〔メディア関係〕
★【 Jスポーツに出演 】12月9日・11日・12日・14日・15日!

〔遠征のお知らせ〕
★SAJアルペンページに遠征のお知らせがアップされました!【第2次アルペン女子遠征

〔怪我のご報告〕
★【 ご報告 】現在JISSにて順調にリハビリ回復中!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-20

才能は自分で作る

テーマ:ブログ

オーストリア、ピッツタールは毎日快晴ですごく良いトレーニングができています。

スラロームのゲートトレーニングも計6日間、良いコンディションで行うことが出来ました。

 

{310DACCE-264E-4141-AE72-024B92D69BC4}

 

 

昨年の今時期よりも断然高パフォーマンスが出来ているので、更に日々イメージを高めて雪上に向けて引き続き取り組んでいこうと思います。

 

これまでの私をこのブログを昔から通して見てくださっている方はご存知の方も多いと思います。

これまでのお話です。

 

社会人なりたての数年間は、少しでも経費を安く抑えるために海外転戦する仲間を募って活動していました。

今でこそ世界ランクを上げるためのFISポイントが日本で獲得できる時代ですが、少し前までは海外に行かないと厳しい時代でした。

選手同士でお金を折半し、カナダ、アメリカ、ヨーロッパと転戦をしました。

 

スキー選手の関塚真美と丸子由里香と3人でヨーロッパ転戦をしていた2009年。

食事代を節約して白米を炊いてレストランにある塩でご飯を食べたり、

酸っぱい玉ねぎだけが夜ご飯になったり、

2人部屋のダブルベットで3人で寝たり、、、

(当時の写真発見。3人で川の字で)

思い出深いことだらけ。

 

スイスでの試合終了後に地図を見ながらドイツへ移動、陸路で12時間をみんなで変わり替わり運転しながら、とにかくアウトバーンかっ飛ばして。

ホテルの麓に着いたのは深夜3時。

しかも雪道で私たちのレンタカーは2駆だった為、最後の約2キロの壁が登れなかった。

しかしそこを諦めずみんなで窓から頭を出し、ハザードを出しながらバックで登ったこともありました。

 

(ホテルがある場所に着いたら、木のゲートがあり木を担いで手動で開けた丸子由里香)

 

(荷物はぎゅうぎゅうのため窓から頭出さないと、後ろ見えないほど・・・)

やっとの思いで遠征を終えて帰国した後日、3通のスピード違反の手紙が来て・・・・。

ご飯節約したのに・・(涙)!!(笑)

 

その時にスイスで行われたFISスラロームで優勝し、ポイントを取ったのは唯一の誇れる結果。でもそんなことはブログを読み返さないと思い出せなかったほど他の内容が濃いものでした。

試合で結果を残すというより、ネタを残したんじゃないか。というような珍道中ばかりで、非常に良い思い出です。

 

私はその当時から、沢山の方々に頑張れって言われたことの方が多くて、でもその反面、私の耳の届かないところでは、

「無理だ。可能性がない。」といったような厳しい意見の方もいたみたいだけれども、ほとんど自分の耳には入ってこなかったことがあまりにも幸運でした。

 

三増コーチは言います。

日本人だって必ず世界で戦えるし、勝つことができる。

 

失敗したら批判されるのではないかと恐れて、せっかくのチャンスを見逃してしまう人が多い。

高い目標を持つことは叶わなかった時に恥ずかしいし自分が傷つきたくないから、やめておこうと考える人は大勢いる。

でもスポーツはそんな夢のない世界ではないし、夢を叶えてきてくれた先人の方々が大勢いる。

 

私のこれまでの活動や結果や人脈や知識は皆様からの貢献で高められ豊かにできたもの捉えています。

そしてどんな状況でも自分が望む目的に向かって、自分を信じ、行動を起こし続ける。

三増コーチは私のその忍耐力は才能だと言ってくれます。確かにそうかもしれない。

けれど才能は持って生まれたものではなく、自分と自分を支えてくれる周りが作り、鍛えられるものだとも思います。諦めなければ自ずと道は開く。

だから人に対しても自分に対しても「無理だ」って私は言わない。

 

本当にこんなことばっかりだった。

20100315183806.jpg

今ではこれまでの失敗の全てが愛おしく、感謝の毎日です。

皆様から頂いた数々の高められた私の能力を平昌五輪で発揮し、後世へ伝えられるよう引き続き日々頑張ります。

 

そして清澤一輝のクラウドファンディングをご支援くださった10名の方、誠にありがとうございます。

 

昨年の抜粋してお届けします。 ご覧ください。

{C508E2E4-0C40-4FB5-B380-627A052D8221}

 

当事者の私も弟の記事は面白くて、毎日楽しみにしていました。

 

弟ともに目標達成に向けて頑張ります。

引き続き宜しくお願い致します。⏬

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-10-14

順調な日々。感謝の日々。

テーマ:ブログ

毎日、スキーを真剣に向かい合うことができて順調かつ感謝の日々です。

 

弟のかずきが今年もクラウドファンディングを通じて目的達成のためサポートをお願いさせて頂いております。もしよろしければぜひ一読ください。

→ https://camp-fire.jp/projects/view/47990

 

 

 

私は弟のサポートが必要です。

 

最初にお話をさせて頂きますが、昨年のクラウドファンディングにてご好評頂きました、

ご支援してくださった方向けにフェイスブックページを今年も開設いたします。

滑りや取り組み等を発信し言い方を変えると、清澤恵美子の取り組みを発信するための言い方を変えれば有料サイトに近い位置付けとしてご支援をお願いさせていただいております。

 

一部昨年のものをご紹介します。下記のようなものになります。⬇️

 

{502CBECA-D053-4869-92BE-196568FD70EE}

 

 

活動期間中はほぼ毎日のように発信してきました。

昨年は世界に出た時の心構えや取り組み方法、コースの難易度や滑りの動画などを発信することができ、また身近で目標達成を一緒に見てもらえたこと私や弟にとっては非常に有意義なものになったかと感じております。

また自分がやってきたことを後世に繋げたいという思いもあったので、弟が背中を発信してくれたことで、応援をしてくださった皆様に多少なりとも姿勢を見てもらえたことは嬉しく、

ご支援くださった方に合わせ弟にはとても感謝しております。

もしご興味がある方がいらっしゃったら是非、ご支援頂けると幸いです。

 

昨シーズン、三増コーチ、弟と共に「今できることをしよう。」と繰り返し唱え取り組んできました。

実は昨年はシーズン入る前に決めたことがありました。

「世界選手権に出れなかったら選手を引退するということ」

自分の中でハードルを設けていました。

その前年にワールドカップに復帰したものの、メンタル面での挫折によってこれ以上スキーができない。

と思ったところから、1つ1つのハードルをクリア出来なければそこで終わり。と決めてました。

 

自分自身、自分を信じきれていないところも少々ありました。

しかし、三増コーチ、弟は違いました。

信じ続けてくれ、そしてチーム内に良い氣を集め活気を高めてくれました。

2人の100パーセント以上のサポートがあり、世界選手権に出場ができ、その後のファーイーストカップでタイトルを取ることが出来ました。

 

一輝は言いました。

「お姉ちゃんが平昌五輪に向けて全力を尽くすなら、僕も尽くしたい。

そして自分を成長させてくれたスキー界に恩返しがまだできていない。

僕は僕が出来ることをしたい。」

 

 

沢山の方に弟の記事、写真、動画、

そして私の活動を見てもらいたいです。

 

これまで「金メダル」という言葉は恥ずかしくて言えませんでした。

それはこれまでの私です。

 

今の私は金メダルを目指しています。

その為には弟のサポートが必要不可欠になります。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-09-30

オーストリアへ来ました

テーマ:ブログ

いよいよ秋遠征がスタートしました。


その前にニュージーランドへ行ってきたご報告をしていなかったので、せっかくなのでここでさせていただきます。

{E800F848-EBBE-49CB-9684-D0474D7A14CA}


ニュージーランドでは自分が行く前に設定した目的、目標が達成でき良い遠征となりました。


20172月に右膝の半月板を負傷しましたが、これまで日本にてしっかりとトレーニングを積んできましたので、それを確認する場としてニュージーランドでのスキーを選択しました。


来年に迫った平昌五輪を目前にしてこの怪我は正直痛かったけれど日本代表として五輪にて戦えるように前向きに準備している中での雪上トレーニング。

ということで、今回のニュージーランドでの”目的”は

①膝の状況確認

②膝に新たな刺激を入れること

③現在の課題を見つけること

 

“目標”としては”連続ターン”ができること

結果は目的達成、目標達成の良い遠征になりました。


連続ターンとは遠心力のかかるターンを連続するということで、いわゆる普通のスキーが出来ればOKという思いでいましたが、こちらに関しては怖いという思いがありながらも予想以上の滑りが出来たことでとても自信に繋がりました。


ニュージーランドではカンダハーチームのBS大石コーチ、SOAR佐藤コーチ、そして現地のコーディネーター小松さんにお世話になりました。


佐藤コーチには、緩斜面の走らせ方を直接習いたかったので今回ご指導頂き、行く前と帰るときでは凄く感覚が変わりました。

引退して間もなく選手の感覚が近いコーチに習えるというのは貴重です。

ありがとうございました。


私は日々、自分が確実に出来ることを積み重ねるということに重きを置いています。

どんな場所、どんな状況、どんな時でも変わらず出来るように心がけています。

ニュージーランドの遠征でもそれが出来たことで目的達成、目標達成に繋がったと感じております。


そして今はオーストリアに来ています。

今日は早速スキーをして、昨年の自分のパフォーマンスを既に超えているのを感じて嬉しかったです。夏の過ごし方がとても良かったと感じられました。

引き続き自分が確実に出来ることを積み立てて五輪という目標に向かって準備を行なっていきたいと思います。


 

{E88A486D-D24C-41B8-8D57-4F93E47BD302}


{F90301B3-C78E-4F93-8E77-1B70E49D4DC9}


下記写真はニュージーランド遠征で 同じコンドミニアムだった中学生の女子選手と私です。
四年前は小学5年生だった彼女は今は中学三年生になり綺麗な女性になっていました。
{EB77DC1B-3A0B-4F4D-854B-4F4B82701B14}

四年ってあっという間だなと感じられる写真ですね。
四年。振り返ると沢山の方に支えられながらここまで順調に来れて、とても素晴らしい日々だったと感じております。
本当に感謝です。

四年後、振り返った時に素晴らしかったと思えるような過ごし方を毎日していきたいな。

{94A250D2-1789-4B21-886F-C85E39AB590E}


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-09

私の挑戦

テーマ:ブログ

皆さま こんにちは


大変ご無沙汰しております。


夏も本番を迎えておりますが、皆さんは元気でお過ごしでしょうか?

私は元気でやっております。


ここ最近はブログというツールで自分の内面を出し、色々なことを考えさせてもらう場となっていますのでEmiko'sブログは自分にとって大切にしている場でもあります。

しかし駆け抜けていく日常に没頭することで、自然とブログ=内面と向き合うことが出来ずここまできてしまいましたが、今日はブログと向き合う心境になりましたので書かせて頂いております。


私は4月にシーズンを終えてトレーニングを開始し、ことを順調に進めてきております。


そして17-18シーズンを迎えるにあたり皆様にご報告となりますが、

平昌五輪への挑戦を最後に今季限りで現役を退くことをお伝えさせていただきます。


平昌五輪への挑戦はこれまでの挑戦の中で最もエキサイティングでかつ幸せな挑戦です。


私が諦めずにいられたのは、応援してくださる皆様が私に諦めないでいてくれ、いつも頑張れと応援くださったことでここまで続けて来れたと思っております。たくさんの素晴らしい応援に素晴らしい環境がここまで運んできてくれました。

本当に恵まれてます。


そして私はまだ道の途中です。

目的地に向かい続けています。

私は平昌五輪に出場したいです。

オリンピックに行きたいです。


自身の開幕戦まで残り100日を切り、平昌五輪のスラローム試合日までは200日を切りました。


応援してくださってる皆様には自分の言葉で本件について伝わりますよう、覚悟を込めてご報告させていただきました。

やるべきことは何も変わりません。


アルペンスキー選手としての最後の目標であり、最後の挑戦です。好きなことをこれだけ打ち込めるということに心から感謝し、この挑戦を楽しみ、精一杯やらせて頂きたいと思います。


現役最後の日まで私に"頑張れ"をください

どうぞ宜しくお願い致します


{96485AFA-5BCE-4B0C-B4E5-29525317BE28}


清澤恵美子


2017-03-27

全日本選手権

テーマ:ブログ
昨日、全日本選手権が終わりました。
結果は勝つことは出来ず、上手くいきませんでした。

2012年から始まった手稲ハイランドでの全日本選手権は今年で幕を閉じるわけでありますが、
2012年に1度2位になったっきり、全てアウトに近しい結果でした。(去年も今年も登った)

ここまで惨敗するとは…。
コースに勝てませんでした。

昨日の一本目はまた噛み合わず、登ってしまいました。本来ならコースアウトで終わった結果だと思います。
しかし自分でも分からないけど、気がついたら登ってました。滑りたい…って思ってました。

膝の状況もあるので、1本目30番以降の順位になったら厳しいな…と思っていたら、30位で残ることが出来、2本目は1番スタートで滑走ができました。
スタートで1本目が終わるまで各社のサービスマンの方々とドキドキしながらリザルトを確認し、30位で残る瞬間を待っていましたが、ワールドカップじゃないのに楽しかった。


2本目はリベンジだ。と思っていたけど、それでもまた緩斜面との繋ぎ目で上手くいかず、厳しかった。。本当に難しい!!
けれど悔いが残らないレースが出来たことは納得しています。
リスクはつきものだし、勝ちきれない私だったけど、それも含めて勝負の世界は楽しいと感じました。


また今回の全日本選手権を通して天候が悪く雪の状態も良いとは言えない中で、大会を支えてくださる運営の方々やコーチや関係者、また選手たちがコースに対して良いレースが出来るように最善を尽くしてくださりました。本当に感謝の言葉に尽きます。ありがとうございました。

女子選手はインスペクションでかなり意識してくださったようで、雪溜まりやバンク状態になることもなく感動しました。

またそのおかげでスラロームで優勝した安藤選手や2位の向川選手が良いポイントを獲得出来たと思っています。彼女達がポイントを獲得することはとても大事なことです。
そのポイントは後で必ず循環し、タイミングがあった時にきっと自分に返ってくるからです。だからこそ選手たちがポイントを獲得することはライバルでさえ実は喜ばしいことです。
ポイントをあげたくないと言ってる選手を聞くことがありますが、もしポイントが循環しなければ気がついたら日本で良いポイントは獲得出来なくなり、またお金をかけて海外に取りに行かなければいけないという悪い流れになり、その悪い連鎖は自分にも返ってきます。

私は負けるたびに悔しい気持ちを活力にする為にいつも自分に必ず返ってくるんだから今は我慢だ。と思ってやってきました。
やったことが返ってくる日までやるべきことを続けていく強さを私は持っていますし、何より自分を信じています。だから我慢も出来るし、勝負して実った時の感覚は最高に好きです。

昨日の結果を受け、"登ってまで滑りたいって思うんだからよっぽどスキーが好きだね。"
と弟からメールを貰いました。笑
間違いないです。
練習したいし、レースも出たい。

ということで今シーズン最後に阿寒で試合参戦してきます。ここのレースで私のリミットです。
最後まで姿勢を崩さず戦ってきたいと思います。


写真は岡田翼ジュニア'Sです!
チーム時代、絵美や私をワールドカップ2本目へ連れてってくれたスーパーコーチの岡田翼さんと翼さんにお世話になった選手たち。
コーチ、サービス、オーガナイズと何役も1人で行い、2本目へ導いてくれたんだからまさにスーパーコーチです。
元気そうでした(^^) 
{6C18AA89-34A1-45C2-A2EF-97BA078901C2}


バイバイ手稲ハイランド
{11D95A76-DB48-41CB-8F4D-DC07F6EFAE45}

差し入れで頂いた青木シェフのチョコレート(^^)
しかもサインいり!!
ありがとうございました(^^)
とっても美味しかったです⭐︎

{0691FE53-1FE1-49D5-B445-73FFF9A68ED5}

{92DF4DAB-F60E-4516-80A7-3F4EE0CA41F8}

ピローミストを頂きました✨
お陰様でゆっくり眠れました!!ありがとうございます!!

{A2F2ABEF-7835-47B7-8E83-EB80C277F9B1}













いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース