アロマラウンジ (自由が丘)

■ アクセス  自由が丘駅北口から徒歩4~5分
■ セラピスト Syさん
■ 料  金  ラウンジVIPコース 90分 16,000円他

■ 施術レポート

p01_041


こんな画像から、失礼します。

別に、「アメリカ横断ウルトラクイズ」を意識した訳でも、「猿の惑星」を意識した訳でも、ありません笑。


昨年12月に寅次がツイッターで「どこか良い店は、ありませんか」、と呟いたところ、そのツイッター内に結構な数のDMが寄せられて…

本日の訪問店は、そんな中の一店…


それにしても、自由が丘って、全くの行動範囲「圏外」。
だから、店に対する予備知識は全くない。
店名も知らなかったほど・・・

でも…

新しい癒しがあるんじゃないか!?


ニューヨークへ行きたいかー!?

罰ゲームは怖くないかぁー!?



     ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


此処も、事前に「マンション名・地番」が、SMSで送られてくるシステム…


     ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

自由が丘駅北口。

自由が丘の街には、全く土地勘がない。
その昔は、東横線沿線に住んでいた関係上、毎日のように「通過」していたんだけど。

降りたのって、おそらく4~5年ぶり…

知り合いのセラピストが、自由が丘でお店を始めたので、その関係で、2~3度…


自由が丘駅北口からスマホ(Map)を眺めながら目的地へ歩を進める。
こうやって、下を見ながら歩いてると、人にぶつかりそうになる… 汗


歩きスマホはやめましょう! (笑)


教えられたマンションに到着、電話をいれ、部屋番号を教えてもらう。




Aroma Lounge  アロマラウンジ



こんにちは~


p01_051


絶句。
たぶん、ドアが開いた瞬間、こんな顔をしていたと思う あせる

私史上、過去のエステ訪問の中で、おそらく、3本の指に入るであろうルックス…
そして、ヒモクロスのTシャツの胸元を押し上げている豊かなお胸 ラブラブ

普段だったら、ガン見するであろう「お胸」よりも、やはり、その美貌に圧倒されてしまう。

そんな興奮&放心状態の中、手を取られ、部屋まで案内される。
何だか、手を取られただけで、手の平にじんわりとガマン、いや、汗が滲み始める。

部屋は…鏡がマットの頭方部と側面の2面に置かれている。
ソファに腰掛けて、お茶をいただく。

お会計。

はじめまして。Syです。
本日は、90分で、よろしかったでしょうか?


いや、よろしくないんだけど、当然のようにこの段階では、120分に延ばすことも出来ず・・・

割引後、90分 16000円。

それにしても、常に笑顔を絶やさない接客…
声質も上品で、心を和ませてくれる。

オプションの説明があったんだけど、ごめんなさい。
これぞ、まったくのウワの空
詳しく聞いてません。

つまりは、
+(プラス)4000円で、衣装チェンジとセラピスト独自のディープリンパが10分付く、という…

もちろん、お願いして、〆て、90分 20000円也。

シャワー。
服を着たまま、パウダールームまで案内され、そこで脱衣後、シャワーを浴びるらしい。
何となく、上気した気持ちのまま、服を脱ぎ、シャワーへ。
火照った躰を熱いシャワーで流し、火照りを鎮める。
標準T型を装着して、部屋に戻り、
再度、ご対面・・・


Marvelous!


うつぶせ。
この時ほど、「うつ伏せ」が勿体無いと感じたことはない ニコニコ

タオルを背中に優しく掛け、背中の水分を拭き取るような感じで、指圧が始まる。
上半身を手際よく済ませ、下半身へ。
太股部・臀部には軽く圧を、足首まわりは優しくふんわりと。

オイル。
ふくらはぎからオイル投入。
多めのオイルが、ふくらはぎを優しく包み込む。
オイルの温度のせいか、はたまた、彼女の掌から発する熱のせいか、ふくらはぎが、ポカポカとして、ジンワリと解れていく。
太股部。
やや強めの圧も心地よく、思わず、大きくため息をつく。

カエル。
まずは…
太股の裏を中心に、大量のオイルを流し込まれ、付け根付近、玉際めがけて、圧を進める。
次に、コマネチライン。
こちらも、ラインに沿ってオイルが流し込まれ、多摩川は氾濫状態…
そうして、ゆっくりと足を絡めてきて、彼女が状態を前に傾けてくる。
そう、悶絶タイムの始まり…
絡まった足がゆっくりと煽動を始め、掌の方は腰椎部から右半分の背面を半円を描くように、悩ましげな動きを刻んでいく。

反対側へ。
足を絡ませながら器用に彼女自身の体を右側から左側へ滑るように移動させていく。
反対の足も同様に進行していくも、カエルSKBの段では、先ほど以上の「癒しの波」が打ち寄せてくる。

気持ち、いいっす。
良かった…

そのひと言を以って、彼女の掌の動きに変化(ヴァーション・アップ)が見られ、「悩ましさ」をより一層、募らせる。


じゃあ、オプションの一部をやりますね

うつ伏せのまま、足を閉じさせられ、その足に跨った状態から、両玉際の狭い空間に大量のオイルを流こむ。

うぐぐっ・・・

もはや、「氾濫」状態じゃなく、完全に「溺チン」状態。
(足を閉じた)狭い空間を拡げようにも、彼女が跨っている状態では、ままならず・・・
そうして、その狭い空間に彼女の指先は奥へ奥へと侵入を試みてくる。

いやぁー、この「手技」、他では、あまりお目にかかれません。

何度も、「浸入」を試行されているうちに、段々と変な感覚が芽生え、息子は、声にならない声を上げる。

では、4TB、お願いします。

朦朧とした意識の中、4TBへ。
私の片方の足を彼女の両の足で挟み込むようにして、でも、掌はしっかりとSKBを流す。
その後、片方の手は玉際を、もう片方の手は、そのまま真っ直ぐ腹部を通過してCKB周辺までをトリートメント。

反対側も同様に施術した後は、お尻を優しく後ろに引かれ、彼女の膝上にランディング…
背後から彼女の両の手が伸びてきて、コマネチライン・デリケートゾーン・CKB周辺を縦横無尽に弄ぶ。
背中には、張りのある大きな膨らみを感じつつ、息子も負けないくらいに膨らんでいる。


横向き。
鏡の方を向いての横向き。
後ろから抱きつかれたような態勢からの、胸部・腹部・SKBのトリートメント。
いや、正しくは「抱きつかれたような」というより、「包み込まれたような」というのが正しいであろう。
そうして、途中から、彼女の足も参戦して-

今度は、彼女が私の前に回りこんでくる。
先ほどと同様に、「密○状態」を維持しながらの「移動」…まさに、神技(カミワザ)です ドキドキ

私の正面に「着地」する。
見つめる目と目…
触れ合う鼻先…
いささか、鼓動が強く・早くなる。
その体勢のまま、彼女は、ゆっくりと掌を動かし、デリケートな場所へと手を伸ばす。
そうして、優しく頭を抱きかかえられ、自ずと体勢が下方にずれ、たわわな果実が目の前に迫る。
…やがて、鼻先が、果実に埋もれる。。。

どれくらいの時間(とき)が経っただろうか。
心がほっこりとして、喉がカラカラに渇いている。
彼女の方を見上げると、神々しく優しい笑みを浮かべている…


仰向け。
頭部から。
もちろん、爆撃はたくさんあって。
その全てが顔面に着弾して、正直、オイルまみれ笑 ←これぞ、嬉しい悲鳴!
次に、彼女、私の腹部付近に向こう向きに跨って、足のマッサージ。
オイルにまみれた状態で、目を開けるのは些か辛いけど、眼前に広がる「Tな絶景」を見逃すすべもなく…笑

合掌!


手のマッサージ。
彼女の胸に掌を導かれ、腕のマッサージ…1mmも掌を動かすまいと努力したせいで、腕がパンパンに張ってしまった汗。


SKB。
私の股間深くに体をあずけ、

じゃあ、残りのオプションをやりますね

展開される超ディープなSKB施術。

うごごごぉーっ


その後、SKBの集中攻撃を終えた掌は、大きく旋廻を繰り返し、段々と北上していく。
私の息子には、いろんなものが衝突を繰り返し、パンパンに膨らみ、爆発寸前・・・


最後は、添い○みたいな体勢から、名残惜しげなクールダウン。

やがて、彼女の唇が、耳朶近くにやってきて、神のお告げを告げる。

おつかれさまでした ラブラブ


p01_000b


おしまい



あとがき

「神」施術 でした。

いや、自由が丘に降臨した「神」…

p01_061

まさに、『自由が丘の女神』です ニコニコ

マッサージをしっかりやって欲しい方には、やや不向きかもしれませんが(笑)、SKB施術・癒しを求める方には最高のパフォーマンスかと思います。
また、セラピストのルックス・接客態度も「パーペキ」です。

パーペキ・・・パーフェクトに完璧、という意味


実は、早々にリピしちゃいました あせる
部屋は、此処だけじゃなく、2回目は、南口1~2分の所に案内されました。
こちらは、ファミリータイプ・完全個室、というスペックです。


他にも、魅力的・魅惑的なセラピストが多数いそうなんですが。


ニューヨークへ行きたいかー!?

自由が丘へ行きたいかー!?

p01_062

おぉぅーっ!!




Data

◆部屋タイプ    ワンルーム・完全個室、他

◆施術スタイル   マット

◆制服        セクシーなミニワンピ(衣装チェンジ後)

◆紙ショーツ     標準T型

(※記事作成時の情報です。 誤り等がございましたら、ご指摘よろしくお願いします)


セラピストの容姿   ★★★★★

セラピスト・オリジナル
を含めたSKB施術  ★★★★★

自由が丘の女神    ★★★★★★ ←



エステの寅