〔メディア関係〕
★【 Jスポーツに出演 】12月9日・11日・12日・14日・15日!

〔遠征のお知らせ〕
★SAJアルペンページに遠征のお知らせがアップされました!【第2次アルペン女子遠征

〔怪我のご報告〕
★【 ご報告 】現在JISSにて順調にリハビリ回復中!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-01-16

私のアルペンスキー人生

テーマ:ブログ
 

これまで応援してくださった皆さまへ

 

1月9日に行われたワールドカップ、回転第8戦フラッハウ大会を持ちましてアルペンスキー現役生活に終止符を打ちましたことをご報告させて頂きます。

 

シーズンの途中ではございますが、自力での平昌五輪への出場権が獲得できなかったので、この日をもって引退することになりました。

 

これまでを振り返ると様々なことがありました。良い思いも悪い思いも沢山させて頂きました。

スキーを通じて沢山の仲間に出会えました。

スポンサー様からもサポートを頂きました。

多くの方々に頑張れというお言葉を頂きました。

 

勝ちたい一心で必死で取り組み、気がついたら34歳になっていました。

最後までオリンピック選手になるという夢は捨てられず、同時に1度は諦めかけていた世界チャンピオンになるという夢をもう一度思い描き、どんな時も必死で願望を求め、その気持ちが強い推進力を与え私は前につき進むことが出来ました。

 

目標を達成することは出来ませんでしたが、ひとつのことにこれだけ精一杯取り組んだこの結果なので、一切の悔いはありません。

またその代わりに後輩が自分が目指してきた道を着実に上がっていく姿を目の前で見ることができた時、心が解き放たれて感謝の気持ちと同時に私は負けを認め、後輩に夢を託し次へのステップへ進む新たなる覚悟が出来ました。

とても清々しい気持ちでいっぱいでした。

 

これまでも勝つことより負けることの方が多かった。

失敗も多かった。しかしその負けや失敗を糧にしてたくさん成長させて頂きました。

今私は失敗を失敗で終わらせることは死ぬまでないと強く思えます。

 

アルペンスキーを通じて諦めないことの大切さや目的に向かって追求する姿勢。どんなことがあっても続ける力、

人としての挨拶や礼儀作法等、スポーツの根源である教育を学び、理解して突き進んでこれたことは何よりの財産であり、

この思いに導いてくださった皆様には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

また人生において到達すべき目標や理想があり続けたことは私にとっての幸運でした。

 

どんな時も頑張れと言ってくれる人たちが私の周りにはたくさんいました。

沢山の方々が私に夢を託し、同じ気持ちで戦ってくださり本当に心強かったです。

 

新旧所属(成城SC、株式会社ドーム、クレブスポーツ、アルビレックス新潟)

スポンサー/パートナー様(キユーピー株式会社、日建総業株式会社、ROSSOホテル軽井沢、クレブスポーツ、進藤病院、ガリウム、フィッシャー、アンダーアーマー、DNS、DAH、D,MEDICAL、LEKI、HESTRA、SHRED/SLYTECH、ハッチェリー、BANE、グローバルWIFI、GOPRO、SEV、SOREL、西川産業、スキンストレッチ、様)

恵美子サポーターズの皆様、クラウドファンドで姉弟を応援してくれた皆様、これまでお世話になった沢山のコーチ、治療家の先生方、沢山の関係者の皆様、引退していった先輩、後輩、仲間、友達、家族、

そして最後に一緒に戦ってくれた三増健一コーチ、弟の一輝。

 

皆様の応援があり、今の私がいます。これまで支えてくださった沢山の方々に心から感謝とともに、これからの人生も皆様やこれまでの自分に恥じない生き方をしていけるように日々前向きに明るく過ごしていきます。

 

引退を発表させて頂いてから、沢山の方からのメッセージやコメント、メールを頂き、幸せなスキー人生だったと改めて心から思うことが出来ました。

最高のアルペンスキー人生でした。

 

今後のことは決まっておりませんが、今シーズンは今しかできない自分の滑りや伝導すべきことを伝えられるように雪がある限り全国を回って様々なことを後世に伝えていけるよう精進致します。

 

また3月末に阿寒で行われるFISレースで国内で滑る最後の機会を頂きました。

このような機会を与えてくださった阿寒の松岡さん。本当にありがとうございます。

スキー場で私を見つけた際には声をかけてください。

 

これまで応援いただきまして本当にありがとうございました。

これからは一アルペンスキーファンとして業界の発展の一助となれるよう考え、行動していきたいと思います。

 

重ねまして本当に本当にありがとうございました。

 

 

{C7DF5959-86B9-40B5-989A-1EDDD8785C37}

photo by kazuki kiyosawa

 

{5C0D6D77-E8BD-4593-9FC9-C9D3C2B6E742}

 

 

{CFF842CC-19AC-4D14-AE85-C38D7F2964ED}

photo by kazuki kiyosawa

 

{B6E2C5E5-E1F1-4596-8A53-19015574E3E1}
photo by kazuki kiyosawa

 

{18F631FC-6DDD-415C-9397-A8FC0AF22FA7}
photo by kazuki kiyosawa

 

{E14A9185-2372-4B6F-AE07-250F027CD481}
photo by kazuki kiyosawa

 

{E94A4531-B3CF-4E53-A79C-21ECEBB1743D}

 

photo by kazuki kiyosawa

 

 

 

清澤恵美子

 

 

 

 

 

 

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-12-30

最後の全日本選手権

テーマ:ブログ

全日本選手権ではたくさんの応援を頂きまして本当にありがとうございました。


寒い中わざわざ会場に足を運んでくださった方々、テレビで応援くださった方々、メッセージくださった方々、本当に多くの皆様に応援していただき、皆様からの心温まる愛情をすごく感じ本当に有り難く嬉しかったです。


結果は自分が望んで目指してきたものではありませんでしたが、平昌五輪の選考をかけた大勝負かつ、沢山の応援の中、

最高のパフォーマンスを目指し、思いっきり挑戦できたことは選手として最高の時間となりました。


今回の優勝者の石川はるな選手、安藤麻選手、石井智也選手、湯浅直樹選手、

本当におめでとうございます。


試合前には誰にも負ける気がしないほどの仕上がりに『勝つ気』しかしませんでした。

不安なく揺るぎないこんな気持ちになれたのはかれこれ5年ぶりでした。


試合に挑むための準備を徹底的に行い、日々の取り組みややるべき事は全てやったことでその様な気持ちになれたと感じております。


それもこれも松岡所長をはじめとした、阿寒スキー場の関係者の皆様、ホテル阿寒湖荘の皆様、また本当に沢山の方々にお力添え、サポートを頂き、心身ともに万全の状態で日々過ごさせて頂いたおかげです。


留辺蘂スキー場でも練習させて頂き、関係者様には大変お世話になりました。


この場をお借りして御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。


私のゴールは平昌五輪に出場です。

今回の全日本選手権では勝つことはできませんでしたが、幸いなことに私はワールドカップ出場権があり、まだ平昌五輪出場のためのチャンスは3戦も残っています。


チャンスがある限り、私は戦います。

権利を自らの手で勝ち取りたい。


諦めが悪くてしぶといのが取り柄なので、その強みを最大限に発揮して残り3戦戦ってきたいと思います。



2017年は皆様の温かい応援のおかげで最高に素晴らしい年になりました。

本当にありがとうございました。


2018年はアルペンスキー人生最後と決めたシーズンで私が何ができるのか。

今できる努めを精一杯やらせて頂き、

自分史上最高かつ最速の滑りをコースで表現できるように一生懸命取り組みたいと思います。


私はアルペンスキーが大好きです!!

そんな好きな競技に向かい合える日々に感謝して邁進いたします。

また2018年もどうぞ宜しくお願い致します。


{8B2D5369-3DEC-4D21-9472-8764BA1A50C0}


留辺蘂ジュニアたちと
応援ありがとうございました!!
{FF2DD0C4-13A6-476B-AF40-F05910CC84D1}


小学校2年生から知ってる石井智也選手がGSで優勝!! 智也の優勝スピーチで智也のママと一緒に感激して号泣しちゃいました!
{33BDCF27-AB17-405D-B6E6-9C36E308129A}



大大大先輩たちと
皆川賢太郎さんや佐々木明さんたちや先代の諸先輩方が積み立ててきたものがあって、今の私たちの活動がある事は決して忘れてはいけない。
{865D3043-7549-49B6-8E24-FE89B9FB0F75}


阿寒の子供達と^ ^
ビブドロー前に
{7844C1ED-6AF2-464E-9CFF-3B6A84E3B29B}


{10C3D5DD-BFB7-4FCA-A39B-5AA1F4E652FA}


会場に来てくれたスノーボードアルペンの同い年の竹内智香ちゃん   会えてよかったー^ ^来てくれてありがとう!! またヨーロッパで会えたらいいね!!
{35DE77B4-0B6A-4D78-8CE2-9F2F851D5E2C}


全日本選手権が終わった後にモーグルの伊藤みきちゃんと みきちゃんから貰ったピアスはお気に入りすぎていつも付けてる^ ^ ありがとう!!
{FF42836E-CD24-4AE4-B958-DDF5E8643608}


後輩のマルコは私のために阿寒に来てくれてサポートしてくれました!ありがとうまるちゃん!
{A8007369-4F8D-4DC4-B051-6EDC0C705939}

沢山の友人や仲間やみなさんからいつも励まされて、本当にありがとうございます。 
今度は私がパワーを届ける番!!!!!!
{4B706BA8-6B33-44B1-94B9-586B4D0DEBFD}

Keep going!!!!!
2017-11-25

何度でも

テーマ:ブログ
アメリカシリーズのワールドカップが始まりましたね。
今日のビクトリアレーベンズバーグの滑りは本当にかっこよかった!!!
そして3位に入ったマヌエラメルグ選手は私と同い年なので表彰台の姿には嬉しかったな。

皆様へのご報告が直前となり申し訳ありませんが、私は今回のワールドカップの出場を見送りました。
凄く挑戦したい試合でした。
けれど今はゴールに向かって自分が出来ることを全力で行なっていきたいと思います。
スキー選手として活動できるこの時間に心から感謝して引き続き取り組んでいきます。

{3FA25359-D5AE-49F6-B118-31EA11668178}

We stand up again and again.


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-11-15

スタートの景色

テーマ:ブログ
2017年11月11日、ワールドカップ開幕戦。
私は636日ぶりにワールドカップの舞台に戻ってきました。

{F46D3161-CDE9-42AD-9084-FC309D24B416}
Photo by Kazuki Kiyosawa

沢山の方々の応援があり、支えがありました。
1人の力では到底戻ることは出来なかったと思います。

久しぶりに帰った世界はワクワクすることばかりで、やはり最高の時間でした。

スタートに立ったとき、自然と笑みが生まれたような気がするけど、今ではその瞬間も覚えていません。不安もありましたが、不安から集中に変わる過程をも楽しめたことは1つ精神的に成長出来た点だと感じています。

欲を言えばオリンピックの基準である20位、またはその上と結果は出したかったのは本音です。
しかしそれより何よりもまずはワールドカップのスタート台に立てたことが何より嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

{83AD5F69-A619-4CFA-84B2-87599F92B94E}
Photo by Kazuki Kiyosawa

{2A582662-B7ED-41CB-A0C4-BC812DC71254}
絵美が撮ってくれた写真

技術面では詰めていくところは沢山あります。
キレがないの一言では終われないほどの修正点です。
しかし私はワールドカップを滑り、私しか出来ない経験をさせて頂いていることには誇りと感謝の気持ちを持って、そして今回の試合を糧にして、ステップとして、次の試合を戦っていこうと思います。

今回のワールドカップから弟が合流してサポートをしてくれています。三増コーチも引き続きサポートをしてくれています。

温かいチームに囲まれて本当に有難いです。
2人の喜ぶ顔、皆さんの喜ぶ顔がみたい。
頑張ろう。

{F8064843-1824-47D0-844D-DD2E8A32A56B}
Photo by Kazuki Kiyosawa



最後に。
弟のクラウドファンディングをご支援くださった25名の方。誠にありがとうございます。


私の活動と弟の情報発信を見て頂けることとても有り難く感謝の言葉につきます。本当にありがとうございます。

現在、まだクラウドファンディングの募集は残り2日あり終了しておりませんが、
弟合流時からオンラインで既に情報発信をスタートさせて頂いています。

しかしながら、こちらにご支援くださった皆様のお名前や情報がない状態で、全員の方々をオンラインに招待しきれておりません。
従って大変恐縮ですが、私、または弟のFacebookにメッセージをいただけますと幸いです。

誠に恐れ入りますがどうぞよろしくお願い致します。
 

笑う門には福来る。
彼女と同じ舞台にまた戻ってこれた。
絵美も頑張ってる私も頑張る。
{28DE31B2-C314-45C0-BB58-E123666FE57D}
Photo by Kazuki Kiyosawa


いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-11-02

素晴らしい選手の背中

テーマ:ブログ

待ちに待った201718シーズンが開幕し、ゾルデンW杯では日本人として、とっても良いニュースがありましたね!

安藤麻選手が初めて2本目へ進出し、リザルトを残しました!!!㊗️

麻ナイスラン^ ^

日本チームの幸先良いスタートに選手の私も嬉しく思います!


アルペンスキーの世界ではワールドカップに出場することがまず始めの目標となり、出場すると全選手のまず始めの目標は”決勝進出=2本目に進出”する事となります。


2本目進出=30位以内という事なんですが、30位の壁などといった表現をされることがあるほど、2本目に進出するのは楽ではなく、進出すると選手間でgood job!やcongrats!と声をかけあうほどのことです。


お恥ずかしながら私が初めて2本目へ進出したのはだいぶ前のことで、、、とっても嬉しかったことは覚えていますが、私より長谷川絵美選手が2本目に初めて進出した時のことの方が凄く覚えていて、今日はこうしてブログに書かせて頂こうと思います。


そのワールドカップは2013年クロアチア、ザグレブで行われたスラローム大会でした。


私が1本目にゴールした時点で25位くらい?の順位で、絵美は私とコンマ差でゴールをして順位が繋がっていました。

私はそのシーズンで初の2本目進出かというところと絵美は人生で初めての進出というところで2人でドキドキしながらゴールで後続選手を待ちました。

後ろの滑走順から私よりも良いタイムを出す選手が数名いて、気がつけば私29位、絵美30位とカットライン上になってしまったときに絵美が言いました。


『お願い。残りたい。残って欲しい

恵美子さんだけでも残って欲しい


と言いながら手を合わせて祈っていました。

絵美の横にいて、2人で残ろう!と言いつつも、また1人、私より速いタイムの選手が来て、私30位。絵美31位。


私は31位の辛さを知っているので、どう声をかけることがベストなのか迷っている中、絵美は

『恵美子さん残ってー!!!お願い!!』


と何度も言ってくれました。

自分が初めて2本目に進出か。となっていた時に私への祈りを彼女は繰り返し言いました。

私は彼女と逆の立場だった時、同じように言えただろうか。と今でも思います。

そして今これからの若手選手たちは彼女のように振る舞える選手はいるだろうか。


また2015年シーズンでは、絵美が30位で決勝進出、

私が0.02決勝進出できなかった時はただ静かに横にいて励ましてくれて、その時の滑りのことを話してくれたり、2本目に進出が出来なかった私への気遣いや立ち振る舞いが本当に凄かったし、感謝しています。


私はこれまで絵美と一緒に戦ってきて、彼女の人間力の凄さをたくさん学ばせてもらった。

彼女がいる時代に一緒に戦えてきたことは私にとっての幸運でした。そして星瑞枝というこれまた素晴らしい選手もいて、環境としては厳しかったけど、励まし合い成長してこれたと思っています。


アスリートにとって目標を達成すること、アルペンスキー選手にとって2本目に進出すること、ワールドカップで優勝すること、オリンピックで金メダル取ること、大きな目標やゴールに向かって日々努力し、目標を達成することは最高に幸せであり、悲願であり、夢であり、大きければ大きいほどそれはとても価値ある事だと思いますし、周りの方々へのパワーや希望、そして感動に繋がる。

しかしその目標に向かって様々な試練を乗り越え、日々立ち向かって努力してきた過程でどんな人間に成長したかがどんな結果よりも最も価値がある事なんではないかと私は感じています。


結果的にそのザグレブのワールドカップではフィンランドのプティアイネン選手が旗門不通過で失格となり、2人で順位が繰り上がり2人で2本目に進出。

リザルトを残しました!!


あの頃はこうだったとか、私たちの時はこうだとか、その時々の時代で違う流れがあるかもしれないが、どの時代も人間としてやアスリートとしての姿勢や根本や本質は変わらないし、長谷川絵美という人間の立ち振る舞いを伝える義務があると感じたので今日は勝手ながら書かせていただきました。

まさにスポーツは人間教育の場であり、人間力なくして競技力向上なしと橋本聖子さんが言うことにまさしくと感じている日々です。

絵美からはそういう事をたくさん学ばせていただきました。


そんな彼女とまたワールドカップで戦えることがなにより嬉しく、そして若手の安藤麻選手もいますので、世界で戦えることを心から楽しみ、そして私は挑戦者として2人や世界の強豪に胸を借りるつもりで挑みたいと思います!!!


またまた長くなってしまいましたが、今日も読んでくださりありがとうございます。


そのザグレブワールドカップで2本目の前の私たちとアメリカのレジースティーグラー選手で撮った写真です!懐かしい^ ^

{307A8F32-55E0-4707-BCC0-ED464AA8CA1D}


{B8662990-8BB6-49E3-84DD-93DB8A9D4F0B}

なんかぼやけてるけど、、若いのはわかる!笑
{4F5348C2-1C63-4DA6-BE4C-D82020A70824}

そして現在の私たち。
確実に歳はとってますね笑
{C04C8689-5CBD-4050-9F21-1FE4528F00C2}

平昌へ!!!!!



最後に、弟のクラウドファンディングを応援してくださった16名の方、ありがとうございます。

清澤一輝のクラウドファンディング


おかげさまで目標金額に到達することができました。

クラウドファンディングを通して支援者の方々にはオンラインベースというネット配信方法にて私の最後の姿を見届けてくださることになり、とても嬉しく思います。 

まだ期日まで日数はございますので見ていただけると幸いです。

私の良い活動と目標達成を弟の力を借りて日々届けられるよう精進致します。

どうぞ宜しくお願い致します。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース