EP-Blog

EP-Blog

ご覧いただきありがとうございます。
ラジコンの情報や日記です!


テーマ:



各クロスメンバーは軽量化も考え、
一つが2役3役しています!
ネジの本数も少なく、非常に作りやすいです。



ボディーキャッチは
カーボンプレートを使用して取り付けます。

良くボディーキャッチのところだけ、フレームが割れてしまったりしますが、
このような構造になることで、ボディーキャッチの部分だけの破損で済む場合が大きくなります。



テーマ:
今流行りのフロントプーリーが大きい仕様です。

なので、ガイドプーリーは必須!


台座にピンを差して、
カラーを入れて、ローラーをつけて、上からまたクロスメンバーを入れるだけです!

カラーは段付きがベアリング側になるようにしてください!!


これで完成!

あとはフレームに取り付けてしまえば、
上下から抑えられるので、はずれません!


こんな感じに出来上がります!!

テーマ:
ダンパーはOリングが片側3個です。
70度で柔らかいと思いますが…
3個なので実際組み上がると固めです。

これが良いのか、3Dでも違和感なく、
またホバリングの安定感が凄く良いです!



ダンパーにはシリコングリスを塗っています。


メインローターが570mmなので、
スピンドルは耐久性もある8mmです!

スラストグリスにはモリブデングリスを使用しています。
最初は何も塗られていませんので、
グリスアップが必要です。

テーマ:
XL550の製作です!

XL520とXL550は、
テールパイプ、ベルト、テールコントロールロッド、
テールローターの長さしか変わりませんので、

XL520とXL550の参考になるかと思います。
説明書の手順で紹介します!

まずはヘッドから…



綺麗な削り出しで精度もかなり良くできています!


スワッシュプレートも赤アルマイトで綺麗です。
袋を開けるとこの状態で、一見出来上がってるように見えますが、
ボール等のネジは締まっていないので、
ネジロックなどを付けて、全てのネジを締めてください。
ヘッドも同様です!


グリップアームもワンポイントが入って、
ロゴも入って綺麗な仕上がりです。


グリップアームは溝があり、
グリップ側にはでっぱりがあり、ここに合うようになっていて、裏側からM3のネジ1本で固定します。

精度が良いので、
取り付けた後は一体型のように見えます!



テーマ:
XLPower製
DS747RS

520と550のスーパーコンボについているのですが、
スペックには700にも使用できますと書いてあり、
つけてみました!




修理は出来ませんが、
サーボギヤはパーツとしてあり、
サーボは9900円と安価です!

フィーリングも良く、
他と変えても何も違いがありませんでした!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス