今日の練習会



参加者

S8さん、Y1さん、K4さん、麦わら


気温2℃

天候 曇り小雪


風が冷たい🥶

体感温度は火曜日より寒い❄️。


1)S8さん

ジョグ4周


先週からの腰痛が酷くなったようで

今日は温泉♨️で癒やすとの事


2)麦わら

2周+3km '(13.5km ) 64:45 (4:48/km)


アップは全く動かなかったが

先週より僅かに速く+1km



3)K4さん


67:39(22:40 22:24 22:35)

とにかく寒いに尽きる練習会でした(寒い)との事


動きは良くなっているようだウインク



4)Y1さん

65:42(22:23 22:03 21:16)

寒い中、良く走れたそうだ

来週別大頑張ってください!

1)走ることは嫌いだが、生きるために走らなければければならないという義務感のAさん


2)走ることで得られるダイエット効果(=健康)というご褒美を目指すBさん


3)大会出場などの体験で感動(=旅を含む)したことが有り、それを楽しむCさん

 

 

多分、“新谷仁美選手は Aさんなのだろう

 

だからこそ、やりたくない事から逃げがちになる。


感動が無いなら、

走る事の未来が苦しいだけになる。


それは、きっと当たり前の事かもしれない。

 

 

一方、私を考えると

おかしな身体であっちこち痛いところがあるのに

私が今、ジョギングを続けているのはCさんだからだろう。


その先の未来に来る感動(大会参加or旅)を求めているからだろう。







私の注目選手の結果

長野県 
1)永原選手 1区 7km 19:41 区間新記録(区間2位)
柔らかいフォームなのでまだまだ伸びそう

2)吉岡選手 5区 8.5km 23:52 区間新記録

走りは軽いので長距離にも対応しそう
来年は三浦龍司選手と共に順大のエースか?

京都 
3) 佐藤圭太選手  3区8.5km 23:36 
区間4位

京都をトップに押し上げたが区間賞に6秒届かず
。走りに重さを感じさらにパワーに頼る感じなのでランニング効率が悪いように思われる
無駄にエネルギーを消費するため、長距離対応は厳しそう。
箱根駅伝の距離になると厳しいかも?


山形 
4) 菅野元太選手 →中学生

1区が予定外の最下位に沈み
区間8位 8:36
待ち時間が長く、冷えたのか?
動かず、伊藤真貴子さんの息子だけあり
腰高の良いフォームだが、疲れて来ると
まだまだフォームが崩れて来る


福島 5)増子陽太選手→中学生
6区 8:36
区間賞を取ったが、Timeは不満そうだった
身体も高く、既に大人の身体だし(→早目に大きくなった分、有利)
フォームも完成系なので
伸び代は小さいかも?

兵庫 
6)新妻選手3区 8分17秒で区間賞

兵庫を独走体制へ
まだまだ伸びそう

双子の弟が当日体調不良で出場出来なかったのは
残念


愛知 
7)近藤幸太郎選手
チーム順位が沈んでしまっていたためか?
箱根駅伝の疲れか?
凡走 区間9位 残念( ;  ; )