人生の旅路

僅か伍十年、構築される人世



テーマ:

 

 

 

花水川沿いのサイクリングコースを

 

南へひた走り、134号線が近づくにつれ

 

懐かしい匂いが徐々に迫ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高麗大橋をくぐり、河口付近を右に折れると
 
潮の香りを受ける風は、一気に強くなる。
 
 
 
 
20円便所だった場所は、
 
工事中で立入禁止になっていた。
 
 
 

斜向かいの、富士白苑へ見学に訪れたのは
 
もう何年前だったか...
 
 
 
 
海岸線をさらに進み、西湘バイパスを左に逸れると
 
 
港の防波堤が見えてきた。
 
 
 
 
 
 

小学校に上がったばかりの頃

ここで、父に投げ釣りを教わったんだ。
 
 
 
 

弟は、テトラポットで
 
カニ取りをする方が好きだった。
 
 
 
 
 
 
 
見るともなく、

波待ちのサーファーを眺めていると

水面には、陽光が降り注いでいる。
 
 
 
 

どこまでも続く空には、まだらな千切雲。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ソラは無限に広がり、魂も永遠に続くというが
 
 
 
生命には限りがある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルシーロードを抜けると、
 

水鳥たちが佇む、古花水流。
 
 
 
 
 
その上に架かるローゼンの橋は
 
 
崩れる事なく、
 

無事に渡る事が出来た。
 
 
 
 
 

偶然と必然が複雑に絡み合い、
 

現実が過ぎて行く、時間の流れとは
 

断片と事柄の網状組織が移りゆく様。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

難治性疾患克服事業により定められた

原因不明で治療方法が確立していない

特定疾患は130種にも及ぶ。
 
 
 
 
 
進行性核上性麻痺は

20番目に認定された疾患。
 
 
 
 
 
 
 
思いもかけず、母を襲った
 
 
実存と非現実の隙間で蠢く病魔。
 
 
 
 
 
衰えた身体は、幼児化し
 

生まれた場所へ回帰するかのよう。
 
 
 
 

私自身は現在、幸いにして健康体だが

発病の原因が分からず

遺伝性も証明されていないという今日

誰にでも起こる可能性があるという事。
 
 
 
 

確率の種類は様々...
 
 
有理数よりも、無理数のほうが
 

はるかに多く存在する。
 
 
 
 

規則的に自転する、我々の立つ天体が
 

日輪の周囲を、365日と6時間あまりかけて
 

公転する時間軸。
 
 
 
 

自然界にある、四つの力のうち
 

一つでも核力の値がずれると
 
 
 

球体は膨張し、爆発する終幕か

天の川彼方の虚無へと

すべてが吸い込まれ
 
微塵も無くなる。
 
 
 
 

我々の生活を保障する、科学の法則は
 

ごく一部が、証明されているに過ぎない。
 
 
 
 
 
太陽は明日も昇るだろう...
 
というのは一つの仮説に過ぎず

太陽が昇るかどうか、
 
知っているわけでは無い。
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽が沈み、神秘的に彩られた虚空には
 
 
 
燃え尽きようとしている、星影が瞬いていた。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

新宿を下車したホームから、そのまま1番線に向かい

湘南新宿ラインへと乗り継ぐ。
 
 
 
 
スーツ姿のビジネスマンや学生風らしき男女を横目に
 
通勤ラッシュとは逆方向へ向かう。
 
 
 
 
 
9月某日、午前8時過ぎ。
 
 
 
 
 
結構食べたし、大いに飲んだ。
 
 
 
 
 
久しぶりに青空から降りる陽射しは
 
まだ夏を感じさせるような蒸した体感。
 
 
 
 
 
 
5年ほど前までは...
 
私も毎朝スーツに身を包み

満員電車に揺られ、通勤していた日々を想い返すと
 
ブラックジーンズにデザインシャツ、
 
白い紙袋を手にぶら下げた私は
 
てんで場違いな恰好。
 
 
 
 
あれから幾つも年を重ねて来たけれど
 
今のほうが何故か若く見られたりもする。
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
今、ここに居るのは
 
 
現実の自分ではなく
 
 
ただ在るだけの偶像。
 
 
 

髪型や服装を変えるだけで、人は違う印象を受けるし
 
見た目だけで判断される事もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見る夢があって、
 

家族みんなで暮らしている我が家の場面。
 
両親も元気な様子の何気ない風景。
 
 
 
でも目が覚めれば、現実に引き戻される。
 
 
 
 
寝たきりで、思うようにしゃべる事が出来ず
 
時おり奇声をあげる母は、
 
生きる死体になった。
 
 
 
