横浜港大さん橋に変わった船がやって来た、早潮丸&海進&BLUEFIN。 | かながわ検定横浜ライセンス1級に合格したのでブログ続けてみました。

かながわ検定横浜ライセンス1級に合格したのでブログ続けてみました。

横浜のご当地検定である「かながわ検定横浜ライセンス」は2017年3月の試験を最後に終了してしまいましたが、その名前を忘れない様にブログのタイトルに付けました。
そして、いつの日にか「かながわ検定横浜ライセンス」が復活してくれたらと思っています。

 

この日は雲行きが怪しくなる中、横浜港大さん橋国際客船ターミナルにやって来ました。

夕暮れが迫る中わざわざやって来たのは、何やら大さん橋に変わった船が来ているのだとか。

大さん橋にいたのは、海難救助船「早潮丸」、多目的作業台船「海進」、調査作業船「BLUEFIN」です。

 

BLUEFINは昨年にも大さん橋にやって来たエビの様な形の作業船で、初対面ではありませんが、

早潮丸&海進は初めましてです。海進の方は自力では動けないので、早潮丸が曳航してきた様。

日本サルベージ株式会社所属の船で、海難事故などの際に活躍する船の様です。

 

 まずは山下側に接岸のBLUEFINです・・・ ↓ やっぱりエビの様に見えます。

 

    BLUEFINはアメリカ船籍で、ワシントン州シアトルが母港の様です・・・ ↓

    

       こちらの黄色いブイを海上に設置・回収するのがお仕事です・・・ ↓

       

          太平洋上で津波に関する調査をしていて、データ収集用のブイだそうです・・・ ↓

          

続いて、新港側にやって来ました・・・ ↓ だいぶ暗くなってきましたが、アパホテルが光っていますね。

 こちらが多目的作業台船の海進です・・・ ↓

 

    台船の上にはクレーンやコンテナが乗っています・・・ ↓

    

       その前方にいるのが海難救助船の早潮丸です・・・ ↓

       

          船体には「NIPPON SALVAGE」の文字が見えます・・・ ↓

          

こんな感じで、早潮丸が海進を引っ張って来たのでしょうね・・・ ↓ それにしても、何をしに来たのか?

 

早潮丸&海進〓fab44〓BLUEFIN