凱旋門&ガトボニ

テーマ:

昨日は、台風接近を気にしながら、日比谷へ。その前に、丸の内

のKITTEで、「歌劇」創刊100周年のイベント(企画展示)を観覧。

東京駅で、軽く迷子になる東京人(ワタシ)…普段 行き慣れて

いない所は、ホントに弱い。でも、行ってよかった。創刊号から、

つい最近までの「歌劇」の表紙がズラズラ~ッと並ぶさまは、

壮観だった。

 

そして、東京宝塚劇場で、宝塚雪組公演『凱旋門』『Gato Bonito !!

 ~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』を観劇。

 

『凱旋門』は、レマルク原作の名作を、柴田侑宏さんの脚本、

謝珠栄さんの演出・振付でミュージカル化した作品で、2000年

に、轟悠さん率いる雪組で初演された。今回は、18年ぶりの

再演で、轟さんが18年前と同じくラヴィック役を演じ、現・

雪組トップスターの望海風斗さんは、ボリス役を演じる。

トップ娘役の真彩希帆さんが、ヒロインのジョアン役。

 

いろんな意見があって、轟さんを専科から特別出演させる

意味はあるのか?望海さんが主役(ラヴィック)でいいじゃん、

とか…。

轟悠さんの美しさ・品格・男らしさetc.は、本当に素晴らしい

が、隠しきれない喉の不調は、やはり気になる。18年前の

ラヴィックの名演の記憶があるだけに、観ていて複雑な

気持ちではあった。あくまでも、歌唱に関して、ですが。

それにしても、いしちゃん 綺麗。美しい…。

 

ボリスの望海風斗さんは、意外と しどころ(見せ場)が少ない

役を好演。

ジョアンの真彩希帆さんは、タカラヅカのヒロインとしては

異色の役どころを、そつなく見せている。初演の月影瞳さんの

イメージを踏襲した…のかな?

 

アンリの彩風咲奈さん、ヴェーベルの彩凪翔さん、ハイメの

朝美絢さん、適材適所で、いいオシゴトしてます。柴田作品は、

役が多いので、全国ツアーとかだと、何だか薄い感じのキャス

ティングになりがち。今回は、組子が全員揃う本公演で、

よかった。

 

改めて、寺田瀧雄さん作曲の“雨の凱旋門”や“いのち”が

名曲であることを感じ入った。たくさんのシャンソンが聴けた

(初演時とは違う曲になってたりもする)のも、うれしい。

 

『ガート・ボニート!!』は、藤井大介さん構成・演出。美しい猫を

テーマにするのはいいけど、にゃー!にゃー!と連呼する

のは、何だかなあ…と思った。猫耳つけたり、猫じゃらし持っ

たりするのはいいとして。

 

安心して歌が聴ける(聴かせてくれる)トップコンビは、やっ

ぱりいいなあ。これが あたりまえではないのが、タカラヅカ。

 

昨日は、“黒猫のタンゴ”の場面で、ガートボニートさん

(だいもん)が、「今日は、僕の、クンバンチェロの師匠が

来てるんです!」と、某OGさんを紹介。OGさんは、だいもん

に「最高~!」のお言葉を下さった(マイク無しでも、2階席

まで届いた)。

 

“エル・クンバンチェロ”は、割と短めだったけど、望海&

真彩コンビのデュエット“コパカバーナ”は、あの懐かしの

『セ・シャルマン!』で鳳蘭さん&高宮沙千さんが歌った時と

同じ歌詞で、同じ尺で…オールドファンは泣くよ~(感涙)。

 

前回の本公演でも感じたのだが、プログラムの朝美絢さんの

写真の大きさ、おかしくない?もっと大きくするべきでしょ。

月組の月城かなとさんの、プログラムの写真の大きさにも、

同様の不満。