当歳・1歳合わせて、売上頭数455頭、売上高289億円

 

 

 

 

昨年も上回る水準ですが、2020年から続いてきた上昇トレンドも若干マイルドになった印象です。

 

ノーザンFさん(ノーザンファームさん、(有)ノーザンレーシングさん、(株)レイクヴィラファームさん、吉田 俊介さん)の売上高は、一旦落ち着いたということでしょうかね。

 

サトノカルナバル号を排出したノーザンファームミックスセールや

 

ドウデュース号のような庭先取引などもありますから、それらの兼ね合いもあってのことかと思います。

 

 

一方で、社台Fさん(社台ファームさん、(株)社台ブラッドメアさん、社台ファーム(共有代表)さん、便宜上内包している(有)社台コーポレーションさん)は、

 

セレクトセール出身のダノンデサイル号やアスクビクターモア号のクラシックでの活躍により、

 

売上高が上がってきています。

 

 

追分Fさんは、セレクトセール2023で、上場頭数が少なかったにもかかわらず、

 

アンチュラスの2022が25,000万円、スパイスドパーフェクションの2022、アレイヴィングビューティの2022、パーソナルダイアリーの2023がそれぞれ17,000万円、ソワーの2022が9,600万円、フォーエバーモアの2023が9,000万円と高額で落札された影響で、

 

スパイクしています。

 

 

また、ノーザンFさんを始めとした社台Gの価格が上がっているためか、

 

非社台Gの1頭平均価格も上昇傾向にあります。

 

 

牡馬

 

 

 

牝馬

 

 

 

牡馬と牝馬を比較すると、概ね牝馬は牡馬の5~6割くらいの落札価格ということでしょうかね。

 

セレクトセールから牝馬の活躍馬がそんなに出ていないこととも整合的ですね。

 

 

 

ここからは、売上頭数206、売上高157億円のノーザンFさんに目線を移します。

 

以下、

1(水色):1000万円未満
2(橙色):1000万円以上2000万円未満
3(灰色):2000万円以上3000万円未満
4(黄色):3000万円以上5000万円未満
5(青色):5000万円以上1億円未満
6(緑色):1億円以上

 

 

6に属する1億円以上の落札馬に関しては、頭数占率は19%、売上高は78億円に上ります。

(昨年は、頭数占率21%、売上高86億円)

 

5と6に属する5,000万円以上の落札馬に関しては、頭数占率50%、売上高は123億円に上ります。

(昨年は、頭数占率60%、売上高137億円)

 

 

種牡馬別

 

 

エピファネイア、キタサンブラックが二強で、往年のディープインパクト級の評価ですね。

 

 

牡馬限定

 

 

 

牡馬の平均価格が9,854万円でした。

(昨年は10,156万円)

 

セレクトセールとクラブ価格を比較すると、

 

リザーブ価格自体は安いものの、オーナーは一人しか成れないこと

 

種牡馬になった際にクラブの取り分がない(4割前後)ことを踏まえると


クラブ価格はセレクトセールの価格と遜色ないのではないかと思えます。

 

 

・Alphabet Inc. (GOOG)

https://finance.yahoo.com/quote/GOOG/

 

・Apple Inc. (AAPL)

https://finance.yahoo.com/quote/AAPL/

 

・Meta Platforms, Inc. (META)

https://finance.yahoo.com/quote/META/

 

・Amazon.com, Inc. (AMZN)

https://finance.yahoo.com/quote/AMZN/

 

・Microsoft Corporation (MSFT)

https://finance.yahoo.com/quote/MSFT/

 

・NVIDIA Corporation (NVDA)

https://finance.yahoo.com/quote/NVDA/

 

・Tesla, Inc. (TSLA)

https://finance.yahoo.com/quote/TSLA/

 

 

 

配当は1%以下で、PERが約30~75から構成されています。

 

それだけまだ利益成長が見込めていると市場が考えているということでしょうかね。

 

今の日本株でこのレベルのPERは新興市場の株で、

 

パフォーマンスがふるわないですから、対極の状況です。

 

 

ただ、こうして斜に構えてばかりいるから、

 

アベノミクスを逃し、テスラ、エヌディビアの上昇も逃しました。

 

 

トレンドに乗る、素直が一番、下手な考え休むに似たりということでしょう。

 

 

そう考えると、

 

芸能人の方々が、株式投資が上手いというのは、

 

トレンドを見極めつつ、半歩先を行こうとされるからですかね。

 

 

一方で、GAFAでなくとも、

 

待てば海路の日和ありという投資もあるかと思います。

 

ただ、ファクラー20の入替の頻度をご推察頂けるように、

 

私はせっかちなので待てないのですよね。

 

 

そもそも私は株式投資に向かない性格なのかもしれない。

 

そうはいっても、このインフレ時代に投資をしないこともリスクでしょうから、

 

自分の性格と折り合いを付けつつ、

 

日本株ファクラー20と米国株ファクラー30の投資をしていかないと考えています。

 

 

社台・サンデーの募集結果がX(旧twitter)を賑わせていますが、

 

複数出資の方々を拝見すると、富裕層の方々なのだろうなぁと思ってしまいます。

 

 

 

ところで、定期的に野村総合研究所さんが、純金融資産保有額別の世帯数と資産規模を、各種統計などから推計されていらっしゃいました。

 

https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2023/cc/0301_1

 

 

超富裕層   :5億円以上

富裕層    :1億円以上5億円未満

準富裕層   :5千万円以上1億円未満

アッパーマス層:3千万円以上5千万円未満

マス層    :3千万円未満

 

と定義されています。

 

 

2005年から調査が開始されていますので、時代の変遷も分かります。 

 

2005年 遠い目・・・はっ、すみません、つい当時に思いを馳せ、月日の経つ早さから感傷に浸ってしまいました。

 

 

 

2005年の日経平均株価は約16,000円でしたので、今、2.5倍近く上昇しています。

 

株式を保有していれば、一つ上のランクに上昇していたでしょうし、

 

海外に資産を保有していれば、その層の中で上位の方に上がっていったでしょう。

 

もちろん、リーマンショックなど様々なショックがあり、順調に資産が増えたわけではないでしょう。

 

 

裏を返せば、本来的にはマス層・アッパーマス層なはずだけど、

 

株式や為替が資産を増やす方向に働き、

 

たまたまアッパーマス層・準富裕層になっているだけかもしれません。

 

 

浮かれないようにしなければと思いました。

 

 

自分の出資している現役2頭の戦績の不甲斐なさから、

 

今年は良いと思う馬に出資しようと考えていました。

 

 

19日有給取得して、

 

最後まで

 

・クロノジェネシスの23 450万円

・クールサンバの23&カンビーナの23の両取り 375万円

 

との間で迷いました。

 

 

良い馬だと未だに思っていますが、

 

自分の出資している現役2頭の戦績の不甲斐なさが頭をよぎります。

 

これだけの金額出して失敗したらどうしようと、不安になりました。

 

 

金額が金額ですので、

 

自分の資産の1%以内とか、夏のボーナス分くらいの出費とかであれば良かったのですが、

 

自分の資産(投資信託)を切り売り必要が出てきます。


 

本当に迷って、会員さんのX(旧Twitter)やブログ、

 

果ては直前に有料レビューまで購入し、

 

どうしようかと思案していました。

 

 

今回この金額で失敗したら、

 

自分の性格から今後どんどん深みにはまっていくだろうことが容易に想像が付きます。

 

その場合、大赤字で撤退せざるを得なくなると想定される一方で、

 

今後の資産運用で取り返せる額ではなく、

 

一口馬主の活動自体が良い思い出にならなそうと考えました。

 

結局、申し込まずに寝ました。

 

 

夜中に目が覚め、そこでも考えました。

 

 

そして、20日朝9時を迎え、

 

今回は申込せずという形になりました。

 

 

 

皆さまには、どうか良い馬とのご縁がありますことを

 

お祈り申し上げます。


 

今年シスキン産駒に出資したいと思っていたところ、

 

G1TCでシスキン産駒が多く募集されていることから、

 

チャレンジすることにしました。

 

シルクホースクラブやキャロットクラブさんに入会チャレンジすれば、良かったのかもしれませんが(汗)

 

チャレンジが成功するか否か、成功しても社台サンデーの実績に含まれないのが難点もあります。

 

 

 

シスキン

 

 

2歳の5月11日にデビュー勝ちをし、6月末に重賞初制覇、8月にはG1ウィナーとなり、

 

名種牡馬を生み出すアイルランド2000ギニー優勝馬。

 

 

血統的背景も魅力でございまして、

 

 

 

父系はディープインパクトやハーツクライ等との間にG1馬を輩出するUnbridled's Songの系統であり、

 

また母Bird Flownの血統構成はシュネルマイスターの父Kingmanとほぼ同じような形であり、

 

祖母(2代母)は欧州2歳チャンピオンXaarの全妹にあたり

 

仕上がりが優れたスピード性能にも優れた超良血馬であり、日本適性は高いと考えているところですとのこと。

 

他にも、Gone West、ダンシングブレーヴ(キングヘイローの父)、Best in Show(アーモンドアイの4代母)などの血もあります。

 

 

パーフェクト種牡馬辞典2024-2025では、種牡馬特別県談のところで、ロードカナロアと対比している部分が大変興味深かったからです。

 

 

 

当初は、カラフルデイズの23にしようか思っていたのですが、

 

調教師はダービートレーナーでかつ、母の競走成績もカラフルデイズの方が優秀で、

 

父フジキセキと母父Unbridled's Songをニックス(5頭中2頭が獲得賞金1億円超え)だと捉え逆も成立するとすれば血統的にもアツいので、

 

人気必定となることから、クライリングの23にしました。

 

 

もちろん、母父ハーツクライと好相性の血統が多かったのも魅力です。

 

Unbridled's Songとの関係ではスワーヴリチャードがいますし、

 

Seatle Slewとの関係ではVindicationを通じてドウデュースやGeneral Meeting・キャリアコレクションを通じてスワーヴリチャードがいますし、

 

Gone Westとの関係ではMajesticallyを通じてドウデュースがいます。

 

 

動画の動きからは、

 

前から見るとそれほど脚を回したり、がに股や内股でもないことから、脚にそれほど負担の掛かる動きになっていないと想定されるためケガがしくにいのではないかと想定しており、

 

横からの見ると、後脚が前脚に付かんばかりに伸ばされていることから踏み込みもそれほど浅くなく、首も適度に動かしているため運動神経も一定程度あるのではないかと想定しています。

 

また、冬毛も目立っていないことから、健康状態も悪くないと想定しています。

 

さらに、3月生まれにも拘わらず、1月、2月生まれの馬と遜色ない馬体重になっています。

 

パンフレットに記載してある字面通りに受け止めて良いかと思いました。

 

 

血統的な懸念点としては、母産駒の活躍馬、母系からの活躍馬が乏しいことでしょうか(せいぜい2勝が限度)。

 

 

また、馬体における懸念点として、

 

シスキンの特徴である、身体が大きく背中のラインがゆったりと綺麗で、お尻も大きいといった点については、

 

やはりカラフルデイズに軍配が上がるように思っています。

 

 

 

上記は、あくまでも、個人的な感想ですので、あしからず願います。

 

 

まずチャレンジに成功するのか、失敗するのか、

 

そして本馬が活躍するのか、否か。

 

神のみぞ知るです。