恵庭ニュージーランド協会

恵庭ニュージーランド協会

.   
 
恵庭ニュージーランド協会事務局
〒061-1444
北海道恵庭市京町80 恵庭商工会議所内
Tel (0123)34-1111
Fax(0123)34-0133

恵庭ニュージーランド協会は、生活・文化・スポーツ・経済等の交流を通じて、恵庭市民とニュージーランドのティマル市民との交流を深め、友好親善関係を促進することを目的として、平成15年3月7日に設立した市民団体です。



日本恵庭市はニュージーランドのティマル市と姉妹都市を結んでいますニュージーランド

こんにちは。恵庭ニュージーランド事務局です。

 

 

先日、第2回ティマル派遣者研修会が終了しました!

2回目ということもあり、前回よりもみなさん打ち解けていたような印象を受けましたニコニコ

 

 

実は前回、ニュージーランドや恵庭について調べてみよう!とちょっとした宿題を出していたのですが…

 

生徒がノートやスマホにびっしりとメモを用意していて事務局もびっくり目

生徒たちの視点や好奇心に筆者も刺激を受けまくりです…笑

全員で輪になりながら、調べてきたことを共有しました♪

 

 

後半戦は、英語のよく使うフレーズ練習や、自己紹介などをしました!

自己紹介練習には、今後の研修でも力を入れていく予定です

やっぱり最初の印象付けが重要ですからねメラメラ

 

最後に入出国カードの記入の仕方、持ち物の注意点などについて触れて、研修が終了しました。

 

しかし、学生から良い質問がたくさん出てくる出てくる…

感心するばかりです得意げ

 

 

次回研修は2/27の予定です!お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと更新できていませんでした…。

 

 

ご無沙汰しております。恵庭ニュージーランド事務局です。

 

今年も、2020年3月にニュージーランド・ティマルへ出発する3名の中高生が決定しました乙女のトキメキ

 

恵庭北高校 倉谷くん

恵庭南高校 脊戸さん

恵明中学校 長原さん

 

以上の3名が、姉妹都市ティマルに3週間滞在します。

 

3名とも今回が初めての海外渡航となり、緊張している様子でしたが、

昨日の出発前事前研修会では、緊張感の中にもわくわくドキドキ感があり、とっても良い雰囲気でした音符

 

 

 

 

事前研修会では、ティマル市のことやニュージーランドの文化のこと、

渡航にあたっての注意事項などについて研修を行いましたメモ

 

 

ニュージーランドへ出発する前に、

 

・英語で自己紹介。さらに、恵庭市(自分の住んでいる町)について少し説明できるようになる!

・ティマルのことをもっと知る

・恵庭市のことやアイヌ文化についてさらに知識を深める

 

最低でもこの3つは達成したいと思います!

 

 

では、次回の研修後に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさまこんにちは!


昨日11月18日(土)、恵庭市民会館にて
「H30年度恵庭市育成市民のつどい」が開催されました。

今年の3月にティマル市へ派遣された3名による、最後の帰国報告発表も行われました。



1年前、同じ場所で初めて彼らと出会い、初めて話した時、とても緊張していて少しおとなしい印象を受けたことを思い出しました。
 
しかし昨年とは比べ物にならない位、堂々としていてとてもかっこよかったです。

1年間本当にお疲れ様でした。


(左から、恵み野中学校2年 植田帆海さん、恵庭南高校2年 岡本歩さん、恵庭北高校2年 松井昂平さん) 


さらに、今年度のティマル市への派遣者も決定し、彼らの決意表明式も行われました。

恵庭北高校より、工藤愛菜さん(2年、女子)
恵庭南高校より、山石大介さん(2年、男子)
柏陽中学校より、稲尾陽菜さん(2年、女子)

の3名が選ばれました!!

随行者は、柏陽中学校の髙張陽子先生です。


出発日はまだ確定しておりませんが、研修会を重ね、出発に向けて準備していきたいと思います。



終了後、昨年度の派遣者と今年度の派遣者による募金活動が行われました。
ご協力いただきました皆様ありがとうございます。






オピヒ高校生が恵庭にやってきた翌日、

 

恵庭南高校と恵庭北高校に分かれて通学開始です。

 

 

恵庭南高校に通学したのは、ルーシー、アリーシャー、アーリヤー、エヴァの4名

 

恵庭北高校に通学したのは、ルイーズ、ジェシカ、エミリーの3名

 

 

 

それぞれクラスに分かれ、恵庭の高校生と授業を受けました鉛筆鉛筆鉛筆

 

最初は、緊張のせいか会話も少なかった高校生たちですが、やはり国は違えど同じ高校生です。

 

すぐにファッションの話や流行っているものの話で話も弾みますルンルン

 

 

英語の授業では先生として活躍し、習字や空手の授業では、実際に体験し日本の文化を学びました。

 

 

 

実際に体験している様子は「オピヒ高校日本語研修プログラム2018年のfacebookページ」でご覧になれます。

 

Opihi College Trip to Japan 2018左差し

 

facebookの検索画面より「Opihi College Trip to Japan 2018」と入力してもご覧いただけます。

 

お時間のある方は、是非チェックしてみてくださいOK

 

こんにちは!

すっかり肌寒くなり一気に秋らしくなりました紅葉

 

 

10月1日(月)ニュージーランド・ティマルより7名の高校生が恵庭にやってきました!

 

ティマルにあるオピヒ高校では、選択科目として日本語の授業があります。

今回、恵庭にやってきたのは、その日本語クラスのみなさんです音符

 

このオピヒ高校の訪問は、今回で6回目となり、第1回目は2006年に始まりました!

その後、2年ごとに恵庭を訪問しています。

 

 

今回恵庭にやってきた高校生を紹介します上差し

 

1番左から…

リボンルイーズ・リピン(Louise Rippin)さん 18歳・女性(高校3年生)

好きな食べ物:ドーナツ、お好み焼き、から揚げ

嫌いな食べ物:納豆

趣味・スポーツ:バスケットボール、読書、ホッケー、物語を書くこと

 

 

リボンルーシー・クーパーさん(Lucy Cooper)さん 17歳・女性(高校3年生)

好きな食べ物:焼きそば、寿司、ステーキ、野菜

嫌いな食べ物:なし

趣味・スポーツ:飛行機を操縦することが好き(飛行機の免許を持っています)、ホッケー、音楽、ハイキング、自衛隊に興味がある

 

 

顔ジェシカ・マーシャル(Jessica Marshall)さん 16歳・女性(高校2年生)

好きな食べ物:全部

嫌いな食べ物:きのこ

趣味・スポーツ:音楽、ムエタイ、読書

 

 

ハートアリーシャ―・ケリー(Allicia Kelly)さん 16歳・女性(高校2年生)

好きな食べ物:から揚げ、アイスクリーム

嫌いな食べ物:ラム

趣味・スポーツ:ネットボール、体操、ギターとベースを弾くこと

 

 

ハートエミリー・アクロイド(Emilie Ackloyd)さん 15歳・女性(高校1年生)

好きな食べ物:ケーキ、いちご、から揚げ、ピザ

嫌いな食べ物:玉ねぎ、ブロッコリー

趣味・スポーツ:読書、ネットボール、スポーツ全般、ハイキング、ベーキング、音楽

 

 

顔アーリヤー・フェントン(Aaliyah Fenton)さん 16歳・女性(高校2年生)

好きな食べ物:パンケーキ、焼きそば

嫌いな食べ物:オリーブ、エビ

趣味・スポーツ:キャンプ、水泳、冬のスポーツ、読書

 

 

顔エヴァ・ヴェン(Ava Venn)さん 14歳・女性(高校1年生)

好きな食べ物:チョコレート、ピザ、パスタ

嫌いな食べ物:卵、トマト、玉ねぎ

 

 

そして、第1回目から引率者として来恵しているエリック・リンドブロム先生です!

エリック先生は、オピヒ高校で日本語を教えています。

 

また、今回は、オピヒ高校の事務員をやっているキャシー・ワルシューさんも一緒に来恵されました。

(下写真の1番右)

 

 

今回、日本に来る際ちょっとしたトラブルがありましたアセアセ

 

9月末に日本列島を直撃した台風24号の影響で、オピヒ高校の皆さんが乗る予定だった東京→新千歳の飛行機が欠航となってしまいました。

 

急遽、羽田空港近くのホテルを予約し、翌日の振替便を取る為、空港で長蛇の列に並んだそうです…。

 

ニュージーランドからの長いフライトの後で、きっと相当疲れていたと思いますが、「トラブルも旅のおもしろさだよ」とエリック先生は笑って話してくださいました笑い泣き

 

 

 

到着した10月1日は、恵庭市内を少しだけ散策しました足足足

 

川と道の駅 花ロードえにわ

 

白扇の滝

 

他にもいろんな場所に連れて行きたかったのですが、悪天候の為この2か所のみの観光となりましたカメラ

 

 

 

以上、到着した10月1日(月)の様子でした。

 

次の記事からは、滞在中の様子をお伝えいたします乙女のトキメキ

7月4日(水) 第16回総会・第30回例会を「旬のお料理・釜めし いちえ」さんにて開催致しました音符

 

 

今回は、ティマル市から来恵中の学生3名にも参加していただきました!

 

 

 

 

そして、、、

 

今年、恵庭市とティマル市は姉妹都市を締結し10年を迎えました拍手拍手拍手拍手

 

 

ティマル市より、デーモン・オディ市長、パートナーのジニー・ヴィンセントさん、ティマル市議員のスティーヴ・ウィルズさん、姉妹都市委員会会長のバリー・スターさん、ティマル市役所職員のルース・クラークさん(通訳)も10周年を記念し、来恵されました飛行機

 

 

当日は、来恵されたティマル市のみなさんの歓迎会を開催し、多くの会員の皆様にご参加いただきましたキラキラ

 

 

 

 

原田市長よりご祝辞をいただきました。

 

ティマル市訪問団のみなさまです。

 

ティマル学生からも一言

 

 

短い時間ではありましたが、いっぱい飲んで、いっぱい食べて、いっぱい笑って、いっぱい話して…

 

とても明るく賑やかな歓迎会になりましたキラキラ

 

 

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

次は、10月にティマル市より7名の学生が恵庭市を訪問されます飛行機

詳しくは、改めてお知らせいたします乙女のトキメキ

 

 

みなさんこんにちは!

 

ようやく暖かくなり、ちょっとだけ夏らしくなってきましたキラキラ

 

 

7月1日(日)に、ニュージーランド・ティマル市より3名の学生が来恵しています。

 

 

 

ふんわりリボンアン・マリー・ベンセンさん

 

ジェラルディン高校・15歳

 

趣味は、絵を描くこと、体を動かすこと、バドミントンなどです!!

 

恵庭南高校に通っていますあしあと

 

 

 

 

ぽってり苺ソフィ・グラウンドウォーターさん

 

クレイグヘッド高校・16歳

 

趣味は、スキー、農作業(家に大きな農場があります羊)、カメラ、冒険、アウトドアです!

 

恵庭北高校に通っていますあしあと

 

 

 

 

キャップエイブラハム・ヒックスくん

 

ティマルボーイズ高校・15歳

 

趣味は、ギター、ピアノ、絵を描くこと、演劇です!!

 

恵庭北高校に通っていますあしあと

 

 

 

 

 

3名とも日本に来るのは初めてです。

 

慣れない環境で一生懸命頑張っていますグーキラキラ

 

もし、恵庭の町で見かけたら声をかけてあげてくださいウインク

 

 

 

帰国は、7月21日(土)です飛行機

 

短い滞在ではありますが、残りの滞在をケガ無く目いっぱい楽しんでほしいですねおねがい

 

 

2017年7月1日(土)~22日(土)

 

ニュージーランド・ティマル市より、3名の生徒がやってきます!!

 

今年で14回目となる「恵庭市青少年国際交流事業」ですが、

 

今までに150名を超える方々が、ティマル市より来恵していますチューリップひまわりやしの木

そのうち、80名以上がティマル市内の中高生です音譜

 

 

 

 

それでは、今年の夏、恵庭にやってくる3名の生徒をご紹介いたします。

 

 

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

 

 

 

ラブラブグレース・ウィリアムスさん 15歳

高校:ジェラルディンハイスクール

趣味:ピアノ、ネットボール、柔道、やり投げ、料理、旅行

「柔道を通じて、日本の文化や語学を学んでいます。」

 

 

 

ラブラブリサ・オウさん 17歳

高校:クレイグヘッドガールズスクール

趣味:絵を描く事、音楽、ピアノ、旅行、語学、バドミントン

「日本語は少しだけできます。」

 

 

 

グリーンハーツグレース・ピディントンさん 17歳

高校:ロンカリカレッジ

趣味:書く事、ディベート、バレーボール

「基本的な日本語を少し話すことができます。」

 

 

 

 

以上の3名が、恵庭市にやってきますキラキラ

 

3名は、恵庭市内でホームステイをしながら高校へ通います。

どこかで見かけた際は、是非、声をかけてあげて下さいウインク

 

 

5月25日(木)18時30分~市民会館にて

恵庭市青少年育成市民の会の総会がありました。

 

 

昨年度、ニュージーランド・ティマル市へ派遣された3名の学生も参加しました。

 

帰国後、2回目の帰国報告会です。

 

 

 

永岩香純さん「ニュージーランドまでの長時間のフライトはとても辛かったのですが、ティマルでの生活は本当に楽しかったです。クライストチャーチでは、震災後に建てられた仮設大聖堂や、被害を受けた学校跡地などを見に行きました。多くの日本人学生も亡くなっており、悲しい気持ちになりましたが、貴重な経験となりました。」

 

 

 

 

大野遥奈さん「最初は、全く緊張していなかったのですが、ホームステイ先へ近づくにつれ、どんどん緊張していったのを覚えています。ステイ先では、さまざまな種類の動物を飼っており、子牛の出産にも立ち会えました。ホストファミリーと過ごすうちに緊張もなくなり、帰国したくないとまで思いました。私が行ったオピヒ高校は、ほとんどが選択授業です。10名以下の授業もたくさんあり、日本の高校とは大きく異なると感じました。」

 

 

 

 

川崎葵さん「現在日本には、アルファベット表記の看板があふれており、ニュージーランドに到着しても海外に来たという実感が湧きませんでした。一緒にお寿司を作ったり、テカポ湖に連れて行ってもらったりと、ホストファミリーと過ごす時間が楽しかったです。学校での授業は、少し難しかったのですが、とても良い経験になりました。3週間という短い時間ではありましたが、非常に多くのことを学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

現地での写真カメラ

 

(左:永岩さん、右奥:大野さん、右手前:川崎さん)

 

(朝方に撮影した1枚)

 

(お世話になっホストファミリーや夏に恵庭に来る子供達との写真)

 

 

 

 

 

次回の帰国報告会は、

7月3日(月)に開催する「恵庭ニュージーランド協会 総会&例会」です。

 

国際交流に興味のある方もぜひご参加下さい!

(恵庭ニュージーランド協会の会員のみなさまには、追って案内をお送り致します。)

 

音譜お問い合わせ先音譜

恵庭ニュージーランド協会事務局

(恵庭商工会議所内)

担当:西山

 

 

 

ビックリマークお知らせビックリマーク

今年度、ティマルからやってくる学生が決定しました!

次回、写真付きでお知らせいたしますキラキラ

3月15日(水)恵庭市民会館にて

ティマル出発前の恵庭市長、教育長への表敬訪問がありました。

 

 

はじめに、今年度派遣者の3名と随行者が、自己紹介と出発に向けての決意表明をしましたキラキラ

 

永岩香純さん(恵庭北高校2年)

「初めて海外に行くということで不安はありますが、自分の進路を広げるため、たくさんの事を吸収し学んできたいです。」

 

大野遥奈さん(恵庭南高校1年)

「私も初めての海外で少し不安ですが、現地の方々とたくさんコミュニケーションを取り、英語の語学力を高めて帰国したいです。」

 

川崎葵さん(恵庭中学校2年)

「海外に行きホームステイをするということはなかなかない機会なので、この経験を無駄にしないよう、日本とは違う文化を肌で感じてきたいです。」

 

 

 

続いて、激励のお言葉を頂きました。

 

原田市長

「この事業が始まり、50名近くの恵庭の学生がティマルを訪れているが、みんなが口を揃えて『帰りたくない』と言っていた。それほど、ティマルは美しく素晴らしい街。言葉は通じなくても、身振り手振りでなんとかなる。目いっぱい楽しんできてほしい。」

 

 

穂積教育長

「私はまだティマルを訪れたことはないが、海外に行くことはとても素晴らしい経験となる。海外へ行き、初めて自分の住む町の良さに気付くこともあると思う。体には気を付けて行ってきてほしい。」

 

 

 

 

恵庭ライオンズクラブ寺下会長

「先日のライオンズクラブの例会で、派遣者のみなさんに決意表明をしてもらったが、とても素晴らしいものであった。最初は不安もあると思うが3週間過ぎたらきっとその気持ちも変わると思う。」

 

 

恵庭ニュージーランド協会土谷会長

「この派遣事業では、本当にたくさんの恵庭の子供たちを見てきたが、みんな帰国すると表情が変わり、堂々としている。ニュージーランドでの経験は絶対にみなさんの宝となる。恵庭市のたくさんの方々と支援により成り立っている事業だということを忘れず責任と自覚を持ち行動してきてほしい。」

 

 

 

恵庭市青少年育成市民の会一ノ瀬会長

「3週間の滞在はきっとあっという間に過ぎていくと思う。1分1秒を無駄にせず、色々なことに自分から積極的に挑戦してきてほしい。体調を崩さないように気を付けて帰国してほしい。」

 

 

 ・・・・・・・・・・・

 

 

原田市長や土谷会長らからいくつか質問がありました。

派遣者3名は、緊張しながらもきちんと答えていました音譜

 

 

歓談のあと、写真撮影をし、表敬訪問を終えました。

 

 

 

出発は3月19日です飛行機