猫とアロマと優しい花と

猫とアロマと優しい花と

2020年7月24日。16年間ともに生活してくれた愛猫ももちゃんがお星さまになりました。
未だ悲しみは癒えません。全てがも~ちゃんとの思い出。
も~ちゃんとの日々は私の人生の宝物です。

先月頃からエアコンからぱたぱたと小さな音が聞こえるようになった。

 

神経質なので気になって眠れない…。

 

と、ある晩、寝返りした時、驚愕の事実に遭遇。

 

なんと!!左ははっきり聞こえるパタパタ音が右からは聞こえない!!ガーンガーンガーン 

 

え何これ難聴??

 

普段は特段困らずに聞こえているがもしかしてこれは加齢による物か!悲しい悲しい悲しい

 

老いなら受け止めようぞ。が、難聴だったら放置したらよくないのでは?

 

と、結局重い腰を上げて2年ほど前に出来た綺麗な耳鼻科へ行って来ました。

 

若くて気さくな先生。 「鼓膜は綺麗です。一応聴力検査しましょう」

 

と言う事で久し振りにあの小さなお部屋に入って聴力チェック。

 

結果は問題なし。良かった~。

 

むしろパタパタ音が聞こえない右の方が若干結果が良かった💦

 

先生 「正直に言いますと」

 

なんだなんだその言い方めっちゃ気になる~~悲しい悲しい

 

で!!

 

先生  「同年代の方と比べたらむしろ良いです」

 

え~  やった~~  嬉しい~~。

 

先生 「50代くらいから下降線に入って行く方いるので。

 

Kさんは若者と同じくらい良いです」

 

るんるん。 一安心。 

 

「右耳も心配するような事は無いのでお薬も出しません。様子見で良いでしょう」

 

との事でした。

 

何故聞こえないんでしょうね、血流が悪いのかな?って言ったら

 

それもあるかもしれませんね。との事でした。

 

人体には不可思議な事が色々あるのね。

 

難聴じゃなくて良かった。加齢じゃなくて良かった💦

 

ほっとしたので最近オープンした四日市干物食堂扶桑店でお昼。

 

並んだ干物から好きな物を選んでお店で焼いてもらいます。

 

彼はのどぐろ・私はアジの干物を選び定食にしました。

 

干物・ご飯・赤だし・香の物、好きな小鉢一品

 

家で焼くの面倒なのでたまに食べるのは良いかな?

 

 

耳鼻科に行くまでは、加齢なので仕方ないですねと言われるのも覚悟だったけれど

 

安心しました。

 

それでもあちこちガタが来るお年頃。これからもゆるゆる生活しよう💦

 

 

彼がお土産で石鹼をいただいて来ました。

 

その石鹸がまるでチーズのようだったので

 

「この石鹸、チーズみたい、アルファルファがチーズだと騙されて石鹸食べて

 

歌ったら口からシャボン玉出たの知ってる?」と聞いたら

 

「アルファㇽファ自体知らない」って言われた😨5歳違うとそうなのか…。

 

皆さんはこのシーンご存じでしょうか

 

<ちびっこギャング>と言うアメリカのドラマの1シーンです

 

私は子供心にこのギャグがおかしくて、ずっと覚えていました。

 

字幕など読める年齢ではないので

 

吹き替えで楽しんでいたのだと思います。

 

 

 

そもそも字幕って何時頃からつき始めたのだろう。

 

『ザ・モンキーズ・ショー』も中学から高校時代に見ていたけれど

 

それも吹き替えだったような…。

 

 

懐かしいドラマや歌などはユーチューブで検索すると大抵見つかる…

 

良い時代になったものだな~。

 

☆さてさて昨日はも~ちゃんの月命日でした。

 

青いガーベラに惹かれて購入。シックなアレンジになりました。

 

 

も~ちゃんは何をしているかしら。抱っこしたいな~。

 

先日のも~ちゃんのお写真をツイッターのフォロワーさんがセピア風に加工してくれました。

 

素敵なも~ちゃんですラブラブ

 

 

 

 

 

 

先日の台風の時、お部屋に殆どの鉢を入れました。

 

猛暑で鉢の数が少なかったのが幸いで、お部屋に入れてもそれほどの

 

圧迫感も無く。鉢やラティスの移動で腰を痛めたため悲しい悲しい

 

大きな鉢はまだお部屋にいますあんぐり  

 

伸びすぎて枝が暴れすぎた黄梅・どうしたものか・・・

 

ガジュマルは成長し過ぎて鉢底から2メートルぐらい根が伸びていました。

 

(一昨年ぐらいに植え替えたはずだが…) 

 

ローズマリーもシマトネリコちゃんも伸び放題…あんぐり

 

 

と、まあ、この辺の大きな鉢の事はおいおい考えるとして、

 

鉢が無くなってがらんとしたベランダの大掃除を敢行しました。

 

まず、毎年ビオラやパンジー置き場になる木製の室外機カバーを移動(大変だった~)

 

そこに暫定的にブーゲンちゃんや紫陽花などを置きました。

 

室外機カバーは元の機能はすっかり失い、お花置き場として活用しているのですウインク

 

 

室外機カバーの下の空間はテラコッタ置き場。

 

結構処分したけれど可愛い物や個性的な物はやっぱり捨てられない

 

 

 

室外機カバーの下のテラコッタはネットをかけて目隠し。

 

 

大分汚れて来たフラワースタンド

 

何も置いていないとすっきりしてるね~。

ウッドタイルの下は泥だらけ…きっちり掃いて泥を片付けました

 

さっぱりしたベランダ。も~ちゃん生きてたらびっくりしただろうな…。

 

秋が来たらお花をたくさん買って来よう。お空のも~ちゃんが喜ぶように

 

またお花たくさんのベランダにしよう。も~ちゃん待っててね。

 

<ベランダガーデニングを始めた頃。2006年4月↓>

 

 

 

今辛うじて咲いているのはランタナぐらい…寂しいベランダ。

 

 

も~ちゃんいないと張り合い無いけれど、生きていれば色々な事が有るものね。

 

優しい彼と一緒にいられるだけで幸せだよね…。って自分に言い聞かせながら

 

今日も一日が過ぎて行く。