2017年12月16日(土)

「ボクシングの試合の応援に後楽園ホールに行ってきた!」

テーマ:会員組織「みんなの旅」

隊員てっちゃん 鷹箸 哲也 (Tetsuya Takanohashi)
の試合をみんなで応援したい・・・


そんな思いから、「みんなの旅」会員や隊員を誘って、
後楽園ホールに行ってきた。


生でボクシングの試合を観るのは初めての隊員ばかり・・・

全員一致で、
「行って良かった!」

てっちゃんの試合は、第一試合・・・17:45 
こんな早い時間にもかかわらず10人も集まった。
しょうこ、柏木君、あつし、圭、ワジ、ショウゴ、なっちゃん、みや、ふくちゃん、ありがとう!

 

入場シーン、軽快な音楽と共に減量を成功させた、
絞った体の隊員てっちゃんが花道を颯爽と進んでいく。


その本気の顔と締まった体にシビレタ。
長い付き合いだが、こんなマジな顔、初めて見た!
もう、それだけで気分が高揚した。


家族の試合を見るようなドキドキ・・・興奮して手に汗握る・・・
試合が始まると感情移入し過ぎた会員、圭が鼻血を出す。。。笑

 

試合は残念な結果で、終了後、
てっちゃんは「隊長、ショボイ試合して申訳ないです」って言ってたけど、
俺は「いい試合だったよ、てっちゃん!」
結果じゃないんだよ、てっちゃん。
もちろん、勝ったら、もっと盛り上がったと思う。
でも、そこじゃない・・・
22歳の若武者ネパール人と
引退目前、もうすぐ36歳のプロボクサーの闘い・・・

俺たちが買ったチケット代の半分が彼のファイトマネーだ。
金の問題じゃない・・・そこに命をかけると思えたから、
彼は命がけで試合に臨む。そんな姿勢に、どれだけ勇気づけられ、教えられたか・・・

 

その後、トレーナーと食事をすることになった、てっちゃん。
俺たちは、その後も最後まで、見知らぬボクサーの試合に
のめりこんでいった。

 

マジな男同士の殴り合い・・・なんか美しかった・・・

 

特にセミファイナルの試合は良かった。
マイクパフォーマンスもいい。気がつくと、俺は感動して泣いていた。
男同士の憧れと友情、そして宿命の対決・・・
新チャンピオン誕生!


「ばあちゃんをリングに挙げることが夢だった」


敗者のチャンピオンまでが
「お父さん、お母さん、俺を産んでくれてありがとう!」

 

様々なドラマを見せてくれた・・・ナマの迫力って凄い!
ホント、行って良かった。

 

てっちゃん、負けてもカッコ良かったよ、ありがとう!

37歳の引退まで、まだ時間はある。
ギリギリまで、やり抜こうぜ!お互いに!

応援するよ、これからも、ずっと。


ホントは今の俺は人を応援する余裕はないけど、
そんな状況だからこそ、
人を応援すると、自分が元気になるって実感した。


だから、「地球探検隊」は、応援する、応援される関係性を、
いっぱいつくっていきたい。

この本の一節を、隊員てっちゃんに贈る。

 

   「あきらめるな!あきらめるな!
    絶対、絶対、あきらめるな!」

   「毎日、毎日、あらゆる面で、
    僕らはどんどん良くなってる!」
  
    by ティモシー・ノーブル「十二番目の天使」より

 

<てっちゃんへ>

てっちゃんの凹む気持ちはわかるけど、ガチの試合をやったんだから、もっと胸張っていいんだよ。

ホント良い試合を見せてもらって勇気と前に進む力をもらえたよ。

逆の立場になって初めてわかることがある。

ここ最近、サンドバッグ状態で叩かれ過ぎて、自信を失いつつ迷走中だった俺、

隊員たちから、こう思われてんだなって。

 

だから、てっちゃんに贈る言葉も自分自身に贈っていたんだなって。多くの気づきを本当にありがとう!

だから、ボクシングにかかわらず、これからも、てっちゃんのチャレンジする姿、応援するよ!

 

「地球探検隊」中村隊長

いいね!した人  |  リブログ(0)

中村隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります