古淵マクロビオティックも学べるヨガスタジオcocorobi ココロビ

古淵マクロビオティックも学べるヨガスタジオcocorobi ココロビ

本格的なヨガ・マクロビオティックが学べる北欧風の一軒家です。
女性限定のプライベートYOGAクラス、ご自宅への出張や
チネイザン(氣内臓)内臓セラピーも行っております。

内面から美しい大人の女性
心美人を目指しましょう♪

cocorobiは、相模原・古淵の北欧風おうちスタジオです。

YOGA・マクロビオティック・チネイザンを通して
内面から美しく輝ける女性「心美人」を応援しています。

ヨガ初心者の方はもちろん、これから先生になりたい方向けのティーチャートレーニングコースも行っています。

年齢層も幅広く、赤ちゃんから、90歳までの女性が
相模大野、町田や、横浜市の青葉区、都筑区などからいらしています。

ヨガクラスの後には、白砂糖と動物性未使用のココロビスィーツとお茶をお出ししていて
ちょっとしたコミュニティースペースとなっております。

マットレンタルも無料でおこなっているので、ウェアとお飲み物のみお持ちください。


その他プライベートレッスン・企業様向けのクラス・公民館などの施設にも伺います。
レンタルスタジオとしてもお貸出ししております。

マクロビオティックのお料理教室・チネイザンセッション・各種ワークショップについてはメニューをご覧下さい。






お問い合わせはこちらへ
メールcocorobiyoga@gmail.com
電話090-2733-1472




 


更新ぜんぜん出来ず💦
マイペースなemiです*

神奈川県、相模原市で小さなヨガスタジオcocorobi を営んでいます*

先日、地球一周yoga旅から帰ってきました🛳

104日間、ほぼ海の上での生活だったので

大地を踏みしめたくなり
先日は青森の八甲田山でリセットしてきました👣







大自然に癒されて、たっぷりチャージされました😊


今回は【私が生活の中で行うyoga】について*

ありのまま
自分にとって無理なく
習慣として出来ることを続けています。

詳しくは後ほど↓↓





前回のブログ「わたしがyogaを伝えている理由」 に若かりし頃の写真を載せたらら、

「えみちゃん!!衝撃的!!笑」的な内容のメールが大量に届きました。笑

もっとすごいのもあったけど
辞めておいてよかったです🤐
 



ありのままの自分をさらけ出さなければ、相手も心を開いてくれないような氣がします。

だから、わたしは極力「素」のままです🤗


以前は、人からどう見えるかを気にしたり、自分を大きく見せようとして、キャパ以上に頑張ってしまっていました。




気がつかないうちに「自分に嘘」を重ねていました。






YOGA哲学の中に
サティヤ=真実のままを見ること、誠実でいること。

という教えがあります。



ヨガの先生になりたての頃は
とにかく頑張っていました。

ありのまんまの自分ではない、演じて なんとか切り盛りしている自分で過ごしていました。




サティヤ(真実)ではない自分です。





そんなある日、予想もつかない出来事が起きました。



今までがむしゃらに頑張っていた私は、あまりの喪失感で前が見えなくなってしまいました。


眠れなくて、ご飯も食べられなくて、笑えなくて、泣いてばかりいました。


ふと、いまの自分は嫌だけど

これが今のありのままの状態なんだなと、、、

それに気がついた時





これからは自分の為に精一杯過ごしてみよう。



やりたい事を、やろう。



出来る事だけを、やろう。




無理をするのをやめよう。



サティヤ・自分に誠実であろう。




そう決心しました。




最愛のパートナーの突然の死が、わたしにその勇気をプレゼントしてくれました。




サティヤ・・・真実を見る・誠実でいる



偽りのない自分の事って、わかっているようで
実はわからないでいることってありませんか?



だから、自分と向き合う練習が必要なんです。

それがYOGA





毎日YOGAを練習していても、心地のいい感覚が、その都度少しずつ変化していて驚いたり。


集中出来る日と、そうでない日があったり。

イライラしたり、悲しくなる日もある。


それをありのままに受け止める練習が
YOGA




YOGAのポーズのことを「asana アーサナ」と言いますが、アーサナとは坐法のこと。

古くからある経典 ヨガスートラには

「sthira sukham asanam スティラ スッカ  アーサナム」とあり

これは「アーサナとは、安定していて、快適なものでなければならない」という意味です。


私は先天的に股関節に疾患があるので
出来ないアーサナもあります。

だから、無理なアーサナはしません。

激しい動きをしすぎると、わたしは気持ちもワーっとなってしまうので



練習はほとんど瞑想に近い、静かに心を落ち着かせるものです。  



これは人に寄るので、あくまでも私にとっての安定する練習法ですが



テレビや雑誌で目にする、ダイナミックで激しいポーズや、華麗なる柔軟性を生かしたポーズの練習は、あまり行いません。

動かすのも好きなので
少し頑張りたいときだけ
たまに練習します!




とにかくYOGAの練習は

安定していて、快適なものでなければならない



なので普段は、日常的に続けられることを行なっています。




【わたしが行う生活の中のyoga】↓

・毎朝、毎晩ふとんの中での腹式呼吸10回!

・家の中をダウンドックポーズで雑巾掛け



・駅まで歩く間の10分、ウォーキングメディテーション

・電車の中で背筋を伸ばして10分瞑想

etc...


もちろん他にも簡単なasana(ポーズ)を練習することもありますが


大切なのは、歯磨きのように
やらないと気持ち悪い!くらい生活の習慣にしていくことだと思っています。

そして安定していて、快適なものであること!

三日坊主ではなく
持続可能なことが、大切*


出来ることから続けてみてください*


.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+



地球一周のYOGA旅🌍
2個目の寄港地は「シンガポール🇸🇬」でした*

シンガポールは、マレー半島の先端に 位置する国。

シンガポール島は、東京23区と同じくらいの面積で
車を1 時間ほど走らせれば西端から東端ま で行けるほどの小さな国です。


シンガポールは、様々な民族や信仰している宗教の異なる人々が共存するため、ルールが大切にされています🙆‍♀️

 
例えば・・・

チューインガムを噛んだら罰金 

蚊やブヨを発生させたら罰金

道につばを吐いたら罰金

トイレの水を流さなかったら罰金

電車内や駅構内で缶ジュースやビールを飲んだら罰金 

チケットを折り曲げたり、はじいて音を立てたら罰金 

座席の上に足を投げ出したら罰金 etc...



一見笑ってしまいそうになるものもあるけど、実際マナーの悪い日本人も増えている今日、私たちにもルールが必要なのではないかと思いました。


     
       

シンガポールで再会*

彼女とはタイのチェンマイで一緒にマッサージ学校に通っていました*

偶然にもシンガポールに移住していたので、久々のご飯😊

またしても久しぶりな感覚がなく
ハグハグ〜なラブリーな彼女

やはりお互い、「素」だから居心地が良い。


私と同じようにカルチャースクール講師として乗船し、ルームメイトだった しーちゃんも、いつも「ありのまま」*

素敵な女性と一緒で本当に良かった♪


シンガポールと言えば
マーライオン 笑

大きいのは工事中でした*


寄港地にいられる時間はあっという間です。

そのため、船内で
訪れる国について学びます。

シンガポールは水不足が問題とされています。

シンガポールの国土は小さいうえに都市化が進んでいるため、保水能力がほとんどないそうです。

下水の再利用率、世界で2位だそうです。

水不足は地球温暖化による水循環の異変や人口増加・産業発展による水需給の拡大、人口集中による 水質汚濁などいくつもの要因が複雑に絡み合って生じています。



これらを解決するために、まず身近なわたしたちの生活を見直してみませんか? 


日本の家庭用水の使い方は、トイレ、お風呂、炊事、洗濯が大部分を占めています。


歯磨き、洗い物、シャワーの際には頻繁に蛇口を閉める、 トイレの水を消音のために使わない、お風呂の残り湯を洗濯やトイレ、庭の水まきなどに利用する、米のとぎ汁は庭の植物にまくなど、きっとすぐにできることがあるはずです😊



地球にやさしく
自分にやさしく

心身ともに健康な毎日を♡


最後まで読んでくださってありがとうございました*

namaste