リスペクトする友人、「埼玉の鉄人」が逝った。 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
2018年05月19日(土)

リスペクトする友人、「埼玉の鉄人」が逝った。

テーマ:モロッコ

超リピーター隊員であり、旅仲間だった「埼玉の鉄人」こと
マサさんが5月10日、亡くなった。


75歳の彼を知っている人は信じられないと思う。
いつまでも若く、体力も充分、人並外れて元気だったからだ。


「地球探検隊」の旅には何度も参加して、
マサさんの影響で走るようになったスタッフや隊員(お客さん)は数えられない。
 

マサさんと初めて旅をしたのは、奥様しげちゃんと2人で参加した、
2002年、「キャンピングカーでアメリカ・フロリダ一周の旅」。
キーウエストのセブンマイルブリッジ、11kmを元旦マラソン。
マサさんは一番で走り切った。
その後、娘さん・せっちゃんも旅に何度か参加して、
家族3人が隊員となった。
 

それから5年後の2007年、「オキナワ探検隊」として
一緒に沖縄を64km歩いた。
いつもマサさんと2人で先頭を歩いて、
2人だけでランチに中ジョッキを飲んでも、
歩くペースは変わらなかった。
いつも前を歩くマサさんは俺の目標だった。
 

そして、10年後の昨年11月、一緒に「モロッコ・サハラ砂漠」をラクダで旅した。
「隊長、70代の山仲間3人と4人で参加するからね」と、
「催行決定」に導いてくれて
「来年アメリカ・ルート66を自転車で旅した後、また旅に参加するから・・・」
今月、その自転車旅から帰国して、直後のことだったらしい。
 

モロッコ・カサブランカからアブダビ(アラブ首長国連邦)に
途中降機してフリータイムになったとき、
「今日は隊長にずっとついていくよ」って笑顔で言ったこと、


モロッコから帰国して成田空港で
「本当に思い出に残る良い旅をありがとう!」
満面の笑みで、そう言ってくれたシーンが思い出される。
 

参加者限定のFacebookページへの書き込みは、
「帰宅後、フィトネスグラブに行き汗を流す。
非現実的ラクダの旅を思い出すと、今でもワクワクするね!!マサ」

 

今も信じられないが、きっと天国でも彼は笑顔だと思う。
あっ晴れ、マサさん。大往生だと思う。
人生を謳歌することを背中で教えてくれたマサさん、本当にありがとう!

中村隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります