離婚後300日問題-民法772条による無戸籍児家族の会

離婚後300日問題-民法772条による無戸籍児家族の会

離婚後300日問題、相談無料。
この世から『無戸籍児』をなくしたい・・・
心からそう願っている、家族と支援者のブログです。

離婚後300日問題に掛かる子供は毎年3000人に及び、また、この民法772条の規定がネックとなって戸籍のない子供達や無戸籍者がこの国には存在しています。


私たちは、離婚後300日問題による無戸籍を解消するための認知調停等のサポートをしております。

自分たちが苦しんだ経験から、ひとりでも多くの子どもが真実の父の戸籍に登録されるようにとサポートを続けて10年、多数の認知調停を成立へと導いてきました。
調停・裁判や行政の手続きのこと、戸籍のこと、出産や育児の上での不安、どんな些細なことでも一度お気軽にご相談ください。
相談無料、秘密は厳守します。
(当会提携弁護士に依頼される場合には、別途費用が発生します)


【相談事例】
◎「離婚後の妊娠ですが、懐胎時期証明で対応してもらえません」
◎「家庭内別居で事実上の離婚に関する証拠・証明するものがないのですが・・」
◎「20歳を越えた成人無戸籍者です。就職時に証明書を求められ困っています」
◎「自分も無戸籍で、出産を控えています。生まれて来る子には戸籍をとりたいのですが」
◎「子の父親は事故で死亡してしまいました。どうしたらよいでしょうか」
◎「前夫も現夫も日本人ですが、私は外国籍。日本人の場合と同じように調停はできますか?」等
多種多様な相談に答えさせていただいております。

ご注意:離婚後300日の専門家をかたり、高額報酬を請求する司法書士事務所等にご注意ください。


記事の無断転載・転用は固くお断りいたします。
ご連絡・ご相談等は、03-6428-0728、 chappy@abeam.ocn.ne.jp左クリックまで。

Amebaでブログを始めよう!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス