Chap.3  Candles and Coats 

テーマ:
The Adventures of Jonathan Gullible


Chap.3  Candles and Coats

英原文 和訳は下段

 J
onathan accompanied the despairing woman and her boy a couple of miles down the road to the home of her relatives. They thanked him warmly and invited him to stay. One look told him that the house could barely contain the whole family, so he excused himself and continued on his way.

 The road took him to a river where he found a bridge to a walled town on the other side. The narrow bridge held an imposing divider. On one side of the bridge, a sign pointed to the town reading, “Enter Stulta City, Isle of Corrumpo.” On the other side of the divider, another sign simply read, “Exit Only, Do Not Enter.”

 That was not the oddest feature of the bridge.

To cross into town,one had to climb over jagged obstacles.

Piles of sharp rocks and massive boulders blocked the entire entry side of the bridge. Several travelers had dropped their parcels by the way or into the river rather than haul them over the craggy barrier. Others, especially the elderly, simply turned back. Behind one feeble traveler, Jonathan spied the familiar yellow-striped cat with a ragged right ear, sniffing and pawing at a bundle that had been discarded. As he watched, the cat extracted a piece of dried meat from the torn bundle.

 In contrast, the exit side of the bridge was smooth and clear. Merchants carrying goods out of town departed with ease. Jonathan wondered, “Why do they make it so tough to get into this place while it is so easy to get out?”

 Jonathan clambered over the entrance side of the bridge, slipping on the uneven footing and hauling himself up on the boulders. He finally arrived at a pair of thick wooden gates that were thrown wide open to allow him to pass through the great town wall. People riding horses, people carrying boxes and bundles and people driving all manner of wagons and carts traverse the roads inside. Jonathan straightened his shoulders, dusted off his tattered shirt and pants and marched through the gateway. The cat slipped in behind him.

 Just inside, a woman, holding a rolled parchment,

sat behind a table that was covered with bright little medallions.

 “Please,” asked the woman, giving a wide smile and reaching out to pin one of the medallions onto Jonathan’s shirt pocket, “won’t you sign my petition?”

 “Well, I don’t know,” stammered Jonathan. “But I wonder if you could direct me toward the center of town?”

 The woman eyed him suspiciously. “You don’t know the town?”

 Jonathan hesitated, noting the chilly tone that had crept into her voice. Quickly, he said, “And where do I sign your petition?”

 The woman smiled again. “Sign just below the last name, right here. You’re helping so many people with this.”

 Jonathan shrugged his shoulders and took up her pen. He felt sorry fo her, sitting all bundled in heavy clothing, sweating profusely on such a pleasant, sunnyday. “What’ this petition for?” asked Jonathan.

 She clasped her hands in front of her as if preparing to sing a solo “This is a petition to protect jobs and industry. You are in favor of jobs and industry, are you not?” she pleaded.

 “Of course I am,” said Jonathan, remembering the enterprising young woman who was arrested for threatening the jobs of tree workers. The last thing he wanted was to sound disinterested people’s work.

 “How will this help?” asked Jonathan as he scribbled his name badly enough so that no one could possibly read it.

 “The Council of Lords protects our local industries from products that come from outside of town. As you can see, we’ve made progress with our bridge, but there’s so much more to be done. If enough people sign my petition, the Lords have promised to ban foreign items that hurt my industry.”

 “What is your industry?” asked Jonathan.

 The woman declared proudly, “I represent the makers of candles and coats.

This petition calls for a ban on the sun.” 
 “The sun?” gasped Jonathan. “How, ..uh,.. why ban the sun?” 
 She eyed Jonathan defensively. “I know it sounds a bit drastic, but don’t you see – the sun hurts candle makers and coat makers. People don’t buy candles and coats when they’re warm and have light. Surely you realize that the sun is a very cheap source of foreign light and heat. Well, this just cannot be tolerated!”

 “But light and heat from the sun are free,” protested Jonathan.

 The woman looked hurt and whined, “That’s the problem, don’t you see?” Taking out a little pad and pencil, she tried to draw a few notations for him. “According to my calculations, the low-cost availability of these foreign elements reduces potential employment and wages by at least fifty percent – that is, in the industries which I represent. A heavy tax on windows, or maybe an outright ban, should improve this situation nicely.”

 Jonathan put down her petition. “But if people pay for light and heat, then they will have less money to spend on other things – things like meat, or drink, or bread.”

 “I don’t represent the butchers, or the brewers, or the bakers.”

the woman said brusquely. Sensing a change in Jonathan’s attitude she snatched away the petition. “Obviously you are more interested in some selfish consumer whim than in protecting the security of jobs and sound business investment. Good day to you,” she said, ending the conversation abruptly.

 Jonathan backed away from the table. “Ban the sun?” he thought. “What crazy ideas! First axes and food, then the sun. What will they think of next?”



第三章 ロウソクとオーバー

 うっそうとしたジャングルを抜けると、道幅が少し広くなりました。ジャングルの外れに川があり、細い橋がかかっています。向こう岸に建物がいくつか見えました。そこへ行けばここがどこなのか教えてもらえるにちがいない、とジョナサンは思いました。
 橋を渡ると、女の人に出くわしました。その人は片手に細長い書類を持ち、小さなメダルを一杯載せたテーブルを前にして坐っています。「お願いします」 女は目を輝かせ、ジョナサンのボロボロになったシャツのポケットに、ピンでメダルを留めようとしながら言いました。「嘆願書に署名を」
 「え、なんのこと?」 ジョナサンは口ごもりました。「それより、町へはどう行けば良いんでしょう?」
 女はジロリとにらみました。「あんたこの島の人?」
 ジョナサンは相手の声が急に冷ややかになったのに気づいて、返事につまりました。
 「ああ、海岸の方から来たんですが、道に迷ってしまって」
 女はまた笑顔に戻りました。「この道を行けばいいのよ。でもその前に、ちょっとこの嘆願書に署名してちょうだい。たくさん人を助けることになるんだから」
 「ええ、そんなに大事なことなら」ジョナサンは肩をすくめ、署名しようとペンを取り上げました。この女の人ときたら、こんな良く晴れた気持ちの良い日に分厚い服を着込んで、ダラダラ汗を流しているなんて。しかも、なんて妙な場所で署名を集めているんだろう!「一体なんの為の署名なんですか?」
 女は、まるで歌手が独唱し始めるときのように身体の前で両手を組みました。「仕事と産業を守るためのものよ。あなただって仕事や産業は大事だと思うでしょう?」
 「もちろんですよ」ジョナサンはさっき逮捕された女のことを思い出して、あわてて答えました。みんなの仕事に無関心だなどと思われては大変です。「でもこれがどんな役に立つんですか?」自分の名前を走り書きしながら尋ねました。
 「議会は、地元の仕事や産業を『島の外から入ってくる製品』から保護することになっているの。嘆願書にたくさん署名を集められれば、私の作っている製品をおびやかす外国製品の輸入を禁止すると約束してくれているのよ」
 「あなたの作っている製品って?」
 女は誇らしげに答えました。「ロウソクとオーバーよ。この嘆願書は『光の取り入れ禁止』を要求するものなの」
 「日光の?」ジョナサンはビックリして聞き返しました。「どうやって—なぜ日光の取り入れを禁止するんです?」
 女はジョナサンの顔を見て、弁解がましく言いました。 「少しばかり 思い切った要求だってことは分かっているわ。でも、日光がロウソクとオーバーの生産者をおびやかしているのは確かでしょう? もちろんん日光は外から手に入る一番安い光熱源よ。でも、このまま手をこまねいているわけにはいかないわ」
 「でも太陽の光と熱はタダじゃないですか」ジョナサンは言い返しました。
 この言葉がこたえたらしく、女は哀れっぽく答えました。「そこが問題なのよね」それから小さなノートを取り出すと、何やら書きながら説明を始めました。「私の見積もりによると、太陽の熱と光が安く手に入るせいで、私に関連する産業の潜在的雇用と賃金が少なくとも50%は減少しているのよ。窓に重税をかけるか、いっそ完全に禁止すれば、この状況が改善されると思うの」
 ジョナサンは嘆願書を下に置きました。 「でも、みんなが太陽の熱や光を手にいれられなくなって、あなたたちロウソクやオーバーの製造業者にもっとお金を使わなければならなくなったら、他の物が買えなくなるじゃありませんか。例えば肉とか酒とかパンとかが」
 「私は肉屋でも酒屋でもパン屋でもないんですからね」女はつっけんどんに答えました。
そしてジョナサンの気持ちが変わりかけているのに気づいて、急いで嘆願書を手に取りました。署名を取り消されては大変と思ったのでしょう。「あんたは雇用の確保や健全な産業への投資よりっも気まぐれな消費者の肩をもつのね。ではさようなら」女は最後にそっけなく言いました。
 ジョナサンは黙ってテーブルに背を向けると、先を急ぎました。「日光の取り入れ
禁止だって?なんてばかばかしい!きっと次には食物を、その次は家を禁止したいと言い出すぞ」ああ、もっとまともな人に出会えないものだろうか。

第四章 「食糧管理警察」へ つづく




 

AD

のんきなジョナサンの冒険

第三章 ロウソクとオーバー

 うっそうとしたジャングルを抜けると、道幅が少し広くなりました。ジャングルの外れに川があり、細い橋がかかっています。向こう岸に建物がいくつか見えました。そこへ行けばここがどこなのか教えてもらえるにちがいない、とジョナサンは思いました。
 橋を渡ると、女の人に出くわしました。その人は片手に細長い書類を持ち、小さなメダルを一杯載せたテーブルを前にして坐っています。「お願いします」 女は目を輝かせ、ジョナサンのボロボロになったシャツのポケットに、ピンでメダルを留めようとしながら言いました。「嘆願書に署名を」
 「え、なんのこと?」 ジョナサンは口ごもりました。「それより、町へはどう行けば良いんでしょう?」
 女はジロリとにらみました。「あんたこの島の人?」
 ジョナサンは相手の声が急に冷ややかになったのに気づいて、返事につまりました。
 「ああ、海岸の方から来たんですが、道に迷ってしまって」
 女はまた笑顔に戻りました。「この道を行けばいいのよ。でもその前に、ちょっとこの嘆願書に署名してちょうだい。たくさん人を助けることになるんだから」
 「ええ、そんなに大事なことなら」ジョナサンは肩をすくめ、署名しようとペンを取り上げました。この女の人ときたら、こんな良く晴れた気持ちの良い日に分厚い服を着込んで、ダラダラ汗を流しているなんて。しかも、なんて妙な場所で署名を集めているんだろう!「一体なんの為の署名なんですか?」
 女は、まるで歌手が独唱し始めるときのように身体の前で両手を組みました。「仕事と産業を守るためのものよ。あなただって仕事や産業は大事だと思うでしょう?」
 「もちろんですよ」ジョナサンはさっき逮捕された女のことを思い出して、あわてて答えました。みんなの仕事に無関心だなどと思われては大変です。「でもこれがどんな役に立つんですか?」自分の名前を走り書きしながら尋ねました。

 「議会は、地元の仕事や産業を『島の外から入ってくる製品』から保護することになっているの。嘆願書にたくさん署名を集められれば、私の作っている製品をおびやかす外国製品の輸入を禁止すると約束してくれているのよ」
 「あなたの作っている製品って?」
 女は誇らしげに答えました。「ロウソクとオーバーよ。この嘆願書は『光の取り入れ禁止』を要求するものなの」
 「日光の?」ジョナサンはビックリして聞き返しました。「どうやって—なぜ日光の取り入れを禁止するんです?」
 女はジョナサンの顔を見て、弁解がましく言いました。 「少しばかり 思い切った要求だってことは分かっているわ。でも、日光がロウソクとオーバーの生産者をおびやかしているのは確かでしょう? もちろんん日光は外から手に入る一番安い光熱源よ。でも、このまま手をこまねいているわけにはいかないわ」
 「でも太陽の光と熱はタダじゃないですか」ジョナサンは言い返しました。
 この言葉がこたえたらしく、女は哀れっぽく答えました。「そこが問題なのよね」それから小さなノートを取り出すと、何やら書きながら説明を始めました。「私の見積もりによると、太陽の熱と光が安く手に入るせいで、私に関連する産業の潜在的雇用と賃金が少なくとも50%は減少しているのよ。窓に重税をかけるか、いっそ完全に禁止すれば、この状況が改善されると思うの」
 ジョナサンは嘆願書を下に置きました。 「でも、みんなが太陽の熱や光を手にいれられなくなって、あなたたちロウソクやオーバーの製造業者にもっとお金を使わなければならなくなったら、他の物が買えなくなるじゃありませんか。例えば肉とか酒とかパンとかが」
 「私は肉屋でも酒屋でもパン屋でもないんですからね」女はつっけんどんに答えました。
そしてジョナサンの気持ちが変わりかけているのに気づいて、急いで嘆願書を手に取りました。署名を取り消されては大変と思ったのでしょう。「あんたは雇用の確保や健全な産業への投資よりっも気まぐれな消費者の肩をもつのね。ではさようなら」女は最後にそっけなく言いました。
 ジョナサンは黙ってテーブルに背を向けると、先を急ぎました。「日光の取り入れ
禁止だって?なんてばかばかしい!きっと次には食物を、その次は家を禁止したいと言い出すぞ」ああ、もっとまともな人に出会えないものだろうか。

第四章 「食糧管理警察」へ つづく


 






 

Chap.2 Troublemakers

テーマ:

The Adventures of Jonathan Gullible
A Free Market Odyssey Story by  Ken Schoolland

Chap.2 Troublemakers
 

 Jonathan walked for several hours without a glimpse of any sign of life. Suddenly, something moved in the thicket and a small animal with a yellow-striped tail flashed down a barely visible track. “A cat,” thought Jonathan. “Maybe it will lead me to some people?” He dived through the thick foliage.

 Just as he lost sight of the beach and was deep in the jungle, he heard a sharp scream. He stopped, cocked his head, and tried to locate the source of the sound. Directly ahead, he heard another shrill cry for help. Pushing up an incline and through a mass of branches and vines, he clawed his way forward and stumbled onto a wider path.

 As he rounded a sharp bend in the trail, Jonathan ran full tilt into the side of a burly man. “Out of my way, chump!” bellowed the man, brushing him aside like a gnat. Dazed, Jonathan looked up and saw two men dragging a young woman, kicking and yelling, down the trail. By the time he caught his breath, the trio had disappeared. Certain that he couldn’t free the woman alone, Jonathan ran back up the trail looking for help.

 A clearing opened and he saw a group of people gathered around a big tree – beating it with sticks. Jonathan ran up and grabbed the arm of a man who was obviously the supervisor. “Please sir, help!” gasped Jonathan. “Two men have captured a woman and she needs help!”

 

 “Don’t be alarmed,” the man said gruffly. “She’s under arrest. Forget her and move along, we’ve got work to do.”

 “Arrest?” said Jonathan, still huffing. “She didn’t look like, uh, like a criminal.” Jonathan wondered, if she was guilty, why did she cry so desperately for help? “Pardon me, sir, but what was her crime?”

 “Huh?” snorted the man with irritation. “Well, if you must know, she threatened the jobs of everyone working here.”

 “She threatened people’s jobs? How did she do that?” asked Jonathan.

 Glaring down at his ignorant questioner, the supervisor motioned for Jonathan to come over to a tree where workers busily pounded away at the trunk. Proudly, he said, “We are tree workers. We knock down trees for wood by beating them with these sticks. Sometimes a hundred people, working round-the-clock, can knock down a good-sized tree in less than a month.” The man pursed his lips and carefully brushed a speck of dirt from the sleeve of his handsomely cut coat.

 He continued, “That Drawbaugh woman came to work this morning with a sharp piece of metal attached to the end of her stick. She cut down a tree in less than an hour – all by herself ! Think of it! Such an outrageous threat to our traditional employment had to be stopped.”

 Jonathan’s eyes widened, aghast to hear that this woman was punished for her creativity. Back home, everyone used axes and saws for cutting trees. That’s how he got the wood for his own boat. “But her invention,” exclaimed Jonathan, “allows people of all sizes and strengths to cut down trees. Won’t that make it faster and cheaper to get wood and make things?”

 “What do you mean?” the man said angrily. “How could anyone encourage an idea like that? This noble work can’t be done by any weakling who comes along with some new idea.”

 “But sir,” said Jonathan, trying not to offend, “these good tree workers have talented hands and brains. They could use the time saved from knocking down trees to do other things. The could make tables, cabinets, boats, or even houses!”

 “Listen, you,” the man said with a menacing look, “the purpose of work is to have full and secure employment – not new products.” 
The tone of his voice turned ugly.“You sound like some kind of troublemaker. Anyone who supports that infernal woman is trouble. Where are you from?”

 Jonathan replied anxiously, “I don’t even know Miss Drawbaugh and I don’t mean any trouble, sir. I’m sure you’re right. Well, I must be going.” With that, Jonathan turned back the way he came, hurrying down the path. His first encounter with the people of the island left him feeling very nervous.


Android free app available  →  amazon app store

第二章 迷惑な発明 

 ジョナサンは浜辺の向こうの丘をめざして、うっそうとした茂みの中を何時間も歩き続けました。突然、女の叫び声がしました。立ち止まり、首をかしげて声の方角を確かめていると、上の方からまた助けを求める甲高い悲鳴が聞こえてきます。声の方に向かって茂った枝やツタをかき分けながらよじ登って行くと、間もなくジャングルを抜けてデコボコ道に出ました。
 全速力で駆けだしたジョナサンは、急な曲がり角を曲がった途端に大男の横腹にぶつかり、蚊のように軽く払いのけられてしまいました。目を回しながら見上げると、両足をばたつかせ叫び声を上げている女を、二人の男が引きずっていきます。ジョナサンがやっと気を取り直したときは、もう三人の姿は見えなくなっていました。とても僕一人じゃあの人を逃がせられそうにないや。ジョナサンは助けを求めに道を引き返して走り出しました。 やがて森の中の空き地に出ると、大きな木の周りに大勢の人が集まっているのが見えました。みんなで木を棒きれでたたいています。ジョナサンはその作業を監視している男のそばに走り寄って腕をつかむと、あえぎながら訴えました。「お願いです、助けてください!女の人が二人の男に捕まえられたんです。早く助けてあげなくちゃ!」
 「ガタガタ騒ぐな」 監督は険しい声で言いました。 「あの女は逮捕されただけさ。気にしないでとっとと行くんだ。こっちは仕事中なんだから」
 「逮捕?」ジョナサンはまだ息を切らしながら言いました。 「あの女の人は悪いことをしたようには見えなかったけど」もしそうなら、なぜあんなに必死で助けを求めていたのだろう? 「一体どんな罪で?」
 「なんだと?」 監督はイライラしはじめました。 「そんなに知りたけりゃ教えてやるが、あの女はここで働いているみんなの仕事をおびやかしたのさ」
 「みんなの仕事をおびやかした、ですって? どうやって?」ジョナサンはしつこく尋ねます。


 監督はバカげたことを聞くものだというようにジョナサンをにらみつけましたが、ほかの人たちが忙しく木の幹を打ち砕いているところへ手招きして、自慢げに言いました。
 「見てのとおり、わしたちはキコリだよ。この棒で木の幹をたたいて木を倒し、材木にする。大木一本倒すのに、百人もの人間が朝から晩まで働いて、一ヶ月もかかることだってあるんだ」 監督は気取った顔で、仕立ての良い上着の袖の泥を丁寧に払いました。 「あの女は今朝、棒の先にとがった金属を取り付けた物を持ってきて、一時間もかけないで木を切り倒してしまった――しかもたった一人でな。 みんなはカンカンさ! 当たり前だろうが、伝統のあるこの仕事をおびやかすようなことは断固やめさせなければならん」

 女がすばらしい発明をしたために罰せられると聞いて、ジョナサンはあきれて目を丸くしました。僕の故郷では木を切るのにオノやノコギリを使っている。僕の舟の材木だってそうやって作ったんだ。 「でもその女の人の発明はすばらしいじゃありませんか! それだと、身体の大きな人も小さい人も、力のある人もない人も、誰でも木を切れるんだから。今までよりも速く、お金をかけずに木を切れば、もっといろいろな物を作れるでしょうに」
 「一体どういうこったい?」 男は怒って言いました。 「そんな発明が有り難いもんか。この大事な仕事は、そんな大げさな物を考え出す意気地(いくじ)なしには任せられん」
 「でも――」 ジョナサンは相手を怒らせないように気を遣いながら言いました。 「このキコリたちは腕もいいし頭も働くから、木を切る時間を節約したら、もっともっとほかのことができるんですよ。テーブルや飾り棚や船や家だって作れるんです!」
 「おい、よく聞くんだ。仕事というものはな、働く者たちみんなに職を失わせないためにあるんだぞ。新製品を作るためじゃなくてな」監督は怖い顔で言い、さらに声を荒げました。「お前は言い掛かりをつくる気か?」
 「いえいえ、とんでもない。そんなつもりはありません。確かにあなたのおっしゃるとおりです。さて、僕はもう行かなくちゃ」ジョナサンはあわててもと来た道を引き返しました。ここで初めて出くわしたこの人たちは少しおかしいんじゃないかしら、と思いながら・・・

第三章 「ロウソクとオーバー」 へ続く

 Jonathan Gullible 
世界の言語で発刊中
日本語での書籍化はこれから

読者登録で応援頂けると日本語での書籍化が早まります。



広告↓


全国の店舗で製作・調整・メンテナンス可能。オーダーメイド【マイまくら】





メッセージ刻印ができるプレゼントや記念品に喜ばれるオーダー腕時計 17,600円から


広告↑