「何でもできるかもという、自信がつきました」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
2015年09月10日(木)

「何でもできるかもという、自信がつきました」

テーマ:歩く旅シリーズ(国内)
   あきらめると無駄になる
   続けるとノウハウになる
       福島正伸

友達みゆき と一緒に<富士講>の旅 に参加した隊員あやこの体験レポートを
シェアしたい。
一生に一度は富士山に登れたら良いと思っていたけれど、
登山経験のない自分にとって憧れの場所。

トレッキングをして、自然の中を歩くことが楽しくて…
初登山なのに、無謀な申し込みをした。
旅前に30km歩いた仲間に触発されて、3日間毎日10km歩いてみた。

前夜、不安になり眠れなかった。
同時にもし達成できたら、自分がどう変化していくのか…
そんなことを考えた旅は、初めてだった。

当日、瀧行をして急に前向きな気持ちに変わっていった。
高尾山から富士吉田までは、仲間と笑いながら楽しくお散歩。
どこまでも行ける感じがして、余力のある自分に驚いた。

0号目から登ると、道の雰囲気や植物が変わっていき、わくわくした。
5合目に着くと、奇跡を重ねてくれた山の神様に、感謝の気持ちで一杯に☆

5・8合目の御来光は、綺麗過ぎて眩しかった。
刻々と変わりゆく雲の形や空の色は、山から見る景色ならではで圧巻。
登頂したら、達成感に包まれた。

10号目でお弁当を食べて、安心したのかそのまま眠る…日本一のお昼寝タイム。
浅間大社での、おみくじは大吉~お守りとして持ち歩いています。
下山は少し苦戦して、慣れた頃に5号目到着。

旅では、日本一の旅仲間や山の神様から、宝物を沢山もらった!
濃密で感動の連続、夢のような旅だった。
愉快な仲間と何でも話して、第2の家族のような存在になりました…
たった6日間で。

旅が始まる前、不安だった自分が懐かしい…
何でもできるかもという、自信がつきました。

旅後は更に楽しく、自分らしく過ごせて、心から幸せです。

来年の参加者へは…興味があるなら応募して、応募してから歩けば良いと思います。
大丈夫…何とかなります!
何とかならなかったら、その時仲間と一緒に考えれば良いのです。

いつか、この仲間と一緒にもう一度、富士山に登りたいです(*^_^*)
これからも冨士講の仲間との旅は、続きます!きっと!
あやこ

<富士講>の旅を終えて、あやこは再び2つの国内の旅に連続申込みしてくれた。
「地球探検隊」は、リピーターに支えられている。
感謝!

   名もない人たちはいつも
   一所懸命に頑張っている。
   この国はそんな人たちで
   支えられているんだと思う。

   「永遠の0」 百田尚樹

中村隊長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります