今から四半世紀近く前のこと。
ペスト禍を公衆衛生史学として恩師T先生から学んだ折、パンデミックには社会として必ず辿る5段階があると教えられた。
1)無抵抗段階
  →それが伝染する疾病であることを知らず、雷撃に倒れるように罹患してゆく段階。
2)萎縮段階
  →それが伝染病である認識を持ち、過剰なほどに全ての活動を萎縮させてしまう段階。
3)排斥段階
  →その疾病を持ち込んだ、もしくは故意に伝染させた「犯人」を社会全体で決めて、スケープゴートを仕立てて社会から排斥・追放する段階。
4)享楽・放縦段階
  →疾病を「気にしなく」なり、自ら感染を招くような行為に耽る。疾病の実在を否認し始める。通常時であれば許されないほどに社会全体が享楽的になる段階。
5)終末段階
  →感染者がとどまることなく増大し、誰に言われずとも社会が自然に停止する。社会コミュニティは消滅し、文明や国家が終焉を迎える場合すらある。人間がいなくなりすぎるか病原体が変異するか、或いは抗体を持つ者が増大した、いずれかの条件を満たしたときに流行は終息する。

(1)〜(3)、そして(5)は感覚として理解できたのだが、
(4)の享楽・放縦段階ばかりは理解しかねるものだった。それは周囲の学生誰もがそうだった。
その現象について考えが及ばず、誤訳や誤解釈の可能性を問い、原典・出典根拠を求める未熟な私達に、先生は静かに仰った。
「君たちの将来に、突然わかる時も来るかもしれない。だけど、これはわからないほうが、いいものだから、そういうものだとだけ覚えておきなさい」

かくして時は今、2020年。
2月からこちら、日々先生の言葉を反芻し、今がどのあたりであるのかを日々考えずにいられなくなった。
悲しいほどに私達は1300年代から進歩無く、不気味なほどに同じ精神性を踏襲し続けている。3つの密という言葉ができただけ、ほんの少しマシなのかもしれない。が、わかってはならない、理解できないほうが幸福だったと、心から思う。
即ち、T先生は偉大だった。

私達は今、まちがいなく(4)の段階に居る。

気をつけろと耳にタコができるほどに言われているのに、個人は必死に不特定多数と同席する場に出かけ、日本国はGoToキャンペーンを前倒しにして遮二無二国民を遠出の旅行に誘おうとしている。アメリカではマスクを取ると拍手喝采を受け、フランス人は集団で踊り始めた。ブラジル大統領などは自ら率先して記者を感染させようとし、大統領府のスタッフをフルノックアウトし、一気に終末段階まで突き進む勢いである。
恐ろしいことに、殆どの人々は、無私の美徳・社会への献身の一環として「恐怖を克服して」これらの行動を行っている。まるで「気をつけろ」と警告する人間にこそ悪意があるといわんばかりなのだ。
コロナはただの風邪と絶叫する輩も出現した。
マスク装着の是非を、政治的スタンスの測定に用いようとするトンデモな輩も、多く見た。
全部が全部四半世紀前にT先生から聞いたままの定形で、何故人間社会は必ずそうなってしまうのか、その精神性を研究して再発防止を行ったほうが疫病の抑止につながるかもしれないとすら考えてしまう。

何故死の既定路線に自ら乗りたがるのか、政府が先導して集団自殺を加速させるのか、日本は特に死亡率を抑えていたのに何故台無しにするのだろうか、等など考えた時、日本人は75年以上前に政府主導で集団自殺を決行しかけていたことに、改めても気付かされた。

今回のコロナ騒動で発露した異様な行動は、様々な場面で度々「戦争中の日本人」と酷似することが指摘されている。比喩ではなく、ある意味で今世界中が戦争をしているような状態になってしまっているので、民族性の悪い側面が炙り出されているのかもしれない。

社会全体が狂騒状態になると、スケープゴートは必ず発生する。
○○人が井戸に毒を・・・などという粗野粗暴なものだけではなく、更に複雑怪奇な精神性で、集団の暴力は力無いものを殺し、その犠牲は巧妙に神聖化され、更なる生贄を呼ぶ。

日本人のトラウマと言っても過言ではない、平和教育の金字塔、「かわいそうなぞう」など最たるものである。
トンキー・ワンリー・ジョンをはじめとした上野動物園の動物たち、日本中の動物園で殺された大型動物たち、それらの殆ど全ての死に、軍司令部が殆ど関与していないことは、近年次々と明らかになっている。
【参考】
(Wikipedia)戦時猛獣処分

要約をすると、

上野動物園に関しては、来たるべき大空襲の為に
東京都知事や市民が先導して
該当部署や軍部をも押しのけて「総玉砕」の手本とする為に
本来の目的だった獰猛な大型肉食獣の処分を通り越して
助かる筈の草食動物も生後半年のヒョウの赤ちゃんも一切助命を許さず
戦時中は「鬼畜米英のせい」
戦後は「軍部のせい」にして
皆殺しにして、責任転嫁をした。

という恐ろしい物語である。

動物の檻にダイナマイトを括って「空襲が来てどうにもならなくなったらもろとも爆死しますので何卒ご安心ください」と、殺処分を求めて雪崩込む市民を制した東山動物園の飼育技師の話など、胸につまされ涙が出てくる。

一方、動物園に寄せられた少年少女の手紙には、はっきりと皆殺しの意図が描かれている。
ーーーーーーーーーーー
これらの動物達を殺させた米、英を討たねばなりません。軍人を志望している僕です。戦場でこの殉国動物の仇討をしてやりたいと思います。そうすれば、僕を喜ばしてくれた動物も喜んでくれると思います。(『実録上野動物園』から)引用ママ
ーーーーーーーーーーー
動物は子供を喜ばそうとしてなどいなかったし、況や、仇討ちをしても喜ばない。都知事が死ねば喜んだかもしれないが、彼は戦後文部大臣になった。

平時に見れば「ばかじゃないの」
の一言で括れるような愚行に、非常時には大挙してしがみつき、大義名分を創造し続けてきた歴史を直視しなければならない。
題目は常に美しく、犠牲を伴うものはより強く人々を魅了する。

これを心理学的な表現をすれば「正常化バイアス」とかそういうものに類されるものなのかもしれないが、犠牲を求めて社会を動かそうとする同調圧力には、何か特別の名前が付けられるべきかと感じられる。
もしかすれば、それは狂気とか信仰とかそういう性質のものなのかもしれない。

特に政治家が自らの行いを「営利目的」でやらなくなった時、「国家の存亡」とか「国家の一大事」に身を捧げはじめたら、それが一番危ない時だと、T先生は仰っていた。
利益が無いことを万人に非難されても犠牲を払って行おうとし始めた時、即ちそれは「あたまがおかしくなっている」時であり、判断が正しいことは万に一つもありえない。

そういう時代はどうすれば正解だったのかと当時T先生に問うた答えも、不思議と胸に突き刺さっている。
先生は、
「距離をおけ、関わるな、敵ができるので止めるな。自分一人を貫きなさい」
と仰った。
金言であると身にしみて思う。

市民一丸となって泣きながら象を殺した時代のことは明らかに
「あたまがおかしくなってた」
と、理解できる。
なれば、
観光地の経済を回すため、恐怖をこらえて国民一丸となってGoToキャンペーンを行う今現在は・・・?
少なくとも今の日本政府に、上野の動物を慰霊する資格は無いと感じてしまう。

自分のままでいること、感染に気をつけて粛々と日常を積み重ねること。
これが一番大切なことなのだと、近頃特に思う。

文責:水棲疾病基盤研究所
3月以降マスクばかりが悪目立ちしてしまったが、同時進行でコンディショナーの原料調達も行っていた。(というか、本来、マスクの方がついでで、本命はそちらであった)以前ブログにも書いたが、原材料にはコロナ対策の漢方薬原料とモロに被ったものがいくつもあり、何を求めようとしても欠品しているか発注数量が制限されているかで、相当数の原材料がロックされた3月・4月・5月でもあった。
特に4月半ば以降は、飛行機自体が止まってしまったので、発送伝票が発行されても、フォワーダーの倉庫で待機になり続けた。その為延着については全く気にしなくなっていた。

5月31日の夕方、覚えの無いアカウントがWeChatにメッセージを送ってきた。よくある広告かと考えたが、内容は、記憶の無い相手からの長文謝罪メールだった。
(誰だかわからない……)
最後まで読んでも謝るばかりで全く要領を得なかったので、取引履歴を引っ張り出して参照をし始めたところ、古い順の2件目でヒットした。
原材料として3月に取り寄せを依頼した、生物製剤のメーカーからだった。
(まさか、これも……)
直ちに再送を依頼して、未着原材料等の総チェックをする羽目になった。
結構な件数、アメリカの空港で発見された。

因みに、返金対応を依頼したものの中に、
ニワトリ用鳥インフルエンザ(H5N1)ワクチンアンプル10本セット、がある。
ライトブラマーのピヨ達に本来の目的で使おうと思っていたのだが、ご時世もあるので諦めた。
これは遂に最後まで出てこなかった。
まさかまさか、コロナ予防目的で対人使用してしまったのではなかろうかと、密かに心配している。口蹄疫のとき、恐怖のあまり偶蹄目用ワクチンを人間に打ったという話があったので、彼らならそのぐらいやりかねないな、と。

今回のマスク戦争。これは通常時であれば100年取引を行っても絶対に起こらないであろうことばかりだったであろうとかなり真剣に考える。結果的に調達は成功したが、関わった全員が能力、人脈、持てるカード全てをぶちまけきってようやく繋がった輸送レーンで、そこまでやり切らなければ実現できなかった。ーーー表面的には大成功だったのだが、やりきった爽快感と同時に、気持ちのどこかに無力感が残ったのは否めない。
少なくとも次また同じ事態になったら?できる努力としては早めに船便の荷室を抑えて国営工場と取引をするぐらいで、他にどうすればいいのか?「次」に今回の経験が活かしきれる自信はまるでない。

国営工場マスクは販売をしないことが当初からの取引条件だった。
しかし、受取って改めても思うことは、あの苦しい日々の努力と忍耐に価格はつけられない、だから幾らであれこれは絶対に金銭に換えられるものではなく、自分の大切にしたい方々に無償で渡す以外の用途は無いのだと。誓約書云々の話ではなく、本気で思う。

この後は一日も早くマスクが不要になり、従来の立ち位置に戻るよう、それだけを祈り、筆を置く。

文責:水棲疾病基盤研究所



国営工場のマスクは、公用機に同乗して入国した。
異動をする官僚を伝手を手繰って捕まえて、一緒に乗せてもらったとのことで、社会主義国ならではの、民間工場では絶対にできない逆転技である。
(この国では国営工場以外と取引したら、自己責任なんだ……)
感謝と感動ばかりでなく、同時に冷や汗も出る。一つでもやりかたを間違えていたら、このマスクは受け取れていない。
そして、面子を賭けたとき、中国人が絶対に退かないことも肌身で知らされた。
改めても難しい国であると、痛感させられた出来事だった。

一方の民間工場は、多くのフォワーダーやバイヤーが船便の空きスペースに殺到した。どの荷室も募集と同時に正規価格以上のオプションを付けて完売し、民間工場産のマスクの多くが船便に詰め込まれて旅立った。民間工場産のマスクが高額で大量に余っているのを最近よく目にするが、せめて輸送機だけでも飛んでいればリアルタイムで需給が釣り合ったのに…、と、妙な悔しさを感じてしまう。

無事学校にマスクと消毒液が届けられ、ようやく一段落したGW明けのこと。
台湾経由のEMSでKの国マスクが届けられた。
国営工場マスクとメリーランド州から転送された繭玉消毒液が余りにもショッキングで、Kの国の代理人に発注をかけたことなどすっかり忘れてしまっていた。一時間以上後に、(あ、これ頼んだやつだった…)と。本当にそのぐらい頭に残っていなかった。
さて、どんな代物が入っているのやら?ーーー半ば怖いもの見たさで開封すると、極めて上質なマスクに拍子抜けしてしまう。
(もっと買っておけばよかった…、だとしてもこれは一体どこで作った…?)
荷物の底に折り畳まれた箱を組み立てて、産地を探す。暫く凝視してやっと中国の工場で作られたものだとわかった。
が、何にも増して、私は蓋から目が離せなくなった。でかでかとプリントされた意匠は、六芒星!どうして、Kの国に!?なんで六芒星が!?
ーーー調べて、イスラエルの会社が中国工場に発注して作ったメーカー製マスクであり、それは支援物資として国際機関からKの国に送られたものだとわかった。
○H○が、ユダヤ人に支払いをしてKの国に人道支援を…、それを政府が転売して現金化して……、、、、。。
Kの国は川一本渡れば中国なのだから、○H○も、わざわざイスラエルに発注せず中国の国営工場にでもオーダーしていれば話も早く、もっと安く済んだだろうに、どうしてこんなややこしい迂回貿易みたいな真似をしたのだろうと、闇の深さにぞっとしてしまう。拠出金の使い方が明らかにおかしい。トランプ大統領が言うように、いっそ解体されちゃってもいいんじゃないかな!?とか考えてしまった。

5月の中旬をすぎると、アメリカに押収されたマスク類の返却や清算が始まった。
忘れていたN95マスクの消息も、支払いを受けられず半狂乱になったパキスタンの業者から知らされる。
数が少数というか中途半端すぎたので返却されることになったそれは、何故かアメリカ軍属用輸送機でのんびりと一筆書きで配達されることになった。(フィリピンに向かったときには、どうしようかと思った)沖縄で解放されるかと思えば通り過ぎた神奈川でようやく郵便局に委託され、5月30日に世界を2周ぐらいしたズタボロな外装で届けられた。

かくして、後1日で5月が終わるギリギリの状態で、マスクと消毒液は整ったのだった。

だが、しかし。
押収の余波は衛生用品以外にも及んでいたと知らされたのは、翌日31日のことであった。

・・・5に続く。