制限を超える旅∞自分に還る旅

制限を超える旅∞自分に還る旅

人間は魂の存在。魂のデザインを知って本来の自分を生きよう
私に、これまでの経験はギフトなのだと教えてくれた「ヒューマンデザイン」
次は自分が伝えたい…そんな想いで始めた学びを中心に綴っています
始めるのに遅すぎることはない…てなわけで、日々実験&観察中

NEW !
テーマ:

つい先日のこと、

 

自分の中で

答えが出ているにもかかわらず

あれこれ考えていたことに対して

 

怒涛のシンクロを通して

ビシッと答えを突きつけられるにしおかすみこビシッ

 

という、面白いことがありました。

 

べつに面白くないかあは♪あせる

 

 

 

とにかくここ暫く

思い出せないくらいたくさんの

シンクロが起きていたんですが、

 

 

中でも、ロンドンで

ヒーリング・プラクティショナーを

されている百合子さんのブログは

 

最近はお伺いする度

ほぼ毎回シンクロというあり得なさで

 

 

私にとってもメッセージに違いない!

有難いわ〜♡

と、勝手に思い込んでいたのですが、

 

 

 

その一連のシンクロのトドメが

コレ↓でした。

 

9月に8thアルバムがリリースされた

suedeの新曲 "Life is Golden" 

 

 

映像にsuedeの音楽世界がリンクして

観ながら涙がポロポロポロポロ…えーん。

 

 

ビデオの舞台はウクライナ、チェルノブイリ原発近郊の街プリピャチ

 

 

suede大∞好きなのに

予定が立て込んでたせいもあって

新譜が出たのも気づいてなかったゾあせる

 

 

遅ればせながら、新譜リリースの

インタビュー記事を斜め読みしていたら、

Voのブレット・アンダーソンが

こんなことを言ってたんですね。

 

スウェードは

不愉快なものであるべきなんだよ。

それこそがスウェードのような

バンドの存在意義だと思うんだ。

愉快なものにしようとしたところで、

それがハマることはないんだよ。

 

元記事:NME  2018.4.30

訳引用元:NME JAPAN  2018.6.5

 

 

あぁ〜わかる!

だから好きなんだよ♡

 

 

音楽やバンド自体の在り方への

強固な信念と価値観や矜持のようなものが

猛烈に伝わってきたブレットの言葉。

 

 

 

ひるがえって、

自分に例えるとどうだろう?

 

相手が誰であれ

これが自分ですと臆することなく

言えるだろうか?

 

 

そう考えた時、そうか

まだまだ変に思われたくない気持ちが

あったんだなと。

 

てか、

変に思われたくないって一体誰に?

 

 

自分で自分にOK出せているなら

それで十分じゃないか?

 

自分の価値は自分で決めればいいし、

 

自分が自分でなかったら

誰が自分になるんだ???と。

 

 

 

私などは

どうも変人の部類に入るらしく

 

世間一般?のモノサシから

ずれてると感じることも多々あるけれど、

 

 

自分の中でとっくに答えは出ていた

じゃないかと。

 

無理に人に合わせる必要はない

自分の気持ちに正直になればいいんだと。

 

 

何を今さらですが、ブレットの言葉に

目を覚まされる思いがしたのでした。

 

 

 

しかも、新譜にはご丁寧にも

こんなタイトルの曲まであったゾ。笑

 

Don't be afraid

if nobody loves you.こちらビシッ

 

数ヶ月もウジウジしてたせいか

まだ気づかないか!とばかりに

ビシビシと厳しいこと!にしおかすみこビシッ

 

 

 

そう言えば、

 

その前の晩に観た

BSPのプレミアムカフェ選

拝見 建築家の自宅(本放送は1999年)で

 

建築家の石山修武さんが

孤立するのを恐れるなと話してて

 

 

ここ半年ほど

人間関係の変化をジワリジワリ

感じていたこともあって

 

「孤立かぁ…」と勝手に反応して

苦笑いしてたのだった永沢くんあせる

 

 

 

さらに、

同じタイミングで観たこの動画も。

 

 

 

 

バレエダンサーのセルゲイ・ポルーニンは

前述の百合子さんに

教えてもらったのですが、

 

自分に正直にいてください

やりたいことに

正直でいてください

自分が何者であり何になりたいか

見失わないでください

それが真実の自分の姿

なのですから

 

エンディングでこの言葉を目にして

思わず、あぁこれもだ…と。

 

そう言えば

ポルーニンはウクライナ人だった。

 

 

 

私が腹を決めるまで、

手を変え品を変え、繰り返し

同じメッセージが届けられていたんだなと。

 

 

しかも、最後のほうはスパルタ式タラリ。

 

 

感謝を込めて

ガッツリ受け取ることにしました。

 

 

 

ーーーーーーーー

 

ちょうど自分の太陽星座の射手座が

木星に入ったタイミングでの

出来事でもあったのですが、

 

 

これまではほぼ感じることのなかった

エネルギーの変化を

 

初めて

しかもハッキリと感じて驚いたりと

 

なんだかよくわからないものの(笑)

面白い変化の日々を過ごしています。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス