さて、東京オリンピックが始まっています。

武漢ウィルスが蔓延しているなかやれるのかという思いがありましたが、まさかの開催。

酒類の提供で問題もあったなか、開催にこじつけました。

 

まぁ前日開会式の演出家でしたか、問題を起こして連鎖して辞任。

その開会式は、パクリだと言われる始末でしたが、開会式はもうしょうがないですね。

何か裏であったのでしょ。

 

さて、試合ですが、日本はここまで金メダルを10個獲得。

トータル数でも18個となっています。

さらに驚きなのが、金メダルのランキングで日本が2日続けての1位となっています。

 

まさかのスタートダッシュです。

柔道で快進撃が続き、新種目でも金メダルが出ていますからね。

ここまで1日に金が2個以上出ている計算になります。

今日も獲得できるでしょうか。

 

昨日は、ソフトボールが念願の優勝で、オリンピック2連覇を達成。

さらに前日には、卓球の新種目混合ダブルスでも金。

こちらは卓球界初の金メダルとなっています。

特に、水谷選手は、これですべての色のメダルを手に入れた事になります。

卓球界ではこれも初ですね。

これでおそらく引退だと思いますが、良い最後を飾れたのではないでしょうか。

 

日本勢の快進撃はどこまで続くでしょうか。

2021オールスター第2戦が行われました。

1戦目は、セ・リーグが勝利しています。

2戦目はいかいに。

先発は、柳と宮城。

それぞれ2イニング投げて失点しています。

 

2戦目は、新人の佐藤がホームランで1点を取っています。
しかし、パリーグが4点取り試合をリード。
8回表に、セ・リーグが同点に追いつくも、裏にすぐにパリーグが逆転。
 
最後は、松井が抑えてゲームセット。
2戦目はパリーグの勝利。
 
また2戦目は、原監督のリクエストが成功する場面も。
 
パ4-3セ

タイガース戦3戦目は、先発高橋。

なんと7回を投げて0点です。

相性があるんでしょうかね。

 

両チームともに点が取れないまま8回。

チャンスにジャイアンツ大城がタムリーで、先制します。

 

その後両チーム点を取ることができず、ジャイアンツが勝利した。

これでタイガース戦勝ち越しで。

1戦目で不可解なは敗戦があっただけい、勝ち越せたのはよかった。

まぁ、タイガースにしてみれば1勝したら御の字でしょうね。

 

タイガース0-1ジャイアンツ

先発山口は安定していますね。

昨日も7回途中を1失点の好投。

この好投を3・4番が得点をあげてこたえる。

 

結局中軸が取った3点を守り抜きジャイアンツが勝利した。

この日は、小林の活躍もあり、得点を与えるチャンスをつぶした。

やはり守りは大事。

それが分かっているのが、山口なんだろうと思う。

 

打線では、結局ウィーラー以外の新外国人がいなくなり、あまり戦力とならなかった。

しかし、松原がその穴を埋めているので、別に要らなかったんじゃないと思う。

まぁ、来季に向けてすでに調査をしていると思うので、ジャイアンツの欠けている場所に補強をして欲しいね。

 

ジャイアンツ3-1ドラゴンズ

まさかの出来事ですね。

大谷翔平が、松井秀喜に並ぶ31号です。

しかもまだ前半戦で記録ですよ。

 

松井とは物が違うとは思ってましたが、ここまでとは。

正直今年は30本も開幕前に打てないと思ってましたが、筋力アップで凄いことになっていますね。

まぁ、松井よりはかなり上なので、イチローに並ぶ選手になるかもしれません。

まだ現在の所記録を作っていないので、そこまで行っていませんが。

オールスターにも選出されているので、そこで活躍すれば、さらに全米で人気者となるでしょう。

今年のオールスターが楽しみですね。

 

大谷以外にも、ダルと菊池もでるみたいですが。

 

先発メルセデスは、6回途中を0点。

打線の援護は、ホームランでの3点のみだったが、継投で逃げ切った。

結局昨日も投手陣を使っているので、後半戦が心配だね。

投手の疲れを気にしない采配は、酷い。

いくらオリンピックで休みがあるとはいえ。

でも、オリンピック期間中に試合が組まれたので、本当に休めるかというとそうでもないだろう。

この期間は、若手中心で打線を組んで欲しいし。

捕手も岸田をメインで使って欲しいね。

育成するチャンスだから。

 

横浜1-3ジャイアンツ

先発菅野は、3回tちゅを4失点で降板。

何があったのかバッテリーごとこうたい。

試合は、このまま負けるとかと思われたが、若手の活躍もあり、ジャイアンツは3回から5回までに10点取る。

試合は、そのままジャイアンツが勝利した。

 

エース菅野が不調でも、打線が活発になり、逆転勝利できたのは大きい。

そして、タイガースに2ゲーム差となった。

丸は少し復調してきたが、梶谷が打てなくなったので、打線として機能するのは難しいかな。

しかし、その他の選手が打てていたのでよかった。

 

ジャイアンツ10-4広島

 

先発サンチェスはあまりよくなったかのか、3回途中で降板。

試合は、ジャイアンツがリードして5回表、広島に4点取られて逆転を許す。

このまま終わりかと思われた8回裏。

 

丸のタイムリーの後に、岡本が逆転の3ランでジャイアンツが、逆転に成功。

最後はビエイラが抑えて勝利した。

 

岡本はこの日6打点の活躍をみせた。

 

ジャイアンツ11-8広島

先発高橋は6回を2失点、

もう1回は投げないといけないだろ。

6回で満足するな。

 

そして、打線では岡本が3ラン。

松原が3安打と活躍。

 

今季初の7連勝で、タイガースに2.5ゲーム差とした。

8ゲームあったのに、あっという間に縮まったな。

まぁ、でもここからだろうね。

どれだけ打てて抑えられるか。

 

スワローズ2-5ジャイアンツ

 

昨日はメルセデスの日でしたね。

7回を投げて1失点。

しかも、打撃陣が効果的に点を取ってくれたので助かった。

終ってみれば7点も取っていた。

 

まぁ、スワローズの投手力が弱いおかげだけどね。

岡本がホームランを打ち、4打点と。打点を稼げるのが大きい。

率は悪いが、結構点を取ってくれるというか、現在打点王だから。

後は、率をもう少し上げてチャンスも作ってくれるといいんだけど。

 

スワローズ1-7ジャイアンツ