朝やろうと思っていた家事が
間に合わず、結局手をつけないまま
帰宅後には山積み!!
なーんてことはないですか?
 

整理収納アドバイザー
さかたちあきです。


朝の家事を片付けることから
夜が始まるので、夜家事が終わらない
・・・→朝につづく。
まさに負のループ!


そんな時は、“収納を変えること”
で、1日をきっと気持ちよく
過ごせるようになってきますよ。


ラク家事ルールをつくる
収納のコツをご紹介します!


どういうことかと言いますと、
そもそも家事が回らなくなるのは、
「今は面倒」「またあとでやろう」
みたいなことの積み重ねなんですよね。


面倒くさがりさんの、苦手なこと
に対する「面倒くさい」
という意識はそうそう変える
ことはできません。


意識を変えようと頑張るのではなく、
「面倒にならない収納」をつくる
ことを考えてみてください。


収納が行動につながり、いずれ
習慣に変わります。

わたし自身で実証済みです!笑


1つ目のコツは、
1・しまう場所と使う場所
を同じにする
(または近接する)


例えば、油断すると書類をためがちな
私は、いつも必ず立つキッチンに
書類管理のスペースを設けています。


その日の書類を整理してからでないと、
調理には取りかかれません。


キッチンでの書類管理の様子は
こちらに↓


また、洗濯物を畳んでクローゼットに
しまうことが続かないので、

取り込む場所にハンガーラックを
用意し、畳まなくても済むように
しました。

畳まない収納場所、
詳しくはこちらに↓


2つ目のコツは
2・日用品の数を厳選
して減らす


食後の食器をすぐに洗うように、
あえて食器の数を減らし
少なく持つようにしています。


ストックをたくさん持たないと
安心できない場合は、


その状況がかえって家事を
忙しくしている可能性もあります。


「○○しなければ○○できない」
という状況をあえて作っておくことが
秘訣だったりします。



もちろん、イレギュラーなことがあり
ルーティン通りにはいかない日も
あるかもしれませんが、
 

このルールならうまくいく!という
ベースがあれば、軌道修正は簡単です。


その日のことはその日のうちに
リセットできる生活はとても
気持ちがよく、


さぁ!明日からまた頑張ろう!と
前向きな気持ちになれますよ^^



あなたが私と同じように
面倒くさがりなほど、
どの方法なら自分が無理なく
続けることができるのか考えて…


収納を改善していくことが、
より快適な日々を送る秘訣です。