受講生の体験鑑定8-4

テーマ:

8-4

 

数理法ではありませんが、まず宇宙盤を見てみましょう。

才3領域から第4領域に三角形が掛かる二位方です。

そして、命式に半会がありますので「昇型」、また対冲もありますので「風型」も併せ持っています。

二位昇型の意味

・人生の浮沈が激しくストレスが多い。何年かに一度は病気になる。子供なら非行に走りやすい。

(行動領域がそれほど広くないのに、内側と外側が膨らんでいるため)

・二位風型の意味

人生の理想型。無理が無く苦難も少ない。特に女性にとっては理想の型。信頼度が大きい。

 

ということで、お互いに矛盾した意味になります。

こういう所が、人生の苦しみの根源になっているということを、算命学鑑定では気が付かなければいけません。(どちらの質を出すかは、自分の意志で出来るので、人生の改善に役立つからです)

 

また、第3領域は現実性、第4領域は精神性ですから、この両方がバランスよく有りますので、考え方はどちらかに片寄るということはありません。

 

ここで、余談になりますが、宇宙盤と宗教について簡単に書いておきます。

宗教は当然精神性の強いものですので、宇宙盤の上半分に行動領域のある人は、宗教には普通の姿勢で接することが出来ます。

しかし、第2領域と第3領域にしか行動領域のない『現実』の人は、仕事なら現実(お金や物)を扱う金融機関や保険会社、建築・建設の営業などに向いていますが、精神性がありませんので、ある意味精神性(宗教的なもの)に憧れます。

つまり、そういった意味で心の隙を持って人生を送っているのです。

ここで、その精神性と現実が結びついた場合、この方たちは精神性かにのめり込んで行きます。

精神性をお金で買う、という現象です。(本人たちはそう思っていませんが)

多くの新興宗教は、自分の精神を高めるために、入門に際して多額のお金を寄進させます。

宗教の教義とお金が必ず結びついているのです。

ある意味、ものすごく真面目な人達ですが、現実的な人達なので、他人にもそのご利益?を強要します。

ですから、宇宙盤を見て、現実領域にしか行動領域を持たない人が、一定の宗教に嵌まっていたら、周りが見えていないので要注意と言うことです。

 

少し余談が長くなりましたので、続きは次回に。

 

いつもお世話になっております。A-9の「八門法と十大主星」で質問なのですが、

 

十大主星を点数をつけて陽占人体星図に埋めていくのは理解できたのですが、もし、5つの箱に星が入らず空白が出来てしまった場合どうすればよいのでしょうか?

例えば、テキストに載っている完成図なのですが、③の車騎、牽牛がなく空白になってしまった場合①、②、④、⑤で判断するのでしょうか? それとも、他の考え方があるのでしょうか?

あと、テキストの完成図の車騎と牽牛ですが、車騎4点、牽牛7点になっていますが、この場合点数の高いほうを優先してみていけばよいのでしょうか?それとも、両方加味して考えるのでしょうか?

最後に、点数が1点差の場合 もちろん点数が高いほうが優先されるとは思うのですが、例えば、玉堂12点、龍高11点になった場合、どちらも中心星とみるのでしょうか?それとも、玉堂を優先して 中心星は、玉堂のみと判断するのでしょうか? 

毎回、説明が上手く出来なくてすみません。宜しくお願い致します。

回答

ご質問はAコースの9に関するものだと思いますが、それでよろしいでしょうか?

十大主星を八門法の配置に直して、その人の行動パターンの個性を見るのですが、点数の出し方は理解されているようです。

空欄(命式に無い十大主星)は、そのまま空欄にしておいてください。

また、同質の星が同じ箱に入った場合の優先順位ですが、両方を同じように見ます。

同質の十大主星は、八門法で陰陽の違いですから、同じような現象になりますが微妙に違ってきます。

また、同点で最高3つの星が出ますが、その場合は、剋す方、または生じられる方の星を優先とします。

つまり、玉堂星も龍高星も中心星ということになりますが、やはり点数の高い方の星の現象が強く出るというように考えてください。

皆様こんばんは、葵です。

 

今日は11・12月の月曜日ワンデイ講習会のお知らせをさせていただきます。

 

講習内容については詳しく先生に別で書いていただきますので、

そちらをご覧ください!

 

まずは大阪!!

 

大阪は11月6日(火)十二大従星詳説

     12月3日(月)局法・格法詳説

 

十二大従星詳説は十二大従星が初年・中年・老年期とどこに出るとどんな現象になるのか、十大主星と組み合わされるとどうなっていくのか、かなーり詳しく見ていきます。

 

局法格法詳説はとくに難しいとされる格法を中心に深く学んでいきます。

 

奥義になりますので、通信講座がまだ途中の方はすべて送信させていただきますので、

お申し込みの際は補足欄にお書きください。

 

次に初の浜松!!

浜松は12月26日(水)大鑑定講習会

 

今回初めて浜松にて講習会を開催します。

内容は「大鑑定講習会」!

 

浜松講習会は初の開催!初めましての方が多いと思いますので、

みなさまからサンプルを募集して、鑑定しながら、その鑑定に必要な占技を補講していくという形になります。

日程は年末、12月26日です!(^^)!

 

1年のまとめの講習会、ぜひお越しください!

 

 

次に東京!!

 

東京は11月12日(月)子供のこと全部やります➀

    11月26日(月)基礎講座(数理法を読む)

    12月10日(月)子供のこと全部やります②

 

変な講習会タイトルですが、そのままです(笑)

 

子供のことを見る占技を全て抜き出し、子育てに悩んでいる人の鑑定、子供を陽転させてあげる手助けになるようにどう命式を見るのかなどなど、学んでいきます。こちらは通信生・ブログ読者一律16,200円です。

 

サンプルも受け付けますが、親子関係のサンプルのみになりますので、

お仕事関連のサンプルは受け付けられませんのでよろしくお願いします。

 

月の後半の講習会は基礎編「数理法」をやります。

徹底的に算命学の根幹を学ぶことにより、あらゆる応用に対応できる思考になっていただきます。

 

算命学を始めたばかりの方、算命学の講師になりたい方のための講習会です。

 

 

以下詳細です

 

大阪(出張費用が含まれます)

講習会費 メール通信講座生  16,500円(税込み17,820円)

       ブログ読者      21,500円(税込み23,220円)

場所 天満橋近辺

時間 10:00〜17:00(途中お昼休憩あります)

 

 

浜松

講習会費 メール通信講座受講生 15,000円(税込み16,200円)

         ブログ読者      20,000円(税込み21,600円)

場所 浜松駅近辺

時間 9:45~16:45(途中お昼休憩あります)

 

 

東京

基礎講座

講習会費 メール通信講座受講生 15,000円(税込み16,200円)

          ブログ読者      20,000円(税込み21,600円)

 

※子供のこと全部やります➀②は通信生・ブログ読者一律16,200

 

場所 新宿近辺 

時間 10:30〜17:30(途中お昼休憩あります)

(前後10分入退室の時間をいただいています)

 

 

お申し込みはこちら

https://goo.gl/forms/g9Cws0FaJ923Su013

 

 

ご参加お待ちしています(^^)/