すまいのレシピ【すまレピ】 フィンランド便り

すまいのレシピ【すまレピ】 フィンランド便り

フィンランドの最新インテリア、家具、インテリアアイテム、インテリアコーディネート情報、現地の日常など、様々な情報を現地特派員がお届けします。

フィンランドで色々な場所のトイレを使用していると、便座などの衛生陶器に「IDO」の

記載をよく見かけます。

 



「IDO」とは、フィンランドで最も古くからあり愛されているバスルームブランドの1つで、シャワーから洗面台、便座、バスルーム家具まで、多くのものを取り扱っています。

現在はスイスのゲベリットのグループ会社となっていますが、その歴史は1873年に設立され、何十年もの間北欧で唯一衛生陶器を生産していたアラビアのヘルシンキ陶磁器工場に由来しています。

 


日本ではTOTOやLIXIL、パナソニックなどのメーカーが衛生陶器や水回り製品のほとんどのシェアを占めていますが、140年の陶磁器製造の伝統からかフィンランドではIDOの衛生陶器が多くの場所で使用されています。
日本語で「井戸(いど)」は、地下水を汲み上げる採水施設のことであり、バスルームブランドの名称である「IDO」とも何か関係があるのかなと思ったりもします。
 

また、私がフィンランドに来て一番驚いたトイレがあります。それは、フィンランド中央図書館「Oodi」の地下にあるトイレです。


そのトイレへの入り口は1階のレストラン脇にあります。そこから螺旋階段を下ってゆき階段を下りきると、様々な方向を向いた洗面カウンターがある開けた場所に到着します。



ここは男女共通(オールジェンダー)の洗面所で、その洗面所を囲むように各ブースが配置されています。各個室の扉は乳白のガラスとなっており、電気が点灯している場所が使用可能となっています。

私はこのスタイルのトイレをOodiで初めて見かけ、驚かされました。これまでの一般的スタイルの男女別々の狭いトイレではなく、共用の洗面所とすることで広く開放的な空間が実現できています。

使用している皆さんはどんな感想なのかも気になるので、また感想などリサーチしてみたいと思います。もしこのトイレに行かれた際は是非感想をお聞かせください。
 

今日は、ヘルシンキ内でもたくさんの桜が見れる場所、Roihuvuori Cherry Tree Park (ロイフヴオリ桜公園)にお花見に行ってきました。毎年5月中旬頃に開催され、今年は5月15日に開催され多くの人で賑わっていました。

 

このお花見イベントは10年ほど前から行われているようで、開催日と桜の満開のタイミングが合わない年もあるようなのですが今年は無事に満開でした。日本と同じように満開の桜の木の下でシートを広げお弁当を持ち寄りピクニックをしている人も多く、出店もたくさん出ていました。

 

出店には食べ物のほかにも、日本グッズ、芝犬や秋田犬と触れ合えるテント、お茶会など様々ありました。また、広場中央にはステージがあり、歌だけでなく日本舞踊やコスプレ大会のなどが開催され、多くの人に親しまれていました。

 

その他にも会場には鯉のぼりが掲げられていて、桜の花と鯉のぼりを同時に見ることのできるということもヘルシンキならではの光景だと感じます。

 

 

たくさんの人で賑わう公園を見て、日本文化や桜には多くの人を惹きつける魅力があるのだなということを改めて実感しました。近くにはマリメッコ本社(アウトレットショップ)もあるので、是非立ち寄ってみて頂ければと思います。

 

 

 

先日5月1日は、フィンランドで重要な祝日のひとつであるVappu(ヴァップ祭)でした。

Vappu(ヴァップ祭)は、学生だけでなく皆が高校卒業の時にかぶる白い帽子をかぶって街に繰り出し、春の訪れを祝います。

2020年および2021年はコロナウイルス感染症対策のため中止されていたこともあってか、この日だけは街中いたるところに人が溢れかえっていました。特にヘルシンキの南にある海沿いの大きな公園Kaivopuisutoには朝から多くの人が集まり賑わいを見せていて、公園までのトラム内はこの日だけは日本の通勤ラッシュのように満員列車となっていました。

 

 

 

 

 

 

もしも日本の花見シーズンに春の訪れを祝う祝日があれば普段の花見以上に人であふれかえっているのかなぁなどと考えていました。街全体に活気が溢れていてフィンランドの一体感を感じたと共に春(季節)の訪れを祝うという自然との繋がりを感じさせる国民性にもまた興味を惹かれました。

 

願いを叶える神のオーロラは、寒い北の世界まで行かなければと思っておりました。

 

フィンランド北方地域のラップランドでは、もっと鮮やかな色と天空一面に動きながら広がる夢のオーロラを快晴の日を条件で見ることできますが、この写真は1000km以上離れたフィンランド南のヘルシンキの住居の近くで出合いました。

今年は、世界が望む願いが叶う事になりそうです。

 

ヘルシンキ東地域ブオサーリ、我が住居の近くで撮影成功。

時間は真夜中。気温マイナス3度。快晴の日中でした。

 

世界平和の他に忘れずに私の願いも祈りました。


フィンランドに住むと人生観が変わります。

なぜって、静な環境には不思議な静のパワーがあり、貴方を変貌させるのです。

 

暖冬が続いたフィンランド、去年は湖は凍りませんでした。

初めての経験でしたが、今年の冬は、懐かしい冬のカムバックで、冬の美しさを再認識しました。

凍った湖を50m程歩くと岸に並ぶ夏の家、湖畔のサウナの屋根が雪を被る岸の姿が、別世界に見えてきます。

毎日見ている隣の家ですが、湖からの風景は、認識できません。

 

周りには、人影がありません。たった一人で湖に寝そべって、両足、両腕を広げ、

大の漢字を身体で描き、自分が巨人になったと想像し静かにしていると、大空の青の下で自分が小さな存在であることを感じます。

薄青い水彩で全体を塗った様な広大な景色の中で、透明な冬の空気を呼吸する度、変貌した自分を感じます。

 

写真は、2月中旬と3月中旬に撮影した写真が混ざっておりますが、空の色を比較してください。

 

2月の半ばに撮影しました.気温はマイナス10度程と記憶しています。

湖畔に広がる空は、氷点下気温と湿度に影響され、青の幻想世界を造り上げています。

 

 3月半ばに撮影した同じ場所での写真です。

プラス気温にも関わらず氷の厚さは、車でも十分に耐久出来る程の厚さです。

春が近づき、昼間の気温上昇で氷に長いひび割れがありました。これも春の訪れの知らせです。

 

 誰もいない湖の上でウィンドサーフィンをする姿が遠くに見えました.

 

湖の岸は農地で、夏場は菜の花畑の一面黄色の世界に変貌します。

なぜか湖畔ではなく、畑にサウナ小屋が建てられていました。

 

湖畔には、サウナ小屋を建てるのがフィンランドの常識ですが、ここの住人は、コーヒーをシナモンロールを楽しみながら飲み、

夏の景色と共に₁一時を過ごす望楼が雪に覆われていました。