父は希望を失い、過去も未来も無く
 
病院を抜け出し、四次元を彷徨う。
 
 
 
 
 
 
ギリギリの所で耐えてきた。
 
少しでも良くなるようにいつも願っていた。
 
 
 
 
この思いを捨てられたら
 
すごく楽になる、
 
簡単な事だ。
 
 
 
 
 
一切を放棄して、気ままに生きて行けばいい。
 
 
 
 
 
でも、 父と母がいなかったら
 
私はここまで来ていない。
 
 
 
 
そこへ行けば、きっと変われる
 
何かを掴めると信じ、衝動を止められず
 
行かなくてはならなかった。
 
やるべき事があると思い込んでいた。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少し高く希望をともせるだろうか...
 
 
もっと高く燃やさなければいけない
 
 
今はもうひとりきりだけど。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

7/4(火)
『Cross Over』@渋谷CAFE&DINNERスタジオ
〈set list〉
・TIME AND TIDE
・Girl
・君の空に降る涙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリーさんが旅立ってから、早くも二年が過ぎ
 
 
 
三度目の七夕まつりが間もなく開催される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリー小川氏とは... 私の大先輩で
 
 
平塚駅前で、『RAIN』という
 
 
ライブバーの経営をされていた方。
 
 
 
 

自らもバンドを率いて、
 
 
定期的にライブ活動もしていたが
 
 
 
亡くなる一年前から、
 
体調が良くなかったらしく
 
 
がんを患いながらも
 
歌声を失いたくないと、
 
手術を拒否。
 
 
 
生涯、現役のシンガーで在り続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寡黙なハリーさんに、私は何時しか

 

 


父の面影を観ていたような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急ピッチに作業が進む、平塚駅前。
 
 

七夕は星まつりとも言われ、空の星に
 
 
願いを託し、祈りを捧げる。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

希望の星は、
 
 
空で常に光り続けているのに
 
 
陽が沈まないと眼に観えない。
 
 
 
 

順風満帆で明るい昼間よりも、
 
 
逆境の暗闇の中でこそ、輝きを放ち
 
 
幸福な行路へと導いてくれる。
 
 
 
 
 
七夕の時期はいつも、
 
 
梅雨と重なる事が多い。
 
 
 
 

月に寄り添う、火星、土星
 
 
蠍座のアンタレス。
 
 
 

年に一度、天の河を挟み
 
 
琴座のベガ、鷲座のアルタイルは
 
 
最も光り輝くことから生まれた、
 
 
織姫と彦星の伝説。
 
 
 
 

7月7日は、私の両親の結婚記念日でもある。
 
 
 

夜空の星と愛をテーマに
 
 
私は、ステージへと向かう。
 
 
 
 

 

 

 
 
 
今日も、人々の喜怒哀楽を見守りながら
 
 
 
道筋を照らし、壮大な星たちの運行は続く。
 
 
 
 
 
【2017夏の三大フェスタ】
7/7(金)~9(日)
『第67回湘南ひらつか七夕まつり』@平塚駅前
 
7/9(日)
『TD MARKET』@池袋mismatch
東京都豊島区東池袋1-44-10タイガースビル1F
open /start 17:00
■予約\2000/当日\2500+1D
Live:
CheChe /NARIYA /哀しみのラブシンガーTACK /
じょじょ /なぎ /飯能のケンシロー /
皆川岳 /相澤大介 /チョイフル先輩 /
 
7/16(日)
『第22回 なかいたへそ祭り』@中板橋商店街
 
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

空が好きで、よく眺めては
 
明日への想像を広げたり
 
 
時には、過去を思い悩んだりもする。
 
 
 
 
 

日々異なる、空の色。
 
雄大な青空を見上げる度に
 
流れる雲の形も、
 
全く違う表情を見せてくれる。
 
 
 
 
 
 
智恵子抄で、東京には空が無いという一節があるが

私の地元、とくに実家近くでは
 
煌めく満天の星空を観る事が出来る。
 
 
 
 
 
夜空の星に見入っていると、
 
 
かけがえの無い人を想い出す…
 
 
 
 
 
 
無限に続くという、宇宙のまたその先には
 
何があるのだろう。
 
 
 
人は死んだら月へ還る、とか

天に召されるといった、
 
いにしえの言い伝えがあるけれど
 
 

きらめく星達の何処かで、
 
私を見守ってくれているのだろうか...
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライブハウスでギターを弾くのは、
 
 
久しぶり。
 
 
 
 
 

何年ぶりだろう。
 
 
自身の心で、変化を求めていた。
 
 
 
 
 
 
 
2017 5/14(日)
〈set list〉
・パリの散歩道
・祈り
・AD1999
・彩芽の郷
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あの頃の感覚を、思い起こし
 

指先に神経を集中させ、指版と自分だけの対話。
 
 
 
 
 
所々のフレーズだけを決めておき、
 
 
その他は心の赴くまま、アドリブでピッキング。
 

一個一個の音に細心の注意を払いながらも

その瞬間はただ無心。
 
 
でも、ひたすら必死だった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約2年前から、縁あって都内でまた音楽活動を再開し
 

最初に制作した楽曲が、『彩芽の郷』
 
 
 
 
詩に込めた感情が強すぎて、
 

歌入れの時は、何度も涙がこぼれそうになった。
 
 

 

 

 

 

 
 
 

必死に耐えながら仮歌を入れたあの日を思い返す。
 
 
あなたの想いに応える事が出来なかった、罪の意識。

きっと許して貰えないだろう、
 
でも...

まだ私は、この世界で生かされている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菖蒲の丘に咲き薫る
無数の花びら
穏やかに舞う
色とりどりの光浴びて
巡り来る季節
通いなれた道程
あなたを追いかけていた頃
 
かけがえの無い愛こそが
生きてく為の道標
繰り返す何気ない日々
数え切れない思いを抱いて
 
あなたと誓ったあの夢
今はもう叶わない
孤独に耐え 未来も無く
ただ生きるだけ

日暮れの街角 震えて
佇む一人
何を想い何を夢見る
虚ろな瞳で
 
追い求めた夢に敗れ
儚き宿命に立ちすくむ

澄んだ空 蒼白い月
時は戻せない
温もり感じたまま
 
 
 
 
6月6日(火)
Cross Over Vol.59
@渋谷CAFE&DINNER スタジオ
■OPEN 17:00 START 17:15
■2000+1D
■GENRE ALL MIX
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
彼方へ続く緑の地平。
 
 
 
雄大な空を渡り、暖かな懐にたどり着いた鳥達は
 
新たな季節の到来を寿ぎ、まばゆい新緑の陽気に包まれる
 
今日この頃。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またひとつ季節は通り過ぎ、果たして
 
明日も平穏な朝陽は昇るのだろうか。
 
 
 
次に来る季節へ立ち向かい、どう乗り越えて行くべきか。
 
人間は一人で死んで行く、常に誰かの助けを求めながら。
 
 
 
 
 
恐怖と不安に駆られる出番前。
 
 
 
 
 
一人きりのステージ上では、自我とのぶつかり合い
 
どこまで限界を越えて行けるのか
 
目標を明確に掲げ、行動は勇敢に。
 
 
 
 
 

 

 

 

4/4 渋谷CAFE&DINNERスタジオ
〈セットリスト〉
・人生の旅路
・PEACEFUL WORLD
・全力プレイボール
・PRIDE

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
ライブとは、むしろ当日よりそれ以前の準備の方が重要だと思う。
 
 
 
その日へ向かって想いを馳せ、曲を練り

必要があれば打ち込み直し、詩を憶え

リハを何度も何度も重ね、本番に挑む。
 
 
 
練習で出来ていない事は本番でも表現出来ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何のために私は、もう一度音楽を始め

活動しているのか、誰に届けるためなのだろうかと
 
問いかけていた。
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

彷徨う愛に悩める人の為に、

 


家族の絆を主題に創作してみようと

 

 

心に誓った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

お世話になっている方から、有難いお言葉を頂いた。
 
 
 
前向きに、強気に、過去のことは反省しないこと。
 
反省してもどうせまたやるんだから。
 
生命が変わらないとまたやるから。
 
決意すればよい。
 
これから良くなればいい。
 
過去のことは振り返らないこと。
 
良くなればいい。
 
過去のことが活きてくるから。
 
振り返っても落ち込むだけ。
 
いつも前向き、強気でいい。
 
 
 
 
 
 
 
こんな私を支え、助言して下さる方々。
 

楽曲を褒めてくれる人々、応援してくれる人達がいる限り
 

声が無くなるまでその人へ向けて
 
 
唄を発信して生きたい。
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

自身の小さな殻を破り、他者と共に他者のために

 


生命の触れ合い、魂と魂の啓発を。

 

 

まだ挑戦の日々は終わらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

【Best Hit TACK 2017 春フェスタ】

5月2日(火) 渋谷CAFE&DINNERスタジオ
5月5日(金) 下北沢シアターミネルヴァ
5月14日(日) 池袋ミスマッチ
 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。