第92回選抜高等学校野球の出場高校が決まった。

出場校32校。

 

白樺学園(北海道)初出場
鶴岡東(山形)41年ぶり2回目
仙台育英(宮城)3年ぶり13回目
桐生第一(群馬)4年ぶり6回目
健大高崎(群馬)3年ぶり4回目
花咲徳栄(埼玉)4年ぶり5回目
山梨学院(山梨)2年連続4回目
国士館(東京)2年連続10回目
東海大相模(神奈川)2年ぶり11回目
星稜(石川)3年連続14回目
日本航空石川(石川)2年ぶり2回目
加藤学園(静岡)初出場
中京大中京(愛知)10年ぶり31回目
県岐阜商(岐阜)5年ぶり29回目
智辯学園(奈良)2年ぶり13回目
天理(奈良)5年ぶり24回目
智辯和歌山(和歌山)3年連続14回目
大阪桐蔭(大阪)2年ぶり11回目
履正社(大阪)2年連続9回目
明石商(兵庫)2年連続3回目
倉敷商(岡山)8年ぶり4回目
鳥取城北(鳥取)8年ぶり2回目
広島新庄(広島)6年ぶり2回目
尽誠学園(香川)18年ぶり7回目
明徳義塾(高知)2年ぶり19回目
創成館(長崎)2年ぶり4回目
明豊(大分)2年連続4回目
大分商(大分)23年ぶり6回目
鹿児島城西(鹿児島)初出場

 

21世紀枠
帯広農(北海道)初出場
磐城(福島)46年ぶり3回目
平田(島根)初出場

 

注目は関東と東京の最後の1枠の争いでしたが、花咲徳栄がゲットしました。

選ばれたからには、結果を残し欲しいですが。

そして、いい加減21世紀枠は要らないと思う。

何やら癒着を感じます。

21世紀枠じゃなくて、ここは試合をして決めるべき。

候補の8チームくらいでトーナメントを戦い優勝したチームがとかで。

 

プレミア12の決勝が行われました。

前回は韓国にまさかの負けで決勝へ進めませんでしたが、今回は、すでに決勝へ進むことが決まり、韓国と2試合連続の試合となりました。

 

前日は日本が10-8で勝利。

そして昨日は。

 

先発山口が1回3失点。仕事をしてませんね。

しかし、山田が逆転の3ランで試合をリードする。

 

その後7回に1点加点して、9回。

抑えの山崎が3人で片づけて、プレミア12初優勝を飾りました。

 

MVPに4番の鈴木誠也が選ばれた。

また菊池と鈴木がベストナインに。

 

日本5-3韓国

 

プレミア12メキシコ戦が昨日行われました。

結果は・・・

 

先発今永が好投して6回を1失点。

打線も初回から得点をして、3点取り、試合をリードした。

昨日は、不調だった坂本が猛打賞と当たり、打線では活躍を魅せた。

 

最終回は、山崎が抑えてメキシコに勝利。

 

この勝利で1位に並ぶ。

最終戦は韓国、これに勝って決勝へ進みたい所。

 

日本3-1メキシコ

 

プレミア12ですが、日本ラウンド始まりました。

1戦目はオーストラリアです。

先発山口は2回まではいいピッチングでしたが、3回から少し球を狙われて失点を重ねます。

結局4回2失点。

 

4回裏に鈴木がホームランで1点を返すも、苦戦が続く。

7回に周東が代走に出ると、2盗・3盗と決めて、チャンスを作り、サイン出なかったスクイズで同点。

 

続く8回もチャンスを作り、満塁として押し出しで勝ち越す。

最後は、山崎が抑えて逆転勝利となった。

 

打線の苦戦がまたしても出てしまいました。

これだと優勝するのはかなり難しいです。

なんとしても打たないと。

サードは松田しかいないのか。

不調の人が多いので、決勝までは行けないんじゃないかと思う。

 

日本3-2オーストラリア

プレミア12が先日から行われています。

すでにスーパーラウンドに進むことが決定している日本と台湾の試合でしたが、1位通過を掛けた試合。

 

結果は終始試合をリードした日本が勝利しました。

 

この日も4番鈴木の活躍で日本は勝利をものにした。

9回に1失点してしまったが、大差で勝つことが出来た。

打撃陣は少し上向いてきたのかもしれない。

 

次は日本での試合。

今回こそ決勝へ進みたいが。

 

日本8-1台湾

 

第9回ラグビーワールドカップ日本大会が、昨日無事終了しました。

決勝は、イングランドー南アフリカでした。

当初の予想だと、イングランド有利でしたが、ふたを開けると南アフリカの勢いが凄かった。

前半は、互角の戦いをしましたが、後半南アフリカの力が勝り圧勝となりました。

 

前半イングランドが、押し切れたなかったのが、敗因でしょうね。

あそこでトライを取れていれば、試合を物にできたでしょう。

 

南アフリカはこの勝利で、3度目のワールドカップ制覇となりました。

今大会は、オーストラリアの不調が目立ちしました。

そして、何よりも、日本代表が初のベスト8へ進む快挙。

次のフランス?大会でもベスト8以上の記録を出せば、世界も認めてくれるでしょう。

 

また日本は、 南半球4か国対抗参入も計画されている。

 

イングランド12-32南アフリカ

2019年ドラフト会議が昨日行われた。

目玉の一人佐々木が、マリーンズへ。

そして、ジャイアンツが指名した奥川は、スワローズへ。

原監督は、くじ運がないので、引かないでもらいたい。

ここからいつもドラフト戦略が狂う。

 

結局次の外れも外した。

獲ったのは、堀田。

佐々木には劣るが、注目されていた高校生の様だ。

果たして何年後に頭角を現すだろうか。

 

1位 堀田賢慎(ほった・けんしん)青森山田高(青森)投手 右投右打
身長185センチ、体重80キロ

2位 太田 龍(おおた・りゅう)れいめい高(鹿児島)-JR東日本投手 右投右打
身長190センチ、体重94キロ

3位 菊田拡和(きくた・ひろかず)常総学院高(茨城)内野手 右投右打
身長182センチ、体重93キロ

4位 上温大(いのうえ・はると) 前橋商高(群馬)投手 左投左打
身長175センチ、体重72キロ

5位 山瀬慎之助(やませ・しんのすけ)星稜高(石川)捕手 右投右打
身長177センチ、体重82キロ

6位 伊藤海斗(いとう・かいと)田南高(山形)外野手 左投左打
身長187センチ、体重88キロ


育成1位 平間隼人(ひらま・はやと)鳴門渦潮高(徳島)-徳島インディゴソックス内野手 右投左打
身長173センチ、体重75キロ

育成2位 加藤壮太(かとう・そうた)中京学院大中京高(岐阜)-埼玉武蔵ヒートベアーズ外野手 右投左打
身長187センチ、体重89キロ

 

 

ということで、誰が来年から1軍へ上がれるのか。

もちろん高校生は、3年後辺り上がれるように頑張ってもらいたい。

まずは体力づくり、そして基礎固め。

 

これで次は日本シリーズとなる。

そして、FA戦線今年は誰が出て来るか分からないが、とにかく先発が欲しい所。

広島の野村がFAする可能性があるらしいので、もしかしたら獲りに行くかもしれない。

まぁ個人的にはそれ程期待出来る選手ではないが、先発のコマが足りないので、なんとしても2人は欲しい所。

 

 

ラグビー日本代表がやってきました。

さんざん文句を言ってきたあのスコットランドにやり返してやりました。

 

前半は日本の試合でした。

トライ3奪いすごい展開。

 

21-7

 

しかし後半、スコットランドが息を吹き返し、2トライを奪い7点差に。

その後日本は必死に耐える。

20分くらい日本は我慢をして、スコットランドを押し切った。

 

後半は、7-14。

 

トータルでは、

 

日本28-21スコットランド

 

となった。

 

この瞬間初のベスト8を達成。

これで目標を達成。

 

エディーじゃなくて勝てないかなと思ったらそれ以上だった。

ジョセフの契約が更新されるようなので、今後もさらに強い日本代表を作って欲しい。

これからさらに日本が輝くために。

 

また予選はまさかの4戦全勝となった。

次の相手は、前回勝った南アフリカだ。

しかし、9月だったかな、試合で負けているので、どうやって戦略を変えて来るかも楽しみなところだ。

 

 

 

ジャイアンツが先制される展開で岡本の同点ホームランが出て流れが変わる。

丸がチャンスでセーフティースクイズを決めて逆転。

どうやらノーサインだったらしい、監督も驚いたそうだ。

 

そして、ゲレーロが試合を決める一発を放ちジャイアンツが勝利した。

ファイルナルを制した。

 

そして相手はホークスとなった。

それにしてもライオンズは2年連続で負けるとか、ちょっとね。

なべQもたぶん怒り心頭だと思うけど、後2年くらいは指揮取れるでしょ。

短期決戦が弱すぎる監督だが、チームを強くしたのは事実だからね。

後は、日本シリーズへどうやって進めるかでしょ。

 

さて話はジャイアンツに戻しますが。そのライオンズの秋山がFAの明言を避けているようです。

とりあえず、日本シリーズが終わってからなんでしょうけど。

ひそかにジャイアンツも調査しているみたいですが。

海外FAって国内もいけるのか?

まぁいいけど。

後はドラフトがそろそろあるので、そちらも楽しみですね。

 

とりあえず日本シリーズを勝って、菅野がメジャーに行って欲しいわ。

 

ジャイアンツ4-1タイガース

セリーグは、CSファイナルが始まりました。

ジャイアンツとタイガースの一戦です。

まさか横浜を破ってタイガースが上がってくるとは、思っていなかったですが。

 

先発は山口、最多勝の貫禄を魅せてくれました。

8回途中を1失点。

打線の援護もあり、楽に投げられたのでしょう。

 

打線は、丸と岡本のホームランで先制すると、2回にも3点取り試合をリードして、継投で逃げ切った。

 

ただもう少しヒットが欲しかったが、まだ本調子ではないのかもしれない。

坂本の状態も気になるところ。

 

2戦目も打線がつながり、得点を取り試合を楽にしておきたいが。

 

ジャイアンツ5-2タイガース