イラストで綴る日常

イラストで綴る日常

お仕事のこと趣味のことよしなしごと


テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

今日は2月11日放送の

「痛快!明石家電視台」

出演の際でのお話をさせて下さい。


こちら、関西で30年続く長寿番組。
それでですね、びっくりしたのが出演者。
(深夜番組なのに)超豪華な布陣!!

 

番組のタイトル通り、この番組はさんまさんが司会で、

レギュラー出演が村上ショージさん、間寛平さん、そして、

若手メンバーの雨上がり決死隊の宮迫博之さん&蛍原徹さんも参加。

レギュラー陣がさんまさんと一緒にテーマに合わせて集められた

ゲストとのトークを盛り上げるという構成であります。

 

(毎週繰り広げられる贅沢な出演者!

これで深夜番組なんて……どうなってんだ関西!?)

 

 

この回のテーマが

「実際どうなん!?うどんvsそば」

 

ゲストは10人で、うどん派5人、そば派5人で構成されているのですが、

当方のような素人の他、芸能人も参加してまして

うどん派に俳優の西村和彦さん

(実家が京都の伏見稲荷大社の境内でうどん屋さんを経営)、

そば派にはDEENの池森秀一さん

(「マツコの知らないそばの世界」で出演!←見てました〜♪)

と、座っているだけでも気後れしそうなメンツ。

 

で、この番組は公開収録。もちろん編集は入るけど、

その場を見てる人がいること前提で

面白い番組を作っていく、という体当たりなスタイル。

(話す内容だけ決まっていて、台本がないんです。

事前に ADさんが

「台本は前々日にお渡しします」

「当日にお渡しします」

当日は……そんなものありませんでしたよっ!!

といった具合で 汗)

 

ただでさえ緊張しがちな自分にちゃんとお役目を果たせるのか……(真っ青)

不安な気持ちを話すと、自信満々におっしゃるディレクターさん、

 

「大丈夫です! 何が起こってもさんまさんが面白くしてくれますから」

 

その現場を目の当たりにしました。

 

まず、収録中は、さんまさんが絶えずしゃべってる!

それが、可笑しいんですよねえ。

例えばゲストの話を聞いているときには

「なにぃ!」と驚きながら

(この時の運動量が半端ない。息切れとかもしてない。

さんまさん、体のキレが30代前半、かも)

内容をレジュメしながら促し、

いい感じに強弱を付けるので、

ちょっとした会話でも生き生きしてくるのです。

 

そして、さんまさんの真骨頂、オチを見つける天才的な嗅覚で、
思わぬところに面白い結末をつけてくるお力がものすごかった。

対素人であっても、光るところを見つける力がすごい。
で、芸人さん同士だと、当然息も合っているわけで、
むちゃくちゃなフリをミラクルキャッチで笑いにしていく様が凄かった!
特に、村上ショージさんとの呼吸が抜群で、
村上ショージさんの(ん?なんのお話だ!?と思うような)ボケに
オチをつけて返したところなんかは
イチローのレーザービーム級の返球で、唸りました。
(そこ、面白かったのにオンエアでは削られてたんですよ 涙。
編集上、涙を飲んで削った箇所、多いと思われ 号泣)

村上ショージさんも、ゲストの暴走をうまく防いで
さんまさんのいるところに戻していらっしゃいました。
(私も戻してもらいました 笑)
雨上がり決死隊は宮迫さんがさんまに突っ込んで笑いを作るし、
蛍原さんは面白い反応をして、笑いを誘う。
強力な布陣で臨んでいるからこそ、

(面白いことのできない)素人ゲストを何人も呼んでも

公開収録で来ている人達を飽きさせずに、

笑ってばっかりの番組を作れるのだな、と納得。

 

それと、さんまさんの突っ込みには愛がある、

って、よく言われるけれど、本当ですね。

何を言われても傷つく感じがしない。

人の話に思いっきり切り込んでいっても顔は笑ってるし、

その後は自分で引き取ってボケてみたり、

両袖にいるレギュラー陣に突っ込んだり、突っ込まれたりして

弱者や悪者を作らないようにしている。

 

あと、驚いたのが間寛平さん。

 

収録会場の袖に我々ゲストと

レギュラー陣が一緒に集合したときに、

もう、すぐそこにさんまさんを始め、

芸能人のみなさま方がいらしたのですが、

間寛平さんが、テレビの印象に比べて

ずっとキラキラしていて、

お洒落オヤジでびっくりしました。

(そりゃ、スタイリストさんが

髪も服もばっちり決めていると思うけれど

お洒落が自分に馴染んでる感は

作り出せないと思います!)

 

あの人が、ホントに「アヘアヘ」とかやるの!?

って、思ったら、本番では期待に応える独特のボケで、

おなじみの間寛平さんでした 笑。

 

自分が話すときは暴走しちゃったけれど、

人の話は面白くて笑いっぱなしの収録でしたよ。

(ところで何しに行ってたんだ、自分 汗)

 

ということで、関西にお住まいの方なら、

「痛快!明石家電視台」の公開収録を見に行くのは

ゴージャスなお笑いをタダで見られる

お得な機会だと思いますので、

応募されてみてはいかがでしょう。

くわしくはこちら!

 

ちなみに当方出演の、「痛快!明石家電視台」の

「実際どうなん!?うどんvsそば」を見逃した方、

本日2019年2月18日23:55まで

こちら「動画イズム」で視聴できますよ!

 

おそばに興味を持たれた方には

こちらをおすすめいたします!

 

 

 


テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

お知らせ!

さんまさんの冠番組で30年続く関西のローカル番組

「痛快!明石家電視台」(関西毎日放送)の放送が終了、

只今webで2月12日より1週間、

東京他、地域在住の方でも見られます。

お見逃しの方、どうぞ→こちらです!

 

さて、この週末の2月10日、日曜は

日テレ「シューイチ」のKAT-TUN 中丸雄一さんによる人気のコーナー、

「まじ☆すか」に、偏食さんとして出演しました。

 

 

出演予告では大まかな時間をお知らせするのは

出演のコーナーを特定されるから控えるようにと

番組から言われており、随分とざっくりした

出演お知らせをしておりました。

 

ですけども内心では

 

「ははは、だれがこの過疎ブログを見て予想を立てるかな」

 

と、思っていたのです。

 

それなのに!

 

どういうわけでしょう、

私のブログなんぞをフォローしてるとはとても思えない友人が

かようなメールを!!

(以下友人のメール)

   ↓

 

「シューイチ出るんだよね。
私、中丸のファンで
毎週シューイチ録画しているんだけど
まじすかのコーナーで、
立ち食いそばやるじゃないの。
←そんな情報、どこにも出てない

驚いたよ。凄いよ←完全に断定
私なんて、コンサートで、
遠くてから観ているだけなのに♥️
中丸に会ったのね。
かっこよかったでしょ。
羨ましい。
今度、会った時、中丸の話聞かせてね」

 

ひょっとしてファンの間の極秘の情報網とか、あるのでしょうか!?

 

まあ、結果として、

中丸さんに立ちそばをご紹介できて、

美味しく召し上がっていただけて

ほんとうによかったです!

 

と、今はいい思い出になっておりますが、

ロケが終わるまでは不安でいっぱいでした。

 

というのも、当方は話の間の悪い、

ボケもつっこみもできない典型的な素人であり、

気の利いた返しなどを期待されて出演なんぞを依頼されたら、

まず、番組が成り立たなくなってしまうことが予想され

そんなことになったらご紹介の立ちそばのお店のご迷惑になってしまうし、

なんであんな奴TVに出すんだよ、とクレームの嵐がやってくるだろうし

……と、考えると憂鬱になるわけなのですよ。

 

そもそも、この度のお話は、出演の打診(出演するかは決定していない)の際に、

盛り上げ上手な男性タレントと立ちそばのお店を巡る、と伺いまして、

自分はてっきり、

 

「人あしらいの上手な熟練お笑い芸人さんが一緒に行ってくれるんだな」(こりゃ安心)

 

と、思い込んでいたのです。

(つまり、「まじ☆すか」じゃなくて「シューイチプレミアム」の方に出るのかな、と)

 

素人をいじる企画は世の中に数多あると思いますが、

どんなタレントさんもがあれをやって

面白い企画にできるわけではありません。

私は制作の人間ではないので、

これ、という事は言えないけれど、

稀にTVに出た経験から漠然と思っていることがあります。

 

それは、その場で面白いお話で盛り上がっていたからといって

視聴者が面白く思えるわけでもなく(内輪だけのお話になっちゃう)、

進行上手な人がするするとお話を進めたからといって

視聴者が飽きずに見られるかというと、それも違う。

 

まず、メインとなるタレントさん自体に独自の間合いがあって、

そのタレントさんが自分の存在感を示すだけでなく、

その場で合ったばかりの人間を瞬間で分析&理解、

素の表情を引き出す力と、居場所を作り出すプロデュース力持ってこそ

ようやくそこで行われる素人との展開が

視聴者の楽しめるものになるのです。

 

つまり、素人相手の番組では、

自分を生かし、相手を生かす能力を備えたタレントさんでないと

面白い画面にはならないことを、the素人代表で番組の意図に全く気づけない、

空気を読めない(要するに番組を作り出す力が皆無な)私は

痛感していたのでした。

 

だから出演が決定、ご同行下さるのがお笑い芸人さんではなく

中丸さんだと聞かされた時には

 

「え!?……(私にお役目を果たせるの?盛り上げ上手なタレントさんじゃないの!??)

 

と、慌てふためいた。

 

中丸さんの魅力は、

無防備すぎ!?とも思える素の反応。

(それを人間味、とも言う)

 

番組も当然、如何に中丸さんに

気持ちを乗せてもらえる企画にできるかに

注力するわけであります。

 

つまり、タレントさんの能力におんぶにだっこではなく、

自分がいい振りをして中丸さんから素の反応を引き出さないと

いけないのではないだろうか(そんなのやったことないよ!!!)

と、慌てふためいたのでありました。

 

で、収録が始まると、びっくり!

中丸さん、ものすごく進行がスムーズだし、

人をリラックスさせるいい意味での脱力感があるし、

何より相手を理解するのが早い!!

ボケるのも、絶妙♪

 

私が頑張らなくても、中丸さんがこちらを動きやすくして下さったので、

何か努力をしたか、というと、これということが何一つない、

素のまんまな、楽な現場になりました 笑

(今までも、頑張れたこと、ないんですけどね。

そもそも頑張ってできることでもなくてですね 汗。

あ、頑張らなくて大丈夫だな! と安心したというか 笑)

あるいは、中丸さんのこの言葉

「イトウさんに圧倒されっぱなしでした」

に気分が集約されてたりして(汗)

 

 

と、これだけ能力の高い中丸さんとお仕事をするアナウンサーさんには、

相応の力量が求められることもお伝えしないとなりません。

中丸さんと当方にご同行下さった安村直樹アナは、

いやや、相当の手練ですね。

あの笑った顔のまんまで、ぐいっと食い込む質問を

ここぞというタイミングで繰り出し、

秘かにロケに流れを作っていらしたのです。

常に笑顔ですけどね、油断も隙もないお方でしたよ、

the 仕事人、安村アナ。

 

ともかくも、素人を相手にする企画は、

ただ人気があるだけでは成り立ちません。

メインのタレントさんには相応の能力が求められるし、

それができるからこそ番組は成立するし、

だから「まじ☆すか」は見てて楽しい。

(素人相手、って、大変ですよ。

自分みたいに空気を読まない奴なんかは特に!)

 

そして、中丸さんにとって、この素人の素な面を引き出す

「まじ☆すか」でのご経験が、さらなる飛躍のステップに

なろうことを確信したのでした。

(ジャニーズである、というのは、

ただかっこよくておどりが上手い、という訳ではない、

タレントとしての魅力に加えて一流お笑い芸人さんや司会者的能力

つまり即興性、適応性がある人物でもある、ということだったのですね

つまりジャニーズはスター中のスターだからそこメンバーでいられる、

レアルマドリードみたいな銀河集団なんだな。

ジャニーズのタレントさん方が様々なジャンルで司会をされてますが、

それだけの力が備わった人がいる組織だからこそなのだ

と、今更ですが気が付きました 笑)

 

それにしても、TVは慣れません。

放送を見ただけでも、エネルギーを消耗、

この週末は放電状態、まさに廃人でした(笑)

 

休み明けは落ち着いた心で、立ちそば、行ってきます。

 

 

 


テーマ:

こんにちは、イトウエルマです。

 

TV出演のお知らせが2つあります。

 

1つ目は日テレの朝の情報番組
「シューイチ」
(エキストラじゃないよ 笑)
放送予定日は2月10日(日)、
「シューイチ」の放送時間は

7時30分〜9時55分
ですので、どうぞよろしくお楽しみに!

 

そしてもうひとつは関西ローカルになります、

毎日放送の「明石家電視台」。

放送日は2月11日(月)、

「明石家電視台」の放送時間は

23時56分~24時53分(ニュースでずれ込む場合もあります)

オンエアは関東では見られないけれど、

放送後はアプリ「動画イズム」を

インストールすればどこに住んでいても見られますよ♪

 

よろしくお願い申し上げます!

 

こちらもどうぞよしなに

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス