JETT RINK NEWS
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

我が人生最高の1着が完成! クッシュマンの名品フリーダムスリーブを別注、しかもなんと!!

 先日ご紹介しましたレインボーカントリーに別注したプリマロフトジャケット同様、諸事情で2019年の最後の方に入荷になってしまったジェット・リンクの最新作です!

 

 ジェット・リンク草創期より、クッシュマンさんには何度もコラボをお願いして参りまして、

■2009年 ジェッテキサス トラッカーキャップ

■  〃 フリーダムスリーブスウェット 2種類×2色

■2012年 エアクルーキャップ 3色

■2014年 フルジップスウェットパーカ ARMY

■2016年 フルジップスウェットパーカ EASY COMPANY

■2017年 フルジップスウェットパーカ GODSPEED

■2018年 エアクルーキャップ 3色

と、たくさんのアイテムを手掛けて頂きました。

 

 今回は2度目となるフリーダム・スリーブのスウェットシャツです。

 ネイビーにカゼットの部分だけオリーブグリーンという、ベタにジェット・リンクらしい配色です。

 

 そして、これが我が人生最高のスウェットシャツになりました!!

 

 なにが最高かっていうと、まず着たときの見た目のカッコ良さ!

 10年前のフリーダムもかなり気に入っていたものの、着てみて鏡に映った自分を見てもう衝撃を受けるくらいカッコイイ!

 

 いや、待て待て、別にスウェットのせいではなく、そもそもぼくがカッコイイだけかもしれないだろう?

 

 と思って旧作と着比べてみました。

 

 

 自分撮りだとうまく伝わらないんですが(≧∇≦)

 

 10年間でちょっとシルエットが変わったのか、たまたまなのかわからないんですけど、とにかく精悍にピシッとカッコイイんですよ、シルエットが。

 ちなみに、この新作ができる前までは、上記写真の赤が我が人生最高のスウェットでした。

 個人的にはもうスウェットといえばクッシュマンのフリーダム以外関心がなく、10年前に作った4着だけで生涯貫こうと思ったのですが、さすがに最近また新しいのが欲しくなってきて、今回の新作に至りました。

 

 そして今回本当に後悔したことは「もう一色作れば良かった」ということ。

 勿論毎回自分として最高と思うものを作っているわけですが、結果的に製品として仕上がったものに衝撃を受けるくらい気に入るということはそうそうは無いものなんですよ。

 

 今回は久々の衝撃的傑作です。

 

 今回はなんと、プリントデザインをコリンボの冨田さんにお願いしました。

 

 コリンボさんには数年前から色々と相談を持ち掛けていたのですが、コリンボと言えばなんせあの素材からディテールから凝りまくっている上にバリエーションも豊富なラインナップをこなしているだけに多忙を極め、中々ぼくの要求までは手が回らないというわけなのでした。

 

 それで今回は「プリントデザインだけお願い!」ということで、執拗に頼み込んで、やっと実現。

 

 コミカルながらもワニが恐竜のようなドラゴンのような迫力のデザインがカッコいいですね!

 女性ウケが想定外に良く、Sサイズがけっこう売れています。

 背面の文字列の字体や配置も含めてさすが! と思います。

 

 それにしてもクッシュマンのスウェットにコリンボデザインのプリントが入るという禁断の傑作!

 

 こんなことをしてクッシュマンの白木社長が気を悪くしないかと懸念していましたけど、「面白い企画にかかわらせてくれて有難う」と白木さんは言ってくれました。さすが、いい男はとことんいい男なものだ。

 

 クッシュマン×コリンボ×ジェット・リンクという表現をするのはどうかなと思い、敢えて控えていますけど、夢の共演ここに実現という思いですね。

 

 小規模ながらも「ジェット・リンク」というブランドを展開して13年目というぼくですので、普段着ている服は自社製品が殆どです。それでもアウター始め、ジェット・リンクだけでは賄えないアイテムを諸先輩のブランドを買って楽しんでいます。

 FEW無き今、レインボーカントリーとクッシュマンとコリンボという三社がメインで、あとはホワイツブーツというところです。

 自分で作っていても買いたくなるというくらい好きなこの三社。

 そんな好きなブランドに別注できるだけでも幸せなのに、そのうちの二社の共演を実現させたということは、自分としては本当に嬉しいことです。

 

 この企画のために何度か東京に飛んだ経費は原価計上してませんが、スウェットとしては結構な価格になってしまいました。

 

 でも、この内容と仕上がりの良さを思えば、決して高いとは思いません。

 なんとか1万円台を守りたくてこの価格に設定しましたけど、ある程度のメーカーで、ぼくがこの企画を決定した社員だったら上司に怒られるくらいの価格設定です(^^*

 上司がいない、変な若者が一人でやってるメーカーだからできるという(* ´艸`)

 

 これほどの傑作なので、やっぱりもっとたくさん作れば良かったなあ、もう一色作るべきだったなあと後悔し、きっと一日で完売しちゃうんだろうなあ、参ったなあと思っていたのですが、何故かまだ半分くらい残っています。謎!

 

 色違いが無いのでもう一枚自分用に取って置こうかなと思うくらい、本当に気に入ってます。

 

 なんかいいね! と思ってくれた方、是非一枚お付き合いくださいませ。

 きっと現物は想像を超えます!

 

 詳細はこちらを!

 

 

 

 

 

冨田氏のデザインであることを示す雅号。

 

 

モトネタとなったUSS KAIMANのパッチ

 

USS KAIMAN について
アメリカ海軍のパラオ級潜水艦であるカイマンは1944年3月に進水してパールハーバーへ。
同艦最初の任務は南シナ海に於ける哨戒だったが、この頃になると日本海軍は南アジアでの制海権をほぼ失っており、交戦はほとんど無く主な活動は同海域で不時着水した友軍機パイロットのレスキューと島嶼に於ける上陸作戦支援となっていた。終戦後は本拠地をシアトルに移し、北極圏巡航を行う予備役訓練艦として活動を続け、1972年6月退役した。
尚、本来カイマンはCAIMANと綴るが、“KAIMAN“ と書いているのは (No.)1 CAIMAN というニュアンスで、1とC をつなげたという説がある。例) CUSTOM→KUSTOM

 

 

レインボーカントリーに特注したプリマロフトジャケット 第二弾です!

 皆様あけましておめでとうございます。

 2020年もどうか宜しくお願い致します。

 

 さて、2019年はあまり新作もなく、細々と生きながらえていたジェット・リンクでありますが、本当はたくさんのアイテムを企画していました。しかし、諸事情で製品化ができなくなってお蔵入りしたり、来シーズンに延びてしまったりということが重なりました。

 

 日本での製品作りは町工場と職人さんの減少で年々困難になってくる中、我が社のように弱小故の小ロットとなると更に後回しにされたり相手にされなかったりと、全国に赴いては着々と進めてきたことが水泡に帰すという繰り返しで13年目になりました。

 

 機動力の高い諸先輩ブランドに別注という形が結局間違いなく商品化でき、有難いことです。

 

 2009年からほぼ毎年のように別注を引き受けてくれたレインボーカントリーさん。

 ・赤いヘルメットバッグ・・・レッドサンを4回、

 ・ガンスリンガーシリーズとして始めた鉄紺・・・ガンブルー・・・のヘルメットバッグを二回、ダウンベスト一回

 ※そのあとこのガンブルーはレインボーカントリー定番カラーになってしまいました(* ´艸`)

 

 ・パットンと名付けた戦車風オリーブグリーンのヘルメットバッグを一回

 ・セピアグリーンの写真をイメージしたオリーブグリーンのA-2を一回

 ・グレイシアと名付けた真っ白のヘルメットバッグを一回

 ・零戦の機体色を再現し、ゼロと名付けたのがヘルメットバッグとして最後に一回

 

 そして2017年に新登場したプリマロフトジャケットを、オリーブグリーンでヨーク無しというモデルを別注しました。

 以前このブログでも紹介しましたが、こちらです。

 ブログ記事はこちら

 これが個人的にもかなり気に入っていたのですが、Lサイズだけ2着、ずっと売れ残ったまま。

 Mサイズはすぐに完売してしまって、買いたかったという人がその後も現れたのでもっとMを作ればよかったと思いました。

 

 それで2018年にも別注しようと思って展示会にお邪魔した時に愕然!

 なんと、ヨーク無しもレインボーカントリーの定番として登場していたのです。

「ジェット・リンクの別注のとき、あんなにヨーク無しを嫌がったのに、いったいどういうことですか」と問い詰めたところ、「実際に作ってみたらヨーク無しもいいなって思ってね」とのこと(* ´艸`)

 

 ヨーク無しも定番になってしまったなら、今年はどうしたものだろうかと悩みました。

 色は前作のオリーブグリーンがニガテだったと言っていた人たちのためにガンブルーで作りたいけど、それだけだと定番にもあるし・・・

 

 そして、悩んだ末にミリタリージャケットをベースに、表にステッチの出ないモデルでサンプルを作って頂きました。

 それがこちら。

 

 ステッチが表に出ないだけで雰囲気は全く違い、スッキリした感じは悪くない!

 でもやっぱりなんか物足りないかな?

 

 左胸にもう一個ポケットを着けて貰うのがいいかなと思ったりもしましたが、なんせ忙しいレインボーカントリーの工場、あまりあれこれ指示すると混乱してミスの原因になったりするということで迷惑がかかるのでもっと単純な変更にして欲しいと言われる。

 

 それで、このサンプルを着こんで考えた結果、差し色でポケットフラップだけオリーブグリーンにし、ハンドウォームポケットが定番の位置だと低すぎるので5センチあげて欲しいという指示でお願いしました。

 

 しかし、2018年はレインボーカントリーの工場が忙しくて納期がかなり遅れるということで、2019年の秋に延ばして頂きました。それが更に遅くなり、なんと12/25の入荷(≧∇≦) それでもかなり早めて頂いたとのことです。

 

 

 それがこちらの完成バージョン。

 

 ポケットの位置が定番より5センチ高いです。

 これが使いやすいだけではなく、全体の見た目としてもより良く見えます!

 

 本当に機能的でカッコいいジャケットができました。

 2020年の初買いの大物に是非! お薦め致します。

 詳細はこちらを!

 

JETT RINK別注だけにつくオリーブ熊さんです。

キントレのウエブを引っ越しました

2004年から14年に渡って利用してきたヤフー・ジオシティが来年度で廃止になるとのことで、自社ドメインに引っ越す作業を開始しました。

 

なんせ大容量を格安で利用できるということで、かなりジオシティに依存し、自社サイトに継ぎ足して長年利用してきたもので、引っ越すといっても大変(≧∇≦)

 

ジオシティには本当にお世話になりました。

 

来年まで数カ月時間はありますが、年末に入ると色々とまたあわただしくなりますし、皆さんへの告知期間も必要なので、早々に対処しているところです。

 

なんとか常連さんがいつものように閲覧するという点では大丈夫かというところまでまもなく漕ぎつけられそうなところまでいったのですが、なんと新規の画像がuploadできない・・・多分自社のサーバーの新たな容量の準備ができてない・・・という感じで更新ができないでおります。

 

なんとか来週早々までには通常更新できるように致します。

ご利用頂いている皆さんにはご不便お掛けしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

旧アドレス http://www.geocities.jp/kinjirotrade/

 

新アドレス http://www.ezcompany.jp/ktindex.html 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>