院長の頭ん中

院長の頭ん中

普段の何気ない事や気になった事を書いています。
この文面に関する苦情やご意見は受け付けておりません。
あくまでも独り言ですから・・・。

もうすぐ2月になろうとしているのにひっそりと今頃新年あいさつをしたりして

別に春節に合わせているわけではないのですが・・・。

コロナが国内で騒ぎ始めてから1年がたちましがもう1年、まだ1年??

新しい生活様式になり色々大変なところもありますが、いいところもあったりします。

予約制にさせていただくと予定が組みやすい、また症例の問題を事前に予習ができるのでこれを話しておこうとか

この写真をみてもらおうとかレントゲンは取ったほうがよさそうとか

話をして瞬時に判断するよりも話の流れを組み立てやすい。

スタッフとの連携もこれは獣医がここまでやって後は看護師さんにお願いしようとか

ここは僕が話をしている間に他の先生に検査や治療をしておいてもらうとか

ある程度流れを計算しながらやることができるのは非常にありがたいです。

全部終わって会計もできていて後はお支払いというときに

『あと爪切りもお願いします。』とか言われるとちょっと大変な事もありますが

何とかなんとか・・・。

予約時に全部言っておいていただけると本当に助かります。

爪切りだけなら10分以内で終わりますからそれで予約を入れていると

『最近、ちょこちょこ吐く事があるんですけど大丈夫ですか?』

あっそうだと思い出すこともあるし、そういえばちょっと気になるから聞いてみよう。

そうその気持ちよくわかります。

でも、きちんと診ないで大丈夫ですとは言えないんですよ・・・。

飼い主様の軽く聞いてみた事とそれに対する獣医師としての返答の責任にはかなりギャップが・・・。

そうなるとまず話をよく聞いてその内容で検査を考えて検査して検査の結果をお話して治療。

爪切りで10分ぐらいで次の方を予約していると確実に予定が遅れる・・・。

爪切りも1人でできるおとなしい子と2人や複数人で抑えて一気にやらないといけない子と

ある程度来院されているからこそ性格やここはやろうとするとかんでくるとか

触らなくてもわかるところもあるものの簡単には終わらない子もいたりして・・・。

それでも優良飼い主様と一緒にその子ためになにが良いのか?

こちらの考えと飼い主様の考えにギャップがあることも上手くモチベーションを維持しながら今年も頑張っていきます。

飼い主様のペースに飲まれて言わなければならないことを言い忘れないように話を途中で押し切ることも出てきてしまいました。

本当は全部聞いてそれを踏まえてこちらの見解を伝えるべきなんだけどアラフィフになると覚えている自信がない。

飼い主様の話をなれないパソコンにキーワードを書き留め、必死に自分の言うべき事を覚えておきながらやってます。

さあ今年も頑張るぞー!!!

2021年も今年もいい年だー!!