2005-11-04 00:42:59

海外転勤

テーマ:番外編

今日、弟と久しぶりに会い、弟の転勤話しになった。

彼は、商社なので、海外転勤は外せない任務。

今回は、タイに転勤。


弟は、あっという間に、英語も話せるようになっていて、ビジネスで、毎日使っている。

(ちなみに、日本人同士の会議も英語なのだ・・・ちょっと気持ち悪いよね)

海外留学していたわけではないのに、毎日ビジネスで使っているからか、私よりレベルは

はるかに上になっているようだ。


やっぱり、毎日使う、その「使う」も「使わざるを得ない」状況は、成長させるものだ。

しかも、ビジネスでの使用だから、ブロークンじゃあ、お話にならないだろう。

ライティングは、「繰り返し」でかなり早く書けるようになりますよね。

ビジネスメールや企画書などは、数回作れば、コツを覚えるので、

早く、しかも洗練されてくるだろう。


ということで、「毎日続ける、使う・書く」ですよね。 

この毎日続けるっていうのが、本当に大変なんですよね~。


そして、今日の成果としては、

英語学校の宿題(ライティング×1回、センテンス(約30個)暗記×5回)

※ライティングは、1回目なので、辞書無し。 2回目は辞書ありで再度ライティング。

※センテンス暗記は、まだまだ50%くらいだ。 

あと1日で完璧にせねば・・・


どのくらいのセンテンスを暗記しないといけないと思います?

最初は、「ウソっこんなに!」と思いましたが、やはり暗記脳が少しずつ活動してきて、

以前より楽に覚えられるようになりました。

しかし、この学校は、「1センテンス毎に300回繰り返しなさい。そうすると英語の細胞になっていく」・・・と恐ろしいことを言ってますが、300回は絶対に無理

私は、30回がいいところです。

でも、300回繰り返したら、本当に英語の細胞になって、本当に自分のものになるのかしら??と思いますけどね。 

でも、それが現実に、可能な人はいるのかしら?? えらい大変ですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-02 18:08:59

2ケ月(以上)ぶりの更新

テーマ:番外編

8/23から全く、更新してませんでした。

怠けていた、だけでなく、更新気分じゃなくなっていたのです。


しかし、やっと更新気分になりました。


英語の勉強はと言うと、

先月(10月)中旬から、今まで休んでいた英語の学校(この学校は、英会話とかではなく、

英語のお勉強の学校)に復帰しました。

この学校は、「真面目に勉強する人のみ」を生徒にしていて、物凄いスパルタなのです。

先生は、日本人で、英語を理論で教えてくれて、今までの勉強が間違えだった・・・と思うような

感動を味わいました。

しかし、スパルタを好まない人や外人とただ会話したーいって思っている人には、向きません。

私はものすごく怠け者で、自分だけでは、サボってしまいます。でも、英語の上達はしたいので、外部からの圧力が無いと、ダメなんですよ。

この学校は、宿題はものすごくあるし、授業はメチャクチャ緊迫した雰囲気で、「あくび」なんてする暇ないくらいのスピードで、私のような怠け者で、しかし英語の勉強をしたい!と思っている人には、向いてます。 

だから、本当に「やる気」が無いと、入学も出来ないし、仮に入学出来たとしても、ビックリして辞めちゃうと思います。先生も生徒も「やる気」がみなぎり、ちょっと恐いくらいです・・・


そんな学校を3ケ月くらい休んでいましたが、復帰しました。

身が引き締まった感じです。


この学校の宣伝をするつもりは無いんですが、キチンとした、ちゃんとした英語を目指す人、

ただの英会話だけでは物足りない人にはお奨めです。

レベルは21もあるので、低い人も高い人もOKです。 

あの学校行ってれば、同時通訳、目指せますよ。


あの学校に行って感じたことは、

「日本人は文法が得意」と言いますが、本当にそうなのだろうか?ということです。

文法を正しく理解してスピーキング出来る人ってそんなにいない様な気がします。

もちろん、友達同士の会話や挨拶程度のことを言っているのではありませんが・・・

ここでいうスピーキングは、ディベートくらいのことです。

といっても、ビジネスだけでなく、自分の意見を言うということですが・・・・


わかっちゃいるが、口に出るのは、かなり「ブロークン」なのでは???

また、ライティングにしても、かなり小学生の作文程度になってしまわないだろうか。。

気の利いた言い回しや、大人のライティングって結構難しいものですよね。


エラソーに書いている私自身も、かなりブロークンで、小学生作文でしたが、

この学校で、「やばい、相当バカだと思われていたに違いない」と今になって赤面です。

NYに居た時は、何しろ自分の言いたいことを言うのに必死だったので、インテリジェンスや

大人の英語みたいなものは、「いいや・・・」と思ってましたが、

確実に、「チープな英語を話す人」と思われていましたね。

でも、そんなこと気にしないで話すことが重要だ、、、ということはわかりますが、

それが出来る人は、それだけに留まらず、いかに「ステキな英語」がしゃべれて、書けるかが重要なんじゃないでしょうか。


いわゆる英会話(such as NOVA)などとは、考え方が違うので、比較にならないですが、

私は今まで英語を勉強してきた中で、一番の学校でした。 (NYの学校も含む)



疑問・・

いわゆる英会話って、外人には慣れるだけではないか・・・とも思います。

挨拶やちょっとした会話だけで、ちゃんとした英語(ブロークンじゃなくて、)が身に付くのだろうか???

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-23 23:53:15

シャドーイング

テーマ:今日のスピーキング

またまたサボってしまいました・・・


1年ほど前に購入したアルク「リピーティングマラソン実践コース」を思い出した。

ほとんど手付かず状態(とてもキレイな状態です)になっていたテキスト&CDを使わなきゃ!と

思い、目を通した。

Vol.1-6までのテキストブックだが、VOL6が総括のようになっているので、

Vol6の「ビジネスウィーク」を始めることにした。


まずある程度絞り込んで(選曲)、iPodに入れ込んだ。

テキストを見ず、シャドーイング開始。

シャドーイングは、早いスピードのものは、着いていけないが、このテキストは、

それほど早くは無いので、ギリギリって感じだが着いていける。


ヒアリングマラソンは、ヒアリングがメインなので、シャドーイングをするには、かなり手強い。

だが、リピーティングマラソンは、なかなか良い。

基本的に、ヒアリングの目的であれば、これは遅すぎるし、それほど複雑な表現が無いので、

かなり初心者向き。 

だが、スピーキングには最適だ。

このテキストを見ないで、リピーティングすれば、英語のイントネーションがそのまま入ってくる。

実際のスピーキングでは、それほど複雑な表現などしないので、(もちろんビジネスシーンなどは別ですが)、このリピーティングマラソンを覚えれば、かなりOKって感じだ。


なので、私は、このリピーティングマラソンを使い、

・シャドーイング 

・暗記

することにした。

シャドーイングは、声を出して、口に英語の筋肉がつくくらい、繰り返す。

暗記が何故でてきたか、、と言うと、

10年前くらいに発売されたベストセラー「超!勉強法」が、たまたま整理していたら、出てきて、

再度読み返したところ、著者曰く「英語の勉強」は、

【まる暗記】と断言していた。

わたしも、同感だ。

でも、これは、なまっちょろい暗記ではない。

例えば、「教科書全部暗記」とかだ。

だから、1センテンスを暗記なんていうことではない。

でも、暗記はすればする程、脳の暗記脳が活発になり、早く暗記できるようになる。

(というのは、私の持論だが)

脳は、使えば使うだけ、良くなるのだ!

実際、年を取ると、脳が働かないってよく聞きますが、それは、「使ってない」から

脳が活動してないからだ、、、と思う。


だから、

脳は使うべし!

だって、人間は、脳の数パーセントしか使ってないって言うじゃない。

だから、相当使っている人でも100%なんてありえないのですよ。

(たしか、アインシュタインだって数パーセントっていっていたような・・・間違えたたらゴメンナサイ)


ということで、今日のシャドーイングは、下記を覚えました。

(まだ暗記は出来てませんが)


A: So how did the job interview go?

B: I think I blew it. It started our OK, but I got nervous and talked too much.

Naturally, I wanted to make a strong impression, so I should show I had a lot of confidence, you know?

But I got carried away, and went on and on about my abilities. I think I just ended up sounding like

a phony. I forgot the most important rule about interviews - be yourself.

At the end they said they were impressed by my qualifications, but I don't know they meant it, or if they say that to everyone.

I doubt I'll get the job, though.


<words>

blow it: (チャンスなど)を台無しにする

get carried away: 我を忘れる

go on and on about - : -についてしゃべりまくる

mean: -を本気で言っている

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-08-10 01:02:37

今日の単語

テーマ:今日のレッスン(単語編)

ミニです。

やばい、筆不精が全面に出ている。 これではブログ始めた意味が無い!

 毎日=勉強=ブログを書く

という当初の目的があっさりと崩れている・・・・ 早すぎる!!


気を取り直して、少なくとも、今日の単語だけでもやることにします・・・・


前回の単語編の「辞書選び」 で紹介した

LONG MAN Dictionary of COMMON ERRORS

から抜粋します。

この辞書は、普通の辞書ではなく、間違えそうな単語の使い方を丁寧に紹介してます。

すごい便利ですよ。

(1) actually-1 (adv)

<NG> I never get bored with this city, Actually, each time I return find something new to interest me.

<OK> I never get bored with this city, In fact, each time I return find something new to interest me.


⇒When actually means 'in fact' , it is usually used to correct a misunderstanding:

" People think we've got lots of money, but actually we're quite poor."

" I'm sorry to have kept you waiting. - Well actually I've only just arrived."

When you simply want to develop a previous statement, use in fact or as a matter of fact:

"The winter of 1940 was extremely bad. In fact most people say it was the worst winter in living memory."

"The company is doing very well. As a matter of fact, our sales have doubled."

(2) actually-2

<NG> We need to produce and export more than we do actually.

<OK> We need to produce and export more than we do at present.

⇒When you mean 'at the present time', use at present, at the moment or currently(NOT actually):

"At Present the company is very short of staff."

"At the moment I'm working part-time in a travel agency."

(3) add

<NG> The other ingredients are then added into the mixture.

<OK> The other ingredients are then added to the mixture.

add something to something (NOT into):

"They are demanding that a new clause be added to the contract which will give them a share of the profits."

"When a prefix is added to a word, you make a new word."

(4) afford

<NG> My father couldn't afford paying for my education.

<OK> My father couldn't afford to pay for my education.

afford (to do ) something;

"Not many couples can afford to run two cars nowadays."


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-03 22:12:18

ペーパーブック

テーマ:読者の時間
ミニです。 今日も勉強ネタでは無いのですが・・・ (でも勉強と言えば勉強かも)

今日は、読み始めたばかりのペーパーブックの紹介をします。

基本的に、読書の場所は、電車の中です。 ですので、知らない単語があっても辞書をひきません。かなり流し読みの箇所もありますが、最近は意外とすらすら(?)読めるようになりました。 (ちょっと言い過ぎ!)

まぁ、といっても、自分の興味のある本のみですけどね・・・・

たまに、自宅で読む場合、辞書を引くんですが、辞書を引いていると勢いが途切れてしまい、あまり進みませんね。 でも、知らない単語をずーとほっくほも良くないですよね。(そういう単語が沢山ありすぎるかも)


現在、2冊読んでいます。

〔1〕 大好きなドラマ「Sex And The City」  のペーパーブック。 

「Sex And The City」 An Unofficial and Unauthorised Guide to Every Episode of Sex and the City
オリジナル版ではなく、TV版の内容です。すごく読みやすくて、実は、4度くらい読み返しています。

I'm obsessed with it. すっごく面白いの。

また、別の理由は、このブログとは別にSex And The City  についてのブログを作ってます。

Because I have the other brog that I write about "Sex And The City". So I enjoy reading it.

I post scripts written by me, which helps me improve my English. Pleas check it out !

ドラマのSex And The City を見ている人なら非常に面白く読めます。(英語もそこそこですので、読みこなせます) ドラマを見てない人は、小説ではないので、内容を guess するのはちょっと難しいかも。

If you have yet to watch the drama "Sex And The City", it is a little bit difficult to imagine it.

Jim Smith
Manhattan Dating Game: An Unofficial and Unauthorised Guide to Every Episode of Sex and the City

(2) 昨日から読んでいるんですが、全くテイストが違う本です。かなり古い本です。

Haruki Murakami 「Underground」

約10年前に起こった悲劇「地下鉄サリン事件」について。

なんとなく、日本の作家の英訳が読みたくなり、定番ですが、村上春樹さんの作品を選びました。

彼の本はかなり英訳されていますが、この 「Underground」数ページ読んでひきこまれてしまいました。

今や、なんとなく、忘れてしまいそうな事件でもあるし、また最近テロの被害も相次いでいるので、

興味がありました。

この本は、サリン事件に関わったしまった人達(被害者)のインタビューが綴られています。

正直、電車の中で読んでいたんですが、息を呑みました。

感動というと、ちょっと違うかもしれませんが、涙が出そうなインタビューもありました。

まだ、読み始めたばかりなので、全て読んでいませんが、読むのが辛くなるような気がします。

At the time, the tragic incident ,which was the tokyo gas attack, was announced all over the world.

By the time 9/11, I thought that was the worst terror attack in the world .

Now that there are lots of terror attacks such as 9/11 or London terror attack, we have to be carefull. But I don't know how..... you know? In addition, we are always afraid of earthquake.

What am I supposed to do? Nobody know except...... you know what I mean? Oh gosh!

でも、この本は、わかりやすい英語ですので、すらすら読めますよ。

Haruki Murakami, Alfred Birnbaum, Philip Gabriel
Underground
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-08-02 11:59:03

使ってはいけない英語

テーマ:番外編
ミニです。
随分ご無沙汰してしまいました・・・
今日は、本の紹介。
3年くらい前に発売された本なので、それほど新鮮ではありませんが、
「使っていけない英語」という本。 
内容は、
・丁寧に言ったつもりが失礼千万になる表現
・本来の意味とは違うカタカナ語の危ない使い方
・よく知っているつもりのフレーズの落とし穴
・陥りやすい単語の誤用。それっを言うなら・・・
・こんなニッポン英語はネイティブには通じない
・日本語感覚の英作文がじつは失敗のもと
・・・・・・
とまだまだ続きますが、要するに「英米人にひんしゅくを買わないための英語」ということです。
まだ、読み始めたばかりなので、全て目を通してませんが、
「間違えてたかも。間違えそうだな」と思ったものを何個かピックアップしました。
※本来、ピックアップも日本語英語で英語としての意味は違いますよね。。
一応、
pick up:拾い上げる
pick out: 選び出す
なので、本当は、ピックアウトしました。 なんだけど、もうピックアップで日本語英語が確立しているから
それを直すのも変ですよね。でも英語を話すときは要注意ですよね。
(1) Would you mind....?
ものを頼むときの Would you mind....?が、慇懃無礼になる場合とは?
両手に荷物を抱えながら「ちょっとそこをどいてくれない」と道をふさいでいる人に声をかけたいとき、
Would you mind getting out of my way?
といったらお間違え。丁寧な言い方にはならないということです。
Would you mind...?をあまり簡単な頼みごとに使うと、とても慇懃無礼な感じになるんだそうです!
日本語にすると「申し訳ございませんが、道をお空けくださいませんかねぇ」と、嫌味たっぷりな調子になるそうです。
良い例は、
Could(Would) you move out of the way? 〔道を空けてくれない?)
と、簡単なことを頼むときは、
could you/would you ...?ではじめるシンプルな疑問文を使うのが鉄則なんですって。
⇒丁寧になると思って、よく「Would you mind....?」を使っていたので気をつけようっと!
(2)....ot not? は返答を急がす嫌味っぽい尋ね方
Are you interested or not?
or not の言い方は、相手の返答を急がす、ちょっと嫌味っぽい
ニュアンスがあるということです・
日本語にすると「興味あるの、それともないの、どっちなの?」のように聞こえてしなうらしい。
ですので、or not を取れば問題解消します。
Are you interested? (興味ありますか?) でOKです。
⇒私は、上記のような質問をする時は、or not はつけませんが、
whether構文の場合は、or not を使います。この場合は、使ったほうがより分かりやすい気がするんですけどねぇ。。どうなんでしょうか??
(3)For your informationはケンカを売っていると思われる?!
「念のために申し上げておきますが・・・」などの感じで使う for your information ですが、
ケンカを売っていると疑われるらしい。。。
For your information, I've decided not to go.
日本語にすると「ひと言注意しておきますけどね。私は行かないつもりです」と聞こえるそうです。
良い例は、Justをつけるとベターということです。
for your information,I've decided to go. にすると
「念のため注意しとくけど・・・」となりやわらかい言い方になるそうです。
または、
I'd like to let you know.....
I'd like to tell you that....
などです。
⇒私は、For your informationは、ほとんど会話では使いません。
メールなどで知っておくと便利な情報なdを流す時、「FYI 」と略して使います。
FYIはビジネスでは必要な用語なので、この使い方は、ケンカ売っているとは思いませんが、、、、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アマゾンでの読者感想の欄を読んだところ、ある人は、この本に疑問付をつけてました。
理由は、英語は今やグローバル言語となっているので、どこの国をネイティブとするのか、ということで
この本には偏りがあると指摘してます。 
⇒私もこの指摘を読んだら、少し納得しました。 というのは、英語の基準は全てアメリカ・イギリスという
偏見ですよね。英語は、彼らだけの言葉じゃないし、例えばシンガポールなんて英語だけど、かなり使い方も発音なんかもちがいますよね。 
でも、欧米偏重気味の日本人としては、英語コミュニケーションする上で、「間違えたらどうしよう・・失礼か・・と
と不安になり、会話が出来ないような気がします。
そんなこときにせず、自分の英語を話せば良いのに、、とも思いますけど。
私も、ニューヨークに居た時は、間違えようが失礼だろうが、会話しないと成立しないので、おもいっきりブロークンイングリッシュでしたが、今より、とっさに会話が出来たような気がします。
でも、日本にいると、ダメですよね・・・ 日本人って、日本人を意識しませんか?
同じ日本人に間違えを見つけられるのが恥ずかしいとか思ったりして。
ディビッド・A. セイン, 長尾 和夫, David A. Thayne
使ってはいけない英語
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-26 23:41:24

ヒアリング

テーマ:今日のレッスン(ヒアリング)
ミニです。またまたサボってしまいました。 
さて、ヒアリングとスピーキングのどっちが大事?
もちろん、両方大事なんですが、スピーキングは一方的に話してしまえば、
相手がネイティブなら会話は成立するけれども、ヒアリングが出来なければ、会話のやり取りが出来ない。
ということで、ここではヒアリングと言っておきます。 (本当は・・・・)
それにしても、ヒアリングにはかなり苦労してます。
私って難聴じゃないか。。。と思うこともよくあります(笑)。
よく「聞き流すだけで~」ってありますが、聞くだけでヒアリングが出来るようになれば、
誰だって英語が聞き取れるようになるはず。 ありえませんよ!
努力なくしては、英語は無理なんですから・・・
あと、マジックリスニングとか言うのも聴いて見ましたが、ほとんど意味なかったです。
日本人の耳は、高い音をカットしているらしいのです。 理由は日本語にはそのような音がないからだ・・
ということです。 そこで、クラシック音楽など幅広い音域のあるものを聴いてその音をつかむ、、といったような
ことですが、理屈は理解できましたが、結果としてはどうなのか?? 
よく「ある日突然、霧が晴れたように英語が聞こえるようになった!」という留学生の話を聞きます。
もちろん、人によっていつまでたっても霧が晴れない人もいるようですが。。
それは、3年で来る人もいるし、10年経っても来ない人もいるようです。
もちろん、年齢も比例するのかもしれませんが、努力が一番比例すると思います。
さて、「聞く」ことは悪くは無いですが、音楽のように聞き流すだけは、全く意味ないと思います。
清聴してこそ、意味があります。
私は、ヒアリングに大事なことは、やはりディクテーションだと思います。
細かい部分まで聞き取ろうとしますし、何しろ文字で書くというのはとっても役立ちます。
そこには、文法・構文などたくさん出てくるので、「あー、この人ってこういう文法使っているんだ」なんて
思ったりもします。
ある人は、ヒアリングを伸ばすには、ライティングだ、、、と言ってました。
これも同感です。 やはり、自分で文章の構成などしてみて始めて、英語がわかる・・・ってことですよね。
英語を聞き流しているだけじゃ、理解できませんよね。
あっ、でも子供の脳には、聞くだけでも良いんじゃないでしょうか。 うらやまし~な。
大人のカチカチ脳には、体得は無理ですけどね・・・
ヒアリング力をUPするための、ディクテーションですが、
私は、今のところNHKビジネス英会話を使ってディクテーション してますが、英語の会話ならなんでも出来ますよね。
先日友人からアルクの1000時間ヒアリングマラソンを数冊借りたんですが、今度はこのどれかをディクテーションしてみたいと思います。
私の場合、何度も聞いてやるので、スピードはディクテーションには、やや速めでつらい、と感じるくらいのものを選んでます。 自分に鞭打ってますが、やる回数が少ないんだよね。。。 もっと量をこなさないと!
さてさて、今日は、Toeicのヒアリングの問題を少しやりました。
私がやっている問題集は、本来のTOEICのテストのヒアリングよりややスピードがあります。
これを聞いた後、TOEICのテストを受ければ、ゆっくりに聞こえるような気がするので、
あえて、スピードのあるものを選んでます。
そのヒアリングの中から少し単語・イディオムを書き出します。
(1) divest :(v) <TECHNICAL> if you divest something such as a company or an investment, or if it is divested, it is sold or gotten rid of
*divest somebody of something : to sell a company or an investment
(ーから除く)
(2) grind :(v) into small pieces
grind-grind-grind
(3) could use : if you say you could use something, you mean you would really like to have it.
(4) shed :(v) get rid of, drop, take off
shed-shed-shed
(5) dominate :(v) to control someone or something, or to have more power or importance than them
(6) applicable :(adj) affecting or relating to a particular person, group, or situation
*if a applicable [当てはなる場合は]
(7) in respect of something: <FORMAL> concerning or in relation to
(8) a first-come, first-served basis: used to say that the first people who arrive somewhere, ask for something etc. will be dealt with before others.
 (先着順)
*Seating is available on a first come, first served basis.
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-20 00:20:03

辞書選び

テーマ:今日のレッスン(単語編)
ミニです。
やっぱりさぼってしまいました。
本当に3日坊主になりそうなので、自分に鞭を打ち更新します。
といっても、英語の勉強がないと、更新内容が無いんですが、、、
・・・・とあえて、更新内容を作りました。
辞書についてにします。  (一番簡単そうなので)
私が使っている辞書を簡単に紹介します。
(1)電子辞書 (CASIO EX-word) 
この辞書は、ニューヨーク滞在中に購入しました。小さくて軽くて便利です。
実は、この辞書の前に、別の電子辞書を持っていましたが、NYで初めて盗まれました。
ニューヨークマンハッタンの110ストリートのスターバックスで、勉強をしていたところ、席がトイレにすごく近くだったので、勉強道具(辞書含め)を置いたまま、トイレに入ってしまいました。
トイレから出てくると、電子辞書が無い!でした。 「しまった、ここはNYなんだ!」と大ショック!
犯人は、絶対に、私の前にトイレに入っていたスパニッシュ系かプエルトルコ系の男です。
でも、これは、私のfaultです。NYで、トイレに行くとき電子辞書を持っていかない私がいけないですよ。
この話を友達にすると、「留学保険でカバーできる」ということ。
早速、警察にいき、ポリスレポートなどを書いてもらって、保険会社に送ったら、購入金額の80%くらい戻ってきました!!
でも掲載でも(黒人のお姉さんポリス)「ここはNYなんだから、あなたがいけない・・・日本じゃないのよ!」としかられました。。。
(2)LONG MAN Dictionary of COMMON ERRORS 
これっ、すごいお奨めです。
普通の辞書と違います。
間違いやすいワード・語法を間違え例文とともに紹介している。
第二外国語として英語を学んでいる(日本人のような)人には、とっても役立つ辞書です。
英和辞書で意味を調べると日本語を覚えてしまう。これってかなり危険ですよね。 例えば、同じ「説得する」でも persuade と convince のように違いますしね。
一応、この違いは、ルームメイトのアメリカ人のおばさんから2時間くらいかけて教えてもらったので、絶対に忘れない単語になりました。分かっている人は必要ないですが、簡単に説明しますと、
*persuade: AさんにBさんに「自分の意見など」を多少強引に押し付け、説得するという意味。
一応、Bさんは、Aさんの意見に賛同するが、本音は微妙な状態。
*convince: AさんがBさんに「自分の意見など」を説得して、Bさんは、「あー本当だ、Aさんの意見は正しい」などと心から説得される状態。
っと、ルームメイトは言っていました。 私はこの説明を2時間もかけて聞いたので、丸ごと覚えてしまいました。
この辞書には、上記のようなことも載ってますよ。
LONG MAN Dictionary of COMMON ERRORSから
● convince
<NG> We all tried to convince her to sing.
<OK> We all tired to persuade her to sing.
*convince= make someone feel completely certain that something is true.
'She failed to convince the jury of her innocence.'
*persuade= make someone agree to do something (or believe that something is true):
'Her parents have persuaded her to stop seeing him.'
●abandon -1
<NG> Since capital punishment was abandoned, the crime rate has increased.
<OK> Since capital punishment was abolished, the crime rate has increased.
*abandon= give up a plan, activity or attempt to do something, without being successful:
'Bad weather forced them to abandon the search.'
'Without government support, the project will have to be abandoned.'
*abolish = remove a law, tradition or system, often by introducing a new law; do away with:
●abandon -2
<NG> It is difficult to reach abandoned places such as small country villages.
<OK> It is difficult to reach remote places such as small country village.
*abandoned = left for ever by the owners or occupiers.:
'The field was littered with abandoned cars.
'Some of these old abandoned coal mines could be dangerous.'
*remote= far away and difficult to reach:
'The tribe lives in a small remote mountain village.'
●ability -1
<NG> These machines are destroying our ability of thinking.
<OK> These machines are destroying our ability to think.
*ability to do something (NOT of doing):
'Nobody doubts his ability to get the job done.'
●ability -2
<NG> I want to improve my ability of reading.
<OK> I want to improve my reading ability.
*reading/writing/teaching/acting ability:
'Her acting ability was recognized at a very early age.'
●ability -3
<NG> I want to improve my ability of English.
<OK> I want to improve my ability in English.
*ability in a language or subject:
'Sarah has demonstrated considerable ability in both maths and chemistry.'
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-15 00:35:03

ディクテーション(ビジネス英会話から)

テーマ:今日のレッスン(ディクテーション編)

ミニです。今日はご主人様は、久しぶりにディクテーションをしたようです。
ディクテーションは、ものすごい良い英語上達法!と勉強した気でいるみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、私のディクテーション歴は、それほどないので、これば一番!にまだ巡り合えてません。
最近やっているディクテーションは、ラジオ英語「ビジネス英会話」をディクテーションすること。  といってもまだ、4回目ですが・・・

何故、この「ビジネス英会話」を選んだのか?
英語学校の友達が、「一番安上がりな英語の勉強は、ラジオなんだって」と言われ、それまで、色々と英語の本やCDを買い込み、ほとんど使わずに山積みだが、やっぱり「ラジオだ!」なんて感化され、5月号のテキストブックを買いました。
そして、週3回あるんですけど、そんなにやるのは、無理だから、この1冊を2ケ月かけてやろうー!と気合いれたんですが、・・・現実は、7月になっても5月分をやってます。本当に怠け者の私です。

それで、このビジネス英会話」の勉強方法ですが、ディクテーションに良さそうな量なので、これをディクテーション用をすることにしました。

最近AMラジオなんて聞いてないな~と思いつつ、AMラジオを聴こうと思ったが、MP3に落とせないんだわっと気付き、とりあえずMDに録音。(なんかやれば出来ると思いますが、私はわかりません)

しかし、やはりディクテーションなので、iPodを使わないとやりずらいので、iPodのVoiceRecorderを使い、MDから録音する。(ちょっと手間かかるよね)
録音する部分は、Today'sVignetteのみ。そしてテキストは全く見ず、聴きまくる。
そしてある程度聞いたら、ディクテーション開始。

最近ALCのヒアリングマラソンのThe Voice of EJを友人から借りて聞いてたから、ビジネス英会話が少しだけゆっくりに感じる。でも、ディクテーションはかなりきついですぅー。聞いて内容がわかっても、文字で
書くのは本当に大変! 特に、articleは要注意だわ。

以下が今日のディクテーション内容です。
私が聞き取れなかったところ&間違えたところを赤くしてます。(ちなみに、センテンス毎に約5回くらい聞いた。すごく細かく区切って聞いている箇所もあり)

Reid: The card asked customers not to leave a cash because a service charge
is already included in the bill. "Our best reward is that you pay us another visit," it said. Even though the service charge was non-negotiable, I sort of liked that reminder.


Takahashi: Are there service people we're not supposed to tip? I'm a bit fuzzy on that.


Caruso: Sure. Don't tip owners of establishments where you tip the service providers. The same goes for flight attendants, bus drivers, sales people and busboys.


Takahashi: How about if the service wasn't good? Can you leave without tipping?


Reid: You could try it, but I wouldn't advise going back to that place again. The way I see it, you should always leave something because the tips are often an essential part of the emplyees' wages. If the service is lousy or nonexistent, you can always choose to go somewhere else next time.


Caruso: That raises the question of reasons of not tipping. Sometimes people don't tip for the wrong reasons. Maybe your rump steak came well done instead of medium rare. That's probably not the waiter's fault.

Reid: Yes, likewise, you can't blame the waiter if the restaurant is out of your favorite Italian wine or the restroom isn't spick and span.

Takahashi: Of course. Those situation aren't due to poor waiters. On another note, is there any objection to tipping in this country?

まだまだダメだ~。 どうして[ n't ]を聞き逃すのだろうか? 意味考えればguess出来るのにね、、と思いますが、間違ってしまうんですよね。

特に、[ can ] と [ can't ] の聞き取りって難しくないですか~? Britishだと「can't」が「カント」になるから、意外とわかりやすいですけどね。 american は難しい。


【簡単に語彙チェック】
(1) establishment: (n) <Formal> a business, store, institution etc

(2) busboy:(n) a young man who works in a restaurant whose job is to take away dirty dishes from the tables

(3) lousy:(adj) <spoken> very bad

(4) nonexistent :(adj) not existing at all, or not present in a particular place

(5) likewise: (adv)<Formal> in the same way; similarly

(6) spick and span : (adj) a room, house etc, that is spick-and-span is completely clean and neat.

(7) on another note: changing the subject , aside from this, by the way

終わり・・・


ちなみに、このラジオビジネス英会話って、ビジネスなんでしょうかね? なんか普通の英会話って感じなんですが。 本当のビジネス英語って?

ビジネス英語は、やはりライティングでこそ本領発揮ですよね。今度は、ビジネスライティングだわ!


※私はイマイチこのビジネス英会話のテキストって好まないんだけど、皆さんどう思います?

・・というか、私、この会話のみしか聞いてないんだ。 ちゃんと聞いてみようっと。 本来は、ディクテーションのテキストじゃないもんね。 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-13 22:31:58

TOEIC 問題から

テーマ:今日のレッスン(TOEIC編)
ミニです。今日のご主人様の勉強は、TOEIC問題集をチョコッとでした。
まずは、間違えた問題のみ書きます。
(1) Proposed changes to the manufacturing process that do not ____ with federal safety regulations will not be considered.
A) conform
B) comply
C) correspond
D) compare
---Answer: B
comply(自動詞:従う・応じる) 
comply with :(規律を)守る
correspond with X :Xに一致する、調和する)
compare with X :(自動詞)Xに匹敵する)
compare X with Y :(他動詞)XをYと比較する)
Dと間違えてしまった。 悔しい・・
(2) Customers caught ____ merchandise from our store will be subject to prosecution under the fullest extent of the law.
A) stolen
B) being stolen
C) stealing
D) to steal
---Answer: C
catch 人-ing 「人がーしているところを見つける」 Customers が主語の過去分詞のcaught が後から修飾している。
⇒人 caught ーing となる。
Aと間違えてしまった。 customers もmerchandise も分詞だと思い、Aなんかを選択してしまった。
(3) No sooner had the receptionists finished putting the flyers into envelopes than they_____ an error in the text.
A) were discovered
B) had discovered
C) discovered
D) have discovered
----Answer: C
no sooner ~than_____ 「~するとすぐに___」。
no sooner などの否定の表現が文頭に来ると、この節内では、倒置が起こる。
no sooner +過去完了時制の節+than +過去時制 という時制の関係が多い。
Bと間違ってしまった。時制の関係がなんか知らないけど逆で覚えていた・・・・
以上が間違えがあった箇所です。
単語、イディオム関連:
(1) 似ている単語
observe [V.T] : to watch something or someone carefully
obstruct[V.T]: to block a road, passage etc.
obtain [V.T] to get something that you want, especially through your own effort, skill, or work
obscure[V.T]: to make something difficult to know or understand
(2) lay 絡みのイディオム
lay off : ーと解雇する
lay away: -と取っておく
lay into: -を攻撃する
lay out: -を広げる、提示する
※おまけ: layとlieとの違い
lay [lei] - laid [leid] - laid [leid] (他動詞:横たえる)
lie [lai] - lay [lei] - lain [lein] (自動詞:横たわる)
(Example)
I lay a baby in its crib. 私は赤ちゃんを寝台に寝かせる
I lie in bed.  私は床に横たわっている。
自動詞・他動詞の違いだけど、かなりconfusing しますよね。
(3) result の自動詞
result from X :Xが原因で起こる
result in X: Xという結果になる
(4) would like (不定詞 or 動名詞)
would like to do :ーしたいと思う
would like -ing: -が好きだ
(4) opt 
opt to do - : ーすることを選ぶ、決める
(5)federal safety regulations : 連邦安全法
以上、なんかちょこっとだけ勉強した感じですが、たいした量はやってないのです・・・
最近ディクテーションやってないな・・・近いうちやらねば。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。