「亡くなった栗城史多の魂と歩く」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
2018年07月03日(火)

「亡くなった栗城史多の魂と歩く」

テーマ:歩く旅シリーズ(国内)

「ドリプラ」スペシャルステージで
エベレストで亡くなった栗城に「感謝する会」が行われた。
8年前からコメンテーター(審査員)だった彼は、本来なら俺と一緒にコメントしていた・・・


栗城の意志を引き継いで、
彼が伝えたかったことを隊員たちと一緒に体現していきたい。
 
誰もが簡単にできそうなことばかりやっていては、
そこにワクワクもドキドキもない。
「やれるか、やれないかわからない」から面白いのだ。
 

楽しめるかどうかは、自分で決めてるかどうかだ。
 

俺はドMなんかじゃなくて、仲間と何かをやり遂げた時、
歓喜を分かちあう瞬間が好きなんだよね。
人生に「永遠の一瞬」を刻みたい。
冷えた生ビールの乾杯が好きだ。


まずはお盆の「富士講」に、
「NO LIMIT」 Tシャツを着て、栗城が自筆で書いた「夢」バッチを胸につけて、
東京(高尾山)から富士山頂を目指したい。

 

 

そして、今年の年末年始、 
アフリカ大陸最高峰キリマンジャロに2度目のチャレンジ
今度は高所順応しやすいマチャメルートで挑む。
57歳のチャレンジだ。

 
3年前のマラングルートは
通常、高所順応するための1泊のない速攻アタックだったからだ。
5,895mの登頂記録は変わらないが、
初めて高山病になった記憶を塗り替えたい。

中村隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります