語はありませんでしたけどね。
NICUでの経験、ピピウの在宅での介護、合わせて約20ヶ月の成果でしょうか。

やれば出来る!
ってことにしておいてください。


この日の講習会には、私以外に二人のお母さんと、16歳の女の子とその両親が参加していました。

この講習会に参加しているということは、それぞれのお子さんが高カロリー輸液点滴を在宅でしているということ。

話を聞いていると、参加していた2人のお母さんたちにはそれぞれ2歳半の子供がいて、一人は腸が機能しない病気、もう一人はピピウと同じく生まれてすぐ小腸の大部分を失った短腸症候群でした。



講習はビタミン剤を高カロリー輸液の点滴の袋への注入の仕方から始まりました。

腸に問題がある場合、ビタミンの吸収も難しく、点滴に注入し、直接血管に送ることが多いようです。

ピピウもその残存小腸の長さからすると、消化器内科(?)のドクターはビタミンを点滴に加えるよう言っていましたが、NICU 退院前だったため、NICU 医局長の「ピピウはビタミンは経口で。」という一言で経口に決定。
消化器内科のドクターは当時その判断に納得出来ていないようでしたが、「経口摂取で様子を見て、血液検査でビタミンが足りてないようであれば、点滴に加えます。」ということになりました。

結局、その後も時々ある種のビタミンの数値が低いこともありましたが、経口摂取でも問題無いというドクターたちの判断で、ピピウはビタミンを点滴の袋に追加する必要はありません。

講習は実際に新しいキットを使用するので、私は必要ないのにキットを無駄にしてしまうと思い、「私の息子はビタミンを袋に追加しなくていいんです。」と言いました。

講師の看護師さんは「偉い!」とピピウを褒めてくれました。
他の講習参加者も「すごいね!」と言ってくれました。

他の参加者の子供さんたちはビタミンを点滴に追加しなくてはいけないのです。



話を聞いていると、患者の赤ちゃんたちはピピウより年は上ですが、ピピウより点滴に繋がれている時間、日数は長いようでした。

16歳の女の子に関しては生まれてから今もずっと毎日10数時間の点滴をしているそうです。

でも、見た感じ、元気な普通の高校生。

その姿は私も含め、腸に問題のある小さな子供を持つ母親にとっては一種の希望でもありました。


ピピウと同じく、短腸症候群の子供を持つお母さんと話していると、彼女のお子さんは80%の小腸を失ったが、2歳半の今40cmはあり、点滴からの離脱も現実味を帯びてきたと語ってくれました。


ピピウの執刀医の話ではピピウの一回目の腸の手術の後、残存小腸は12cm、約90%の小腸を失ったことになるという説明でした。

ですから、当時のドクターたちの話では…
未熟児でしたのでまず何回もの手術に耐えられないだろうという懸念と、助かっても点滴離脱が可能か分からない、固形物が食べられるようになるか分からいという状況でした。


それが…

生後20ヶ月にして、点滴離脱はほぼ確実。

食事制限無しの経口食。



ピピウはなんてツイてるんだろう。


そう思いました。


前回の外来での「ピピウは予想以上の回復を見せた」という主治医の言葉が頭をよぎりました。



3か月も早く生まれ、色々な合併症を伴い、短腸症候群になって、何度も手術をし、家でも点滴をしている時点で、"幸運"とは程遠いと思うのですが、
それでも"幸運"だと思わずにはいられません。



この葛藤が難しいのも事実です。

普段の生活では周りに健康な赤ちゃんがたくさんいます。
「どうしてうちの子だけ…」
実際はうちの子"だけ"じゃないのに、時々そう思ってしまう自分もいます。

でも、病院に行けば、ピピウより大変な病気や症状と戦っている赤ちゃんや子供が沢山いて、その子供達を支えている親たちがいるのです。

両方の現実の差に戸惑わずにはいられません。



今回の講習会で出会ったお母さんたち、家族は、病気と前向きに戦う、とても明るい人たちでした。

でも、分かります。

母親が落ち込んでいても、泣いていても、子供の病気は治らない。
ならば、少しでも前向きに、一緒に戦ったほうがマシ。

いつもそうはいかないけれど…

それでも…

"子供が今日も生きていてくれるだけで有難い"というベースが、私も、この日会った人達にもあるような気がしました。




本当に何が幸せや幸運の基準なのか?
さっぱり分かりませんが、私は、ピピウも私たち夫婦も幸運だと思います。

ピピウが生まれてくれた幸運。
ピピウが生きている幸運。
ピピウが強い幸運。
信頼できる病院、整った治療環境が身近にあることの幸運。
今日も親子三人で笑ってられる幸運。



やっぱり…

ツイてるわ👍




今日もKUROと町の写真を応援クリックお願いします!
 

↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村



 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:
先週の定期外来で、中心静脈栄養点滴からの離脱の話がドクターから出たことは書きました。

月曜日に出る血液検査結果次第だと。

結果…




まだ完全離脱してません。




ドクターから電話があり、

「検査結果は悪くなかったわよ。
ただ、たんぱく質の数値が低いから、今より少し多めに肉を食べさせて。
それと、鉄分も少し不足気味。
違うタイプの鉄分補給サプリを出すから、それを飲ませるようにして。
で、点滴なんだけど…日本へ万全のコンディションで発つためにも、次の外来までは週2回点滴をしたほうが私はいいと思うのよ。
でも、お母さん、気を落とさないで。"念のため"だから。
日本へは予定通り点滴なしで行ってちょうだい。」

ということでした。

日本出発までに完全離脱ならず、残念は残念ですが、週2回の点滴、しかも次の外来がある12月20日までという条件なら、どーってことありません!

年末、日本へ点滴無しで行けるというだけで
大満足
です。






私もピピウも風邪から完全復活!

ピピウの2回目のインフルエンザ予防接種も終わりました。
(心配してくださったクーさん、ありがとうございます!)


後は出発まで体調を整えるだけ。

そう考えると、私としてもまだ点滴があった方が少し安心かもしれません。



実は間もなく家に支給される点滴セット、カテーテル消毒キットが変わることになり、先週は小児総合病院にその使用方法の講習にも行ってきました。

点滴離脱は間もなくだと思われますが、中心静脈カテーテルは念の為当分残すことになりそうなので、洗浄と消毒は続けなければなりませんからね。

その講習では、ピピウと同じように在宅で中心静脈栄養点滴をしているお子さんを持つお母さんたちや、その点滴をしている高校生の女の子にも会いました。

いろんな意味で、価値ある講習会でした。

そのことも書きたいのですが…

時間、あるかな…?



今日もKUROと町の写真を応援クリックお願いします!
 

↓ ↓ ↓ ↓



にほんブログ村



 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス