赤髪と黒vivi

赤髪と黒vivi

黒viviは赤髪の専属カメラマンのモデル兼助手として雇われていて、赤髪とスタジオで出会ったのが始まりでした。


テーマ:

赤髪と黒viviの同僚に非常に仕事のできる方がいるのですが、上手いのはそのストレスの解消法なんですよね。

 


誰もが日常で多くの不満が溜まるはずなんですがそれを決して表には出しません。

 

普通、お酒を飲めば愚痴のひとつでも吐き出したりするものなんですが、そのようなことがないんですよね。

 

それじゃあ、どうやって欲求不満を解消しているのかと思ったら、ゴルフなどのスポーツを習慣にすることで上手くそれを欲求のはけ口にしていたりするんですよ。

 

また、忙しいのに定期的にジムに通っていたりするようですし決して仕事一辺倒ではないんですよね。

 

気分転換の上手さというのもひとつの仕事術だったりするんでしょうね

 

そのため、忙しい時期は決して休むことはないのですが、業務もひと通り落ち着いてきた時なんかには躊躇うことなく有給を使って休暇をエンジョイしていたりするんですがその辺の使い分けも本当に上手だと感じます。

 


テーマ:

AI化が進む昨今に期待と怖さを感じている赤髪と黒viviです。

 

 

どのような仕事をする時にも最初はすごい時間をかけること。
これは最も効率よく、仕事をできる手順を考えているためなんですが、それを知らない人から見れば、何て仕事にとりかかるのが遅いのだろうかと思ってしまうと思います。

 

しかし、時間がかかるのはその最初だけの話で、そこでしっかりと効率よく作業する仕組みを構築した後は物凄い早さで仕事を仕上がります。

 

つまり、それに従って作業をすれば、誰もが効率的に作業をこなすことができるシステムになっているんです。

 

赤髪と黒viviもよく「業務量が多すぎる」方と接しましたので、その方の事情を理解できます。

効率的にすることで、仕事の質が下がるケースもありますが、だからといって明らかに無駄な部分を解決せず日々の業務だけに没頭しすぎると、必然的に仕事量が増加します。

 


テーマ:

過ごしやすい気候になり、ついつい仕事中に眠気が襲ったりしませんか?
赤髪と黒viviは昼食終わりのミーティングのときによく眠気に襲われました。

 

 

どのような責任感の強いビジネスマンでも、忙しい現代では十分な休息をとれずに仕事中に眠気を感じてしまうこともあるものです。
しかし、そのように眠気を感じた時ほど、出来る人間とできない人間の違いがはっきりとわかれます。

 

出来るビジネスマンはそのように眠いと感じた時に、どう対処すればいいのかを日頃の経験からしっかりと把握しています。

 

眠い時の仕事術というのは、思い切って小休憩をとることなのです。

常に同じ場所にいて体を動かさなければ、人間はどんどんと眠くなってしまい最終的にはその眠さに絶えられなくなってしまいます。

 

実際に赤髪と黒viviはこのことを知っているので、思い切ってコーヒーを飲むなり外の風に当たるなどをして上手に休憩をとっています。

 

眠い思いをしながら仕事を続けるよりは、一度リフレッシュしてから仕事をしたほうが、捗るということを知っているので、コンディションを確認し、良くなければ昼食後、10分程度昼寝します。


テーマ:

赤髪と黒viviが引き算で仕事能力アップする方法をご紹介します。
とにかくこの方法は一点に集中をして仕事をこなします。

 


得意なものやうまく言っているものを集中的に行いそれの妨害となるものを排除するやり方です。

 

結局タスクが増えてしまえば一個のことに集中できなくなり仕事に埋まってしまいます。

 

そう言った事にならないように要点だけを引き算で見つけ出してそれに集中をする事のほうがより効率的に仕事が出来るでしょう。

 

いつでも仕事が簡素化できないかと言うことを考えて行く事はすごく大切な事です。

その辺りは仕事の中身を考えるに置いて重要な事です。

 

もちろん能力アップについてはスキルが伴えば可能なのですが考え方などもとても重要になって行きます。

 

この方法を応用出来る様になればとてもプラスにこれからの仕事を向かえることが出来るでしょうし、効率も上がっていきます。


テーマ:

「時間がない時にこそ時間効率を上げる」この言葉に赤髪と黒viviはとても感銘を受けました。

 


それは、とても忙しくて一人ではやり切れない程の大量の仕事があったとしても、全部の仕事に中途半端に手を付けるのでは無くて、そんな時こそ一つずつ仕事を片付けて行く事で、かえって仕事効率を上げて行く事が出来ると言う仕事術です。

 

自身も同じ様に、多くの仕事を抱えていた時に、どれもこれも中途半端で最後にはどれも片付かないで一人ではどうにもならなくなった事がありました。

 

結局は、最初から仕事を一つ一つ片付けていれば、それが更に次の仕事をする原動力になって行くんですよね。

 

完璧を求めないで、とにかく手を動かす事に集中して行く仕事術はとても感銘を受けました。

 

赤髪と黒viviも、この仕事術にもっと早く出会っていれば、時間が無くて困っていた時でも、とにかく仕事を前に進める為の自分のル-ルになっていただろうと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス