エンムブック2のブログ

テーマ:

 梓の憧れた兄は

  こんなことしないと、

 そういう思いだけが

 頭の中に
 繰り返しリピートしていた。
 一成は豪が梓に

 気を向けている

 間にと、

 豪のカッターを持つ

 手を掴もうとするように
 下から手を伸ばす。
 すると一成の動きに

 ハッとした豪が

 手の向きを変え、

 カッターが梓の目に

 刺さりそうに見えて
 一成は固まった。

 瞳にカッターが

 刺さるように

 見えた梓は悲鳴を上げた。
「きゃああああああああああ!!」 
「やめろ、

 梓を傷つけないでくれ!」
 血が身体から

 流れ出るような

 恐怖を一成は感じた。
「千堂、

 梓を傷つけられたく

 なかったら、

 自分は千堂だって

 認めて魂を交換しろ。
 さあ来い!」
 一成は頷いて小声で

 答えた。
「…頼む。

 先に梓を離せしてくれ!」
「ダメだ。

 霊肉交換してから

 お前が離せばいいだろ。」
「……わかった…。」

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ  
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
今日もご訪問ありがとうございます。

いいねをいつもありがとうございます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.