寺久保エレナ 〜ニューヨークのサックス奏者の日々〜



週一のペースでのんびり更新して行きたいと思います。

 

次の宿題の曲を自分で決められると思っていたら、教授が決めるとの事でした。私は、Don Redmanの"Chant of the Weed"と言う曲について調べなさいと課題を出されました。

 

皆さん知っていましたか?Don Redmanと言う人を。Don Redman (1900-1964)は、Dewey Redmanの父、Joshua Redmanの祖父で素晴らしいビッグバンドアレンジャー&アルトサックス奏者(その他木管楽器)です。

 

1923年から27年まで、Fletcher Hendersonのビッグバンドのメインアレンジャー&サックス奏者として活動していて、3人のクラリネットのアレンジメントが彼のシグネチャーサウンドでした。この楽曲"Copenhagen"は、3クラリネットのアレンジメントが聞きどころです。

 

 

1931年に自分のバンド"Don Redman and His Orchestra"を結成して、録音した曲が今回の私の研究の課題曲"Chant Of the Weed"です。この頃は、ラジオ放送か普及してきた頃で、アメリカ中に自分のバンドを知ってもらうには、ラジオ放送は、とても良い手段でした。番組で誰のバンドが演奏しているかがすぐわかるように、それぞれのバンドに”テーマソング”がありました。この曲は、Don Redmanのテーマソングとして使われていました。20年代のフレッチャーヘンダーソンバンド時代の彼のシグネチャーサウンド、3クラリネットは、31年のこの曲のアレンジでは、サックスに代わっていて、今のビッグバンドのサウンドに近づいてきているのが分かります。Don自身をフューチャーし、ソロサックスも吹いています。

 

 

 
この曲は、有名なカートゥーン "Betty Boop”のオープニングでも使われていました。この時代は、アニメにもバンドが使われていて、豪華ですよね。
 

 

私のウェブサイトのメルマガをご登録の方は、毎月の最近の近況でお知らせしましたが、9月からマンハッタン音楽院に修士課程に通っています。

 

バークリーと比べ教科によっては宿題が多く、大変なこともありますが、とても勉強になっています。1クラス15人前後の小編成での教育なので、質問や発言もしやすく、とても楽しいです。

 

特に課題が多いのは、ジャズの歴史の授業で、今学期は、ジャズの起源(アフリカ)から1920年までのジャズの勉強を歴史背景と共に勉強していきます。先日は、課題のリサーチペーパーを提出しました。「1920年代のハーレムとJames P. Johnsonの音楽」と言う研究テーマの紙を書きました。そのプロジェクトがやっと終わり、次は、1920〜30年代のジャズの曲について10分間のスピーチを行います。まだテーマは決めていませんが、James P. JohnsonのCalorina Shoutにしようかなと思っています。時代背景と音楽を比べていたら、1900~30年のたったの30年間でのジャズ発展のスピードがすごいなと思いました。

 

ジャズ史①②③④とピアノ①②③④は、テストアウトと言って、最初にテストを受けて合格すれば修士課の生徒は、クラスを取らなくて良いことになっているのですが、私は、ジャズの起源〜1930年代までが弱かったみたいで、授業をとっています。とても楽しいです。ピアノと1930年以降の歴史は、合格したので取らなくても良いことになっています。小さい時からピアノ習っていて、今になって役に立ちました。

 

 

ハンバーガー食べまくりました!





他にも20レストランがバーガーを出店してましたよ!楽しすぎて、演奏の時間に遅れそうになりました😅😂ちなみにこれは、オープン前の写真でオープンしたら、チケットが300ドルなのにもかかわらず、人が山ほど来て、驚きました。バーガーの力恐るべし🍔 

実は、本番の前日の夜に本来演奏するはずだったドラマーから電話がかかってきて

 

「ワクチンを2回摂取したのに、コロナ陽性でした。」と。

 

鼻水が出るから、念のためPCR検査をしたら陽性だったそうです。本人は、元気と言っていました。

 

幸い、リハーサルも本番当日の午前中に予定していたので、濃厚接触はしていなかったのですが、前日の夜に慌ててドラマー探しパニック。老若男女、レジェンドから学生まで、電話帳に入っているドラマー順番に電話。笑 一番早くOKの返事をしてくれた、今回参加して頂いたマイクは、数時間で全曲練習してきてくれたので、本当に助かりました!

 

フェイスブックやニュースでは、「ワクチンを打ったのにコロナに感染した。」とよく見ますが、本当にかかるのですね。

 

私もそろそろ三発目打たなきゃ!

 

Smallsでの演奏