髪がバサバサに⁉️ヘアオイルの間違った使い方 | 【阪急園田駅近 隠れ家美容室】 hair room e9uaにようこそ!

【阪急園田駅近 隠れ家美容室】 hair room e9uaにようこそ!

阪急園田駅近 徒歩3分、閑静な住宅地の中にある
小さな隠れ家美容室【hair room e9ua(ヘアルームエクア)】
e9uaの意気込み、思い、日常をつづっています。

どーも、夫婦で営む完全個室の美容室「ヘアルームエクア」のコーヘーです。


普段からアウトバストリートメントなどの洗い流さないタイプのトリートメントは使ってますか?


その中でも特に人気が高いのがヘアオイルです。


ヘアオイルは髪を熱や紫外線から守ってくれたり、まとまりを出してくれたり水分を保持して艶をだしてくれて万能なアイテム



ですが・・・

間違った使い方をすると逆効果


髪はバサバサになり匂いなどの原因になってしまうんです。


という訳で


今回は間違ったヘアオイルの使い方について書いていきます。


オイルは「使用量を沢山使うとまとまりやすくなる」


そんなこと思ってませんか?



オイルのつけ過ぎは凄く危険ですガーン


オイルはお湯やシャンプーで落ちにくく髪に残留しやすい成分なんです。


残留したオイルは水分を弾いてしまいカラー剤やパーマ液、水分やトリートメントの浸透を防いでしまいます。


更に髪にオイルが残った状態で放置してると酸化して臭いの原因になってしまいます。


ヘアオイルの適量は

メーカーにもよりますが

ショート〜ミディアムで1〜2プッシュ

ミディアム〜ロングで2〜3プッシュ


少量ずつ中間・毛先に小分けに付けるのがオススメ


根本には付けないようにして下さい。


そしてオイルをつけた日はシャンプーを2回して洗い残しがないようにしましょう。


ぜひ参考にー


エクアのHPはこちら