こんにちは、

絵本専門士のふじむらゆきこです花火

 

夏休み真っただ中ですね。

行動宣言のない夏。

楽しい思い出作れていますでしょうか。

 

ところで、

我が家には二人の息子がいます。

長男はまもなく20歳、

二男は先日18歳に。

成人の規定が変わった今年度、

二人ともが成人になりましたお祝い

 

2歳違いの男の子ふたり、

子育ては体力勝負でしたが

振り返るとあっという間。

実は今日の夢に

小さい頃の子どもたちが出てきて、

すっかり忘れていた

あの頃の表情や走り方のくせ、

握った手の小ささ温かさまでが

リアルに残り、

起きてからしばらく浸りました泣

 

そこで今日は

兄弟が主人公のおススメ絵本を

見ていきたいと思います!

~~~

「夏とおとうとと」

ふくだいわお 作

2019年/光村教育図書

~~~~

一人で行くはずだった

虫捕りに

弟もついて来ることに。

寄り道、わがまま、無駄な動きで

お兄ちゃんのじゃまをする弟に

腹をたてたお兄ちゃんは

一人でずんずんと山の中へ。

ふと気が付くと

後からついてくるはずだった

弟の姿がみえなくなって・・!

~~~

弟のお世話って

なかなか大変ですが

そこから強さ優しさを得られるし、

弟はお兄ちゃんの背中を追って

必死で成長するんですよね。

親では教えられないことを

兄弟同士で学んでいるのかな

と思います。

~~~

「なつのかいじゅう」

いしいつとむ 作

2006年/ポプラ社

~~~

弟と虫捕りの約束をすっぽかして

友だちと遊びに出かけた

お兄ちゃん。

弟は怒りと寂しさを抱えて

一人部屋で過ごします。

戻ってきたお兄ちゃんは

弟の機嫌を直そうと

ライトを使って

「あること」をするのです。

~~~

先に大人になるお兄ちゃん。

「家族よりお友達と遊ぶ方が楽しい」

そんな時期がやってきます。

私自身も、成長を喜ぶ半面

ちょっと寂しかった記憶があります。

この本のお兄ちゃんは

弟の気持ちを察して

「すごいもの」を見せてくれる

優しさと機転がありますね。

二人で夢中になれる時間を共有し、

弟くんもすっかりご機嫌で終わる

素敵な絵本です。

~~~

「ちょろりんととっけー」

降矢なな 作・絵

1990年/福音館書店

~~~

「ちょろりん」と「とっけー」は

とかげの仲良し兄弟。

ある日、兄のちょろりんは

おじさんの家に

行くことになりました。

遠い道のりなので弟はお留守番、

のはずが、、

こっそりついて来たとっけー!

二人っきりの冒険が始まります。

~~~

兄についていきたがる弟。

そのせいで

お兄ちゃんが我慢したり

トラブルに巻き込まれたりするのは

もはや「兄弟あるある」ですねウインク

でも、弟も「守られるだけ」の

存在ではありません。

この絵本では

弟のがんばりで

トラブルを乗り越えることが

できます。

 

~~~

いかがでしたか

今回は兄弟絵本の中での

兄・弟のパワーバランスが

前面に出ている絵本3冊でした。

兄弟がテーマの絵本は

ほかにもたくさん!

お子さんたち、そして親御さんが

絵本を通じて

兄弟それぞれの立場に共感し

お互いを認めていけるといいな

そう思いますピンクハート

 

気になる絵本はこちらから↓↓

※「なつのかいじゅう」は

現在品切れです。

図書館などで探してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、

絵本専門士のふじむらゆきこですあじさい

 

6月のことで

書きそびれていたお出かけの話。

 

雨の月曜日

午後に振替休がとれたので、

思い立って

岩手県は遠野市に

昨秋オープンした

「子ども本の森遠野」

に行ってきました!

 

 

古民家を改修して

圧巻の空間をデザインしたのは、

建築家の安藤忠雄さん。

 

この施設の特徴は「配架」

普通の図書館なら

日本十進分類という方法に沿って

本の種類を区分し、

その中で

作者名のあいうえお順に

本を並べますよね。

でもこちらでは

13のオリジナルテーマに沿って

さらに分類をして

本を並べてあります

 

↑ここは

4:動物が好きな人へ 

というコーナー

その中でさらに細かく

動物別に絵本をまとめています。

 

ですから、

ある絵本を読もうと思って探す

というよりは

気になるテーマの棚で

目にとまった絵本を手に取る、

そんな、

ここでしか味わえない

本との出会い方ができますニコニコ

 

ただ座って

頭上高く広がる絵本の森を

見上げるだけでも

癒されること間違いなし。

何回も何回も

通いたくなる場所でした。

 

現在、

新型コロナウィルス感染予防のため

事前予約での入館となります。

詳しくはこちらからどうぞ

↓↓

 

 

 

こんにちは、

絵本専門士のふじむらゆきこですあじさい

 

もう6月も末ですが、、

絵本の季刊誌

「この本読んで」2022年夏号が

2日に発売になっています!

 

様々な絵本を紹介するだけでなく

作家さんへのインタビューや

お話会のプログラム

遊び歌の紹介、

絵本を切り口に

子どもとの関わりを考える連載など

1冊まるごと絵本を楽しめるので

私もいつも購入しています。

 

ちなみに、

絵本専門士の方も度々登場して

絵本との関わりをお話するのですが

前回、今回と

同期で言語聴覚士の圓山さんが

療育現場での絵本活用について

お話をされています。

 

いろんな分野の方が

どのように絵本と関わり

どんな力を感じているのか知るのは

興味深いですねメモ

さらに

「異業種の話」で終わらず

必ず私たちにも使えそうな

ヒントがあるので

ーー絵本恐るべしーー

だなあと思います。

 

絵本をもっと知りたい方はぜひ!

 

 

 

 

こんにちは、

絵本専門士のふじむらゆきこですあじさい

 

祝日のない6月ですが、

たとえば梅仕事、

たとえば梅雨入り前の大掃除、

末日には夏越の大祓神社など

暮らしのイベントは盛りだくさん!

父の日も忘れてはいけませんベル

楽しんでいきましょうウインク

 

さて、

📙絵本探検部えとことば📙

6月の活動は6月18日(土)開催

詳細はこちらからどうぞ

 

絵本放談のテーマは

「絵本でみる家族の形」

2世帯3世帯の大家族から核家族へ

さらに

単身赴任などによる世帯の分散や

ひとり親、事実婚など

多様化していく家族の形にあわせ、

絵本での家族の描かれ方も

変ってきています。

今回はそんな家族の絵本を持ちより

語り合います!

 

コールデコット賞絵本を読む

課題本は

「ノアのはこ船」

ピーター・スピア作

 

聖書で有名なお話を

絵だけで語る美しい絵本。

読後は

ピースフルでいて

どこか謙虚な気持ちが

わきあがる良書ですクローバー

キリスト教の知識がないと

素通りしてしまうアイコンが

あるのではないかと心配で。

私も学びのラストスパートです。

 

盛岡市近郊の方、

ご興味がありましたら

ぜひご一緒しましょう爆  笑

遠方にお住まいで

このブログをご覧いただいた方は

絵本放談のテーマをもとに

絵本を探してみると

普段出会えない絵本に出会えるかも。

ぜひお役立てくださいスター

 

 

 

 

こんにちは、

絵本専門士のふじむらゆきこですクローバー

 

昨年からはじめた

絵本探検部えとことば

 

これまで

「子どもに」

「読み聞かせるもの」

だった私と絵本の関わりですが、

「大人と」

「より深く味わうもの」

として絵本を楽しみたいと始めました。

 

今年度より

月1回の交流会&勉強会として

2時間どっぷり

絵本に浸かってもらっています温泉

 

絵本放談

毎月のお題に沿って

おススメ本をシェアする交流会

 

コールデコット賞を読む

アメリカの権威ある絵本賞受賞作品の

絵について

その工夫や効果を探り

みんなで分析する勉強会

 

お陰様で先週5月21日に

2年目に突入しました!

 

絵本放談今月のテーマは

「絵本をもって外に出よう!」

みなさんのおススメを

一部ご紹介しますねニコニコ

◆◆◆◆

外に出たなら

思い切り体を動かしたらどうかな

と、Eさんが選んだのは

 

 

なるほど~~

見えます、見えますおねがい

城跡公園の緑地で

ヨガや太極拳をする人々にまざり

ぺんぎんたいそうをする子どもたち!

◆◆◆◆

今年は過ぎちゃったけど

桜の時期に読みたいな、

とSさんが選んだのは

 

 

風に舞い散る花びらが

印象的なこの絵本、

たしかに!

桜の木の下にねころんで、

実際の桜吹雪の中で

読んだら最高ですねラブ

◆◆◆◆

この絵本を、

古民家の縁側で

殻に閉じこもっているお子さんと

読みあいたいんです、と

Mさんが選んだのは

 

 

誰と、どこで・・と

具体的なシチュエーションまで

想定できるなんて

きっと大切な一冊なのですね。

多くのお子さんや親御さんに

知ってほしい1冊です。

◆◆◆◆

自然観察のお供ならこれ、

さらに自然のことを知るきっかけに!

とKさんが選んだのは

 

見つけた草花をすぐ調べる

あるいは

絵本で気になった草花を探しに

外に出てみる

どちらの場合でも強い味方。

植物図鑑は写真より絵の方が

全体を表せて解説できるという

メリットがあるんです上差し

◆◆◆◆

普段から

旅行先を決めるときに

そこで読む本もセットで考える

というIさんは

外=自分の日常とは違う世界

ととらえました。

 

 

普段目にしている世界を

普段とは違う視点で眺めると

いくつもの気づきがある。

あたたかい発見のつまった

この絵本を読むと

外に出て

世界の広さを感じたくなりますバス

◆◆◆◆

当初のおススメを変更して

「やっぱりこれを読みたい!」

とRさんが選んだ絵本は

先と同様に

「外」を屋外の意味のほかに

一歩踏み出した世界と考えての1冊。

 

怖いし恐れ多いし、、と

容易に近づけない存在に臆せず

交流をこころみた小鳥は、

自分も安心して子育てできたうえに

ライオンの孤独な心も癒します。

小鳥のさえずりをBGMに読めたら

さらに優しい気持ちになれそうです!

◆◆◆◆

◆◆◆◆

 

いかがでしたか?

昭和のカリスマ寺山修司は

<書を捨てよ町へ出よう>

と説きましたが

絵本をもって外に出るのも

オツなものですてへぺろ

そこでの絵本体験

普段とは違う空気、

周りのざわめき

日光のあたたかさ、、などの

五感とともに記憶され、

印象深い時間になることと思いますピンクハート

 

あなたなら

どんな絵本をもって外に出ますか??