「まさかのお祝いサプライズ」 | 「地球探検隊」中村隊長の公式ブログ【ビタミンT】
2014年07月22日(火)

「まさかのお祝いサプライズ」

テーマ:「外モンゴル騎馬隊結成」の旅
   「どうしたら空の彼方へ行けるかって?
   問題は
   そこに君が行きたいかどうかってことだ
   本当に行きたければ
   行く方法は、あちらからやってくる 本当だよ!」
   葉祥明 『風にきいてごらん』より

昨年、一緒に外モンゴルに行った旅仲間で唯一の
リピーター隊員かよ。
探検隊 貸切ジープ島、南米ボリビア・ウユニ塩湖に続いて
3回目の旅となった。3回の旅、すべて同行はオレだったけど、
初めてアンケートを書いてくれた。

結婚、出産、この1年で人生という旅を一歩ずつ確実に登っている様子を知って、
まるで家族のように嬉しい。おめでとう!かよ。

かよ
地球探検隊 ツアー参加歴: 3回目

ツアー名:「外モンゴル騎馬隊結成」
2013年8月21日(水)~8月26日(月)6日間

<スタッフ(ニマー、ミッチェ、隊長)について>
ニマー:日本語がすごく上手な、気遣いが素晴らしい現地女性ガイドさん。
女性ならではの困ったことというのは特になかったのですが、
それでもやはり女性の現地スタッフがいるというのは、それだけでも心強く、
安心して旅ができました。

ミッチェ:照れ屋で優しい、でも頼りがいのある乗馬ガイドさん。
日本語はしゃべれないけど、いつも「ダイジョブ?」と声をかけてくれて、
乗馬中はミッチェがいるから大丈夫、と思えました。
ミッチェの馬頭琴の演奏、聴きたかったです。
隊長:いつもパワフル、いつも全てに真っ直ぐ、いつも誰よりも
旅を楽しんでいる隊長。今回も隊長と一緒に旅ができて良かった!
苦しいこともつらいことも、楽しいことも感動することも、
すべてに真っ直ぐに向き合ってみんなとシェアして大きな力に変え、
より良い未来に向かって前に進む、そんな姿を見ながらの旅は、
いろいろと得られるものが大きいです。

<旅の思い出>
モンゴルの景色はどこを見ても飽きませんでした。広い草原もあり、岩山もあり、
川もあり、そこにいるだけで気持ちが良くて心と身体が喜んでいるのが分かりました。

仲間と、馬と、緑の大地と青い空。馬で少し歩けば牛や羊がいて、ゲルで暮らす人々
がいる。

もちろん、多少の車や舗装された道もあったけれど、おそらく根本的なものは
変わらずに、何百年も前から続く暮らしがそこにある。生きていることの素晴らしさ、
本当に大切なことって何なのかを素直に正面から考えてストンと納得してしまえる
心の開放感、日本で生活していると気づかない自分の身体の内側から聴こえる声。
いろんなものがないようである、そんな場所でした。
乗馬は10年くらい前に日本で少しだけやっていたことがありましたが、モンゴルでの
乗馬は全然違いました。やっぱり自然の中を馬との信頼関係を築いて走るのと、
小さな柵の中を義務的に走らされる馬に乗っているのとは、馬との関係も
自分の気持ちも違います。4日間同じ馬に乗れたのですが、初日の最初の頃は
首を上下に激しく振ったり、わざと横の方に歩いていこうとしたりと、なかなか
言うこと聞いてくれずに反発が多い個性的な馬でしたが、初日の後半から段々と
気持ちが通じ合ってきたのが分かりました。

2日目、3日目には、馬がなでてほしいところを寄せてきたり、
特に合図を出さなかったのに私が行きたいなと思って見ていた方向に
進んでくれたり(行き先と方向が違ったので、それはそれでちょっと困りましたが、
馬の気持ちは嬉しかったです)。

最終日のお別れの時、馬に向かって手を振りながら、ゲルの方に歩いて行ったら、
ずっと私の方を見て最後まで見送ってくれました。

3日目までは見送りよりも草を食べるのに夢中だったのに、最後なんだって
分かっていたんだと思います。
たった4日だったけど、馬とのお別れは本当に切なかったです。

そして、今回の旅の仲間。地球探検隊 の旅は3回目でしたが、今回も仲間に
恵まれました。みんな初めて会ったのに、それぞれになくてはならない役割があり、
そして不足もない。

ムードメーカーで楽しいバティ、頼りになるみんなのパパだったあきら、
可愛くて優しいいつも前向きなまりこ、しっかりしていてよく気のつくふみしー、
いつも笑顔で癒してくれるあっこ、全力で力強く生きる隊長、みんながいたから
忘れられない旅になりました。

最終日の夜、みんなからもらったサプライズ。
10月に結婚するとは伝えていたけれど、まさかのお祝いサプライズ。
本当に全然気づいてなくて、予想もしていなかったサプライズ。
すごくすごく嬉しくて、気がついたらぼろぼろ泣いてました。
今このアンケートを書いていて、あの時の嬉しさを思い出したら
また嬉しくて泣いてしまいました。

テレルジで摘んだ花で作られた花束、みんなからのメッセージ、みんなの笑顔、
おめでとうという声、全てが一生の宝物です。花束は持ち帰れなかったけど、
押し花にして7輪持ち帰りました。
絶対に幸せになります。みんなに出会えて最高に幸せです。
みんな大好きです!本当にありがとうございました!!
かよ


   「瞳に涙がなければ、魂に虹はかからない」
   ネイティブ・アメリカンの言葉

中村隊長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります