すまいのレシピ【すまレピ】 フィンランド便り

すまいのレシピ【すまレピ】 フィンランド便り

フィンランドの最新インテリア、家具、インテリアアイテム、インテリアコーディネート情報、現地の日常など、様々な情報を現地特派員がお届けします。

フィンランドに住むと人生観が変わります。

なぜって、静な環境には不思議な静のパワーがあり、貴方を変貌させるのです。

 

暖冬が続いたフィンランド、去年は湖は凍りませんでした。

初めての経験でしたが、今年の冬は、懐かしい冬のカムバックで、冬の美しさを再認識しました。

凍った湖を50m程歩くと岸に並ぶ夏の家、湖畔のサウナの屋根が雪を被る岸の姿が、別世界に見えてきます。

毎日見ている隣の家ですが、湖からの風景は、認識できません。

 

周りには、人影がありません。たった一人で湖に寝そべって、両足、両腕を広げ、

大の漢字を身体で描き、自分が巨人になったと想像し静かにしていると、大空の青の下で自分が小さな存在であることを感じます。

薄青い水彩で全体を塗った様な広大な景色の中で、透明な冬の空気を呼吸する度、変貌した自分を感じます。

 

写真は、2月中旬と3月中旬に撮影した写真が混ざっておりますが、空の色を比較してください。

 

2月の半ばに撮影しました.気温はマイナス10度程と記憶しています。

湖畔に広がる空は、氷点下気温と湿度に影響され、青の幻想世界を造り上げています。

 

 3月半ばに撮影した同じ場所での写真です。

プラス気温にも関わらず氷の厚さは、車でも十分に耐久出来る程の厚さです。

春が近づき、昼間の気温上昇で氷に長いひび割れがありました。これも春の訪れの知らせです。

 

 誰もいない湖の上でウィンドサーフィンをする姿が遠くに見えました.

 

湖の岸は農地で、夏場は菜の花畑の一面黄色の世界に変貌します。

なぜか湖畔ではなく、畑にサウナ小屋が建てられていました。

 

湖畔には、サウナ小屋を建てるのがフィンランドの常識ですが、ここの住人は、コーヒーをシナモンロールを楽しみながら飲み、

夏の景色と共に₁一時を過ごす望楼が雪に覆われていました。

 

酒好きの古友人を迎えウオットカ ショットグラスで乾杯する接待。

コロナで旅行自粛事情を考慮しテーブルセッティングを子供っぽいですが、旅想像を取り組んでセッテイングしました。

フリーザーで凍らせたメロンリキュール酒をグラスの底に注ぎ、凍らせる。

凍ったグラスは外に出すと霜で覆われ、霜が消えてしまうので即に酒を注ぐ。一口で飲み切る。お腹に暖を感じウオットカ旅行のスタート。酒飲み夕べのテーマは、ウオットカ世界旅行で、4カ国を代表するそれぞれの国の ウオットカ酒瓶を用意しテーブルに並べる。

初めの乾杯はフィンランドのFinlandia ウオットカで、旅が始まりました.隣国エストニアのタリンへ空旅で移動を空想しながら、エストニアのViru Valge ヴィルバルゲで2杯目を飲み切る。次は、フェリー船でタリンからストックホルム、スウェーデンへ、Absolutで乾杯。想像旅行は、楽しいものである。旅費も節約出来る。酒会話を楽しみながら、おつまみの鳥ウィングスを味わいながら友人と旅を続ける。

そして最終ポイントはワルシャワ、ポーランドへの空の旅。Zubromkaで乾杯。ボトルには、一本の細長いBison grass の草が混じっており、特殊なフレイバー味が染み出している個性ある酒だ。色々と話しが弾み、酔い気分になってくる。これで世界4カ国のボトルを味わい、ちょうど良い酔いになる。もっと飲みたい人は、同じ経由でヘルシンキまで戻る事になる。酒飲み世界旅行の接待は、酒に強いフィンランド人は喜んでくれる。所有時間3時間の旅。次回は日本酒の旅で、日本旅行を想像しながら色々な地方の日本酒を飲みながら、日本の文化を想像したいものです。料理も日本食で接待は最高な時になりますね。


フィンランディア ウオットカのボトルのザインは、拘っており、著名デザイナー Tapio Wirkkalaの歴史的デザインの跡が鑑賞できる空瓶ボトルは、知人から聞きましたが、ほぼ1万円で骨董デザインとして値がついていると聞きました.


新しいボトルは、Harri Koskinenのボトルデザイン.彼は、京都カプセルMaya Hotel をデザインした方です.現在この瓶は、販売されているので、瓶の値段は、0円で手に入ります.


イッタラのショットグラスにメロンリキュールを冷凍させ、客の到来同時に凍った緑の上へウオットカで満たします.


上方に パリパリのクリスプなウィングスを盛る陶器を置きました.残念ながら食べ物は写真には写っていませんが.
そして金箔のグラス受け皿で 白黒のテーブルにアクセントを作りました.


4カ国を代表する国柄のボトルを並らべ WirkkalaFinlandia旅行へ参加するゲスト待ちです.

フィンランドの夏のすばらしさは、都会の豪華さはありませんが、自然に溶け込んだ地方での生活は、気分爽やかな豪華さがあります。

都会の豪華さに疲れ果て来ている人のためにフィンランドの田舎の自然豪華で涼しいひと時をお過ごしください.

フィンランドの涼しい夏とは、 夏期間に30度前後の気温は、1・2日しかない。さらに湿気のない気候で、クーラーを家に設置している人はいない。必要無いのである。フィンランド全国が適切な温度に保たれているわけである。これほど豪華な夏があるであろうか。

 

森の中にあるホテルの庭には、小川がチョロチョロと流れている。

天気の良い朝はここで朝食を頂く。豪華な朝食である。

 

小川に沿って建てられた夏の家。

水の音との共存生活である。豪華な暮らしである。

 

小川の自然を利用にて、水車が回っている。

子供に水力の脅威を教える良い自然環境である。

 

村の工業産業の工場であった場に残された工場建物は、村ミュージアムに変貌している。

他の全ての建物も昔のままの姿が生きている。

工場内には、村を通り抜ける小川が流れており、海へと流れ去っている。

海と森に囲まれたごく普通のフィンランドの村の風景である。

私の家に小さな水路が流れ回る空間を想像してしまった。何と豪華なインテリア アイデアである。

 

サウナは海辺にある。薪ストーブで1時間から2時間でサウナは熱くなる。

薪が用意してあり、自分で薪割りをする必要は無い。

海辺の風景を楽しみながら、サウナへ薪を足しながら、1時間が過ぎると60度程の温度になる。高温120度を好むならば、2時間の薪加え労働が伴う。汗をかいた後は冷たい飲み物、ソーセージを焼いて。。。その前に海へ飛び込む。水温は夏場で20度程。写真は、7月25日の夜、夕日の沈む前9:30に撮影しました。

 

国立公園

リゾート地の他の魅力は、国立自然公園では、テントを自分の好きな場を選んで組み立てる事が許されている。

湖畔の水の近くで、薪が用意され、火を焚ける場で料理ができる。

トイレも設置しており、その周辺は豪華な無料ホテルである。

だれも通らない森の奥でのテント一夜も可能。

フィンランドで他国のイメージを傷つける様な商品名があるとすれば、その解決法として即な訂正が求められる思いやり法律が評価されています.

三つの商品名の例を紹介いたします.皆様はどの様に思われるでしょうか.

 

■1.フィンランドの子供たちに長い人気と馴染みあるエスキモーのアイスクリーム.

 

エスキモーの言葉は、世界で認められている人種名であり、また疑惑を生じるイラストもパッケージに描かれておらず、馴染み深いブランド名でしたが、どこかの国では、人種差別批判が伴う言葉として、フィンランドでもその名前の削除を考慮するとのこと.

 

■2.黒色のリコリスと呼ばれる甘草.

      

 

これは日本人が好きになれない味であり血圧を上げる悪効果のある飴.

北欧では、子供、大人にも大人気の飴です.

この商品のロゴは、黒人の黒さを強調した顔のイラストを使い、黒人への悪感傷の可能性があると判断し取り消す事となりました.

 

■3.Geisha をイメージしたアーモンド味のおいしいチョコ.

 

芸者チョコは、1962年に発売され.初期のチョコパッケージには、イラストの芸者が描かれていました.そのイラストは、削除され文字のロゴだけになりました.確かに戦後、世界が描く日本のイメージは、日本の文化ではない間違ったイラストで紹介されてきました.

このチョコには、日本との関係性は無く、ただGeishaの名前が使われました.日本の好イメージが1960年代の経済発展時代で、セールスキャンペーンに使ったと思われます.私の娘が子供の時、TVコマーシャルの子役として着物姿で撮影されました.そのストリーは、子供時代に遭遇した男の子との愛情物語で、大人に育った女の子が、大人になったイケメンと再会し芸者チョコレートに隠された秘密を分け合う物語でした.

馴染みあるGeisha名ですが、この名前も消えてしまいそうで寂しい思いです.

ヨーロッパの北国フィンランドへようやく春が訪れました。

長く継続するコロナ自粛生活のプレッシャーの中から飛び出すかごとく、

自由さを求めて国立自然胡淵の森へ出かけました。

 

生き生きした森の生命体に心から溶け込んでしまいました。

膨らんだつぼみ、鳥の歌声、鳥同士が 喜び合う動作を身で感じ取りました。

そして枝木を拾い集め、火を焚き、持参したソーセージを炙りました。

その匂いが森へ広がります。

 

慣れた森だが、今日の散歩は以前と違った空気がありました。

水面を飛び回る鳥たちの、春の訪れを喜びあっている姿に、歌い合う時を過ごしました。

 

この写真は5月2日に国立自然公園で撮影したものですが、森は、蕾で一杯。

自然環境保護自治体が親切に薪を小屋に保存してくれ、訪れるハイカーの憩いの場になっています。

ここで長い森歩きの後、一服。

薪を焚いてセージを焼きながら、鳥の歌声を楽しみます。

他のハイカーとも友好関係ができ、お互い森の情報交換を楽しみます。

 

すがすがしい春の訪れ。癒しを与えてくれる春の風景です。

 

春の日差しが森道にストライプの影を作り、影を踏まない様にジャンプしながら歩きました。