このたび、9年間教室に在籍していた生徒の板橋満帆子ちゃんが、3月のレッスンをもちまして卒業しました✨👩‍🎓✨




満帆子ちゃんは今から9年前、小学校3年生の時に私の教室に来てくれました👧


まだまだ小さな可愛らしい女の子でしたが、最初から全く人見知りもせず、すぐに私になついてくれたのが今でも印象に残っています💕


高校生の時にお引っ越しをしたため、弘前教室→盛岡教室に移り、併せて9年間、ほとんど欠席もなく、雨の日も雪の日も、元気に通ってくれました✨👏✨


満帆子ちゃんの "最後まで諦めず出来るようになるまでやり遂げる" という粘り強さと地道な姿勢に、私も沢山学ばせてもらうことがありました。


これからは将来の夢に向けて勉強のほうにシフトしますが、大好きなピアノはずっと弾いていきたいとのこと💕
私には一番嬉しい言葉でした!☺️


ピアノは何も「音楽の道」に進むためだけにあるものではありませんし、何かの "目的" だけに練習するものでもありません。

彼女のように、ピアノを「大事な友」として生涯楽しんでいくというスタイルも、とても素敵で理想的だなと思いました🍀😉🍀



これからも満帆子ちゃんの素晴らしい未来を応援しています🚩😃🚩

村田恵理

 



本日2月19日(金)、前回に引き続きアレコホールピアノ演奏体験会に生徒の大藤橙輝君(小1)が出演いたしました🎶







この演奏体験会では、1人15分の持ち時間があり、各々が自由に選曲して準備した曲を演奏することができます。



小学生~大学生が対象の企画ですが、年齢にかかわらず、1人15分という持ち時間は、特に小学校低学年のお子さんにとって本当に大変なことだったはず💨💦



それにも関わらず、かなりの緊張感の中で橙輝君は全力で5曲ほど演奏しました✨👏✨


プログラムは…♪

◉フンメル:エコセーズ
◉C.P.E.バッハ:ポロネーズ g‐moll 
◉フランク:人形の嘆き
◉マイカパル:つかの間の幻
◉エステン:人形の夢と目覚め



全部を短期間で準備してまとめるのは簡単なことではありませんでしたが、橙輝君の持ち前の集中力で、本番は無事に弾ききりました👏


橙輝君の最大の長所である求心力のある演奏をこれからも期待しています🎶☺️🎶







村田恵理
 




昨日2月11日、青森県立美術館の「アレコホールピアノ演奏体験会」に生徒の佐々木倫さん(小5)が出演いたしました🎵




昨日は体験会の初日で、新聞社やテレビ局のメディアの方も沢山いらっしゃいましたので、このイベントのトップバッターとして、倫ちゃんはとても緊張したことでしょう…!


それでも、人前で演奏することが大好きな倫ちゃんは、そんな緊張感さえもポジティブエネルギーに換えて、全てを楽しめたそうです😉✨



【2月12日(金) 東奥日報】



ちなみに、倫ちゃんの演奏曲目はショパンのポロネーズ op.71‐1  d-mollでした。

まだ練習を始めて1ヶ月余りでしたが、レッスンでは食い入るように私の手元や話を見聞きし、必死に頑張っていたのがとても印象的でした✨👏✨


私はこれまでに何度もアレコホールの定期演奏会には出演させていただきましたが、あの独特な響きと雰囲気での演奏体験は、子どもたちにとっても大変貴重な機会だと思いました。


これからもこのような素敵な企画が子どもたちの素晴らしい教育体験になりますように願っています🎶😌🎶

村田恵理

 





新年が始まり3週間が経ちましたが、東北地方は毎日のように厳しい寒さが続いています🌬️🌬️
皆さまにはいかがお過ごしでしょうか?🤗


さて、本日は地元の新聞「陸奥新報」に昨年の演奏会の講評記事が掲載されました。


書いてくださったのは、弘前大学教育学部の朝山奈津子先生です。

慧子さんと幸来さんには、とても励みになったことでしょう👊✨



昨年の演奏会の様子はこちら↓↓↓



この時から既に半年以上経ちましたが、いまだにコロナウィルスの感染拡大は止まらず、まだまだ長期戦が予想されます。

それでもやはり気持ちは前向きに、希望を持って日々を過ごしていきたいものですね🍀😌🍀


遅ればせながら…本年もどうぞよろしくお願い申し上げます🎹🤗🎹


村田恵理