自宅警備員のチラ裏日記

自宅警備員のチラ裏日記

 家内が病に倒れて介護が必要となり、早期退職して自宅に常駐するようになったおっさんの日常です。
 趣味の無線やバイクの記事を好んでお邪魔いたします。

 

2009年つま恋の一コマである。

それにしても、なんと豪華なメンバーであることか。

 

 

このステージの1ヶ月後、加藤和彦さんは軽井沢のホテル内で自死を遂げた。

友人にあてた手紙には「もう、やりたいことがなくなった」と記されていたという。

 

もう10年以上前のことだが新聞紙面の訃報を見て驚いたことを憶えている。

1/43シリーズに新しい仲間が加わりました。

メインに据えた黄色いやつです。

 

 

3,000円にしては相変わらずコスパの高いミニチュアです。

 

 

他の仲間とは毛色の違う車両なので少々浮いています。。。

先般、購入したフォークルのCD。

 

 

ビニール開封時には気づかなかったが、ジャケット冊子の間に「神の声」なるものが挟まっていた。

 

 

今しがた繰り返し3回読んでみたがイマイチ内容が汲み取れない。もしかしたらメンバーで精神科医の北山修さんが執筆したのであろうか。イカれた頭では理解不能である。

 

で、最後の、

 フォークルの「いないいないばあ」は、いつも「ばあ」がない

の一文から「今後は姿を表さないよ」というメッセージであったのだろうか。。