こんにちは、サーティーズです!

 

毎年商品仕入れのため、アメリカを旅していますが、新型コロナの影響で次回の渡米が決められず少し困った状況になっています。

今とてもチケットが安く魅力的ですが、安いチケットは払戻しができず、旅程変更が1回限り無料でできる条件になっているケースが多いようです。

 

仕入れ旅行では、フィードサックを中心にヴィンテージの刺繍布や裁縫用品を買付ますが、その他にもちょっと気になる古いものを購入します。

その中の一つに「ドリームペッツ」があります。

「ドリームペッツ」とは、日本で作られアメリカ向けに輸出された小さなぬいぐるみの名称で、米国R.デーキン&カンパニーが1957年より販売しておりました。

動物のモデルが主ですが、虫や魚をモデルとしたものもあり、とても可愛らしいユニークなぬいぐるみです。

ちょっと見えにくいですが、キリン・クマそれからタコのぬいぐるみです。

タコは口紅とイヤリングをしていますよ。

 

ネズミ・ワニ・ウサギ・プードルです。ワニはサーフィンしています。

ウサギはとても可愛いですね。

 

当時とても流行したためか、たくさんの「ドリームペッツ」のぬいぐるみも作られたようで、このリスも「ドリームペッツ」Made In Japanの商品です。

 

1970年代に入り、日本での製造コストが上がったためか、台湾・韓国・フィリピンでの製造が始まりました。このクマは台湾製です。

中綿が、日本製ではおがくずでしたが、このモデルは綿が詰め込んであるようです。

 

この後、製造が終了されてしまいましたが、2004年に日本で復刻されて24種の「ドリームペッツ」がセガトイズより発売されています。

ヴィンテージ品購入時には注意が必要です、復刻版はMade In Chinaですのでお気を付け下さい。

 

また、絶版になっていますが、「ドリームペッツ」のコレクション本「ドリームペッツ図鑑(dream pets book)」が2005年に発売されております。

 

サーティーズでは、各種イベントでヴィンテージの「ドリームペッツ」を販売しております。(人気が有り入手が困難なため品切れの場合があります。)

こんにちはサーティーズです!

 

今回は、デザインのアクセントで使用するヴィンテージのリックラックをご紹介します。

現行物は下記のようなものが販売されています。

 

そして下記がヴィンテージのリックラックです。

比較して見ると分かるのですが、現行ものは山道が割と平坦でピクニック気分の散歩が楽しめる程度の山道の勾配になっていますが、ヴィンテージものは山道の勾配が険しく山頂も尖っているのが分かります。

 

当時の広告写真はこんな感じです。

この広告は、"The Ladies' HOME JOURNAL"誌の1924年5月号に掲載された"Nufashond"社ものです。

和暦でいうと大正13年、約96年前の広告です。

ランチョンマットが描かれ、縁にRick Rackが使用されており、利用方法を提案した広告になっています。

 

Nufashond社は、Rick Rackの普及に力を入れ"Rick Rack Book"を発売し様々な使用方法を提案しています。

この冊子は人気があったようで、VOLUME 2も発売されています。

 

本の中身を少しのぞいて見ましょう。

モチーフやテーブルカバー等の作り方が説明されています。

Rick Rack Bookで紹介されている使用方法は、現行物のRick Rackでは山道が平坦なため仕上がりが綺麗にならないように思います。

 

ヴィンテージのリックラックでRick Rack Bookに掲載されているような作品を制作して見てはいかがでしょうか?

サーティーズでは、イベント会場でヴィンテージ リックラックを販売しておりますので、手に取ってご覧頂きたいと思います。

 

こんにちはサーティーズです!

 

少し前になりますが、テレビで「ゴールデン・ブック コレクション」のCMが流れておりました。

創刊号は特別価格でとてもリーズナブルでしたので試しに購入してみました。

この絵本は、アメリカで1942年に発行されたLittle Golden Booksシリーズの中からディズニーを題材とした絵本を50冊連続で販売するものです。

とても丈夫な作りで、製本テープに金紙を用いたことからゴールデンブックと名付けられています。

 

オリジナルの絵本は、1942年から現在まで発売され続けており、コレクション対象となっております。

日本では、今回の販売以前にバンダイにより日本語版「バンダイのゴールデンブック」として1978年に発行されています。

 

サーティーズでは、イベント出店時にヴィンテージのゴールデンブックを販売しております。

ディズニーも取扱っています。

同じタイトルでも、発行年代によりページ数が異なっており、新しい年代の方が値段を抑えるためにページ数が少なくなる傾向があります。

古い年代のものが、文章も絵も略されることなくオリジナルな作品としてお読み頂けます。

ゴールデンブックについての詳しい説明は下記ページをご覧ください。

http://feedsack.jp/?mode=f7

 

オリジナルのゴールデンブックは、子供向けの英語で書かれています。

来年度より小学校の英語教育が始まります、勉強教材としても良いかもしれませんね。

英語が苦手でもスマホアプリの「Google翻訳」を使ってカメラ入力すると絵本の文字が日本語表示されますので、気軽に読めるようになりました。

日本の絵本には無い魅力がありますので、是非お読み頂きコレクションして頂きたいと思います。

こんにちはサーティーズです!

 

「東京キルト&ステッチショー2019」に多勢の方がお越し下さいました。

本当にありがとうございました。

次回は初めての岡山出展です、「おかやまハンドメイドフェスタ2019」で皆様とお会いするのを楽しみにしています!

 

催事で販売する商品買付けのため年に数回渡米し、アンティークショップ等を廻り商品を物色しているのですが、様々な品物の中から希望の商品を見つけるのは結構大変です。

商品を見つけるモードに頭が切り替わらないとなかなか希望の商品が目に入って来ません。

また最近では、フィードサックやヴィンテージ布などを取扱うお店が少なくなり見つけるのが一苦労です。

現行ものの復刻生地を取扱っていた大手の手芸屋さんも昨年秋に店じまいしてしまい、日本未入荷の生地を入手する方法も限られてきました。

この手芸屋さんは、アメリカ国内の手芸愛好家の方々がバスツアーで訪れるほどのお店で、平屋ですがボーリング場ほどの売り場面積を誇っていました。

また30's布のコーナーが有りとても充実した売り場でした。

毎年、買付けの最終日に訪れて、スーツケースの空きスペースに詰め込めるだけの量を買付けていただけに残念でなりません。

今後は、現行ものの販売が少し減ってしまうと思いますが、デッドストックの布などを探してご紹介したいと思っています。

こんにちはサーティーズです!

今まで使っていたブログは、携帯で見ると1ページに表示できる文章・画像が少なく読みにくい状況でしたので、こちらに引越しました。

引き続き宜しくお願い致します。

 

前回は、アントマーサ刺繍図案をご紹介しましたが、今回は他の刺繍図案コレクションをご紹介します。

最初は、Waeker's Hot Iron Transfer Patternsです。

年代は不明ですが、一週間分のキッチンタオルのデザインです。

使い方が下部に記載されています。

 

2つ目は、SUPERIOR TRANSFER PATTERNです。

こちらは1940年代のものと思われます。お値段が10セントですね。

ぞうさんのデザインで一週間のお仕事が描かれてます。

裏面には、使う糸の色サンプルが書いてあります。

 

3つ目は、メールオーダーで買い求める商品のようです。

NEEDLECRAFT SERVICEという会社のものです。

1950年代のものと思われます、消印に日付がありません。

新聞広告を見てメールオーダーするようです。

 

4つ目はVogartの商品です。

1940年頃から1950年頃のパッケージです。

1960年代にパッケージデザインを変更したようで、変更後のパッケージは下の通りです。

Vogartも残念ながら倒産しており、アンティークショップでたまに見かける程度で入手が難しい状況です。

 

1940年代から60年代にかけては、多くの刺繍図案会社が色々なパターンを販売し、刺繍ブームだったようです。

現在では、アントマーサだけが頑張っていてくれて、今でもノスタルジックな図案が入手できるのはとても嬉しい事ですね。