Paul 音花のエッセイ*小説 サウンド オブ フラワー
問題 Question 
あなたは、学生はクラブ活動に参加するべきだと
思いますか?

賛成なら理由を二つ書きなさい。


二番目の理由は、その生徒はバスケ部に所属しているが、チームプレーで友人ができて、チームプレーが
学べる。



We can promote our friendship and team play
through the club activities .



key word は
promote であろう

太平洋戦争の前、日本🇯🇵とアメリカ🇺🇸は
友情の印で桜🌸の木をワシントンD.C.に送った。

このような時も
promote は使える




Paul Otokawa 



バスケットボール🏀クラブで活躍している生徒に
英検準2級のライティングレッスン


グラブ活動に入る事は
賛成か反対か?
を書くように昨日指導した。




彼女は中一生でバスケットボール部に所属している。

彼女の学校は野球部は甲子園に出場した事のある
野球の強豪校である。

グラブ活動は賛成で参加したい!が
意見であった。



第一理由は、色々なスポーツができる!
中学生にはポピュラーでないグラブに参加出来る
である。


具体的には?
それが大切であると指導した。

ラクロスと 答えた!




Key word は challenge !



We can challenge some sports, such as lacrosse,
American football.

もちろん like lacrosse でもいいでしょう!




ラクロスは🥍 中学 高校ではクラブ活動として
活動している学校は多くはないように思います。



二番目の理由は

次回にします!




イングリッシュプロダクション
Paul Otoka 
勉強は一人でするのがいい

集中できるを書きたい人はいる


We can pay attention to our work well.

work は homework の学習 勉強


模範解答にはバスや電車で出来るとある


We can do that on a bus or a train.

日本独特の学生文化かもしれない

最近はファーストフードショップで
勉強はお控えください!
店では長く居座る人達がいるのだろう


長く居座るから勉強はお控え下さい

Please refrain from studying here?

通じるかどうか?

日本のファーストフードの出来事かもしれない

英検合格を目指している人にとっては
どこで学習しようが問題は無いだろう


We can study hard and keep doing well at a fast food 
shop.

アメリカや🇺🇸ヨーロッパの人達に上手く伝わるだろうか?


言葉は人々が作る習慣 文化かもしれない



次回は文化 culture の語源について話しましょう!


See you soon!




Paul Otoka 
あなたは 自由な時間を友人と過ごすのを
好みますか?それとも家で過ごしますか?


友人と過ごしクラブ活動をして過ごすは

I like to spend with my friends.

I like to be with my friends. 

さて、それに続くクラブ活動のことであるが

バスケットボール部であれ 演劇部、音楽部であれ
たのしくチームワークを育み友情を深める


キーワードは promote プロモウトゥはどうだろうか


We can promote our friendship through the club
activities.


もしくは
We can enjoy talking with our friends and promote 
our friendship.



どんなクラブやサークルでも、先輩であれ後輩であっても 楽しい時間を共有できる。

share もキーワードになるかもしれない!



Paul Otokawa 
あなたは勉強する時
  一人でするのがいいですか?
  それとも友達とするのを好みますか?



友達とするのを好む生徒の多くは
分からないところを教えてあげれるし
尋ねられる


First,
We can help each other.
この表現はどうだろう!
When we study , we can help each other.

Second, we cannot be lonely.


That’s why I like to study with my friends.



理由を二つ書く事がポイント!


Paul Otokawa