「Dear 50代の全力少年さま(3)」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
2016年01月17日(日)

「Dear 50代の全力少年さま(3)」

テーマ:アフリカの旅



しかし、去年と違っていたのは、

晴れていて暖かかったこと。彼女が日本語話せる相手が多くいたこと。

それなりに体力がついていたこと。そしてたまたま、同じ部屋に、イラン人の医者がいたこと。

そのイラン人の医者が診察してくれて、薬を処方してくれたのは本当にミラクルでした。




解熱剤を処方してくれて、それが功を奏したのか、出発前の0時には熱が下がっていて

彼女も「いける」と自分を鼓舞するように言っていたので。




あれ?去年と違うかも。

と思った瞬間でした。




そして熱が引いた後の重たいであろう体で、

ゆっくりゆっくりと歩いていく彼女の後を歩きながら、

途中で何度も何度も立ち止まりながら、

なんとか10時間かけて2人でウフルピークに辿りつくことができました。




10時間も歩いていたのか?という思えるほど、あっという間の時間でした。




そして、頂上で見る氷河、空の青さ、太陽の輝きは本当に美しくて、

今でも目を閉じれば目の前に鮮明に現れて、その美しいエネルギーに触れることができます。




去年の曇り空で登ったとしても決して見ることのできなかった、真っ青な空と輝く太陽と氷河。




これが、100%晴れ男の隊長のご利益か??(笑)

本当に旅神だな。。と思った瞬間でした。




たった、7km先の景色を見るために、この1年間二人で色々なところを歩いてきました。

そしてたかが、7kmの道でしたがとても感慨深く一生忘れられない道程となったと思います。




ありがとう隊長。これで、1年半に及ぶ長い二人での山登りを終えることができました。

これから、また2人して新たな挑戦をし続けていきたいと思います。 









でも、隊長と初めて海外に行ってみて思ったのは、隊長の少年ぷりっというか

自然体ぶりというか、旅という行為を、自分自身を、

周りを本当に信頼しているんだなあと思いました。




とても透明感があり透き通っていて、自然で美しい感じがしました。


本当に旅している時の隊長は、

サバンナにいるライオンでした。


東京にいる時の隊長は、アルコール中毒の、元気なおじさんのような印象しかないのに。




不思議だ。。。(笑) 




あるべきところ、自分にとってふさわしい場所にいる時、人は美しく輝いて見える。

ということですね。偏見でしょうか?(笑)




隊長のように、全力少年で生きたいと思う今日この頃です。。

ひろや




ひろや、ありがとう!そして、登頂おめでとう!

それにしても、オレは「サバンナにいるライオン」かぁ・・・(笑)。




「二人でしかできないチャレンジを一緒にし続けられる相手がよかったし・・・」

ひろやの、この言葉に激しく共感。



旅は「素」の自分を引き出してくれる。

愛する人と旅に出よう!







   とても「こどもっぽい感覚」と、

   とても「おとなっぽい判断」との

   交差点にいようと思ってる。

   ぼくはまるっきりのこどもじゃないし、

   そこまでおとなにはなれない。




中村隊長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