中臣家の受難。焼栗と榊の枝と、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)。~春日大社へ長いながい旅 | 奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ
2011年11月16日

中臣家の受難。焼栗と榊の枝と、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)。~春日大社へ長いながい旅

テーマ:奈良市 春日大社
武甕槌命(タケミカヅチノミコト)が常陸の国(茨城県)の鹿島神宮から奈良の今の春日大社がある御蓋山(みかさやま) へ旅をした ときのお話です。


白鹿の上のタケミカヅチと、鹿島神宮の
神主の中臣時風(なかとみのときかぜ)、秀行(ひでゆき)の一行。

伊賀野国の夏身(名張市夏見)の薦生山(こもうやま)で休息をとったときの話です。

タケミカヅチは、時風と秀行に、焼栗を分け与えました。

おいしそうな焼栗です。
ヾ(@^▽^@)ノ

あーんと、いただこうとしたところ、タケミカヅチはいいました。

その栗を植えて、もし芽がでたなら、お前たちの子孫は末永く栄えるだろう。

あんぐり。

。(´д`lll)

・・・なんという無茶ぶりだろう。

・・・鹿島くんだり、このような遠方までつきあってきたというのに。

・・・お腹すいているのに

(T▽T;)

・・・焼いた栗が芽をだすはずないでしょ。

などと思いつつ、二人は、なくなく焼栗を植えました。

ところが、なんと芽をだしたのです。



そんな神様が祀られているのが、パワースポットでも有名な「春日大社 」です。

奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ-春日大社


・・・

タケミカヅチの神様に子子孫孫の繁栄を約束された中臣の二人でしたが・・・

果して御蓋山におさまったタケミカヅチ。

ほっとしたのも束の間、二人は、はたとタケミカヅチに問いました。

「あの、ところで、わたしたちは、この後どうしたらよいのでしょうか・・・」

タケミカヅチはエッとなります。
( ̄□ ̄;)

・・・あ、かんがえてなかったな。

・・・鹿島くんだり・・・ブツブツ・・・

ポンとタケミカヅチは手をうち、手近にあった榊の枝をかざしました。

今からこの榊の枝を投げる。これが落ちたところに住まうがよいだろう。

・・・おー、そうきたか。神託っぽいが、くるしかね?
( ̄Д ̄;;

タケミカヅチは、渾身の力をこめて、榊の枝を投げました。

びゅーんっと、
あたかも矢のように空の彼方に飛び去って行きました。

・・・おい、飛ばしすぎだろーーーっ
。(;°皿°)

榊の枝は、春日大社から西南約5キロメートル先の、奈良市杏町(からももちょう)へ落ちていました。

以後、中臣のふたりはそこに住むようになりました。

・・・ここから
通えってか?祀れっていうわりには、遠くね?
( ̄Д ̄;;

それからというものの、二人はがんばってタケミカヅチに仕えたそうです。

そんな神様が祀られているのが、パワースポットでも有名な「春日大社 」です。

奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ-春日大社


・・・


春日大社の森があるすぐそばに、志賀直哉旧居 がある町、高畑町。

その付近の古い土塀は、その昔、春日の神主が住んでいた社家町の名残です。
奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ-志賀直哉旧居

ふたりの子孫は、さすがに不便でしたので、春日大社の近くに引っ越したのでした。

春日の社家では、その昔、神様がなげた榊の枝が落ちたところから一族がはじまったことから、

毎年正月に神棚にむかって

榊の枝はいずくにそうろう

さればその御ことめでとうそうろう

という問答を交わすしきたりが今ものこっているそうです。

・・・

そんな神様が祀られているのが、パワースポットでも有名な「春日大社 」です。

奈良ふしぎ歴史徹底攻略! 学校・教科書では教えてくれない奈良を親子でも100倍楽しめる観光ガイドブックブログ-春日大社



なんだかんだと春日大社におさまったタケミカヅチ。
さて、その後は?
称徳女帝と武甕槌命~春日大社に四柱祀られているわけ 」へつづきます。





そんな春日大社、ぜひみなさんいらしてください。
(=⌒▽⌒=)
こちらをポチっとよろしくおねがいします。
↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ




二代目(沖田総梧)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス