今日から7月に入りましたが、先月の6月に聴いた2つのとても心打たれた演奏会について書き留めておきたいと思います🎹💐🌿



どちらの演奏会も現在師事している渡邊順生先生とチェリスト酒井淳さんによるベートーヴェンシリーズでした🎵



蓼科高原にて♬






こちらはサントリーホールのブルーローズ♬



ブルーローズの演奏会では、⬆2つのフォルテピアノを使用、蓼科高原の会場では1795年製のホフマンのみでの演奏会でした。


ブルーローズではチェロ・ソナタ2番と3番を中心に、そして蓼科のほうでは1番・4番・5番を聴くことが出来ました💐


1ヶ月のうちにベートーヴェンの全チェロ・ソナタをオリジナルのフォルテピアノで聴くというなんとも贅沢な機会でした✨😃✨


特に、蓼科の会場はこじんまりしたログハウス風のホールでしたが、古楽器との相性が抜群に良く、身体中にダイレクトに音が伝わり本当に驚きの体験でした。(ベートーヴェンの時代はこうだったのかも!?)

そして、お二人の凄まじいエネルギーの交換にはこちらまで興奮してしまうほど…!✨😯✨

ベートーヴェンのゴツッとした荒さと、信じられないほどの美しく優しいメロディーが、胸をしめつけました✨😭✨


本番での演奏は一期一会とよくいいますが、まさにそれを体感できた感動的な演奏会でした🎵

先生ご自身で調律中♪


充実の時を過ごせた6月の演奏会でした💐


村田恵理

6月1日㈬〜6月3日㈮、3日間に渡るマエダファミリーコンサートが無事に終了しました🙌🎉


〈青森会場〉


青森市→むつ市→八戸市の3箇所を、毎日移動しながらの体力勝負の本番でした💨


コロナ禍でなかなか大きなステージで弾く機会が減ってしまっていた中でしたので、今回はとても有り難い3日間でした✨💐


〈プログラム〉



歌あり、室内楽あり、ピアノあり、大合奏ありの盛りだくさんでお届けした今回のコンサート💐🎻🎹
お客様もとても喜んで下さり👏、大盛況のうちに終了いたしました!


ソプラノ内田智子さん💞

柔らかで温かく、包み込むようなおおらかな歌声でした🎶👏


バリトン岡昭宏さん✨

艷やかでなめらか、豊かな響きで会場を包んで下さいました🎶👏




その他、シュトス弦楽四重奏団の皆さん、作曲家の内田勝彦さん、声楽家・ピアニストの金子眞知子さん、そして株式会社マエダの前田社長、スタッフの皆さんには大変大変お世話になりました!
どうもありがとうございました✨🙇✨

いつかまた皆さんとご一緒させて頂ける日を楽しみに…🥰
3日間ありがとうございました!
お疲れさまでした🙌🎉

村田恵理


日が迫ってまいりましたが、6月1日㈬・2日㈭・3日㈮の3日間に渡り第30回マエダファミリーコンサートが開催されます🎻🎹









今年で30回目の節目となるマエダファミリーコンサート✨

以前何度か私も出演させて頂きましたが、今回もとても楽しみにしています。

それにしても、3日間連続大きなステージで本番を弾けることは本当に有り難いこと…!😌✨
ホールの響きを充分に味わいながら、ひとつひとつの作品を大切に演奏したいと思います♪


入場整理券はマエダストアでお買い物をすると貰えるそうです👌
ご都合が宜しければどうぞお運びくださいませ🎶😌

村田恵理



今から2週間前のことになりますが、今年開催された第33回国際古楽コンクール〈山梨〉に初めて出場いたしました✨



過去の入賞者によるコンサート

本選会場の立川市〈chabohiba hall〉




今年はコロナウィルス感染症を考慮し、会場が山梨から東京に変更されました。

予選は府中市、本選は立川市で行われました🎹




自分でも、まさか今になってコンクールに参加することになるとは思いませんでしたが、この数年間フォルテピアノを勉強してきたことを、何かしら表現をしてみたいという思いはずっとありました。


そこで、今回はコンサートを開くことではなく、あえてコンクールという追い込まれる状況の中に身を置き、客観的に自分を知りたいと思ったのが参加を決めた大きな理由です😌


今年は鍵盤楽器部門(チェンバロorフォルテピアノ)とアンサンブル部門で、私は鍵盤楽器部門のフォルテピアノで参加しました🎹


課題曲はこちら↓↓↓




ちなみに、私のプログラムはこちら↓↓↓




予選ではバッハの平均律とデュセックのソナタを演奏しました。


実は、当日使用する楽器の事前試奏では、なんと異常に手が震え、本番でも手がガチガチでした…😨

他の参加者の皆さんが本当にお上手で素晴らしいので、とても感心しつつ、これは自分が本選行くのはかなり厳しいなと思っていました…😭


しかし!

予選でフォルテピアノの参加者から先ずは2名のみ本選出場者が選ばれ、私も有り難いことに滑り込みで入選…!🙌
(なんともう一人の本選出場者の加藤美季さんが最終的に第1位に輝きました㊗️フォルテピアノでは初の快挙だそうです!)

フォルテピアノでの本選行きはなかなか難しいコンクールなので、これは素直に嬉しかったです☺️✨



本選では私はC.P.Eバッハのフォリアと、ヴァイオリンの方とのデュオでクレメンティのソナタを演奏しました。

ヴァイオリンの出口実祈さんは前回のコンクールで2位になった方です✨
一緒に弾いていて彼女の素晴らしさにぐんぐん引き込まれ、おかげで本番はとても楽しめました!💞


チェンバロの参加者も含めた最終的な鍵盤楽器部門の結果、残念ながら私は入賞ならずでしたが、今回の経験で受けた刺激が今後の励みになりましたし、古楽の素晴らしさと奥深さを再確認し、もっと勉強していこう!💨という新たなエネルギーをもらえたように思います♬
そして…
いつもいつも熱心にご指導頂いている渡邊順生先生に心から感謝申し上げます。


とりあえず、コンクールは大変だったけど楽しかった!(笑)🙌✨
これからも自分に沢山のアンテナを張って感度を高め、益々精進していきたいと思っております📡📡📡

村田恵理



4月17日㈰に行われましたピティナ・ピアノステップ青森地区に、生徒の古川隆惺君(小4)が参加しました🤗🎹




本来は2月に行われる予定でしたが、青森県の急激なコロナウィルス感染拡大で2ヶ月延期され、ようやく一昨日無事に開催されました✨




初めてのステップ参加、そして、教室の発表会以外で初めて人前での演奏経験をした、初めて尽くしだった隆惺君🙌😄


沢山練習を重ねて迎えた本番では、思いがけず、手が震えるほど緊張した模様…!😂


でも…緊張してアガることは怖いけれど、本当はとても貴重な経験なのです😏👌


その時の一発勝負という厳しさは、ピアノを演奏する上で絶対に避けては通れないもの。


それを子どものうちから経験し学ぶことで、きっといつのまにか逞しくなっているはずです✨😉




サッと気持ちを切り替えて、次を頑張る!という隆惺君の意気込み✨💪頼もしいですね♬
素晴らしいです🙆

こうやって、ひとつずつ経験を重ねてまたがんばっていきましょう🍀🤗

 村田恵理