安室さんとイモトさん

テーマ:

安室奈美恵さんが、明日、芸能界から引退する。

私は、いわゆる安室世代ではないし、アムラーでもないが、

安室奈美恵さんのイメージは、1990年代から今まで、

まさに平成の初めから終わりまでを、凛々しく鮮やかに駆け

抜けた、カッコいい素敵な女性。男性から見ても魅力的だろう

が、安室さんは、女性が憧れるカッコイイ女性ですよね。

 

昨年の今頃。安室さんが、2018年9月16日で引退することを

発表した時、その事自体にも驚いたのだが、ワイドショーで、

安室さんのコンサートにはMCが無い!(まれに、少しは喋る

こともあるらしいが)という話をしていて、それを知ってホントに

ビックリした。着替えのために ちょっと引っ込むくらいで、

とにかく、全編 歌いっぱなし踊りっぱなし、だとか。そのスタ

イルのショーを続けて行くには、40歳という年齢がキビシイ

のか…安室さんが自分に課すレベルのステージを提供する

には、年齢の壁があるのか。

 

安室さんの引退報道を聞いて、真っ先に、イモトアヤコさんは

大丈夫だろうか…と思った。熱狂的な安室ファンであることを、

数年前から公言しているイモトさん。

レギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』で、

「2018年9月16日以降、イモトは、大丈夫?」と訊かれたイモト

さんは、「大丈夫じゃないなんて言うと、安室ちゃんが悲しむ

から…大丈夫。」と、涙目で答えていた。

 

そして。今年、7月29日の『イッテQ!』に、安室奈美恵さんが

ゲスト出演。イモトさんには内緒の、サプライズ登場。御二人の

様子、御二人の発言からは、スターとファンの あるべき姿が

うかがえた。

いつも応援して下さるイモトさんが出ている番組だから、最後に

出たいと思った、と仰る安室さん。

2018年9月16日まで、全身全霊で応援します、そのあとも、

ずっとずっとずっとずっとずっと大好きです、と仰るイモト

さん。

 

安室さんに何か質問は?と、ディレクターさんに促され、

「好きなもの(食べ物)は何ですか?」「お休みの日は(何を

していますか)?」の2つしか質問を挙げなかったイモトさん。

うん、ファンって、そういうものだよね。引退した後、何をなさ

るんですか?とか、引退しないで下さい!なんて、絶対 言わ

ない。安室さんが決めたことだから、ね。

 

2018年9月16日以降も、「イモトさんは大丈夫。イモトさんなら、

大丈夫。」と、安室さんに言ってもらえたイモトさん。よかった

ですね!

 

サプライズの対面は、台湾で実現したが、台湾のホテルから

コンサート会場に向かう安室さんを、ホテル前で待ち伏せ

(張り込み)しようと言うスタッフさんに、「本番前で、ナー

バスになってるだろうし、やめようよ(ここで待つのは)」と

言ったイモトさん。お仕事だから、番組の企画としての待ち

伏せなら、有りだとは思うけど、イモトさんは「大好きな人に

嫌われたくないもん」と仰ったのだ。ファンの鑑。

 

週刊誌に、安室さんは引退後にイモトさんとインドに行く?!

という記事が載ったようだが、私は、この記事は嘘だと思う

(もし事実なら、まあ、それはそれで…)。あのサプライズ対面を

機に、二人は親友となり、連絡先を交換し、二人で いろんな

所へ海外旅行をしよう!と、盛り上がっている…という記事、

何か、ウソくさいじゃん。スターとファンは、永遠に、スターと

ファンだと思う。仮に、ご一緒に旅行されるにしても、親友と

いう関係には成り得ないんじゃないかなあ。

 

平成の歌姫・安室奈美恵さん。永遠なれ。

 

 

 

しょうゆ

テーマ:

台風、地震、パワハラ騒動、総裁選…不安や怒りや哀しさを

感じることの多い日々ですが…。ささやかな幸せに喜びを

感じたり、天災に関しては、もし東京で起こったら…という

心構えを常に持っていなければ、と思うしだいです。

 

昨日の朝、フジテレビを点けた。いつもなら、「はやく起きた

朝は…」「ボクらの時代」を見るわけだが、おとといから昨日に

かけては、「27時間テレビ」をオンエア中のフジテレビ。食を

テーマにした27時間、ということで、思い出の料理、おすすめ

料理、などが、色々紹介されていたようだが、私は、おとといの

夜の「さんまのお笑い向上委員会」コーナーと、昨日の朝の、

松岡修造さんの「しょうゆ」コーナー(?)ぐらいしか見ていなくて。

 

「くいしん坊!万才」に長年出演されている松岡修造さんが、

醤油の魅力をミュージカル仕立て(?)で紹介し、メインMCの

ビートたけしさん・村上信五さんに、醤油の風味を生かした

料理を召し上がっていただく。

そもそも、お醤油というのは、偶然の産物で、味噌を製造して

いる工程の中で、たまたま発見されたものだとか(他にも諸説

あり)。若干オーバーな修造さんのお芝居(偶然 出来た醤油を

発見するくだり)のあとは、階段のセットが現れ、ダンサー達を

従えて、金ピカの衣装の修造さんが歌い踊る。お嬢さんは、

来年春に、タカラジェンヌとして初舞台を踏むんだよなあ…

と、しみじみ思ってしまった。

 

過去に「くいしん坊!万才」に出演した方々が作る、番組で

紹介した料理の中から、醤油の風味を生かした料理として、

白いごはんに醤油をまぶして、それを海苔で巻いたもの(シン

プル!)が、昨日 登場したのだが、それを食べた たけしさん

&村上くんの、おいしい!の一言と表情が、ホントに良くて。

付け加えると、醤油ゴハンを海苔で巻いたあと、両端(海苔

の)をしっかり閉じて、1日 寝かせるんだそうです。1日 寝か

せる、ってのが重要なんでしょうね。今度、やってみよう。

特別な醤油じゃなくても、オイシイと思う。

 

私は、目玉焼きも、トンカツもチキンカツも、エビフライも

アジフライも、ソースよりマヨネーズより醤油をかける派。

海外旅行の経験は3回しか無いが、ほんの数日間 日本を

離れているうちに、しょうゆ味が恋しくなった。

最後の晩餐は何がイイ?と聞かれたら、卵かけゴハン(鶏卵

・醤油・白飯)、と答える。海苔・醤油・白飯でもイイな。

謙虚さ・お行儀

テーマ:

ブログ前記事の続き。

 

上原まりさんが、もしかして、ご逝去された?…と感じたのは、

8月30日夜の、みさとけい(日比野桃子)さんのツイートだった。

https://twitter.com/MOMOKO3310k/status/1035157171460141057

洋子ちゃん。芝居上手。同期。どう考えても、上原まりさんを

指しているとしか思えない。闘病されているとは聞いていた

ので、ああ…そうか…と、受けとめるしかなかった。

 

亡くなられたのは、8月29日だということが、翌日判明した。

8月29日。大浦みずきさんの誕生日として記憶している日が、

上原まりさんの命日となった。そして、8月29日は、『ベルサ

イユのばら』初演記念日(月組公演。当時花組に居た上原

まりさんは出演していない)。さらに、春日野八千代さんの

命日(2012年8月29日に御逝去)。

 

9月1日に、ネットニュースで、黒木瞳さんが、上原まりさんに

追悼文を寄せた、という記事を見た。

https://www.asahi.com/articles/ASL914CH7L91UCVL001.html

私は、初めて知るエピソード。1981年春に入団した黒木瞳さん

と、1981年春に退団した上原まりさんに、接点があるとは思わ

なかった。

音楽学校の卒業公演(文化祭)で、黒木さんは、上原さんに、

初めての「娘役のお化粧」をしていただいた、のだと。お化粧

(舞台メイク)をしながら、娘役の心得を、「謙虚さ・華やかさ・

品性」を説いて下さった、のだと。素敵なエピソ-ドだ。

 

春日野八千代さんも、折に触れて、タカラジェンヌに必要

不可欠なのは、「品格」と「お行儀」だと、仰っていた。

 

今のジェンヌさん、未来のジェンヌさん達にも、ヨーコさんの

想いが、春日野先生のお言葉が、受け継がれていきます

ように。

 

「歌劇」1981年4月号より。

 

『あかねさす紫の花』(1976年)、終幕の名場面。左から、大海人

皇子(安奈淳さん)、額田女王(上原まりさん)、中大兄皇子(榛名

由梨さん)。

 

『ノバ・ボサ・ノバ』(1976年)、中詰のカルナバルの場面。左から、

上原まりさん、安奈淳さん、松あきらさん。

 

『風と共に去りぬ』(1978年)より。アシュレ(松あきらさん)と

メラニー(上原まりさん)。

 

『風と共に去りぬ』フィナーレのパレードより。