ランキング参加中!応援クリックありがとう!

 にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 

『道後温泉(裏)観光ガイド』

第9回目は、圓満寺です。


円満寺と紹介されたりしますが、

正確には「圓満寺」。

 

 

大悲山『圓満寺』は、弘仁3 年(812)に

建立された浄土宗のお寺で、

阿弥陀如来が本尊の寺院です。

 

 

「大悲山」と付いているため、

何かとてつもなく悲しいいわれのある

お寺のように感じてしまいますが、

 

実際には

“観音様の大いなる慈悲心”という意味で、

千手観音の別称である

「大悲観音」に由来した名称です。

 

 

境内に「湯の大地蔵」という

一寸二尺(3.67m)の大きな

地蔵尊があります。

 

 

これは道後温泉を訪れた

▼「行基」(668-749)が楠の大木に

彫ったものだと伝えられています。

 

 

行其といえば、聖武天皇の命により、
奈良の▼大仏(東大寺)を造った責任者ですよ。

 

 

まぁ、本当に行基が彫ったものなのか、

真偽の程さえわからなくなるほど、

古い歴史あるお寺ということです。

 

個人的には「道後の行基」と異名を持つ
当地の彫刻家が彫ったのだと思いますが…。


1855 年に道後温泉の湯が止まった時、

この地蔵に祈願して

湯が湧き上がったことから「湯の大地蔵尊」。

 


道後温泉に浸かった後にお参りすると

寿命が延びるとされていることから「延命地蔵」。

 

また道後を火事から守る「火除け地蔵」として、

また「火除け」から転じて「浮気封じ」

「夫婦円満」のお寺とされ親しまれています。

 

 


他にも、俳人・臥牛洞狂平(がぎゅうどうきょうへい)
の日本で3 つしかないという

珍しい碑というものもあるのですが、

 

 

案内文を読んでもその貴重さが

あまり理解できないのが残念なところ。

 

 

 

維石不言 謎文以伝

気になる方は調べてみてください。

 

この碑でかろうじて「へぇ」と思ったのは、
あの小林一茶も1795 年に、

この碑を見に来たであろうというエピソードくらい。

 

一茶って誰よ!?

という方のために解説すると
DA PUMPの ISSAとは全然関係ねぇです。

 

「やれ打つな蠅が手をすり足をする」
などで有名な日本を代表する俳人ですよ。


もうひとつ『圓満寺』の見どころといえば、

「わらべ地蔵尊」の前にある

「水琴窟(すいきんくつ)」かな。

 

 

水琴窟とは日本庭園の装飾の一つで、

水が落ちる音によってまるで琴のような

美しい音色を発生させる仕掛けのこと。

 

 

これは実際に「わらべ地蔵尊」にお水をかけて、

竹筒に耳を当て聞いてみてください。

 

ただしドバッとかけてしまうと
美しい音にはならないので注意。

 

少しだけかけて聞いてみてね。

 


また、円満寺の本堂には、

萬延元年(1860)に道後地区の人の

手により作られた「西国三十三所観音霊場」の

三十三観音が祀られており、

声を掛ければ古文書とともに見せてもらえます。

 

 

 


以上のように、

とにかく古い歴史がある円満寺ですが、

 

現在は「俳句絵馬」や「俳句恋みくじ」、

そして「お結び玉」のお寺として、

女性たちに人気のスポットになっています。


なにせ道後温泉は、楽天トラベル

「女子旅人気温泉地ランキング」3年連続1位や、

 

環境省・観光庁後援の「温泉総選挙」でも

女子旅部門第1 位を獲得するなど、

女性たちから熱い支持を受けてますからね。

 

女性客に道後を楽しんでもらうためには、

こうした今風の話題づくりは

とても良いアプローチだと思います。


道後温泉の「湯玉」がモチーフと

なっている「お結び玉」は、

ちりめんなどの和服地を用いて

手作りされたもので、

同じデザインがひとつとしてありません。

 

 

お気に入りのお結び玉を選んで、

左の手のひらに湯玉を乗せている

地蔵尊のようにして祈願したあとは、

境内に結んだり大切に持ち帰りましょう。

 

 

 

そして、同時にいただけるお札は、

願いが叶った「お礼参り」の際に

返納すると良いでしょう。

 

 


「えまたま」も「絵馬と湯玉」を

掛け合わせた開運アイテムです。

 

愛媛県松山市の市花「椿」を季語にした

俳句があらかじめ印刷されていて、

相手と自分の名前を書き込むと

俳句祈願ができるというもの。

 


絵馬には紅椿・落椿・椿山・白椿の

4種類のほか、自由に書きたい人のために
無地の絵馬も用意されています。

 

 


また「俳句恋みくじ」というものもあって、

これには松山出身の俳人・神野紗希さんの

恋の俳句全60句が入っています。

 

 

運勢と俳句の解説が記されていて、
恋の運試しができるというしくみ。

遊びゴコロがあって人気です。

 


 

道後温泉本館からホテル茶玻瑠を
通過してすぐ左手。

 

道後で今一番フォトジェニックな

開運スポット「圓満寺」へGO!

 

 

※次回、予告していた

「道後ハイカラ通り最新マップ」は

商店街店舗の入れ代わりが激しいため

公開中止にしました。

 

その代わり道後商店街の人気ネコなど

また新たな道後の見どころを

発見、書きだめしてるので、

順次紹介していきます。

お楽しみに!

 

そもそもこの円満寺の記事も

去年の三月に書いたもの。

公開が遅れてごめんなさい。

 

 

 

ダイヤモンドクロッシング

テーマ:

 にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 

こんにちは、あおねこです。

新婚旅行の思い出、ノートルダム寺院が焼け落ちちゃってショックを受けてます。

 

…あれっ!? 待てよ。確か新婚旅行は行ってなかったな。

 

フランスにもパリにも行ったことなかった、ごめん。でも行ったことなくても中まで見たことあるんだから、それぐらい有名ってことだよね。

 

友だちがグーグルマップを開いて「ノストラダムス寺院が燃えてるとこ見てみよう」って言ってたけど、グーグルマップは定点カメラじゃないから!

 

それに…マジで間違った可能性もあるけど、ノストラダムスって中高年にしかわからないし。

 

 

さて、先週本が送られてきた。

 

 

ポプラ社の職場体験完全ガイド。「会社員編」のうち地元の「伊予鉄道」を取り上げた子供向けの本だ。

 

なんで子供向けの本があおねこのところに届いたのかというと、写真で協力したから。あおねこの写真が載ってるんだ。

 

 

それがこのページ。ダイヤモンドクロッシングと言って、電車が電車待ちをするという日本でも珍しいポイント。

 

以前から知っていて写真も持ってるけど、実は伊予鉄道は最近車両カラーを変えたんだよね。この新しくなった濃いオレンジ色を車両の写真が欲しいというので、今年の正月に撮りに行ったわけ。

 

 

要するにこれじゃダメなのですよ、昭和の写真だから。令和の写真はこうなります。

 

 

本に載るというので三方向の新車両がお見合いしてる瞬間を撮りました!決まったでしょ?

 

 

↑こんな写真だったら比較的簡単に撮れるんだけどね。実際には今でも旧デザインカラーの車両が混じっていて、タイミングが合わないと何本も電車を待たなくちゃいけないんだ。

 

 

これを撮った建物にはこんな警告文が貼り出されてあるくらいだから、よほど不法侵入者が多いんだろうね。あおねこは管理会社からの許可ももらって、住人の方にも伝えに回ったけど、念のため通報しますと言われしっかり通報されてしまいました。あせる

 

だから、一般の方は勝手に入ってると通報されるので建物に侵入しないほうがいいですよビックリマークどうしても上から撮りたければドローンにしましょう。こっそり撮ってドロンは無理です。今はどこに行っても監視カメラが作動してますよ。

 

そもそもこのダイヤモンドクロッシング。地元で最初に広めたのはあおねこ(当時まんきんたん)ではないかとひそかに確信しています。

 

というのも確か二十~三十年前のこと、そのころあおねこは路上観察というものにハマっていて、ある時ふと手に取った鉄道マニアしか読まないような鉄道関係の本の中で、地元の松山市に「ダイヤモンドクロッシング」という珍しい場所があるということを知ってしまったのです。

 

そこで当時自分が発行していた雑誌の中で紹介したのがたぶん最初というわけ。その雑誌が残っていればいいんだけど、今は手元にないから証拠はないんだけどねー。

 

しかし、そういういきさつさえもあまり話したこともないけど、時を経てこうして仕事として撮影を依頼されることになるなんて、なんという巡り合わせ!そして、この本がこれからの未来を背負うたくさんの子どもたちに見てもらえる職業図鑑だなんて、感激ではないか!

 

やっぱり好きで続けてきたことは、いつかは何らかの形で実を結ぶものなんだな。と思った出来事でした。

 

 にほんブログ村 その他趣味ブログへ

喜びの一日と緑茶になった睡蓮鉢

テーマ:

 にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 

こんにちは、あおねこです。

 

昨日の日曜日は久しぶりにお出かけ。新居浜の元カノに会いに行ったんだ。産まれた赤ちゃんも見れて、去年結婚したご主人とも会わせてくれた。

目がぱっちりとして赤ちゃんらしい赤ちゃんで、いい写真が撮れたのでここに載せようと思ったけど、そういや許可をもらうの忘れたし、最近は個人情報とかでいろいろ面倒なことが起きても困るのでやめとく。

 

このところ周りの新婚カップルのベビーラッシュが続いてるけど、赤ちゃんの表情はほんとに癒される。それをやさしいまなざしで見つめるパパとママの表情にも幸せをもらえます。

 

さて、新居浜に行く途中、いろんなとこの桜を見ながら行こうと思って最初に撮ったのがここ。東温市の河川敷。

 


午前中だったのでまだあまり人出もなく、ゆったりと楽しめたけど、このあと巡った各地の桜の公園は、天候のよさもあってどこも大混雑。駐車場に車が停められなくて、結局桜の写真が撮れたのはこれだけという結果に。

 

 

まぁしょうがない。まぶたの裏にしっかり焼き付けて帰りました。

 

そんなこんなで松山に戻ってからは、前にも書いたことがある角田智恵さんの三度目の選挙挑戦に注目。

やった!愛媛県議会選挙に当選しました。

 

 

角田さんはお金も人脈もないところから始め、二度の落選にくじけることなく毎日コツコツと街頭演説で変革を訴え続けた結果、ここ来れた人です。

 

女性問題に取り組むという目的がはっきりしているだけに、公約でもしっかり結果を出してくれると思いますよ。

 

一回目の挑戦の頃と比べて本人の意識がまるで変わったなと感じてます。

 

今はメタ志向ができるようになり、決して良いとは言えなかったご家族との関係も完全に修復して、みんなに感謝の生活を送れるようになっています。

 

今にして考えると、これまでは落選しても仕方なかったのかもしれません。というか落選があったからこうなることができて、結果的にすべてが良かったとも言えますね。

 

辛い失敗があっても挫折することなく立ち向かい、成功するまで続けてこられた、本人の努力が一番ですが、この喜びを忘れることなく、さらに幸せな家族を、そして社会の実現に向けてがんばってほしいものです。

 

期待して大丈夫です!なぜなら当選の喜びに浸ることもなく、今朝もいつものように市駅前での街頭演説を始めてますから。

 

くれぐれも体を大切に。ということで昨日は朝から晩まで喜びと幸せの一日を過ごせました。

 

 

おっとあんまり内容が固いので、ちょっくら無駄話を付け足し。

 

 

これ何に見えます? 緑茶みたいですよね。

 

実はこれメダカの睡蓮鉢の水がグリーンウォーター化したものなんです。

 

植物性プランクトンが大量発生したもので、メダカを飼育してる人にとっては困ったどころかお金で買ってもいいというほど、メダカの発育に良いものなんです。

 

ベランダの日当たりが良いのでこんなことになってます。メダカを鑑賞するには不向きだけど、エサを与えなくてもいいので放置形を目指しているアオネコにとっては理想的です。

 

かといってほったらかしにはせず、毎日新しい水を追加するようにはしています。

 

 

これから夏に向けて、もう少し日陰に移したほうがいいかなと考えてます。

 

ショーケンとか南こうせつとか

テーマ:

 にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 

こんにちは、あおねこです。
 

この1~2年で、青春時代に憧れだった人たちが次々と死んじゃって、なんだか呆然としている。

ショーケンも好きだったなぁ。

 

四度の逮捕と三度の結婚。大麻を使用したり今の時代だったら一発でアウトな俳優だ。

 

でも晩年を見てほしい。いい人になったではないか。人は誰しも失敗して学ぶものなのだ。

だから一度は人を許すということも受け入れたほうがいい…とあおねこは思っている。

 

 

ショーケンの話をしようと思ったけど、もはや三十代の子でさえショーケンのことを知らない。

 

話は変わるけど、今やってる春の高校野球。大分県の「明豊」高校が勝ち上がっているが、この学校の校歌は大分出身のシンガー・ソングライター南こうせつが作ったもの。南こうせつといえばあおねこ世代ではフォークソングの大スターですよ。

でも、今どきの子に話のネタとして、明豊高校の校歌はね、あの南こうせつの歌なんだ!と言っても、まず南こうせつを知らない。

あおねこは悲しい。時代は確実に変わっている。なんとか適応しなければ生きてはいけないな。

洞窟で生活してる差別用語だらけの生きもの

テーマ:

あおねこ応援してね!

 にほんブログ村 その他趣味ブログへ

 

こんにちは、あおねこです。

サイエンスカフェに行ってきたしん。

 

「サイエンスカフェ」っていうのは、新しくできたカフェ!じゃなくて、生き物や自然環境に関する勉強会。

 

今回は洞窟動物の調査をしている毛利さんのお話。

 

 

ずっと前に書いたことがあると思うけど、昆虫の名前には無神経にも差別用語が平気で使われているものがある(平気というわけではないだろうけど、昔はあまりそういうことに配慮されていなかったようだ)。

 

そういう記事を書いた時に例に挙げた、「メクラチビゴミムシ」という虫がここで出てきた。

 

 

写真は毛利さんが発見した「モウリメクラチビゴミムシ」。

 

要は洞窟の中は真っ暗だから、目が不要になり「進化」して目がなくなったというわけ。

 

昆虫の世界では「メクラ」も「チビ」も「ゴミムシ」というのも決して他の虫と差別して下げずんで言ってるわけではなく、単なる分類のためなんだ。

 

でもさすがに今の時代、この名前は放送でも使えないし、障害者に対してもばつが悪い。そこで毛利さんは日本盲人会連合だったかどこか忘れたけど、お話をしに行ったそうだ。

 

すると、虫に対して使う分には問題ないのではと理解していただいたのだとか。

 

やはり研究者だからその点は苦労されてたんだなと納得。「配慮に欠ける」なんて失礼なことを書いたことが恥ずかしい。

 

 

珍しい生物の写真をたくさん見せていただいた。

 

 

天敵から逃れて自分の住処を洞窟に求めた生きものたち。

 

今まで意識したことなかったけど、あんなところにも小さな命がいっぱいいるんだ。

 

ちなみに昨年、西日本豪雨の被害で入り口が塞がれてしまった愛媛の洞窟もあるけど、毛利さんは「洞窟に入れなくなって悲しい」ではなく、「虫たちが埋もれてしまってかわいそう」でもなく、「きっと今ごろ、人間たちが入って来れなくなって、みんな幸せに暮らしているはず」と笑っていた。

 

 

サイエンスカフェに行こう