食品サンプル教室 初心者大歓迎!プロの技教えます【食品サンプルアート協会】

食品サンプル教室 初心者大歓迎!プロの技教えます【食品サンプルアート協会】

東京で食品サンプル教室を運営しています。
ワークショップ運営・作品販売を目指す方にも技術をお教えしています。
体験教室もあります!



NEW !
テーマ:

 

 

******************

 

食品サンプルアート

【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

※【東京】 12月1日・2日 開講します!

 

食品サンプルの制作技術だけでなく

デザインの考え方、発展する教室運営の方法など

 

あなたが講師・作家となって活躍するための

ノウハウすべてをイマイが教えます! ^^

 

 

★ 詳しくはこちら 

→【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

******************

 

 

 

 

ふわふわ、ほわほわ

 

えび天ポーチ

 

 

 

たべものモチーフの手芸ワークショップをやりたくて

 

布小物 いろいろと作ってます。^^

 

 

現在、10種類くらいデザインがあるのですが

(盗用されるからみせないよ!)

 

「もう少し上手になったらワークショップをやろう。」

 

と、言い出してから、かれこれ1年半。

 

 

いまだにワークショップができていません。^^;

 

 

いつになったら、もう少し上手になるのだろうか・・・・。

 

 

 

 

「もう少し上手になったら始めます。」

 

 

「ワークショップを運営したいです」

 

「作品を販売したいです」

 

といって、わたしの講座を受講して頂いた方に

 

「講座受講後

いつからワークショップ、作品販売を始めますか?」

 

 

と聞くと

 

ふたりにひとりが

 

 

「もう少し上手になったら始めます。」

 

と言います。

 

 

で、結局

 

わたしの手芸とおなじで

 

いつになってもスタートをすることはありません。^^;

 

 

 

「もう少し上手になったら始めます。」

 

その気持ち、とてもよくわかります。

 

謙遜もあるでしょう。

 

 

ですが

 

もう少し上手になったら始めます。

 

この気持ちでいたら、いつまでも始めることはありません。

 

 

1年後も、もう少し上手になったら始めます。

 

3年後も、もう少し上手になったら始めます。

 

と、言っているはずです。^^

 

 

 

ほかにも

 

「完璧になったら始めます。」

 

「これができるようになったら始めます。」

 

など

 

 

「〇〇になったら始めます。」と言っているひとは

 

ほぼ、始めることはありません。^^

 

 

 

成功しているひと、うまくいっているひとたちは

 

「〇〇になったら始めます。」

なんて言うことは絶対にありません。

 

未完成なまま、粗削りなままで

とりあえず、始めてしまいます。

 

そして、動きながら、

スキルアップも同時にしていきます。

 

 

 

「もう少し上手になったら始めます。」

 

と言って

 

スタートすることを

先延ばしにしているあなた!

 

1年後も、もう少し上手にはなっていませんよ。

 

 

なにか新しく始めたいことがあれば

とりあえず、今のままでいいから、スタートしてみましょうよ。^^

 

もう少し上手になったら始めます。

なんて言っているよりは

 

ぜったいに明るい未来がまっています!^^

 

 

 

わたしの手芸はどうしましょうかね?

 

「もう少し上手になったら始めます」はNGワードという事で

 

 

あとはスケジュールの問題ですね。^^;

 

 

 

 


テーマ:

 

 

******************

 

食品サンプルアート

【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

※【東京】 12月1日・2日 開講します!

 

食品サンプルの制作技術だけでなく

デザインの考え方、発展する教室運営の方法など

 

あなたが講師・作家となって活躍するための

ノウハウすべてをイマイが教えます! ^^

 

 

★ 詳しくはこちら 

→【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

******************

 

 

 

 

 

最近のわたしの口ぐせ

 

「もう、おっさんだからなぁ・・・・」

 

 

 

ほんとによくないですね。^^;

 

 

 

 

【新しいことをはじめるのに遅いなんてない】

 

なにか新しいことをはじめたいと思うけど

「始めることをためらってしまう・・・」

なんてことはありませんか?

 

 

新しいことを始めるのをためらう理由には

 

お金がない。

 

時間がない。

 

というのがよくある理由だと思いますが

 

なかでも、いちばん残念なのは

「年齢」を理由にしてしまうことです。

 

 

いわゆる

 

「いい歳してはずかしいわ・・・・」

 

ですね。^^

 

 

 

80歳、90歳で年齢を理由に

新しいことを始めるのをためらうというのなら

まだわかりますが

 

実際には、50代、40代、30代のひとでも

 

「もうそんなことを始める年齢ではない」

 

「いい歳してはずかしいわ・・・・」

 

と考えてしまいます。

 

 

わたしも30歳くらいの頃

 

「もうそんなことを始める年齢ではない」

 

「いい歳してはずかしいわ・・・・」

 

なんて、考えたことがいくつもありました。

(今考えると30歳なんて、なに始めても許されますよね。^^)

 

 

 

 

わたしが大好きな、黒柳徹子さんの言葉↓

 

年齢を気にすることがある人は、とりあえず見てみてください。

 

※こちらの4コマ漫画 とてもいいです。↓

 

https://twitter.com/sweetcocoamilk/status/729450328274305024/photo/1

 

 

 

 

そもそも

 

年齢を理由に新しいことを始めるのをやめてしまうのは

 

単純に

 

「いい歳してはずかしいわ・・・・」というような

 

周りの目を気にしているだけです。

 

 

年齢を重ねた人は目立ってはいけない。

 

おとなは派手なことをしてはいけない。みたいな

 

昭和の価値観にしばられています。^^

 

 

人生100年時代と言われているのですから

 

「いい歳してはずかしいわ・・・・」なんて言葉は

 

110歳くらいにのひとしか言ってはいけませんよね。^^


 

 

新しいことを始めるのに遅いなんてありません。

(自分に言い聞かせています。^^)

 

 

いま始めれば、来年の今日には、経験1年になっています。

 

30歳のひとも、60際の人も

同じように1年後には経験1年です。

 

経験1年なら、もう初心者ではなくなっていますよね。

 

 

始めたいと思っていること、今すぐ始めてみませんか?

 

まだまだ、自分の世界は大きくひろがりますよ。^^

 

 

 

これから

 

食品サンプルアートを始めたいという方

 

 

6歳から120歳まで

 

こちらで↓ 始めることができます。^^

 

★クリック → 食品サンプル教室

 

 

 


テーマ:

 

 

******************

 

食品サンプルアート

【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

※【東京】 12月1日・2日 開講します!

 

食品サンプルの制作技術だけでなく

デザインの考え方、発展する教室運営の方法など

 

あなたが講師・作家となって活躍するための

ノウハウすべてをイマイが教えます! ^^

 

 

★ 詳しくはこちら 

→【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

******************

 

 

 

 

ハンドメイド作品を作っていて

むちゃな値切り交渉をされた経験ありますか?

 

ハンドメイド作家の作品に

馬鹿にしたような大幅な「値切り」を持ちかけるひとがいて

 

困っている作家さんがけっこういるらしいです。(~_~;)

 

 

 

◎「J-CAST ニュース」の記事

 

■ハンドメイド人気も...過剰「値切り」に傷つく作家たち

 

ハンドメイドのアクセサリーなどを制作・販売する作家に対し、購入希望者が大幅な「値切り」を持ちかけるという事例の報告が相次いでいる。ハンドメイド作家のツイッターの投稿を見ると、「材料費」と比較して「販売価格」が高いと言われた例が多く、半額以下の価格を提示されたケースも見られる。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000000-jct-soci&p=1


 

 

 

 

【安く見えるから失礼な値切りをされるのです!】

 

値切られる!

 

値切るやつが悪い!!

 

作るほうはすごい大変なんだよ!!!

 

と、値切ってくる人に文句を言いたくなりますが

 

文句を言っても

そんな失礼なひとたちがいなくなることはありません。

 

 

そんなひとたちを

なんども相手にするのは時間の無駄です。

 

失礼な値切り交渉をしてくる人たちが

値切り交渉をためらうような

 

作品の価値を高め

高価でも売れるようになる方法を考えてみます。^^

 

 

 

極端な例ですが

 

たとえば

 

失礼な値切りをしてくる人たちは

グッチ、シャネルのお店で値切ると思いますか?

 

絶対に値切らないですよね。

(そもそも買いに行かないか?^^)

 

 

失礼な値切り交渉を持ちかけられるのは

 

「失礼な値切り交渉をしても大丈夫」と思わせる

いろいろな意味で安く見られる要素が、販売側、作家側にあるとも言えます。

 

 

 

・デザインがありきたりで、単純なものではないでしょうか?

 

・材料が安価で簡単に買うことができるものではないでしょうか?

 

 

もし、これにあてはまるのであれば

 

→デザインをあまり見かけないようなオリジナリティーあるものにする。

 

→材料を100円ショップなどで揃えずに、専門の良質な材料を使用する。

 

 

 

・制作のこだわりは伝えていますか?

 

・技術の難易度、作業の大変さをしっかりと伝えていますか?

 

 

もし、これらを伝えていないのであれば

 

→制作のこだわりをしっかりと丁寧に伝えるようにする。

 

→技術の難易度、作業の大変さをしっかりと丁寧に伝えるようにする。

 

 

こうすることで

失礼な値切り交渉をしてくる人たちが

寄ってくることが確実に少なくなるはずです。

 

 

 

で、もし、今書いたようなことができないのであれば

 

 

・オリジナルのデザインは作れない

 

・専門の良質な材料をそろえることができない

 

・制作のこだわりも伝えるようなものはない

 

・技術も簡単で楽に作れる

 

 

これは、失礼な値切りをされてしまうのもしかたない。

 

と、感じませんか?^^

 

 

 

デザイン、材料、こだわりの制作、高い技術、制作の手間ひま

 

こんなことをしっかりと高め伝える努力をして

 

失礼な値切り交渉をしてくる人たちが

値切り交渉をためらうような

 

価値の高い作品を作りたいですね。^^

 

 

 

 

 

ちなみに

 

わたしは自分の作品をふだんは販売しないので

むちゃな値切り交渉をされたことはありませんが

 

「技術教えてください!」

 

「弟子にしてください!」

 

といってきたひと達に

 

「有料で技術教えてます。」っていったら

 

 

「えっ!? お金取るんですか!?」

 

「じゃあ やめときます。」

 

って言われたことは、なんどもあります。^^

(わたしのことがすごく安くみえるんでしょうね。(~_~;))

 

 

 


テーマ:

 

 

******************

 

食品サンプルアート

【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

※【東京】 12月1日・2日 開講します!

 

食品サンプルの制作技術だけでなく

デザインの考え方、発展する教室運営の方法など

 

あなたが講師・作家となって活躍するための

ノウハウすべてをイマイが教えます! ^^

 

 

★ 詳しくはこちら 

→【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

******************

 

 

 

 

たくさんの作家、アーティストの「熱」にやられて

 

デザフェス疲労がまだ残ってるよ。(>_<)

(単純におじさんだからか?)

 

 

 

 

普段、ひとりで食品サンプルを作り続けていると

気づかないうちに、気持ちが自分だけの世界に閉じこもってしまいます。

 

他のもの作りをしている人たちの存在を

感じなくなるし、忘れてしまうのです。

 

 

そうなると

 

ひとりの世界なので「傲慢と不安」が心に満ち溢れ

考えが煮詰まるし、謙虚さもなくなるし、自信もなくなります。

 

こんな状態になってしまったときは

ほんとに辛くて、苦しくて、どうしようもありません。

 

 

 

そこで、わたしがいつもしているのは

 

「作っている人をたくさん見る」ことです。

 

作品も見ますが

それよりも、作っているひとにフォーカスしてみます。

 

どんなひとが、なにを考えて作っているのか

可能であれば直接聞いてみます。

 

 

そうすることで

 

いろんなひとが

 

いろんなことを考えて

 

いろんなものを作っているんだな、と

 

ひとりの世界から出ることができるのです。

 

 

そして、また

 

単純に、良い考えが浮かぶこともありますし

 

自分がやっていることはそんなに悪くないなと自信も出ますし

 

すごいひとはたくさんいるなぁ。と、謙虚になることができます。

 

 

食品サンプルに限らず、なにかをずっと作り続けるのって

心の管理をしっかりやらないとできないですよね。^^

 

 

 

こうやって書いて、あらためて考えると

 

「ひとを喜ばす作品を作る」

 

「もの作りで自分を表現する」

 

これって、まちがいなく、人生の修業ですね。^^;

 

 

 

 


テーマ:

 

 

******************

 

食品サンプルアート

【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

※【東京】 12月1日・2日 開講します!

 

食品サンプルの制作技術だけでなく

デザインの考え方、発展する教室運営の方法など

 

あなたが講師・作家となって活躍するための

ノウハウすべてをイマイが教えます! ^^

 

 

★ 詳しくはこちら 

→【認定インストラクター養成 短期集中講座】

 

******************

 

 

 

 

土日のデザフェス出展

出展者として楽しかったのはもちろんですが

デザフェスの入場者としても、とても楽しみました。^^

 

休憩時間に見て歩くだけなので

会場すべてを見ることはできなかったのですが

お買い物、ワークショップと存分に楽しみました。

 

 

今回のデザフェス

お買い物で使った金額 約4万円。

 

 

 

買ったものの一部を公開するよ。^^

 

 

苔ボトルの制作ワークショップ 

 

最近、苔にはまっているんですよね。

 

 

 

ジョギングする女子のジオラマ風に制作。^^

 

 

 

 

みかんといちごのアロマキャンドル

 

 

 

ドーナツの小さい椅子

 

今回買った中で一番のお気に入り。

 

販売していた作家さんが

彫刻刀で木を削って作っているって聞いて

たまらず買ってしまった。^^

 

 

 

自分の作った食品サンプルのドーナツと

並べて置きたかったのです。^^

 

 

 

 

 

 

【自分がお客さんになってみる】

 

自分が作った作品を販売したり

ワークショップを運営したりしているひとは

自分もお客さんになっていますか?

 

 

正直なところ

ハンドメイドイベントって、すべてが高いんですよ。^^;

 

なので

 

「出展はするけど、他の出展者から買い物はしない」

 

なんて方もいたりします。

 

それはそれで、悪くはないのですけれどね。^^

 

 

わたしはハンドメイドイベントに参加したり

見に行ったりした時

自分もお客さんになるようにしています。

 

 

それは

 

ハンドメイド作品を買うひと

ワークショップに参加するひとの

気持ちを理解したいからです。

 

 

なぜ買いたいと思ったのか?

 

なぜ買ってしまったのか?

 

買ったとき、買った後、どんなことを思ったのか?

 

自分でお客さんになってみることでよくわかります。

 

 

そして、そうすることで

 

自分が作品販売やワークショップ運営をするときに

自分がお客さんになってみて感じた

 

買ってしまった理由

 

買ったときにうれしかったことを

 

作品購入者やワークショップ参加者に対して

同じようにすることができるようになります。^^

 

 

 

今回も勉強のために

あえて、積極的にお客さんになってみましたが

 

4万円はちょっと使いすぎたなぁ・・・・。><

 

 

ハンドメイドイベントって

 

あの空間にいると

 

ほんとにお財布のひもが、バカになっちゃうんですよね。汗

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス